進士 正人 Shinji Masato

ID:1000040335766

山口大学大学院 創成科学研究科 (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 99

  • 1 / 5
  • WIND TUNNEL EXPERIMENTS ON DUST COLLECTION EFFICIENCY OF A MOUNTAIN TUNNEL UNDER CONSTRUCTION  [in Japanese]

    SAKAI Kenji , KOBAYASHI Daiki , TANI Jumpei , MORIMOTO Shingo , SHINJI Masato

    トンネル施工中の坑内は,発破,機械掘削,吹付け作業により高濃度粉じんの暴露状況にあり,濃度低減のための様々な換気対策が提案されている.近年,新たな換気方式として伸縮風管を用いて汚染空気を直接捕集する「吸引捕集方式(送気・吸引捕集式)」が注目され,多くのトンネル建設現場で採用され始めている.また,従来の希釈封じ込め方式に物理的な遮蔽体を併用し,経済的な換気が行われた事例もある.しかしながら,これらの …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 74(1), 15-24, 2018

    J-STAGE 

  • VERIFICATION ON QUANTITATIVE HEALTH MONITORING METHOD OF TUNNEL CONCRETE LINING  [in Japanese]

    KAISE Shinobu , ITO Tetsuo , YAGI Hiroshi , MIZUNO Maresuke , MAEDA Kouki , SHINJI Masato

    高速道路会社(NEXCO)の覆工詳細点検システムは,覆工点検画像取得システムによる覆工展開画像撮影記録から机上調査を実施し,重点点検個所を抽出する机上点検と技術者による詳細実施点検の組合せで構成されている.両点検とも覆工ひびわれ指数(TCI)に基づく外力およびはく落に関連する評価点と特記項目を組合せて評価を行っている.本報告では,高速道路の覆工詳細点検の高精度化および効率化を目的に,NEXCOが保 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 74(1), 1-14, 2018

    J-STAGE 

  • Growth of Surface Settlement in the Construction Procedure for Binocular Tunnels  [in Japanese]

    小原 勝巳 , 進士 正人

    トンネルと地下 : 日本トンネル技術協会誌 48(7), 569-576, 2017-07

  • THE DEVELOPMENT OF TUNNEL FACE STABILITY CALCULATE SYSTEM BY MACHINE LEARNING BASED ON DRILLING DATA OF BLASTING HOLE  [in Japanese]

    五味 春香 , 辰巳 順一 , 河邉 信之 , 宮仲 美玖 , 森本 真吾 , 進士 正人

    トンネル工学研究発表会講演集 27, 1-7, 2017

  • EVALUATION OF MAINTENANCE PRIORITY POINT FOR ROAD TUNNEL BY USING TUNNELCRACK (TCI)  [in Japanese]

    北村 彩絵 , 森本 真吾 , 進士 正人

    トンネル工学研究発表会講演集 27, 1-6, 2017

  • PREDICTING SEISMIC VELOCITY DISTRIBUTION AHEAD OF TUNNEL FACE USING DRILL VIBRATION OF HYDRAULIC DRILLING MACHINE  [in Japanese]

    TSUKAMOTO Koji , SHINJI Masato

    トンネル切羽前方地山の状態を的確に予測することは,安全で経済的な施工に必要不可欠である.ノンコアボーリングの調査である削孔検層法は,山岳トンネルの施工に用いられるドリルジャンボの油圧式削岩機を利用できること,削孔速度や削岩機の油圧データを用いて地山の硬軟の程度を定量的に評価できるなどの特徴がある.この削孔検層法の応用技術として,油圧式削岩機が地山を削孔する際の振動を切羽に設置した複数の受振器で計測 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 73(3), I_46-I_60, 2017

    J-STAGE 

  • EVALUATION METHOD OF CRACK PROPAGATION OF TUNNEL LINING VALIDATION  [in Japanese]

    KAISE Shinobu , ITO Tetsuo , YAGI Hiroshi , MIZUNO Maresuke , MAEDA Kouki , SHINJI Masato

    高速道路会社(NEXCO)のトンネル覆工詳細点検システムは,覆工点検画像取得システムによる覆工表面画像撮影記録から机上調査を実施し,重点点検個所を抽出する机上点検と技術者による実施点検の組合せで構成されている.両点検とも覆工ひびわれ指数(TCI)にもとづく外力およびはく落に関連する評価点と特記項目を組合せて評価を行っている.本研究では,高速道路の覆工詳細点検の高精度化および効率化を目的に,ひびわれ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 73(3), I_10-I_20, 2017

    J-STAGE 

  • THE ESTIMATION METHOD OF MOUNTAIN TUNNEL FACE STABILITY AT URBAN AREA  [in Japanese]

    佐々木 亨 , 森本 真吾 , 進士 正人

    岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集 44, 211-216, 2016-01-08

  • DEVELOPMENT OF GROUND ASSESSMENT METHOD BASED ON DRILLING DATA BY GENETIC PROGRAMMING  [in Japanese]

    辰巳 順一 , 河邉 信之 , 土井 美里 , 佐々木 亨 , 森本 真吾 , 進士 正人

    トンネル工学研究発表会講演集 26, 1-5, 2016

  • A STUDY ON THE COMPARISON OF TUNNEL LINING ASSESSMENT BY TUNNEL CONSTRUCTION METHODS USING TUNNELCRACK INDEX  [in Japanese]

    中島 彰吾 , 海瀬 忍 , 森本 真吾 , 進士 正人

    トンネル工学研究発表会講演集 26, 1-8, 2016

  • THE EFFECT OF THE INHOMOGENEITY OF ROCK MASS TO THE TUNNEL SUPPORT STRESS DURING TUNNEL EXCAVATION  [in Japanese]

    OKAZAKI Yasuyuki , AOYAGI Kazuhei , KUMASAKA Hiroo , SHINJI Masato

    トンネル支保設計では,特殊な地山条件や類似例が少ないなどの理由から,解析的手法が用いられることがある.支保部材を構造計算し定量的に評価する場合,初期応力状態や地山物性を事前に精度良く把握する必要があるが地山は不均質で均質ではない.本研究では地山の不均質性に着目し,不均質性を考慮した2次元トンネル掘削解析の解析結果を初期応力分布が明らかな幌延深地層研究計画における350m調査坑道の支保工応力計測結果 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 72(3), I_1-I_15, 2016

    J-STAGE 

  • CONDITIONS TO CONSIDER INHOMOGENEITY OF THE GROUND ON TUNNEL EXCAVATION ANALYSIS  [in Japanese]

    OKAZAKI Yasuyuki , KUMASAKA Hiroo , SHINJI Masato

    不均質性を潜在的に内包する地山にトンネル掘削解析を行う際,地山の不均質性はトンネル掘削時の地山挙動に影響を与える.しかし,不均質材料の配列状態に地山の力学特性は支配されるため,平均的な地山特性を事前にかつ定量的に評価することは容易ではない.本研究では不均質材料の変形特性が近似的に対数正規分布を有する掘削解析モデルを作成した.そして,トンネル掘削解析から得られる変位を用いて地山を均質と仮定した逆解析 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 71(2), 66-77, 2015

    IR  J-STAGE 

  • PERMEABILITY ESTIMATION BASED ON CRACK TENSOR ON SITE SCALE  [in Japanese]

    YAMASAKI Masanao , TSUSAKA Kimikazu , OTANI Tatsuhiko , SHINJI Masato

    本研究は,立坑掘削に伴う坑壁地質観察により得られた割れ目の長さの総和を壁面面積で除した割れ目頻度と,割れ目情報(長さ,方向,開口幅)からステレオロジーの概念を適用して推定した透水係数とは,現地の透水試験結果と高い相関性が得られたことから,坑壁地質観察から地盤の透水係数を簡便に予測する手法を提案する.<br> 適用にあたっては高品質の坑壁地質観察記録が重要であり,北海道幌延町において(独 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F2 (Underground Space Research) 71(1), 1-10, 2015

    J-STAGE 

  • EVALUATION OF INITIAL STRESS AND MATERIAL PROPERTIES OF INHOMOGENEOUS ROCK MASS BY USING BACK ANALYSIS  [in Japanese]

    岡崎 泰幸 , 熊坂 博夫 , 進士 正人

    岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集 42, 22-27, 2014-01-09

  • DUST MONITORING SYSTEM BY NETWORK CAMERA ON VIDEO PROCESSING  [in Japanese]

    ABE Reiko , SASAKI Yuki , SHINJI Masato

    スマートフォンを用いたトンネル構内簡易粉じん濃度測定法を, インドの開削現場での明環境下で適用したところいくつかの問題点が生じた。本論文では, 近年トンネル切羽作業監視用として急速に普及しつつあるネットワークカメラを用いて, 従来のスマートフォンによる写真撮影では問題となった背景の影響を動画の時間差分処理により除去するとともに,二値化処理,モルフォロジー処理および領域分割などの画像処理により,高精 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 70(1), 15-25, 2014

    J-STAGE 

  • Erratum: DUST MONITORING SYSTEM BY NETWORK CAMERA ON VIDEO PROCESSING [Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) Vol. 70 (2014) , No. 1 pp. 15-25]  [in Japanese]

    ABE Reiko , SASAKI Yuki , SHINJI Masato

    土木学会論文集F1(トンネル工学), Vol. 70, No. 1, pp. 15-25, (2014)に誤りがありましたので修正しました.

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 70(1), 41-41, 2014

    J-STAGE 

  • WIND TUNNEL EXPERIMENTS ON DUST COLLECTION EFFICIENCY OF A TUNNEL UNDER CONSTRUCTION  [in Japanese]

    谷 純平 , 酒井 健二 , 進士 正人

    トンネル工学報告集 = Proceedings of tunnel engineering, JSCE 23, 65-69, 2013-11

  • AN APPLICATION OF THE SIMPLE DUST MONITORING SYSTEM BY WEB CAMERA  [in Japanese]

    下村 康介 , 佐々木 雄紀 , 進士 正人

    トンネル工学報告集 = Proceedings of tunnel engineering, JSCE 23, 59-64, 2013-11

  • The influence of overburden and ground condition for surface settlement on binocular tunnel  [in Japanese]

    小原 勝巳 , 鎌田 和孝 , 岸田 展明 , 進士 正人

    土木学会論文集. F1, トンネル工学 68(1), 1-6, 2012-01-29

    IR 

  • THE INFLUENCE OF OVERBURDEN AND GROUND CONDITION FOR SURFACE SETTLEMENT ON BINOCULAR TUNNEL  [in Japanese]

    OBARA Katsumi , KAMATA Kazutaka , KISHIDA Noriaki , SHINJI Masato

    2本のトンネルを連接して掘削するめがねトンネルの多くは,土被りが20m程度以下と小さい上に地表部に家屋等が密集し,地表面沈下の抑制が要求される厳しい条件下で施工されている.過去のめがねトンネルの施工例を見ると,最終沈下量を予測する際に,先進坑掘削時の地表面沈下量からの予測値より実際の最終沈下量が大きい例が見られ,予測精度の向上が実務上の課題となっている.本研究では,小さな土被りで施工されためがねト …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 68(1), 1-6, 2012

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top