戸田 真志 Toda Masashi

Articles:  61-80 of 231

  • Extraction method of seaweeds in fishing ground area of Laminaria with the preprocessing based on wavelet denoising  [in Japanese]

    HAGISAWA Takeshi , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , TAMURA Masakatu , KIMURA Masafumi , TAKEDA Sakae , NAGASAKI Takeshi

    本研究の目的は北海道根室のコンブ漁場で撮影された水中映像の自動解析システムを構築することである.対象の映像は,全体的に青味かかる,ぼやける,コントラストが低下するなど水中映像特有の劣化が生じている.本稿では,このような映像から,海藻類の領域とそうでない領域とを分割する手法を提案する.提案手法では,水中画像劣化改善のための前処理を行い,適切な闇値を与えて領域を分割する.実験では,再現率と適合率の点で …

    Technical report of IEICE. PRMU 112(495), 163-168, 2013-03-14

  • Relationship between Agonist and Antagonist Muscle using Surface EMG Signal in Ball Hitting  [in Japanese]

    OWADA Keigo , TODA Masashi , SAKURAZAWA Shigeru , AKITA Jyunichi , KONDO Kazuaki , NAKAMURA Yuichi

    人は同じ運動するとき目的に応じて動作を変化させていく.しかし,目的が変化しているにもかかわらず動作がほとんど変化しない運動がある.このような動作を表面筋電信号から観察することが本研究の目的である.実験内容は手首で球を打撃する動作を行い,異なる目的の実験を行うことで目的が異なるが動作が変化しない運動を計測する.

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 112(479), 55-58, 2013-03-13

    Ichushi Web 

  • Application for Textured Object at Rangefinding System with In-Vehicle Rear Camera  [in Japanese]

    NONAMI Masashi , TODA Masashi , NAGASAKI Takeshi , OTSUKA So

    我々は現在、拡散光と単眼カメラを用いた車載環境における後方測距システムを開発している。測距手法に光切断法を用いているが、車のテールランプは拡散するため、画像の水平方向に走査し拡散光の光源中心からスリット光を求めて測定している。しかし、従来の手法では平面や棒状物体しか測定することができないため、物体に模様などのテクスチャが含まれていると測定できない場合がある。本研究は、輝度空間においてハフ変換を用い …

    IEICE technical report. Image engineering 112(434), 251-255, 2013-02-18

  • Application for Textured Object at Rangefinding System with In-Vehicle Rear Camera  [in Japanese]

    NONAMI Masashi , TODA Masashi , NAGASAKI Takeshi , OTSUKA So

    我々は現在、拡散光と単眼カメラを用いた車載環境における後方測距システムを開発している。測距手法に光切断法を用いているが、車のテールランプは拡散するため、画像の水平方向に走査し拡散光の光源中心からスリット光を求めて測定している。しかし、従来の手法では平面や棒状物体しか測定することができないため、物体に模様などのテクスチャが含まれていると測定できない場合がある。本研究は、輝度空間においてハフ変換を用い …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(433), 251-255, 2013-02-18

  • Application for Textured Object at Rangefinding System with In-Vehicle Rear Camera  [in Japanese]

    野波 昌志 , 戸田 真志 , 長崎 健 [他]

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 37(8), 251-255, 2013-02

  • Inherent Noise Can Contribute to Maintenance and/or Formation of a Swarm  [in Japanese]

    MURAKAMI Hisashi , NISHIYAMA Yuta , NIIZATO Takayuki , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , MORIYAMA Toru , IIZUKA Kojiro , GUNJI Yukio-Pegio

    計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 49(1), 33-38, 2013-01-31

    References (12)

  • Crabs' Hourglass : Behaviours of Individuals and/or Swarm  [in Japanese]

    NISHIYAMA Yuta , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , MORIYAMA Tohru , GUNJI Yukio-Pegio

    計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 49(1), 18-24, 2013-01-31

    References (18)

  • Estimation of Object Distribution Using Value Function for Crowded Swarm Analysis of Soldier Crab  [in Japanese]

    榎本 洸一郎 , 西山 雄大 , 戸田 真志 [他]

    画像電子学会誌 The journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan : visual computing, devices & communications 42(2), 229-237, 2013

  • Inherent Noise Can Contribute to Maintenance and/or Formation of a Swarm

    MURAKAMI Hisashi , NISHIYAMA Yuta , NIIZATO Takayuki , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , MORIYAMA Toru , IIZUKA Kojiro , GUNJI Yukio-Pegio

    In most study of collective behavior, many numerical models have been developed. However, there is little field data collected for comparison with the models. We observed soldier crabs in Iriomote Isl …

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 49(1), 33-38, 2013

    J-STAGE 

  • Crabs' Hourglass: Behaviours of Individuals and/or Swarm

    NISHIYAMA Yuta , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , MORIYAMA Tohru , GUNJI Yukio-Pegio

    Animal collective behaviours are regarded as emergent properties that result from local interaction between individuals in a swarm. Then we discern between individual movements and swarm behaviour. Dy …

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 49(1), 18-24, 2013

    J-STAGE 

  • Estimation of Object Distribution Using Value Function for Crowded Swarm Analysis of Soldier Crab  [in Japanese]

    Enomoto Koichiro , Nishiyama Yuta , Toda Masashi , Pegio gunji Yukio , Moriyama Toru , Iizuka Kojiro

    動物行動学では,群れの行動を解析するために密度推定を行う必要がある.群れは数個体から数千個体の規模で形成されるものなど様々である.このような群れの行動を記録した映像の解析には画像処理による自動化が必要である.一方で画像処理において,色彩や形状的特徴に乏しい複数の類似物体を個体追跡することは困難である.本論文では,ミナミコメツキガニの群行動解析を目的とし,視覚的特徴が得られない複数類似物体を個体追跡 …

    The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 42(2), 229-237, 2013

    J-STAGE 

  • The Method for Measuring the Level of Opening Cap from Raw Shiitake Images  [in Japanese]

    HAGISAWA Takeshi , TODA Masashi , SAKOI Teruyasu , MATUMURA Kazuhiro , FUKUDA Masahito

    The purpose of this research is to develop automatic raw shiitake grading system using computer vision technique. This paper shows the image analysis method to judge the level of opening cap. There ar …

    Journal of the Japan Society for Precision Engineering 79(11), 1038-1044, 2013

    J-STAGE 

  • 1A1-B03 Analyses of Swarm Behavior Based on Fluctuation Index : The Case of Soldier Crabs(Bio-Mimetics and Bio-Mechatronics (1))  [in Japanese]

    藤原 大佑 , 飯塚 浩二郎 , 松村 嘉之 , 森山 徹 , 渡辺 諒 , 榎本 滉一郎 , 戸田 真志 , 郡司 幸夫

    This paper analyses the group behavior of soldier crab. In particular, we adopt method of animal-robot interaction and analyses based on fluctuation index. In the experiment, the mobile object interac …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2013(0), _1A1-B03_1-_1A1-B03_4, 2013

    J-STAGE 

  • 2P1-I08 Soldier Crab Swarm as Dynamical Network(Swarm Robotics)  [in Japanese]

    MURAKAMI Hisashi , NISHIYAMA Yuta , NIIZATO Takayuki , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , MORIYAMA Toru , IIZUKA Kojiro , Gunji Yukio-Pegio

    Based on inherent noise of a swarm of soldier crabs, we constructed bipartite network in which crabs anticipate their moves each other. We show this network has robust structure, despite that its edge …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2013(0), _2P1-I08_1-_2P1-I08_4, 2013

    J-STAGE 

  • Pointing Interface based on Accuracy of Gesture and Precision of Measurement : Probability Density Expression for Pointing Gesture  [in Japanese]

    Koshio Toshiki , Sakurazawa Shigeru , Toda Masashi , Akita Junichi , Kondo Kazuaki , Nakamura Yuichi

    本研究では、表面筋電位信号による表層筋と深層筋の活動の識別を目指している。これまで我々の研究では、筋電位の伝播方向の違いを利用して表層と深層の筋活動を識別してきた。しかし、これまで観測された筋電位の伝播方向にはばらつきがあり、伝播速度も一般的なものよりも速かった。この原因は単極導出における参照電極の位置による問題であると考えられる。そこで本研究では、参照電極の位置に依存しない計測を行い、より正確な …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 15, 59-64, 2013

    Ichushi Web 

  • 4年間にわたる情報処理科目アンケート結果の分析と考察  [in Japanese]

    久保田真一郎 , 右田雅裕 , 杉谷賢一 , 武藏泰雄 , 永井孝幸 , 戸田真志 , 入口紀男 , 喜多敏博 , 松葉龍一 , 辻一隆 , 島本勝 , 木田健 , 中野裕司

    情報処理技術に関する知識習得を学習目標に学部生 2 年次に開講される情報処理科目があり,この科目は, LMS を用いたオンライン学習環境を提供し,期末試験も PC を利用して行っている.この科目内で 2008 年度から 2011 年度の 4 年間続けて実施されたアンケート結果をもとに,これまでの取り組みの評価および学生の学習態様の変化,自由記述からみられる科目の改善点などについて分析を行った結果に …

    研究報告コンピュータと教育(CE) 2012-CE-117(13), 1-5, 2012-12-01

  • Relationship between Surface EMG Signal and Skill Evaluation in Ball Hitting

    OWADA Keigo , TODA Masashi , SAKURAZAWA Shigeru , AKITA Jyunichi , KONDO Kazuaki , NAKAMURA Yuichi

    運動の習熟を評価する方法はさまざまなものがある.従来の研究でもさまざまな運動を動作や表面筋電信号から評価している.しかし,運動の習熟を計測するためには未習熟状態から習熟状態までを計測箇所を変えずに同じ被験者で計測する必要があると考えた.そこで本研究では,比較的習熟しやすい運動を多数の試行行うことで未習熟状態から習熟状態までの表面筋電信号の変化を観察することを目的とする.実験には宙につるされたボール …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 112(297), 25-30, 2012-11-09

    Ichushi Web  References (10)

  • Improvement and Evaluation of Interface in Learning Support System Using Catheterization  [in Japanese]

    YOKOZEKI Hideki , TODA Masashi , AKAHANE Masaaki

    本研究では,カテーテル手技医の手元映像,X線透視,全体映像の3つの映像を用いた教材化システムの開発を行なった.指導医自身の要望に合わせた教材を作成するため,映像の編集は,指導医自身が行う。今回は特に病院内での設置を考慮し,機材選定や,教材化にかかる編集時間を軽減するために,システムのインタフェースを改善し,評価を行なった.

    IEICE technical report. Education technology 112(224), 33-36, 2012-09-29

  • 農林水産業支援 コンブ漁業支援を目的とした水中映像からの海藻類抽出  [in Japanese]

    戸田 真志 , 萩沢 武志 , 榎本 洸一郎 [他]

    画像ラボ 23(7), 1-8, 2012-07

  • INHERENT PERTURBATION CONTRIBUTES TO ROBUST SWARM OF SOLDIER CRABS  [in Japanese]

    GUNJI Yukio-Pegio , MURAKAMI Hisashi , NIIZATO Takayuki , ENOMOTO Koichiro , TODA Masashi , NISHIYAMA Yuta , MORIYAMA Toru , MATSUI Tetsuya , IIZUKA Kojiro

    Viva origino 39(1), 25-29, 2012-06-30

    References (17)

Page Top