大平 辰朗 OHIRA Tatsuro

Articles:  1-20 of 47

  • 1 / 3
  • Emission of volatile organic compounds during drying of veneer : Hinoki (Chamaecyparis obtusa Endl.)

    石川 敦子 , 大平 辰朗 , 宮本 康太 [他] , 井上 明生

    2004年に大気汚染防止法が改正され、木材関連工場からの揮発性有機化合物(VOC)の排出実態を把握することが急務となっている。他方、木材関連工場からの臭気に関する苦情も出ている。また、木材および木質材料から放散するアルデヒド類が健康に及ぼす影響についても関心が持たれている。著者らはこれまでに、スギ、ラーチ、メランチの乾燥工程におけるVOCの排出挙動について報告してきた。本報告では、ヒノキ(Cham …

    森林総合研究所研究報告 11(1), 13-20, 2012-03

    JASI 

  • Healing and Relaxation Effects of Forest Odor  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    Journal of environmental conservation engineering 40(5), 264-270, 2011-05-20

    References (26)

  • Various terpenoids and its innovative extraction method  [in Japanese]

    大平 辰朗

    Fine chemicals 40(4), 5-12, 2011-04

  • 木酢液の環境因子による成分変化  [in Japanese]

    大平 辰朗

    New food industry 52(12), 42-52, 2010-12

  • Aromas of forests as one of the effects of forest therapy  [in Japanese]

    大平 辰朗

    Journal of Japan Association on Odor Environment 41(3), 188-196, 2010-05-25

    J-STAGE  References (18)

  • Effects of Activation to the Moisture Adsorption Characteristics of Wood Waste Derived Charcoal for Under Floor Humidity Control  [in Japanese]

    SUZUKI Yosiki , TONOSAKI Mario , OHYA Sinjiro , TOMIMURA Yoichi , OHIRA Tatsuro

    Wood industry 65(1), 19-22, 2010-01-01

    References (12)

  • 樹木精油を利用した空気質の改善  [in Japanese]

    大平 辰朗

    Biological resources 4(2), 2-11, 2010

  • Effect of drying methods on volatile organic compound emission from Sugi wood

    ISHIKAWA A. , 大平 辰朗 , 小林 功 [他]

    近年、乾燥材需要の高まりに伴い、スギ材に対して様々な乾燥方法が適用されるようになった。他方、木材および木質材料から放散する揮発性有機化合物(VOC)について関心が高まっている。そこで本研究では、乾燥処理がスギ材からのVOCの放散へ及ぼす影響を検討することとした。スギ材に対して高温乾燥、高周波減圧乾燥、および自然乾燥を施した。乾燥材から放散するVOCを小形チャンバー法で測定し、ガスクロマトグラフ質量 …

    Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute 8(4), 215-222, 2009-12

    JASI  Cited by (1)

  • Efficient utilisation of condensed water discharged from wood-drying processes  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    木材の乾燥工程では,木材中の揮発性有機化合物が排出し,凝縮液が大量に得られる.それらの組成は原木が針葉樹の場合,テルペン類が主な物質であり,その組成は乾燥温度により変化する.スギやヒノキを原料とした場合,凝縮液として得られる成分はα-ピネン,リモネン等のモノテルペン類,カジネン,ムロレン等のセスキテルペン類,フェルギノール等のジテルペン類が主な物質である.それらには抗菌性,抗酸化性,消臭活性,防虫 …

    Journal of Japan Association on Odor Environment 40(6), 400-411, 2009-11-25

    J-STAGE  References (39)

  • Characterization and Utilization of organic compounds discharged from wood materials producing processes  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    国土の約7割が森林である世界有数の森林国の日本では昔から木材への愛着が高く,西欧の「石の文化」に対し,「木の文化」と呼ばれてもおり,住宅の柱材,内装材などへの木材の利用率が高い.そのため木材を加工する様々な工場が多く存在しており,それらに適した技術開発も盛んである.住宅で使用される建材には,柱材,構造部材,天井板,フローリング材,壁材,合板など多種類のものが開発されている.それらには乾燥,塗装,接 …

    Journal of Japan Association on Odor Environment 40(6), 379-380, 2009-11-25

    J-STAGE 

  • Influence of Drying on Extractives and Durability of Wood  [in Japanese]

    ISHIKAWA Atsuko , OHIRA Tatsuro

    Wood industry 64(6), 258-262, 2009-06-01

    References (65) Cited by (2)

  • Emission of volatile organic compounds during drying of veneer: red meranti (Shorea sect. Rubroshorea), larch (Larix sp.), and sugi (Cryptomeria japonica D. Don)

    ISHIKAWA A. , 大平 辰朗 , 宮本 康太 [他]

    大気汚染防止法の改正により工場からの揮発性有機化合物(VOC)の排出規制が始まり、木質建材製造工程におけるVOC排出の実態解明が急務となっている。また、アルデヒド類についても木材からの放散が懸念されている。本研究では、合板に使用される代表的樹種、レッドメランチ、ラーチ、スギの生単板を工場での乾燥条件に近い温度(140~180℃)で乾燥し、この間に排出されるVOCとアルデヒド類について、ガスクロマト …

    Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute 8(2), 115-125, 2009-06

    JASI  Cited by (1)

  • Response of Plants against various infomations : Role of semiochemicals  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    植物は生育し始めると身動きがとれないため,様々な周辺環境に対応するために,進化の過程でいろいろな手段を獲得してきた.特に微生物,昆虫,植物などの他の生物と共存共栄するためには,巧妙な生存戦略が必要である.最近植物は,何らかの情報を相手に伝達するため,化学物質を使用し,それらを用いたケミカルコミュニケーションを演じていることが明らかにされてきている.それらの化学物質は,受け身的に植物体内に蓄えている …

    Journal of Japan Association on Odor Environment 40(3), 140-151, 2009-05-25

    J-STAGE  References (44)

  • 特集にあたって  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment 40(3), 139, 2009-05-25

  • Efficient Extraction and Conversion of Biological Active Compounds from Forest Resources Using Supercritical Corbon Dioxide  [in Japanese]

    OHIRA TATSURO

    Fiber 65(2), "P-72"-"P-76", 2009-02-10

    References (20)

  • 特集にあたって  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment 39(5), 303, 2008-09-25

  • 木材の香り研究に取り組んで  [in Japanese]

    大平 辰朗

    におい・かおり環境学会誌 = Journal of Japan Association on Odor Environment 39(2), 148, 2008-03-25

  • Volatiles in the forest air and from wood: its characteristics and functions  [in Japanese]

    大平 辰朗

    Aroma research 9(4), 383-389, 2008

    Ichushi Web 

  • Natural odor  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    人間は1日に20kgの空気を吸っている.この量は私たちが毎日食べたり,飲んだりしている食べ物や水の10倍にもなる.空気は,窒素,二酸化炭素,酸素でほとんどが占められ,残りのわずかな部分にさまざまな物質が含まれている.それらの一部には,花などの「かおり」がある.かおりを吸った人間は,その量が微量であっても,さまざまな反応が起きる.<BR>私たちの周りには,さまざまなかおりとにおいの発生源 …

    Journal of Japan Association on Odor Environment 38(6), 405, 2007-11-25

    J-STAGE 

  • Phytoncide in the atmospheres of forests  [in Japanese]

    OHIRA Tatsuro

    農林水産技術研究ジャーナル = Research Journal of Food and Agriculture 30(7), 24-29, 2007-07-01

    References (10)

  • 1 / 3
Page Top