柴田 智広 Shibata T.

ID:1000040359873

奈良先端科学技術大学院大学 (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 113

  • A study on investigating the difference between expert and non-expert drivers using an easy-to-use driving simulator  [in Japanese]

    KATO Ayaka , SHIBATA Tomohiro , BANDO Takashi , IKEDA Kazushi

    家庭内で使えるほどの簡便な運転シミュレータがあれば,免許を持つもの持たない者に関わらず,自動車教習所に加えて自宅などで,様々な運転行動の学習を望むだけ行うことができる.このような目的に運転シミュレータを用いる場合,(1)運転シミュレータで運転熟達者と非熟達者の運転行動に差異が観察できることと,(2)運転シミュレータ上での熟達が実世界での運転行動に効果があるかの検証,が必要である.本研究では(1)に …

    IEICE technical report. Neurocomputing 113(111), 95-100, 2013-06-27

  • Towards driving behavior prediction : Applying nonparametric Bayesian approach to driving operation time series data  [in Japanese]

    HAMADA Ryunosuke , KUBO Takatomi , IKEDA Kazushi , ZHANG Zujie , SHIBATA Tomohiro , BANDO Takashi , EGAWA Masumi

    次世代運転支援システムの開発において,運転挙動の予測は重要な問題である.多様な運転状況に対処するため,複数時系列の間の共通点・相違点を考慮しつつ複数時系列をモデル化する必要がある.本論文では,ベーダ過程を事前分布として用いて複数時系列間の共通・相違なる特徴を考慮しながらモデル化することのできるベーダ過程自己回帰隠れマルコフモデル(BP-AR-HMM)を利用する.我々は実際に計測した運転操作データに …

    IEICE technical report. Communication systems 112(486), 265-270, 2013-03-14

  • Towards driving behavior prediction : Applying nonparametric Bayesian approach to driving operation time series data  [in Japanese]

    HAMADA Ryunosuke , KUBO Takatomi , IKEDA Kazushi , ZHANG Zujie , SHIBATA Tomohiro , BANDO Takashi , EGAWA Masumi

    次世代運転支援システムの開発において,運転挙動の予測は重要な問題である.多様な運転状況に対処するため,複数時系列の間の共通点・相違点を考慮しつつ複数時系列をモデル化する必要がある.本論文では,ベーダ過程を事前分布として用いて複数時系列間の共通・相違なる特徴を考慮しながらモデル化することのできるベーダ過程自己回帰隠れマルコフモデル(BP-AR-HMM)を利用する.我々は実際に計測した運転操作データに …

    IEICE technical report. Circuits and systems 112(484), 265-270, 2013-03-14

  • Towards driving behavior prediction : Applying nonparametric Bayesian approach to driving operation time series data  [in Japanese]

    HAMADA Ryunosuke , KUBO Takatomi , IKEDA Kazushi , ZHANG Zujie , SHIBATA Tomohiro , BANDO Takashi , EGAWA Masumi

    次世代運転支援システムの開発において,運転挙動の予測は重要な問題である.多様な運転状況に対処するため,複数時系列の間の共通点・相違点を考慮しつつ複数時系列をモデル化する必要がある.本論文では,ベーダ過程を事前分布として用いて複数時系列間の共通・相違なる特徴を考慮しながらモデル化することのできるベーダ過程自己回帰隠れマルコフモデル(BP-AR-HMM)を利用する.我々は実際に計測した運転操作データに …

    IEICE technical report. Signal processing 112(485), 265-270, 2013-03-14

  • Changes in Cortical Activities Associated with Proficiency in Basic Drumming Using Near-infrared Spectroscopy  [in Japanese]

    UEDA Kosuke , SHIBATA Tomohiro , IKEDA Kazushi

    スポーツや音楽では,パフォーマンス向上の要因は一般的に言語化が難しく非熟達者に伝えることが困難である.記憶や運動計画など複数の情報を処理する脳の活動から,非熟達者における熟達のプロセスが明らかになれば,効率的な指導方法につながることが期待される.本研究では四肢を用いたドラム演奏を運動課題とし,脳活動計測手法として近赤外分光法を用い,非熟達者の脳活動が熟達に伴いどのように変化するのかを調査した.5名 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 112(480), 221-226, 2013-03-13

  • 「傾き」を指標にした長期宇宙滞在中における空間識の適応的変化  [in Japanese]

    和田 佳郎 , 平田 豊 , 金子 寛彦 , 柴田 智広

    日本生理学雜誌 75(1), 31-32, 2013-01-01

    Ichushi Web  References (1)

  • International Collaboration on Roboics in Japan  [in Japanese]

    SHIBATA Tomohiro

    Journal of the Robotics Society of Japan 30(10), 1022-1023, 2012-12-15

    J-STAGE  References (10)

  • 赤外線パターン投射式深度センサの光学系調整  [in Japanese]

    船谷 浩之 , 中村 彰宏 , 柴田 智広

    映像情報industrial 44(12), 82-88, 2012-12

  • Rapid Prototyping of Robot Systems using Software Tools  [in Japanese]

    SHIBATA Tomohiro

    Journal of the Robotics Society of Japan 30(9), 857-859, 2012-11-15

    J-STAGE  References (18)

  • Representations of Overt Speech and Covert Speech in Language Areas  [in Japanese]

    IKEDA Shigeyuki , SHIBATA Tomohiro , IKEDA Kazushi

    これまでの先行研究において,音読時と黙読時における脳活動の空間的分布がfMRIを用いて調べられた.そして,音読時と黙読時に活動する皮質領野はほぼ一致することが明らかとなっている.しかし,これらの皮質領野が音読時と黙読時に同じ機能を果たしているかどうかは曖昧であり,明らかとなっていない.この理由として,これまでの先行研究では,脳活動の空間的分布を調べることを中心としており,音読時と黙読時の皮質領野に …

    IEICE technical report. Neurocomputing 112(298), 21-28, 2012-11-09

    References (8)

  • Difference Between Experts and Non-experts in Gaze Patterns During Preference Judgment of Abstract Paintings

    KOIDE Naoko , IKEDA Kazushi , SHIBATA Tomohiro

    抽象画の嗜好判断時において,芸術に造詣が深い者(熟達者)は非熟達者と比較して判断が明確であり,特定の戦略が確立されている事が示唆される.この戦略について,先行研究からタスクと視線が関わりを持つ事が知られている.そこで我々は,熟達者と非熟達者の戦略の違いを確認するため,抽象画嗜好判断時における3人の熟達者と8人の非熟達者の視線パターンを統計的に解析した.その結果,熟達者は非熟達者と比較して,サッケー …

    IEICE technical report. Neurocomputing 112(168), 51-55, 2012-07-23

    References (9)

  • Development of a Parking Lot Surveillance System with an Outdoor Camera Using Machine Learning  [in Japanese]

    MAE Yuki , HABE Hitoshi , SHIBATA Tomohiro

    超音波,赤外線,カメラ等のセンサを用いた駐車場監視システムが開発されている.これらのシステムでは,駐車か空車か識別することを目的としており,駐車時間を計測することは我々の知る限り行われていない.駐車時間を計測するには,センサ以外にゲートを設けて車の入出時間を管理すればよいが,設置スペースやコストの面で導入が困難な場合がある.駐車場に設置されている監視カメラを用いて駐車時間を計測できれば,設置スペー …

    IEICE technical report. Image engineering 111(442), 165-169, 2012-02-20

  • Development of a Parking Lot Surveillance System with an Outdoor Camera Using Machine Learning  [in Japanese]

    MAE Yuki , HABE Hitoshi , SHIBATA Tomohiro

    超音波,赤外線,カメラ等のセンサを用いた駐車場監視システムが開発されている.これらのシステムでは,駐車か空車か識別することを目的としており,駐車時間を計測することは我々の知る限り行われていない.駐車時間を計測するには,センサ以外にゲートを設けて車の入出時間を管理すればよいが,設置スペースやコストの面で導入が困難な場合がある.駐車場に設置されている監視カメラを用いて駐車時間を計測できれば,設置スペー …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(441), 165-169, 2012-02-20

  • Development of a Parking Lot Surveillance System with an Outdoor Camera Using Machine Learning  [in Japanese]

    前 佑樹 , 波部 斉 , 柴田 智広

    映像情報メディア学会技術報告 36(9), 165-169, 2012-02

  • Controlling the Rumba with Finger Directions : Controlling Rumba with Kinect and the Free Library  [in Japanese]

    柴田 智広 , 船谷 浩之 , 中村 彰宏 [他]

    インターフェース 38(1), 107-111, 2012-01

  • 世界初! 着衣介護ロボット : 超高齢社会のロボット介護ヘルパーを目指して  [in Japanese]

    柴田 智広 , 松原 崇充 , 為井 智也

    OHM bulletin 48(-), 2-4, 2012

  • An Adaptive Rear-End Collision Warning System for Drivers That Estimates Driving Phase and Selects Training Data  [in Japanese]

    IKEDA Kazushi , MIMA Hiroki , INOUE Yuta , SHIBATA Tomohiro , FUKAYA Naoki , HITOMI Kentaro , BANDO Takashi

    The paper proposes a rear-end collision warning system for drivers, where the collision risk is adaptively set from driving signals. The system employs the inverse of the time-to-collision with a cons …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 24(8), 193-199, 2011-08-15

    J-STAGE  References (15)

  • Dancing Roomba  [in Japanese]

    NAKAMURA AKIHIRO , OBAYASHI CHIHIRO , SHIBATA TOMOHIRO

    我々は,自動掃除機^<TM>Roombaとのダンスを通じて部屋を掃除する社交ダンスシステムを提案する.本システムは,実時間で深度情報を得られるマイクロソフト社の^<TM>KinectとオープンソースライブラリOpenNIを用いて人間の動作を認識し,それに応じてRoombaの動作を制御する.制御に必要なRoombaの位置・姿勢はARToolkitのマーカーを用いて計測する.動 …

    IEICE technical report 111(38), 51-56, 2011-05-06

    References (11)

  • Dancing Roomba  [in Japanese]

    中村 彰宏 , 大林 千尋 , 柴田 智広

    我々は,自動掃除機 TMRoomba とのダンスを通じて部屋を掃除する社交ダンスシステムを提案する.本システムは,実時間で深度情報を得られるマイクロソフト社の TMKinect とオープンソースライブラリ OpenNI を用いて人間の動作を認識し,それに応じて Roomba の動作を制御する.制御に必要な Roomba の位置・姿勢は ARToolkit のマーカーを用いて計測する.動作として社交 …

    研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC) 2011-EC-20(10), 1-6, 2011-05-06

Page Top