野村 浩康 NOMURA Hiroyasu

ID:1000050023081

東京電機大学理工学部 School of Science and Engineering, Tokyo Denki University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 58

  • 1 / 3
  • Notable feature of protein solution observed by EMS system  [in Japanese]

    HOSODA Maiko , KURAUCHI Nami , NAKAMURA Miki , NOMURA Hiroyasu , SAKAI Keiji

    極微小量の試料容量で粘性を非接触測定できるEMS(Electro Magnetically Spinning)粘度計測システムを開発した。この装置により、流体の粘度曲線を迅速かつ正確に計測することができる。このシステムを用いてタンパク質水溶液の流動曲線計測を試みた。タンパク質をはじめとする生体系材料は、一般に貴重で高価である一方、その形態・機能を制御する温度、pH、濃度などのコントロールパラメータ …

    IEICE technical report 109(239), 33-35, 2009-10-15

    Cited by (1)

  • 3P1-15 Rheology Measurement of protein solution by EMS system(Poster Session)

    Hosoda Maiko , Kurauchi Nami , Nakamura Miki , Nomura Hiroyasu , Sakai Keiji

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 30(0), 451-452, 2009

    J-STAGE 

  • Rheology measurement of micellar solutions by Electro- Magnetically Spinning Viscometer  [in Japanese]

    HOSODA Maiko , OGAWA Hideo , NOMURA Hiroyasu , HIRANO Taichi , SAKAI Keiji

    微量のサンプル量を用い、非接触で粘性を測定する装置を開発した。これを用いて界面活性剤の棒状ミセルおよび球状ミセル水溶液の粘性のずり速度依存性を測定した結果を報告する。

    IEICE technical report 108(266), 27-29, 2008-10-23

  • 1P1-13 Rheology Measurement of Surfactant Solutions by Electro-Magnetically Spinning Viscometer(Poster Session)

    Hosoda Maiko , Ogawa Hideo , Nomura Hiroyasu , Sakai Keiji

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 29(0), 33-34, 2008

    J-STAGE 

  • Observation of standing capillary wave with the electric tweezers system  [in Japanese]

    HOSODA Maiko , OGAWA Hideo , NOMURA Hiroyasu , SAKAI Keiji

    電解ピンセット装置による液体表面の物性測定法を開発した。通常の表面観察装置ではプローブで構造を破壊するおそれがあるため、表面直上に高圧電場を印加し表面を変形させる。これにより非接触での表面張力測定が可能になったが、低粘性物質に対しては表面波が生成され、粘性の測定が困難であった。そこで今回、毛細管端面の表面共鳴現象を利用することにより、表面張力ならびに粘性の測定精度を大幅に向上させることに成功した。 …

    IEICE technical report. Ultrasonics 107(284), 45-46, 2007-10-19

  • Evaluation of Japanese universities' research activity based on the number of awards of Grants-in-Aid for scientific research from 1998 to 2002 and in 2003

    NISHIZAWA Masaki , NEGISHI Masamitsu , SHIBAYAMA Morio , SUN Yuan , NOMURA Hiroyasu , MAEDA Masafumi , MITSUDA Yoshitaka

    科学研究費補助金制度は,わが国で最も古い大学教員に対する研究費の提案・公募型の研究費配分制度であり,申請領域においてピアレビューにより割り当てられる。本研究では1998 年から2002 年度まで5年間の科学研究費補助金の採択件数を研究分野別ごとに,大学別に分類し各大学の研究活性度の指標にすることを目的としている。さらに,科学研究費の申請分野細目表が2003 年度に大改訂されており,改定後の採択状況 …

    Progress in informatics (4), 79-101, 2007-03

    CiNii Fulltext Link1  CiNii Fulltext Link2 

  • 3-02P-01 Observation of surface resonance on liquid surface by electric field tweezers system(Poster session 3)

    Hosoda Maiko , Ogawa Hideo , Nomura Hiroyasu , Sakai Keiji

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 28(0), 359-360, 2007

    J-STAGE 

  • Excitation of capillary waves on gel surface by electric field tweezers  [in Japanese]

    HOSODA Maiko , OGAWA Hideo , TAKAGI Kenshiro , NOMURA Hiroyasu , SAKAI Keiji

    電界ピンセットとは、誘電率の異なる物質が接する界面に生ずるマックスウェル応力を用いて、界面を非接触に変形する技術である。変形の絶対値およびその動的応答から、物質の表面張力ならびに粘性を知ることができる。さらに物質が固化・ゲル化してずり弾性率を有する場合には、電圧を印加する探針と表面の距離を変えながら表面の挙動を測定することで、それらの物性値を独立して調べることが可能になる。今回我々は、ゼラチン水溶 …

    IEICE technical report 106(294), 35-37, 2006-10-12

  • A Pattern analysis of award of Grant-in-Aid for Scientific Research with Research Outputs  [in Japanese]

    NISHIZAWA Masaki , NEGISHI Masamitsu , SHIBAYAMA Morio , SUN Yuan , 渡邊 恵子 , NOMURA Hiroyasu , MITSUDA Yoshitaka , MAEDA Masashi

    筆者らは、科研費採択およびその遡及、成果概要データベースを利用し、近年の大型研究費の採択者、学術賞受賞者等について、1985年から2003年までの科研費採択状況を分析した。さらに、同期間の研究成果をJSTPlus、JMEDPlus、雑誌記事索引等のデータベースから抽出しそのパターンと相関について試験的分析する

    Joho Chishiki Gakkaishi 16(2), 1-6, 2006-05-26

    J-STAGE  References (2) Cited by (1)

  • P2-8 Observation of surface vibrational modes on gel surface by electric field tweezers system(Poster session 2)  [in Japanese]

    Hosoda M. , Ogawa H. , Takagi K. , Nomura H. , Sakai K.

    The electric field tweezers system was employed to excite the surface acoustic mode vibration on the surfaces of gelatin gel and sol. Electric field is applied by a needle electrode set just above the …

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 27(0), 223-224, 2006

    J-STAGE 

  • 29pTH-4 Observation of Orientational Relaxation in Worm-like Micelle Solution by Quadrapole Flow Birefringence Spectroscopy  [in Japanese]

    Hosoda M. , Horii K. , Ogawa H. , Takagi K. , Nomura H. , Sakai K.

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 61.1.2(0), 380, 2006

    J-STAGE 

  • Observation of Orientational Relaxation on Worm-like Micelle Solution by Quadrapole Flow Birefringence Spectroscopy  [in Japanese]

    HOSODA Maiko , HORII Kazuyoshi , OGAWA Hideo , TAKAGI Kenshiro , NOMURA Hiroyasu , SAKAI Keiji

    流動場による分子あるいは分子集合体の配向・変形のダイナミクスを調べる手法として振動場流動複屈折法が有力である。我々はHz〜kHz域での測定が可能な四重極流動複屈折法を開発し、ひも状ミセルの配向緩和現象を観察した。ある種の界面活性剤分子は水溶液中で球状のミセルを形成するが、この水溶液中に塩を添加すると形状が球から棒一ひも状、と変化する。この形状は塩と界面活性剤分子の濃度比に依存する。今回はひもミセル …

    IEICE technical report. Ultrasonics 105(346), 27-29, 2005-10-14

  • 科学研究費補助金による大学等の研究活性度調査  [in Japanese]

    野村 浩康 , 光田 好孝 , 前田 正史

    IDE (467), 70-77, 2005-02

  • Wideband Flow Birefringence Spectroscopy  [in Japanese]

    HOSODA Maiko , HORII Kazuyoshi , TAKAGI Kenshiro , NOMURA Hiroyasu , SAKAI Keiji

    異方性の大きい分子からなる液体、あるいは異方性粒子が分散した液体では、媒質のずり変形により分子や粒子の配向が誘起される。このずり場と配向の秩序がカップルする動的な過程を調べる手法として、我々はピエゾ素子を用いた誘起複屈折測定システムを開発した。測定セルにピエゾ素子を直行する向きに2組設置し、同周波数、逆位相で振動させる。これにより液体試料に交番する四重極流れを印加し、ずり変形に伴う流動複屈折を誘起 …

    IEICE technical report. Ultrasonics 104(613), 27-29, 2005-01-28

  • 科学研究費補助金の採択研究課題数による大学分類の試み  [in Japanese]

    野村 浩康 , 光田 好孝 , 前田 正史

    The Journal of finance and management in colleges and universities (2), 53-76, 2005

  • P3-24 Observation of Orientational Relaxation on Worm-like Micelle Solution by Quadrapole Flow Birefringence Spectroscopy  [in Japanese]

    Hosoda Maiko , Horii Kazuyoshi , Takagi Kenshiro , Ogawa Hideo , Nomura Hiroyasu , Sakai Keiji

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 26(0), 387-388, 2005

    J-STAGE 

  • A Pattern analysis of award of Grant-in-Aid for Scientific Research  [in Japanese]

    NISHIZAWA Masaki , NEGISHI Masamitsu , SHIBAYAMA Morio , SUN Yuan , NOMURA Hiroyasu , MITSUDA Yoshitaka , MAEDA Masashi

    科学研究費補助金は、わが国で最も古い大学等の研究者に対する研究費の提案・公募型の研究費配分制度である。科研費採択および成果概要データベース、さらに採択課題要覧を利用し、近年の大型研究費の採択者等について、1985年から2002年までの科研費採択状況を分析した。そのパターンと基礎研究に対する科学研究費の役割についての分析を報告する。

    Joho Chishiki Gakkaishi 15(2), 85-88, 2005

    J-STAGE  References (2) Cited by (2)

  • P1-18 Observation of Nonlinear Ultrasonically Induced Birefringence in Liquids  [in Japanese]

    Mizutani Yoshitaka , Matsuoka Tatsuro , Koda Shinobu , Nomura Hiroyasu

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 25(0), 47-48, 2004

    J-STAGE 

  • P1-12 Wideband Quadra-pole Flow Birefringence Spectroscopy  [in Japanese]

    Hosoda M. , Horii K. , Takagi K. , Ogawa H. , Nomura H. , Sakai K.

    Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 25(0), 35-36, 2004

    J-STAGE 

  • 機能性液体の分子間相互作用に関する熱力学的研究  [in Japanese]

    野村 浩康 , 山室 憲子 , 小川 英生

    Annual report (23), 83-88, 2003

  • 1 / 3
Page Top