吉田 進 YOSHIDA Susumu

ID:1000050026324

京都大学大学院情報学研究科 Graduate School of Informatics, Kyoto University (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 538

  • Experimental Performance Evaluation of Multi-User MIMO System with Low-Complexity User Selection Schemes in an Actual Indoor Environment  [in Japanese]

    齊藤 俊 , 谷口 眞人 , 篠原 諒 , 佐藤 弘基 , 村田 英一 , 吉田 進 , 山本 高至 , 梅原 大祐 , 田野 哲 , 守倉 正博

    <特集>通信技術の革新を担う学生論文プリコーディングを用いるマルチユーザMIMOシステムにおいて伝送特性を改善する技術としてユーザ選択手法が検討されている.各ユーザの伝搬路状況に応じてユーザ間の伝搬路の直交性が高い組み合わせをリアルタイムに選択して伝送することで伝送特性を改善する.ユーザ選択手法の特性は伝搬路の相関性に大きく影響されるため, 実伝搬環境における特性評価が重要となる.これ …

    電子情報通信学会論文誌B J97-B(2), 162-173, 2014-02

    IR 

  • Experimental Performance Evaluation of Multi-User MIMO System with Low-Complexity User Selection Schemes in an Actual Indoor Environment  [in Japanese]

    SAITO Suguru , TANIGUCHI Masato , SHINOHARA Ryo , SATO Hiroki , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Koji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    プリコーディングを用いるマルチユーザMIMOシステムにおいて伝送特性を改善する技術としてユーザ選択手法が検討されている.各ユーザの伝搬路状況に応じてユーザ間の伝搬路の直交性が高い組み合わせをリアルタイムに選択して伝送することで伝送特性を改善する.ユーザ選択手法の特性は伝搬路の相関性に大きく影響されるため,実伝搬環境における特性評価が重要となる.これまでにユーザ選択手法に関する検討が多く行われている …

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 97(2), 162-173, 2014-02

  • Experimental Performance Evaluation of Multi-User MIMO Experimental System with User Selection Schemes in Actual Indoor Environment  [in Japanese]

    SAITO Suguru , TANIGUCHI Masato , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Koji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    プリコーディングを用いるマルチユーザMIMOシステムにおいて伝送特性を改善する技術としてユーザ選択手法が検討されている.各ユーザの伝搬路状況に応じてユーザ間の伝搬路の直交性が高い組み合わせをリアルタイムに選択して伝送することで伝送特性を改善する.ユーザ選択手法の特性は伝搬路の相関性に大きく影響されるため,実伝搬環境における特性評価が重要となる.これまでにユーザ選択手法に関する検討が多く行われている …

    Technical report of IEICE. RCS 113(130), 7-12, 2013-07-17

  • B-8-19 Bidirectional Throughput Characteristics of LDPC Coded CoMP-DF-PLNC Relaying  [in Japanese]

    Umehara Daisuke , Obata Yuichi , Yamamoto Koji , Murata Hidekazu , Denno Satoshi , Morikura Masahiro , Yoshida Susumu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_通信(2), 254, 2013-03-05

  • B-8-13 An Experimental Study on Synchronization Delay of GPS Re-radiation Antenna System  [in Japanese]

    Fukuoka Takuya , Umehara Daisuke , Yamamoto Koji , Murata Hidekazu , Denno Satoshi , Morikura Masahiro , Yoshida Susumu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_通信(2), 248, 2013-03-05

  • B-5-196 Distributed Control of Channel Spacing and Transmit Power for Multi-user Distributed Antenna Systems  [in Japanese]

    Kumagawa Shigemasa , Yamamoto Koji , Murata Hidekazu , Yoshida Susumu , Umehara Daisuke , Denno Satoshi , Morikura Masahiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_通信(1), 606, 2013-03-05

  • Study of User Selection Schemes in Multi-User MIMO Experimental System  [in Japanese]

    SAITO Suguru , TANIGUCHI Masato , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Koji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    マルチユーザMIMOシステムにおいて容量を増大する技術としてユーザ選択手法が検討されている.ユーザ選択手法の特性は伝搬路の相関性に大きく影響されるため,実伝搬環境における特性評価が重要となる.これまでにユーザ選択手法に関する検討が多く行われているが,計算機シミュレーションによる検討が主であり伝送実験による特性評価はほとんど行われていない.本稿では,反射板をおいた電波暗室内伝送実験によりユーザ選択手 …

    Technical report of IEICE. RCS 112(443), 67-72, 2013-02-27

  • Channel Capacity of Distributed MIMO systems with Spatially Correlated Shadowing  [in Japanese]

    ZHAO Ou , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu

    分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関を考慮して集中アンテナシステム(CAS)との比較を行う.これまで, DAS-MIMOとCAS-MIMOのチャネル容量についての比較検討が行われているか,シャドウイングの空間相関はほとんど検討されていない.本研究では,シャドウイングの空間相関を考慮したうえで,距離減衰,レイリーフェ …

    Technical report of IEICE. RCS 112(443), 61-66, 2013-02-27

  • SDR-Based Implementation of Multi-User MIMO Experimental System  [in Japanese]

    TANIGUCHI Masato , SAITO Suguru , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Koji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    分散アンテナ構成を想定して試作されたマルチユーザMIMO下りリンク実験システムの構成と伝送実験結果を報告している.モジュール型測定器を中心とした装置群により基地局を, USRPにより移動局を模擬しており,いずれもベースバンド信号処理をソフトウェアによりリアルタイムに実現している.基地局のアンテナ数は最大で4, 単一アンテナの移動局は最大で6台利用可能であり,トレーニング信号の非再生中継に基づく伝搬 …

    Technical report of IEICE. RCS 112(443), 55-60, 2013-02-27

  • Towards Further Development of Wireless Communications  [in Japanese]

    YOSHIDA Susumu

    Technical report of IEICE. RCS 112(443), 307, 2013-02-20

  • USRP Implementation of Mobile Terminals for Multi-user MIMO Experimental System  [in Japanese]

    SHINOHARA Ryo , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Koji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    周波数利用効率を向上させる技術として提案されているマルチユーザMIMO伝送を行うシステムをハードウェアで実装し実験的に検討を行っている.屋内環境におけるマルチユーザMIMO伝送実験の研究は報告されているが,屋外環境における伝送実験の報告は少ない.マルチユーザMIMO屋外伝送実験を行うためにUSRP (Universal Software Radio Peripheral)を用いて移動端末を試作した …

    ITE Technical Report 37.9(0), 25-28, 2013

    J-STAGE  References (7)

  • Study of Timing and Frequency Synchronization Schemes in Multi-user MIMO Experimental System  [in Japanese]

    SATO Hiroki , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Kouji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    マルチユーザMIMOシステムではユーザ間干渉を抑制するため位相レベルで信号を制御する.そのためマルチユーザMIMOシステムの実装には精密な基地局移動局間のタイミングおよび周波数同期が必要である.本稿ではマルチユーザMIMO伝送実験システムにおける各局間のタイミングおよび周波数同期を受信信号を基に自律的に確立する方式を検討している.計算機シミュレーションにより各同期アルゴリズムの特性を確認するととも …

    ITE Technical Report 37.9(0), 21-24, 2013

    J-STAGE  References (6)

  • Study of Frequency Channel Spacing under Common Channel Interference  [in Japanese]

    Kumagawa Shigemasa , Yamamoto Koji , Murata Hidekazu , Yoshida Susumu , Umehara Daisuke , Denno Satoshi , Morikura Masahiro

    次世代通信規格として注目されるIEEE802.11acやLTE-Advanced等では,伝送速度を向上させるため,従来使われてきた周波数チャネルを複数組み合わせることで,チャネル間隔を拡大することが検討させている.一方,周波数を共用する無線通信システムでは,チャネル間隔を広げることで,他の通信リンクから受ける同一チャネル干渉量は増大するため,チャネル間隔の拡大は必ずしも伝送速度を増大させるとは限ら …

    Technical report of IEICE. RCS 112(351), 215-220, 2012-12-13

  • Field Experiment on Effect of Received Data Sharing in Multi-hop Cooperative Communication  [in Japanese]

    Miyagoshi Makoto , Murata Hidekazu , Yoshida Susumu , Yamamoto Koji , Umehara Daisuke , Denno Satoshi , Morikura Masahiro

    マルチホップ通信の各ホップにおいて複数の中継局を利用するマルチホップ協力通信では中継局間で復調データを共有することで中継時のダイバーシチ利得が向上し,伝送特性が改善される.しかしながら,データ共有を効率的に行うには中継局間距離が短い方が望ましいと考えられ,伝搬路の相関によってダイバーシチ利得が減少する可能性がある.このため,データ共有を行わずに中継局間距離を確保して通信することも考えられ,その伝送 …

    Technical report of IEICE. RCS 112(351), 83-88, 2012-12-13

  • Field Experiment on Effect of Received Data Sharing in Multi-hop Cooperative Communications  [in Japanese]

    MIYAGOSHI Makoto , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu , YAMAMOTO Koji , UMEHARA Daisuke , DENNO Satoshi , MORIKURA Masahiro

    マルチホップ通信の各ホップにおいて複数の中継局を利用するマルチホップ協力通信では中継局間で復調データを共有することで中継時のダイバーシチ利得が向上し,伝送特性が改善される.しかしながら,データ共有を効率的に行うには中継局間距離が短い方が望ましいと考えられ,伝搬路の相関によってダイバーシチ利得が減少する可能性がある.このため,データ共有を行わずに中継局間距離を確保して通信することも考えられ,その伝送 …

    IEICE technical report 112(350), 31-36, 2012-12-06

  • Study of Carrier Frequency Offset Compensation Scheme for Multi-user MIMO Transmission  [in Japanese]

    SATO Hiroki , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu

    マルチユーザMIMOの伝送実験において,シンボルタイミング同期と並んでキャリア周波数オフセット対策が必要である.本稿では実際の伝送実験実験装置での自動周波数制御(AFC)の実装に向けて,計算機シミュレーションによってAFCの効果が検討されている.今回検討するAFCアルゴリズムでは,干渉成分を持つトレーニング系列を用いて周波数オフセットが推定される.計算機シミュレーションによってアルゴリズムの特性と …

    IEICE technical report. WBS, Wideband System 112(264), 37-40, 2012-10-19

    References (6)

  • Channel Capacity of Distributed MIMO Systems under the Effect of Spatially Correlated Shadowing  [in Japanese]

    趙 欧 , 村田 英一 , 吉田 進

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(241), 45-50, 2012-10-17

  • Channel Capacity of Distributed MIMO Systems under the Effect of Spatially Correlated Shadowing  [in Japanese]

    ZHAO Ou , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu

    分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関を考慮して集中アンテナシステム(CAS)との比較を行う.これまで,DAS-MIMOとCAS-MIMOのチャネル容量についての比較検討が行われているが,シャドウイングの空間相関はほとんど検討されていない.本研究では,シャドウイングの空間相関を考慮したうえで,距離減衰,レイリーフェジ …

    Technical report of IEICE. RCS 112(239), 75-80, 2012-10-10

    References (7)

  • Channel Capacity of Distributed MIMO Systems under the Effect of Spatially Correlated Shadowing  [in Japanese]

    ZHAO Ou , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu

    分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関を考慮して集中アンテナシステム(CAS)との比較を行う.これまで,DAS-MIMOとCAS-MIMOのチャネル容量についての比較検討が行われているが,シャドウイングの空間相関はほとんど検討されていない.本研究では,シャドウイングの空間相関を考慮したうえで,距離減衰,レイリーフェジ …

    IEICE technical report 112(242), 39-44, 2012-10-10

    References (7)

  • Channel Capacity of Distributed MIMO Systems under the Effect of Spatially Correlated Shadowing  [in Japanese]

    ZHAO Ou , MURATA Hidekazu , YOSHIDA Susumu

    分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関を考慮して集中アンテナシステム(CAS)との比較を行う.これまで,DAS-MIMOとCAS-MIMOのチャネル容量についての比較検討が行われているが,シャドウイングの空間相関はほとんど検討されていない.本研究では,シャドウイングの空間相関を考慮したうえで,距離減衰,レイリーフェジ …

    IEICE technical report 112(240), 133-138, 2012-10-10

    References (7)

Page Top