渡邊 亮 Watanabe Akira

ID:1000050040382

熊本大学 Kumamoto University (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 98

  • 1 / 5
  • Estimation of average vocal-tract-length ratios between adult males and females from formant distributions of vowels  [in Japanese]

    SAKATA Tadashi , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    本研究は,われわれの提案した3つの音声処理法(逆フィルタ制御(IFC)ホルマント推定法,真の母音ホルマント分布推定のためのデータ縮減法,単語ホルマント軌跡を用いた話者声道長比推定法)の妥当性を,新たな角度から検証する目的で行われた.まず,4種の単語データベースの男女性話者による発話の単語母音から,IFC法とデータ縮減法を用いてF_1-F_2分布を推定した.つぎに,男女声それぞれの母音ホルマント分布 …

    Technical report of IEICE. EA 112(47), 47-52, 2012-05-17

    References (12)

  • Estimation of average vocal-tract-length ratios between adult males and females from formant distributions of vowels  [in Japanese]

    SAKATA Tadashi , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    本研究は,われわれの提案した3つの音声処理法(逆フィルタ制御(IFC)ホルマント推定法,真の母音ホルマント分布推定のためのデータ縮減法,単語ホルマント軌跡を用いた話者声道長比推定法)の妥当性を,新たな角度から検証する目的で行われた.まず,4種の単語データベースの男女性話者による発話の単語母音から,IFC法とデータ縮減法を用いてF_1-F_2分布を推定した.つぎに,男女声それぞれの母音ホルマント分布 …

    IEICE technical report. Speech 112(49), 47-52, 2012-05-17

    References (12)

  • Estimation of average vocal-tract-length ratios between adult males and females from formant distributions of vowels  [in Japanese]

    SAKATA Tadashi , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    本研究は,われわれの提案した3つの音声処理法(逆フィルタ制御(IFC)ホルマント推定法,真の母音ホルマント分布推定のためのデータ縮減法,単語ホルマント軌跡を用いた話者声道長比推定法)の妥当性を,新たな角度から検証する目的で行われた.まず,4種の単語データベースの男女性話者による発話の単語母音から,IFC法とデータ縮減法を用いてF_1-F_2分布を推定した.つぎに,男女声それぞれの母音ホルマント分布 …

    IEICE technical report. Signal processing 112(48), 47-52, 2012-05-17

    References (12)

  • Effectiveness of zero-crossing information in formant estimation using inverse filter control  [in Japanese]

    Sakata Tadashi , Ueda Yuichi , Watanabe Akira

    本研究の目的は,逆フィルタ制御(IFC)法によるホルマント推定における零交差情報の有効性を,線形予測分析(LPC)法のスペクトル情報との比較において明らかにすることである。まず,両ホルマント推定法を用いて実音声から得たF_1-F_2ダイアグラム上に真の正規分布と見なされる領域を明示する「データ縮減法」を提案する。我々は,その分布の3σ楕円領域の外側にあるデータをホルマント推定のエラーと定義すること …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 67(10), 459-469, 2011

    J-STAGE  References (24) Cited by (4)

  • A Real-Time Engine Estimating Speech Feature Vector for Development of Speech Application System  [in Japanese]

    UEDA Yuichi , SAKATA Tadashi , WATANABE Akira , IKEDA Naomitsu

    フォルマント周波数や基本周波数などの音声特徴量から音素特徴量・距離まで,3段階の階層構造を持つ音声特徴ベクトルを推定するリアルタイムエンジンを構築した.各特徴ベクトル要素の有効性については,筆者らがこれまでに提案・開発してきた,単共振分解型補聴器,音声画像化システム,単語音声認識などの音声処理において確認されている.開発した推定エンジンは,Windowsベースの汎用PC上に構築されるリアルタイム音 …

    IEICE technical report 108(265), 61-66, 2008-10-16

    References (10) Cited by (6)

  • A hybrid type of speech processor for the cochlear implant and development of its evaluation system  [in Japanese]

    SATO Masayuki , NISHIGUCHI Naohiro , SAKATA Tadasi , WATANABE Akira , UEDA Yuichi

    現行の代表的な人工内耳用スピーチプロセッサであるSPEAK方式では, フイルタバンク処理に基づくために, 粗い音声ホルマントしか伝達できず, 音声了解度や音質の点で改善の余地があると考えられる.本研究では, 先に提案した高精度のホルマント推定方式であるIFC法に基づくFPEAK方式を併用したハイブリッド方式を提案し、高品質の音声情報を伝達するプロセッサ及び評価のためのシミュレータの開発を目的として …

    IEICE technical report. Welfare Information technology 104(750), 7-12, 2005-03-17

    References (4)

  • The relation between the ratio of first and second formant peak levels and audible areas for vowel identification  [in Japanese]

    IKEDA Takashi , ONO Takayuki , SAKAMOTO Hideyuki , UEDA Yuichi , SAKATA Tadashi , WATANABE Akira

    本稿では, まず聴力の測定結果から音声の聴取能力を推定するため, 模擬音声として単共振信号を用いた聴力測定を提案し測定例について検討している. 次に母音の同定とホルマントピークレベルの関連を調べるため第1, 第2ホルマントピークレベルを制御した典型5母音による予備実験を経て, 多数母音群について母音同定実験を行い, 母音カテゴリとカテゴリ類似度を用い考察している. その結果, 母音によって同定に必 …

    IEICE technical report. Speech 104(695), 49-54, 2005-02-24

    References (4)

  • 25pYK-8 Electrical Properties of the Higly-conductive LB films based on Metal(dmit)_2 salt  [in Japanese]

    Miura Y.F. , Watanabe R. , Matsui H. , Morita S. , Sugi M. , Hedo M. , Uwatoko Y.

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 60.1.4(0), 799, 2005

    J-STAGE 

  • 25pYK-7 Infrared spectroscopic analysis on electrically conductive LB films based on Metal(dmit)_2 salts  [in Japanese]

    Watanabe Ryo , Ueno Yuki , Morita Shin-ichi , Miura Yasuhiro F , Sugi Michio

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 60.1.4(0), 799, 2005

    J-STAGE 

  • Highly-conductive Langmuir-Blodgett Films based on Metal(dmit)_2 : Possibility of Superconductivity-(II)  [in Japanese]

    MIURA Yasuhiro F. , WATANABE Ryo , MORITA Shin-ichi , SUGI Michio , HEDO Masato , UWATOKO Yoshiya

    ジテトラデシルジメチルアンモニウム-Au(dmit)_2(2C_<14>-Au(dmit)_2)塩に基づくLB膜は、電解酸化処理の後、室温で40S/cm程度の高い電気伝導度を示す。さらに、交流磁化率は、4K以下の温度域にマイスナー状態の存在を示唆する磁性異常を示すが、冷却時に、4K以下の温度域に抵抗減少を示す試料バッチは少数である。前回、0.5mm幅の電極ギャップを用いて測定した直流抵 …

    Technical report of IEICE. OME 104(394), 11-14, 2004-10-29

    References (14)

  • 高導電性ラングミュア・ブロジェット膜の構造と物性  [in Japanese]

    三浦 康弘 , 渡邊 亮 , 盛田 伸一 [他]

    表面 42(9), 276-288, 2004-09

  • Effects of Speaker Normalization Based on Vocal Tract Length Ratios on Word Recognition Using Compound Parameters  [in Japanese]

    IKEDA Naomitsu , SAKATA Tadashi , HIRAYAMA Tomoaki , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    本論文は,認識対象話者と標準話者の声道長比に基づき,前者のパラメータを後者のそれへ正規化して単語音声認識に適用する効果について述べている.ここでは,我々が先に提案した,2話者によって発話された同一単語のホルマント軌跡から声道長比を推定し,それによってパラメータを正規化する方法を用いた.本研究で用いる認識システムの特徴は,複合パラメータを利用することである.入力話者に制約を設けずに,年齢,性別の点で …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 87(7), 1418-1427, 2004-07-01

    References (19) Cited by (4)

  • New type of audiometer to estimate a speech listening ability of the sensory-neural hearing impaired  [in Japanese]

    IKEDA Takashi , SAKAMOTO Hideyuki , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 457-458, 2003-03-18

    References (2) Cited by (1)

  • Relation between speech identification ability of the sensory-neural hearing impaired and formant peak distribution in the hearing area  [in Japanese]

    Ikeda Takashi , Ikeda Hiroshi , Ueda Yuichi , Watanabe Akira

    本論文では,感音性難聴者の音声聴取能力と可聴領域内のホルマント情報との関連について調べ,可聴領域と補聴器の振幅圧縮の特性から音声聴取能力を推定する可能性について考察している。まず画像を併用して,単共振分解型補聴器による聴能訓練を効率化し,その効果を分析した。次に5名の難聴者の改善された音声聴取能力と可聴領域におけるホルマントピーク分布には定量的関係が存在することを確認し,補聴器を通して伝達すべき音 …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 58(8), 501-511, 2002

    J-STAGE  References (6) Cited by (2)

  • The relations between the hearing ability of the normal hearing person with masking noise and the distribution of formant peaks in hearing range.  [in Japanese]

    IKEDA Takashi , NOSHITA Masahiro , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 511-512, 2001-10-01

    References (2)

  • Development of Speech Analysis, Measurement and Representation Tool, "Speech ART 2000.  [in Japanese]

    WATANABE Akira , IKEDA Hiroshi , IKEDA Takashi , UEDA Yuichi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 359-360, 2001-10-01

    References (2) Cited by (1)

  • Stability in estimating a ratio of vocal tract lengths from words uttered at different speeds.  [in Japanese]

    SAKATA T. , WATANABE A.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 337-338, 2001-10-01

    References (3)

  • Speaker Adaptation Method Considering the Influence of Co-articulation by Utterance Speed.  [in Japanese]

    IKEDA Naomitsu , HIRAYAMA Tomoaki , SHIMASAKI Aki , SAKATA Tadashi , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(2), 135-136, 2001-10-01

    References (1)

  • Comparison between Three Methods for Extracting a Small Word Group from a Big Dictionary based on the Likelihood of a Whole Word.  [in Japanese]

    IKEDA Naomitsu , SHIMASAKI Aki , HIRAYAMA Tomoaki , SAKATA Tadashi , UEDA Yuuichi , WATANABE Akira

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2001(1), 209-210, 2001-03-01

    References (3)

  • The relations between word listening abilities and the formant information in audible area of the hearing impaired  [in Japanese]

    IKEDA Takashi , IKEDA Hiroshi , NOSHITA Masahiro , UEDA Yuichi , WATANABE Akira

    本稿では難聴者の可聴野内へ音声信号のホルマントピークを振幅圧縮する補聴器出力の聴き取り試験の結果から、そのピーク分布変化が単語聴き取りに及ぼす影響を探る。難聴者の音声画像による聴取能力の改善、健聴者による感音性難聴者の聴取状態をシミュレートした聴取試験結果等に基づいて、難聴者の音声聴取能力を健聴者の模擬実験によって予測する可能性を示す。

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 100(598), 95-100, 2001-01-19

    Ichushi Web  References (4)

  • 1 / 5
Page Top