石田 雅士 Ishida Masashi

ID:1000050046463

京都府立大学農学部付属農場 Faculty of Agriculture, Kyoto Prefectural Univ. (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 26

  • 1 / 2
  • Changes of Endogenous Levels of ABA, IAA and GA-like Substances in Fruitlets of Parthenocarpic Persimmon

    KOJIMA Kiyohide , SHIOZAKI Keishi , KOSHITA Yoshiko , ISHIDA Masashi

    単為結実のカキ'平核無'の子房/幼果を開花前5日から開花後122日まで採取し, アブシジン酸(ABA)とインドール酢酸(IAA)はガスクロマトグラフー質量分析計で, ジベレリン(GA)様物質はわい性イネの生物検定で各内生量を測定した.幼果は開花後41日をピークとして13∿62日に集中的に落果した.幼果の相対的な生重量の増加は, 開花後41日までは急激で, 以後はゆるやかであった.が …

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 68(2), 242-247, 1999-03-15

    IR  J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (27) Cited by (2)

  • ブドウ台木の4倍体育成とその in vitro での生育比較  [in Japanese]

    本杉 日野 , 奥藤 健 , 中野 幹夫 , 石田 雅士

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 67(2), 225, 1998-10-06

    References (1)

  • モモ'白桃',蟠桃及び交配系統02の着果特性,とくに結果枝の長さの違いによる生理落果について  [in Japanese]

    中野 幹夫 , 鶴田 俊悟 , 石田 雅士

    京都府立大学農学部農場報告 = The bulletin of Experimental Farm Faculty of Agriculture, Kyoto Prefectural University (18), 1-9, 1998-03

    JASI 

  • Relationships between fruit growth and pit splitting in several Prunus species  [in Japanese]

    NAKANO M. , MIYAZAKI T. , KATAOKA T. , ISHIDA M.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 66(1), 686, 1997-03-29

  • Changes of ABA, IAA and GAs in fruits of persimmon 'Hiratanenashi'  [in Japanese]

    KOJIMA K. , SHIOZAKI K. , KOSHITA Y. , ISHIDA M. , NAKANO M. , KATAOKA T. , GOTO A.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 65(2), 20-21, 1996-08-29

  • 21 ABA, IAA and GAs in fruits of persimmon 'Hiratanenashi'  [in Japanese]

    KOJIMA Kiyohide , SHIOZAKI Keishi , KOSHITA Yoshiko , ISHIDA Masashi

    The Janapese Society for Chemical Regulation of Plants, Abstract 31(0), 49-50, 1996

    J-STAGE 

  • Factors of split-pit in peach fruits  [in Japanese]

    URYU Y. , GOI N. , NAKANO M. , KATAOKA T. , ISHIDA M.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 64(2), 110-111, 1995-08-29

  • Histological studies of split-pit, and the relationships between it and physiological drop of peach fruits  [in Japanese]

    URYU Y. , NAKANO M. , KATAOKA T. , ISHIDA M.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 64(2), 108-109, 1995-08-29

  • Sink strength and set of competed seedless and seeded cv. Fuyu kaki fruit  [in Japanese]

    KITAJIMA A. , NAKANO M. , ISHIDA M.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 64(1), 180-181, 1995-03-29

  • Embryo culture of dateplum (Diospyros lotus L.)(Agriculture)  [in Japanese]

    北島 宣 [他] , 石田 雅士 , 梁 若英 , 傍島 善次 , AKIRA KITAJIMA , RUOYING LIANG , MASASHI ISHIDA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    マメガキ(Diospyros lotus L.)の胚培養について, MS培地を用いて初代培養, 増殖及び発根段階での好適条件を検討した。その結果, 初代培養では, 標準MS培地の1∿3/2倍の窒素濃度(1∿3/2N)とショ糖2∿5%がシュートの生育に効果が認められた。その中で, 特にショ糖5%は根の生育に対しても優れた効果を示した。6-ベンジルアデシン(BA)及びα-ナフタ …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (40), p1-7, 1988-11

    IR  JASI 

  • Relationship between early fruit drop and dry matter accumulation on bearing shoot in Japanese persimmon (Diospyros kaki Thunb.)(Agriculture)  [in Japanese]

    北島 宣 [他] , 藤原 敏郎 , 久木崎 孝弘 , 石田 雅士 , 傍島 善次 , AKIRA KITAJIMA , TOSHIRO FUJIWARA , TAKAHIRO KUKIZAKI , MASASHI ISHIDA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    カキの果実, 新梢, 葉及び2年生枝の乾物重並びに葉面積を推定する単回帰式を求めた。その結果, 果実乾物重は(横径)^2×縦径, 新梢乾物重は新梢長×(新梢中央部の直径)^2,葉乾物重及び葉面積は葉身長×葉幅長, 2年生枝乾物重は枝長×(枝中央部の直径)^2を説明変数とすることにより, 高い相関係数が得られた。この単回帰式を用い, 結果枝の新梢, 葉及び果実の乾物重を非破壊的に推定し, 結果枝の乾 …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (39), p1-11, 1987-11

    IR  Cited by (1)

  • Translocation of labelled compounds from leaves into shoot and fruit with their conversion in peach trees (Agriculture)  [in Japanese]

    石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 傍島 善次 , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    モモ同化物質の転流並びに果実への蓄積を^<14>CO_2を用いて調べた。1)枝梢中の同化物質の転流形態は, 糖の形が最も多く, 若干アミノ酸と有機酸で転流される可能性があると推定された。2)枝梢中から果実への同化物質の転流は糖であり, しかも昼間から転流が行われ, 夜間にかけてその転流量が増加するものと思われた。3)モモ枝梢中の糖アルコールは, ソルビトールであると同定した。4)モモの …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (37), p163-171, 1985-11

    IR 

  • ^<14>C-Photosynthesis of peach fruits themself in relation to developmental stage (Agriculture)  [in Japanese]

    石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 傍島 善次 , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    1)果実の発育に伴う糖および有機酸の変化が, 基本的には, 果実自身の代謝反応に依存するのかどうかを調べるために, ^<14>CO_2を用いて果実そのものの光合成を調べたところ, 各生育時期とも糖区分に最も多くラベルされており, しかも生育後期になるにしたがって糖区分でのシュクローズの占める割合が増加した。2)果実の光合成物質の生育に伴う果実内変化は, 生育の時期により異なり, とくに …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (34), p6-10, 1982-11

    IR  JASI 

  • In Vitro Culture of Young Embryo in Hiratanenashi Persimmon (Agriculture)  [in Japanese]

    石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 傍島 善次 , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    カキ平核無の偽単為結果性を明らかにするために, 開花時に受粉を行った果実について, 開花後60日目に種子の発育状態を調べた結果, 非常に変異性に富み, 胚がハート型まで発達したものは, 未熟種子中約31%であった。未熟種子のハート型の胚をMS培地でオーキシン2.0mg/lおよびベンジールアデニン0.2mg/lに調整したカンテン培地上で, 平核無幼植物が98%の確率で得られた。

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (32), p20-24, 1980-11

    IR 

  • Potential ability of fruit itself affecting fruit development in peaches (Agriculture)  [in Japanese]

    石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 傍島 善次 , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    熟期の異なる品種の花芽を芽接することにより, これら芽接した品種の果実生育がどのような影響を受けるかを調べた。その結果, 総合的に判断すると, 果実の熟期は, 樹体の栄養状態によって規制されると考えた場合, 芽接した砂子早生および白桃の果実の熟期は, 養分の供給を受ける大久保の熟期に近づくものと考えられたが, このような現象は認められなかった。したがって, 果実の熟期は果実そのものの要因によって決 …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (31), p15-20, 1979-12

    IR 

  • Physiological studies on the growth and development of peach fruits II : Seasonal changes in pectic substances in peach fruit (Agriculture)  [in Japanese]

    石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 傍島 善次 , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    モモ果実の品質の良否を決定する要因の基礎的な資料を得る目的で, モモ果実のペクチン物質の消長を調べた。1)総ペクチン物質は開花後減少し, 以後生育中期まで増加したが, それ以降漸次減少して成熟期に至った。2)水溶性ペクチン物質は, 開花後ゆるやかに成熟期まで増加する傾向が認められた。3)モモ果実のペクチン物質を加水分解して, その構成成分を調べた結果, いずれの生育時期でもキシロース, アラビノー …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (30), p9-13, 1978-11

    IR 

  • Studies on the fruit development of japanese persimmon (Diospyros Kaki L.) III : Translocation and accumulation of photosynthates (Agriculture)  [in Japanese]

    SOBAJIMA Y. , 石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 増井 敬治 , YOSHITSUGU SOBAJIMA , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , KEIJI MASUI

    カキ果実の糖蓄積の機作を明らかにするため, ^<14>CO_2を吸収させて, 同化物質の転流形態ならびに果実への蓄積の状態を調査し, あわせてオートラジオグラフィにより, 枝葉, 果実への分配動向を検討した。同化物質の果実への分配は, 果実発育第1期より第3期に進むにしたがって, ^<14>C取り込みの割合が増加した。枝内の同化物質の転流形態はほとんどが糖であり, 有機酸お …

    The Scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (28), p18-23, 1976-11

    IR  Cited by (2)

  • Effects of rootstock on the bearing shoot growth of kaki trees : Diospyros Kaki L. var Hiratanenashi (Agriculture)  [in Japanese]

    傍島 善次 , 石田 雅士 , 柏 侃 , 米田 義弘 , YOSHITSUGU SOBAJIMA , ISHIDA MASASHI , KASHIWA AKIRA , KOMEDA YOSHIHIRO

    カキ平核無の生育に及ぼす台木の影響を明らかにするため, 共台およびマメ台の11年生樹ならびに15年生樹を用いて, 樹冠内の全母枝数およびこれより発育する新梢数ならびに着果枝数の生育実態を比較検討した。その結果, 当品種では20cm以下の母枝数は全母枝数の80%を占め, かつこれより発育する新梢数は全新梢数のほぼ80%を占めた。なお, 20cm以下の新梢の着果枝率は70∿80%にもおよび, …

    京都府立大學學術報告. 農學 = The scientific reports of Kyoto Prefectural University. Agriculture (27), 11-18, 1975-11-01

    IR 

  • Regulation of Ripening in Grapes by Hormone Treatments (Agriculture)

    稲葉 昭次 [他] , 石田 雅士 , 傍島 善次 , AKITSUGU INABA , MASASHI ISHIDA , YOSHITSUGU SOBAJIMA

    GA処理による無核デラウェアプドウを用い, オーキシン(IAA, NAA, 2,4-D, 2,4,5-T), GA, BA, CEPAおよびABA処理が果実の成熟におよぼす影響について調査した。その結果, GAおよびBA処理は発育第I期と第III期では果実の成熟にほとんど影響をおよぼさなかったが, 第II期ではわずかに成熟を抑制することが認められた。オーキシン処理は果実の成熟を著しく抑制し, その …

    The scientific reports of Kyoto Prefectural University Agriculture (26), 25-31, 1974-10

    IR 

  • Studies on the development of floral organ in Japanese persimmon (cv. Hiratanenashi) after sprouring (Agriculture)  [in Japanese]

    傍島 善次 [他] , 石田 雅士 , 稲葉 昭次 , 宮脇 一徳 , YOSHITSUGU SOBAJIMA , MASASHI ISHIDA , AKITSUGU INABA , KAZUNORI MIYAWAKI

    カキ平核無の成木を用い, 発芽期より開花時までの花器(雌花)の発育過程を明らかにするため, 1973年4月初旬より組織学的な調査を行なった。その結果, 花の各器官はがく片, 花弁, 偽雄ずいおよび心皮の順に外側器官から分化形成された。それぞれの器官の発育をみると, 発芽時ではがく片および花弁の突起が観察されただけで, その他の器官分化は認められなかった。発芽時より5∿7日後には偽雄ずいおよ …

    The scientific reports of Kyoto Prefectural University Agriculture (26), 15-20, 1974-10

    IR 

  • 1 / 2
Page Top