川村 恒夫 KAWAMURA Tsuneo

ID:1000050107984

神戸大学農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kobe University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 44

  • 1 / 3
  • Precision of Micro-elevation Map in Agricultural Fields Using RTK-GPS  [in Japanese]

    SHOJI Koichi , YAMAGUCHI Yuji , KAWAMURA Tsuneo , ANDO Kazuto

    一周波RTK-GPS受信機をコンバインに搭載して高低差マップを作成し, レーザーレベルで得たマップとの比較を行った。衛星配置がよい条件 (PDOP<2.0) での標準誤差の最小値は, コンクリート路面の空き地で5.1mm, 水田作後の圃場で7.7mmであった。PDOPの上昇とともに測位値に周期変動が観測されたことで, 標準誤差はそれぞれ最大で16.9mmおよび13.6mmとなった (PDOP …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 70(5), 83-91, 2008-09-01

    J-STAGE  References (6)

  • Application of Yield-Monitoring Combine to Test Cultivations for Paddy Rice to Compare their Grain Yields  [in Japanese]

    SHOJI Koichi , KOBAYASHI Nobuya , HORIO Hisashi , KAWAMURA Tsuneo

    収量計測コンバインを用いて水稲栽培試験における収量評価を行なう方法を提示し,事例として約0.5haの同一水田内に設定した疎植区(株間30cm)と対照区(株間23cm)との収量比較を行なった.コンバインで計測したデータは母集団を表しているとみなして収量比較の方法を検討した.<BR>1) 供試水田では,母集団の大きさと正規性を担保する観点から,収量比較のための小区画の寸法は5m× …

    Japanese Journal of Farm Work Research 42(2), 105-110, 2007-06-15

    J-STAGE  References (8) Cited by (1)

  • Preprocessing Technology for Ethanol Production from Wood-Cellulosic Materials (Part 1) : Development of Flail-Knife Fine-Crusher for Chopped Wood Materials

    YAMAGUCHI Daizo , SHOJI Koichi , KAWAMURA Tsuneo , ITOH Hiromichi , HORIO Hisashi

    可搬型粗砕木質用微破砕機を開発し, エタノール生産のための前処理として微破砕材料を亜臨界水処理に適応させる観点から試験した。微破砕機は, 同軸上で回転するフレール刃ロータおよび丸孔または長丸孔の回転箭から構成される。実験要因として, 篩孔径, ロータおよび篩回転数, 材料供給速度, 材料含水率をとりあげ, 比所要エネルギと微破砕材料の指標 (フラクタル次元および加重平均粒径) により評価した。その …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(6), 91-100, 2006-11-01

    J-STAGE  References (29)

  • Basic Studies on Flail-type Rotary Cultivator for Swampy Land Preparation (Part 2) : Root-matted Soil Behavior under Impact Shear Cutting

    PURWANTANA Bambang , HORIO Hisashi , SHOJI Koichi , KAWAMURA Tsuneo

    ルートマット状土壌を一枚の刃板にて衝撃剪断切削した場合の挙動について調べた。根の代替として繊維を埋め込んだ土壌を用いたところ, 密度0.09本/mm<sup>2</sup>にて挙動をよく表していることが判明した。刃の作用速度, 土壌含水比, 繊維の構造, 繊維の密度を変えた場合の結果は次のようであった。繊維を埋め込んだ土壌の切削反力は繊維なしの場合よりも大きく, 約15m/ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 66(3), 84-90, 2004-05-01

    J-STAGE  References (9)

  • Basic Studies on Flail-type Rotary Cultivator for Swampy Land Preparation : Grass Cutting Characteristics and Energy Requirement

    PURWANTANA Bambang , HORIO Hisashi , SHOJI Koichi , KAWAMURA Tsuneo

    湿地において雑草の刈り倒しと表土の砕土を同時に行う整地作業にとってフレール式ロータベータは有効である。禾本科雑草の茎の切断実験を室内で行いフレール刃が有効であることを検証し, 種々の条件において所要エネルギの特性を検討した。切断速度が10m/sに対し25m/sでは比切断エネルギが58%増加するが, 茎が十分切断されるためには20m/s以上が必要であることが判明した。フレール刃の曲げ角度について, …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 65(5), 76-83, 2003-09-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • Variability of Yield and Quality of Rice Affected by Fluctuation of Elevation within a Paddy Field  [in Japanese]

    SHOJI Koichi , TANIMORI Fumihiko , NAKAYAMA Kazuaki , KAWAMURA Tsuneo , KOBAYASHI Nobuya , HORIO Hisashi

    Japanese journal of farm work research 38(2), 73-78, 2003-06-19

    References (11) Cited by (1)

  • Measurement of Force for Detaching single Grain of rice  [in Japanese]

    KAWAMURA Tsuneo , SHOJI Koihi , TOKUDA Masaru

    本研究では, 水稲の脱粒特性として籾1粒の引っ張り試験を行い, 籾を小枝梗から外すのに必要な力を測定した。実験には小型引っ張り試験機と空気圧シリンダによる試作試験機を用い, 枝梗を固定して籾を引っ張った。引っ張り試験機の速度は0.17mm/s, 0.33mm/s, 0.67mm/sの低速度での3段階, 空気圧シリンダを用いた場合はやや高速な0.14m/sと0.37m/sの2段階である。供試水稲は粳 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(5), 116-122, 2002-09-01

    J-STAGE  References (20)

  • Impact-based Grain Yield Sensor with Compensation for Vibration and Drift

    SHOJI Koichi , KAWAMURA Tsuneo , HORIO Hisashi

    振動補償およびドリフト補正ができる収量センサを開発し, コンバインに搭載して圃場実験に供した。センサは拡張四角形リング型ロードセルにアクリル板を取り付けたもので, 振動による影響の補償は固定フレームに取り付けた加速度計の出力によりおこなった。これを穀粒タンク入口付近に取り付け, 穀粒搬送オーガ先端の羽根から投てきされる穀粒の衝撃力を検出した。しきい値を設定してこの衝撃波形を抽出し, また非抽出部分 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(5), 108-115, 2002-09-01

    J-STAGE  References (8) Cited by (1)

  • Studies on Sorting of Green Tanba Soybean (Part 1) : Discrimination of the number and kinds of beans in the pod and the distorted soybean using shape analysis  [in Japanese]

    TOKUDA Masaru , YAMAMOTO Hiroaki , KAWAMURA Tsuneo , ITO Hiromichi , MATSUYAMA Zennosuke

    本報では, 丹波黒大豆枝豆の粒数, 粒種 (未熟粒, 欠粒, 正常粒), 湾曲莢判別を行うための画像処理を用いた形状解析アルゴリズムの開発を目的とする。判別には枝豆上面画像を用いた。果柄部と先端部の2点を結ぶ長軸の検出法として, 図心半径と頂角補正による検出法を考案した。さらに, 湾曲莢を検出するための特徴量として, 図心変位を採用した。粒数を判別する手法として, 長軸沿いの短軸距離による曲線の極 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(4), 68-75, 2002-07-01

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • ステレオ法を用いた路面凹凸認識に関する基礎的研究  [in Japanese]

    徳田 勝 , 山本 博昭 , 川村 恒夫 , 伊藤 博通 , 前田 純一

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 229-230, 2001-04-01

    References (5)

  • 履帯型車両の自律走行と圃場内位置計測に関する基礎的研究  [in Japanese]

    川村 恒夫 , 山本 博昭 , 伊藤 博通 , 徳田 勝 , 松本 洋平 , 吉岡 尊久

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 215-216, 2001-04-01

  • 丹波黒大豆枝豆の選別システムの開発 : 選別部の試作  [in Japanese]

    徳田 勝 , 山本 博昭 , 川村 恒夫 , 伊藤 博通 , 馬場 貴弘

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 123-124, 2001-04-01

    References (3)

  • 自脱コンバインの選別性能の測定(第2報)  [in Japanese]

    川村 恒夫 , 庄司 浩一 , 西谷 次郎

    農業機械学会年次大会講演要旨 60, 53-54, 2001-04-01

  • Relationship Between Skin Color and Maturity of Japanese Pear "HOUSUI"  [in Japanese]

    KAWAMURA Tsuneo

    Japanese journal of farm work research 35(1), 33-38, 2000-03-08

    References (3)

  • Yield Mapping of Transplanted and Broadcast Paddy Fields  [in Japanese]

    SHOJI Koichi , KAWAMURA Tsuneo , HORIO Hisashi

    近年の精密農法への関心の高まりをうけて, 移植水田 (30a) 3枚と散播水田 (63a) 1枚において収量マップ作成を試みた。コンバインの位置および速度を近接スイッチ, 籾流量をロードセルで測定し, 推定した刈り幅にあわせて収量マップを作成した。移植田では人為的に防除方法を変えた影響を除くと収量のばらつきはほとんど認められなかった。散播田では雑草及び病虫害により大きなばらつきが生じた極端な例とな …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 62(2), 167-174, 2000-03-01

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • Yield Mapping of a Rice Paddy Field  [in Japanese]

    SHOJI Koichi , KAWAMURA Tsuneo

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(4), 73-74, 1998-07-01

    J-STAGE  References (1) Cited by (3)

  • Measurement of Color and its Application : Color Specification and Measurement  [in Japanese]

    KAWAMURA Tsuneo

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(6), 127-130, 1997-11-01

    J-STAGE  References (2) Cited by (1)

  • Development of Visual System for Watermelon Harvesting Robot (Part 2) : Distinction of Ripeness Using Image Processing  [in Japanese]

    TOKUDA Masaru , KAWAMURA Tsuneo , YAMAMOTO Hiroaki , HORIO Hisashi

    本研究は, ロボットによるスイカの収穫作業を実現するために必要な, 果実を検出する視覚システムの開発を目的としている。現在は, 着果日からの積算日数で収穫時期を判断している。本報では, 画像処理を用いてスイカの熟度判定を行い, 未熟, 適熟, 過熟を見分ける方法について検討した。そのためにまず, 未熟, 適熟, 過熟のスイカをサンプルとして用いて, 果実の緑縞の部分だけを抽出し, その部分の色を調 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(4), 47-52, 1997-07-01

    J-STAGE  References (3) Cited by (2)

  • Development of Visual System for Watermelon Harvesting Robot (Part 1) : Relationship between Lighting and Detectability  [in Japanese]

    TOKUDA Masaru , KAWAMURA Tsuneo , YAMAMOTO Hiroaki , HORIO Hisashi

    本研究は, ロボットによるスイカの収穫作業を実現するために必要な, 果実を検出する視覚システムの開発を目的としている。本報では, 本視覚システムによるスイカ果実の検出を野外において様々な光条件下で行い, 果実検出の可否と画像濃度の関係を調べた。従来の方法では, 識別のためのしきい値が固定されていたため, 原画像の平均濃度とコントラストの組み合わせによっては, 検出が困難な場合があった。これを改良す …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(3), 29-36, 1997-05-01

    J-STAGE  References (3) Cited by (2)

  • Study of Pressure Fluctuation of Plunger Pump (Part 1)  [in Japanese]

    Kawamura Tsuneo

    本研究では,往復動ポンプの圧力変動に影響を及ぼす要因として,ポンプ主軸の回転数,空気室の容積,高圧ホースの長さを取り上げ,実験・解析を行った。結果をまとめると次のようになる。1. ポンプ吐出口での圧力振幅は,ポンプ主軸回転数に比例して大きくなるが,吐出圧力が変化してもほぼ一定値になる。ノズルの根元では高圧ホースの影響を受け,回転数が変化してもほぼ一定値になる。2. 吐出設定圧力が低い場合は,空気室 …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 22(2), 109-114, 1997-01

    IR  DOI  JASI 

  • 1 / 3
Page Top