喜多村 啓介 KITAMURA Keisuke

ID:1000050111240

農業研究センター National Agriculture Research Center (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Genetic Relationships among the Genes for Lipoxygenase-1, -2 and -3 Isozymes in Soybean [Glycine max (L.) MERRILL] Seed  [in Japanese]

    HAJIKA M. , KITAMURA Keisuke , IGITA Kazunori , NAKAZAWA Yoshinori

    Breeding science 42(4), p787-792, 1992-12

    Cited by (2)

  • Low isoflavone content in some early maturing cultivars, so-called "summer-type soybean" (Glycine max (L.) Merrill)  [in Japanese]

    KITAMURA K. , IGITA Kazunori , KIKUCHI Akio , KUDOU Shigemitsu , OKUBO Kazuyoshi

    豆乳や豆乳を素材とする新しい大豆蛋白食品にとって問題となる大豆の臭味には,リポキシゲテーゼによる青臭みの発生の他に苦味や収敵性の不快味があることが明らかとなってきた.これらの不快味は,イソフラボン類やサポニン類などの大豆配糖体成分による味質にあると考えられている.サポニン類に由来する不快味は,その大部分が胚軸に存在することから脱皮・脱肛軸処理による低減が可能である.一方,イソフラボン類の大部分は子 …

    Breeding science 41(4), p651-654, 1991-12

    Cited by (6)

  • A line lacking all the seed lipoxygenase isozymes in soybean (Glycine max (L.) Merrill) induced by gamma-ray irradiation  [in Japanese]

    HAJIKA M. , IGITA Kazunori , KITAMURA Keisuke

    ダイズ種子には青くさみの原因となる3種類のリポキシゲナーゼアイソザイムが含まれている.これまでL-1・L-3欠及び,L-2・L-3欠のそれぞれ2種類のアイソザイムが欠失したダイズは得られていたが,3つの酵素全てを欠失している系統は得られていなかった.本研究ではガンマー線を、照射することにより,全てを欠失している系統を作出することに成功した.この系統は生育期間を通じて正常に生育し,その特性は後代に遺 …

    Breeding science 41(3), p507-509, 1991-09

    Cited by (5)

  • Simple and Rapid Carotene Bleaching Tests for the Detection of Lipoxygenase Isozymes in Soybean Seeds  [in Japanese]

    KIKUCHI Akio , KITAMURA Keisuke

    ダイズ種子中に多量に存在し,ダイズ油の酸化,および,不快青豆臭の発生に関与する酵素,リポキシゲナーゼの3種類のアイソザイム(L-1,L-2,L-3)の有無を検定するために,カロチン脱色反応を利用した新しい簡便な検定法が確立された.各アイソザイムのカロチン脱色試験は,以下のように行った.(1)試験I(L-3検定):検定種子の粗抽出液をリノール酸とカロチン共存下,20℃,PH6.8でインキュベートした …

    Breeding science 37(1), p10-16, 1987-03

  • 青臭みのない大豆の育種  [in Japanese]

    喜多村 啓介 , 菊池 彰夫

    Journal of the Brewing Society of Japan 82(2), p76-79, 1987-02

  • Seed proteins. 3 Genetic variation and breeding.  [in Japanese]

    喜多村 啓介

    KAGAKU TO SEIBUTSU 25(3), 190-197, 1987

    J-STAGE 

  • Inheritance of lipoxygenase-2 and genetic relations among genes for lipoxygenase-1,2 and -3 isozymes in soybean seeds  [in Japanese]

    KITAMURA K. , KUMAGAI Toru , KIKUCHI Akio

    ダイズ種子は,不飽和脂質を酸化し,青臭い不快臭を発生する酵素,リポキシゲテーゼを特に多く含有しており,このことがダイズの食品素材としての最大の問題点となっている.これまで,本酵素による不快臭発生を防止するため,種々の試みがなされて来た.現在,食品工業的には主として加熱処理で不快臭発生を防止する方法がとられている.しかし,加熱処理は同時に蛋白質の変性不溶化を招くため,重要な食品加工上の特性であるダイ …

    Breeding science 35(4), p413-420, 1985-12

    Cited by (4)

  • 大豆の用途拡大のためのリポキシゲナ-ゼ低下大豆の育種  [in Japanese]

    喜多村 啓介

    Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 31(11), p751-758, 1984-11

Page Top