荒木 健治 ARAKI Kenji

Articles:  1-20 of 269

  • 副詞の影響度を考慮した感情推定 (ことば工学研究会(第44回)「ことば」による印象、表象の生成)  [in Japanese]

    滝澤 満 , ジェプカ ラファウ , 荒木 健治

    ことば工学研究会 : 人工知能学会第2種研究会ことば工学研究会資料 44, 13-18, 2013-11-29

    IR 

  • Proposal of Automatic Evaluation System for Machine Translation Systems and its Effectiveness  [in Japanese]

    越前谷 博 , 荒木 健治 , Echizen'ya Hiroshi , Araki Kenji

    工学研究 : 北海学園大学大学院工学研究科紀要 (13), 53-59, 2013

    IR 

  • Clause Classification-based Retrieval of Demand Expressions from Local Assemblies Minutes  [in Japanese]

    ASHIHARA Fumitoshi , KIMURA Yasutomo , ARAKI Kenji

    本稿では,ウェブ上に公開されている地方議会会議録の情報資源を有効に利用するために,議員の質問に含まれる要求・要望の述語の推定方法について述べる.我々は,地方議会会議録の特徴ともいえる,述語に対応するモダリティ表現が述語の直後に出現しない問題を解決するために,節と呼ばれる言語単位の構文情報を用いた要求・要望の推定手法を提案する.評価実験では,節の構文情報とモダリティ表現の組み合わせを機械学習の素性に …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 112(196), 1-6, 2012-08-23

    References (11)

  • Building Familiar Attitudes toward Robots through Verb Teaching Interaction  [in Japanese]

    HASEGAWA Dai , AKAKI Kenji

    本論文では,動詞概念を教示するインタラクションを通じてロボットに対する親和的心理を構築することを目的とする.実験参加者48名による印象評価実験の結果,「置く」と「離す」の2種類の動詞概念を獲得するロボットは,動詞概念を予めインプットされているロボットと比較して,インタラクションの愉快性,充実感,ロボットへの親近感を向上させることを確認した.また,実験参加者がロボットの動詞獲得能力を人間らしい特徴と …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 23(6), 863-873, 2011-12-15

    J-STAGE  References (36)

  • HAL Are Your HALgorithms, HAL?-Past, Present and Future of Funny Machines  [in Japanese]

    RZEPKA Rafal , ARAKI Kenji

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 23(5), 696-704, 2011-10-15

    IR  References (51)

  • A Rule-based Method of Text Normalization for Casual English

    CLARK Eleanor , ARAKI Kenji

    This research introduces an experimental system for the automated normalization of casual, irregularly-formed English used in communications such as Twitter. Our rule-based approach aims to avoid prob …

    Technical report of IEICE. Thought and language 111(227), 11-16, 2011-10-03

    References (9)

  • A Rule-based Method of Text Normalization for Casual English

    CLARK Eleanor , ARAKI Kenji

    This research introduces an experimental system for the automated normalization of casual, irregularly-formed English used in communications such as Twitter. Our rule-based approach aims to avoid prob …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 111(228), 11-16, 2011-10-03

    References (9)

  • E-031 Affect Analysis of Onomatopoeia Sentences Extracted from Blog Entries  [in Japanese]

    Uchida Yuzu , Araki Kenji , Yoneyama Jun

    情報科学技術フォーラム講演論文集 10(2), 273-279, 2011-09-07

  • E-011 Recognizing Naturalness of Automatically Generated Commonsense Sentences  [in Japanese]

    Muramoto Koichi , Rzepka Rafal , Araki Kenji

    情報科学技術フォーラム講演論文集 10(2), 217-220, 2011-09-07

  • Effectiveness of Adding Sounds and Graphics to Web-based Haiku Generator for Blogs  [in Japanese]

    江守 拓哉 , ジェプカ ラファウ , 荒木 健治

    ことば工学研究会 : 人工知能学会第2種研究会ことば工学研究会資料 38, 31-36, 2011-08-26

  • Natural Language Search Based on Subdividing Objects of Search Using Predicate Argument Structure Analysis  [in Japanese]

    YAMADA Hiroyuki , RZEPKA Rafal , ARAKI Kenji

    本手法では,述語項構造解析を用いて,自然言語文で表現されたクエリに含まれる単語,係り受け関係に対して,項構造によるスコア付与を行い,データベースからの検索を行った.特に,述語項構造解析によって「ガ格」として判別された単語に対して,検索文章中で主となる「検索主体」を定義することによって検索を行う.これにより,単語によるスコアの偏りによる問題が是正できる.述語項構造解析にはSynChaを用い,実験では …

    IEICE technical report 110(400), 59-64, 2011-01-20

    IR  References (19)

  • Extracting and Analyzing Context Dependent Polarity Expressions by Using Antonyms  [in Japanese]

    SAKAI Yoshikazu , ARAKI Kenji

    近年,Web上のテキスト内に存在する,ある対象に対する評価情報を収集,分析する技術に注目が集まっている.本論文では,Web上のテキストから抽出された評価情報に対し,共起頻度を利用することで感情極性を判定する手法を提案する.本研究では,「大きい」,「小さい」のように単体では極性判定できない評価表現が存在することに着目した.評価情報が複数の語の組み合わせで表現できるとする研究に基づき,複数語の組で考え …

    The IEICE transactions on information and systems 93(9), 1778-1789, 2010-09-01

    References (18)

  • Web検索と単語n-gramモデルによる対話処理手法における補佐システムの有効性 (ことば工学研究会(第35回)製作、表現)  [in Japanese]

    高橋 瑞希 , Rzepka Rafal , 荒木 健治

    ことば工学研究会 35, 17-23, 2010-08-27

    IR 

  • Generation method of sentences for common sense knowledge bases using WordNet and web search  [in Japanese]

    村本 晃一 , Rzepka Rafal , 荒木 健治

    ことば工学研究会 35, 1-7, 2010-08-27

    IR 

  • E-027 Analysis of Video Data of Daily Life and Evaluation of a System for Noun Concepts Acquisition(SINCA)  [in Japanese]

    Uchida Yuzu , Araki Kenji

    情報科学技術フォーラム講演論文集 9(2), 275-282, 2010-08-20

  • Effectiveness of the Learning Method for Partial Correspondence Based on Deletion Possibility in Learning-Type Machine Translation Using Parallel Corpus  [in Japanese]

    TERASHIMA Ryo , ECHIZEN-YA Hiroshi , ARAKI Kenji

    対訳コーパスに基づく機械翻訳手法では, 対訳文の原言語文と目的言語文間で句に相当する部分的な対応関係を決定することは有効である. そこで, 本論文では省略可能情報を用いた部分対応学習を提案する. 本手法では句レベルの部分対応を決定するための抽出ルールを, 対訳文中の省略可能な部分に着目することにより自動獲得する. 次いで, 句に相当する部分の探索範囲を限定するための情報を有している抽出ルールを用い …

    The IEICE transactions on information and systems 93(3), 377-388, 2010-03-01

    IR  References (24)

  • Effectiveness of Non-task-oriented Dialogue System Using Abstract of Chat Logs  [in Japanese]

    FUKUDA AYAKO , ARAKI KENJI , RZEPKA RAFAL

    近年,非タスク指向型の対話システムは様々な場面で利用されている.しかし,それらのシステムはユーザーに飽きられやすいという問題がある.よりシステムを実用的なものとするためには,話し手としての応答だけでなく,聞き手としての応答を適切に行うこともまた重要となってくると考えられる.そこで我々は,聞き手としてより良い応答を返すシステムを実現するために,過去の対話内容を要約して応答に用いる手法を提案する.本稿 …

    研究報告情報学基礎(FI) 2010-FI-97(11), 1-6, 2010-01-21

    IPSJ  IR  References (6)

  • Performance Evaluation of Method for Selecting Best Replies from Candidate Sentences from Different Dialogue Systems  [in Japanese]

    IMAI KENTA , RZEPKA RAFAL , ARAKI KENJI

    本稿では,ユーザの入力に応じ複数の既存システムによる応答候補を評価し適切な応答文を選択するシステムを提案する.応答文は人手で記述されたルールや既存システムがどのドメインを対象としているかといった情報を用いずに,生成された応答候補をそれぞれ複数の方法で評価することによって選択を行う.実験システムを用い,応答の選択精度評価実験,ユーザとの対話による印象評価実験を行った.その結果,選択精度実験では55. …

    研究報告情報学基礎(FI) 2010-FI-97(10), 1-7, 2010-01-21

    IPSJ  IR  References (14)

  • Information Extraction from the Web for Supporting Communications on Online Games  [in Japanese]

    TAKAMATSU MASAHIKO , ARAKI KENJI

    本研究では,ユーザにとってオンラインゲームの対話文内において未知語となる語の情報抽出を行う.オンラインゲーム上の対話文には,未知語,インターネット用語,スラングなどが多く含まれるため,新たにゲームを始めるユーザにとって発話内容の意図が理解しにくく,コミュニケーションが阻害される原因となる.そこで本稿では,ユーザが指定する任意の語について関連語とその語意をチャットログ内とWebから抽出し,ユーザに提 …

    研究報告情報学基礎(FI) 2010-FI-97(9), 1-7, 2010-01-21

    IPSJ  IR  References (10)

  • Automatic Evaluation of Machine Translation Using both Words Information and Comprehensive Phrases Information  [in Japanese]

    OYAMADA Takashi , ECHIZEN-YA Hiroshi , ARAKI Kenji

    本稿では,MT訳と参照訳間において単語レベルの局所的な情報だけでなく,大局的な情報としてフレーズの情報も利用した機械翻訳自動評価のための新たな手法を提案する.性能評価実験の結果,フレーズ情報を利用した提案手法が人手評価との間の文単位の相関において,他手法に比べ最も高い相関を示した.この結果は提案手法の有効性を示すものである.In this paper, we propose a new metho …

    研究報告情報学基礎(FI) 2010-FI-97(3), 1-7, 2010-01-21

    IPSJ  References (12)

Page Top