中島 一樹 NAKAJIMA Kazuki

ID:1000050207776

富山大学工学部 Faculty of Engineering, University of Toyama (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 152

  • Study on temperature sensor to evaluate urine volume in toilet  [in Japanese]

    FUJITA Koya , KATSUI Shunpei , KIM Juhyon , NAKAJIMA Kazuki

    排泄される尿温はヒトの中枢温である.排尿を検出し排尿量を評価するために非接触マトリクス温度計が便座下に設置された.マトリクス温度計は16チャンネルである.すべてのセンサ温度は37℃の水の落下によって一時的に上昇した.温度上昇の全センサの総和は流速10ml/sにおける流量の増加と共に増加した.また,それは流量200mlにおける流速の増加と共に減少した.

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(51), 5-8, 2014-05-24

    Ichushi Web 

  • Study on development of a sensor to evaluate absorption volume of diaper  [in Japanese]

    KONNO Shujiro , YAMASHITA Kota , KIM Juhyon , NAKAJIMA Kazuki

    本研究はオムツの尿吸収量を評価するセンサの開発を目指した基礎的研究である.絶縁フィルムに銀と炭素ペーストで印刷された電極が2本印刷されたものをセンサとして使用した.オムツ外側から失禁を検出することで使い捨て部分が生じず,このセンサを尿吸収パッドの防水シート面に取りつけ静電容量を計測した.水を吸収したパッドがセンサを覆う面積の増加に伴い静電容量が増加した.

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(51), 1-4, 2014-05-24

    Ichushi Web 

  • Personal identification using gait pattern obtained from a load sensor  [in Japanese]

    那須 圭馬 , 金 主賢 , 中島 一樹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(61), 15-18, 2013-05-24

    Ichushi Web 

  • Ghrelin depolarizes hypothalamic tuberomammillary nucleus neurons  [in Japanese]

    若林 祐次 , 金 主賢 , 中島 一樹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(61), 11-13, 2013-05-24

    Ichushi Web 

  • Personal identification using gait pattern obtained from a load sensor  [in Japanese]

    Nasu Keima , Kim Juhyon , Nakajima Kazuki

    各種の生理情報を家庭内のトイレや風呂で自動取得するセンサシステムが開発されている.トイレや風呂を共同利用する同居者がいる場合,これらで取得される生理情報を個人ごとに分類しなければならない.トイレや風呂を利用するときに個人識別が必要であるが,利用者に積極的な協力は求められない.そこで利用者が無意識のうちに個人を識別する手法として,トイレや風呂のドア開け時の足下の荷重変化および重心軌跡を利用した.荷重 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 113(61), 15-18, 2013-05-17

  • Ghrelin depolarizes hypothalamic tuberomammillary nucleus neuroi  [in Japanese]

    WAKABAYASHI Yuji , KIM Juhyon , NAKAJIMA Kazuki

    胃や脳で産生される内因性ペプチドであるグレリンは摂食行動の亢進や成長ホルモン分泌を促進させる働きで知られる.またグレリンは睡眠・覚醒の制御にも関与することが最近報告され注目を集めている.グレリンの受容体は脳全体に広く分布しており,脳内覚醒系神経核の一つである視床下部結節乳頭核でも発現している.しかしグレリンが結節乳頭核ニューロンに対してどのように作用するのかはまだ明らかにされていない.そこでラット …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 113(61), 11-13, 2013-05-17

  • Involuntary Measurement of Bio-Information in Home and Data Analysis  [in Japanese]

    NAKAJIMA Kazuki

    計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers 51(10), 958-961, 2012-10-10

    References (36)

  • Self-assembled porous templates allow pattern transfer to poly(dimethyl siloxane) sheets through surface wrinkling

    YABU Hiroshi , SAITO Yuta , NAKAMICHI Yuki , HIRAI Yuji , FUJINAMI So , NAKAJIMA Ken , NISHI Toshio , SHIMOMURA Masatsugu

    Polymer journal 44(6), 573-578, 2012-06-15

    References (32)

  • Comparison of respiratory waveforms detected by photoplethysmography using blue and near-infrared LED  [in Japanese]

    HASEGAWA Keishi , NAKAJIMA Kazuki , KIM Juhyon , SAITO Tateo , SASAKI Kazuo

    光電脈波法では脈波形と呼吸波形を測定できる。血液の青色光の吸光係数は近赤外光よりも25倍強いが、2つの波長で測定した呼吸波形の振幅にどの程度の差が生じるかを実験的に検討した。青色光と近赤外光のLEDでそれぞれ呼吸波形を測定した結果、同形の呼吸波形が測定され、振幅にも有意差は見られなかった。この結果より、光電脈波法によって呼吸波形を測定する場合、血液の吸光係数の違いは呼吸波形の振幅に影響しないことが …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 112(63), 55-60, 2012-05-18

    Ichushi Web  References (5)

  • A study on developing of a wireless sensor to monitor TV operating state  [in Japanese]

    KAMAYA Naohiro , NAKAJIMA Kazuki , SASAKI Kazuo

    我々は独居高齢者のTV利用状態(TVOS)を遠隔モニタリングするシステムを開発してきた.既開発システムでは,TVOS変化を検出するセンサと,インターネットに接続されたPCを使用した.既開発システムではTVOS変化の情報をEメールとして送信していた.しかし,既開発システムには実地試験において二つの問題があった.一つ目はシステムの設置場所に制限があること,二つ目はPCのOSの更新作業が必要であることで …

    IEICE technical report 111(57), 45-48, 2011-05-13

    Ichushi Web  References (6)

  • A study to detect incontinence by measuring impedance from the outside of a diaper for care  [in Japanese]

    HAYASE Yutaro , NAKAZIMA Kazuki , SASAKI Kazuo

    本研究の目的は、介護用オムツの外側から尿失禁を検出するセンサシステムの開発である。尿失禁時にも電極が濡れないので、再利用可能な電極を用いた。マネキンに装着したオムツが50mlの蒸留水を吸水した時、オムツ外側に設置した電極間のインピーダンスが減少した。同量の水道水、生理食塩水、尿を吸水した場合も、電極間のインピーダンスが減少した。さらに、ヒトがオムツを着用して実際に失禁した時、電極間のインピーダンス …

    IEICE technical report 111(57), 39-44, 2011-05-13

    Ichushi Web  References (5)

  • Development of an illumination detector for elderly living alone  [in Japanese]

    KAKIKAWA Takahiro , NAKAJIMA Kazuki , MOTOYA Takahiro , SASAKI Kazuo

    屋内照度の変化やテレビの利用状態の習慣性は,被験者の日常生活状態を反映している.我々は屋内照度情報とテレビの利用状態を遠隔モニタリングするシステムを開発してきた.しかし屋内照度については単に照度変化をモニタリングするだけで,照明器具利用の有無は判断できなかった.本研究では,照明器具利用を検知するためのセンサの開発について報告する.

    IEICE technical report 110(52), 47-50, 2010-05-14

    References (8)

  • E-mail-based Telemonitoring Network System to Evaluate Living Condition in Family Members  [in Japanese]

    MOTOYA Takahiro , NAKAJIMA Kazuki , SUENAGA Takatoshi , SASAKI Kazuo

    We have developed a system for telemonitoring a television's operating state (TVOS). The TVOS pattern has been shown to reflect the daily living condition of subjects. However, it is difficult to spec …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 47(4), 345-358, 2009-08-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (25) Cited by (4)

  • Detection of increase in foot tissue-blood volume affected by venous occlusion using impedance measurement via water  [in Japanese]

    TSUBOSAKA Yasushi , NAKAJIMA Kazuki , TANPO Atsushi , SASAKI Kazuo

    本研究の目的は、静脈阻血による足部組織血液量の増加を、水を介したインピーダンス計測によって検出することである。一対の電極板(面積100×50mm)をプラスチック容器内壁に設置し、これに35℃の水道水を満たした。電極板間の電圧がインピーダンスを示すように、電極間には500μAの定電流を印加した。電極板に接触しないように電極板間に右足を入れ、カフにより右下腿を100mmHgで静脈阻血した。圧迫前後の電 …

    IEICE technical report 109(50), 63-66, 2009-05-22

    Ichushi Web 

  • Detection of increase in foot tissue-blood volume affected by venous occlusion using impedance measurement via water  [in Japanese]

    TSUBOSAKA Yasushi , NAKAJIMA Kazuki , TANPO Atsushi , SASAKI Kazuo

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 109(50), 63-66, 2009-05-15

    References (2)

  • 第6回生活支援工学系学会連合大会報告  [in Japanese]

    中島 一樹

    バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 33(2), 149-150, 2009-05-01

    References (3)

  • Does Actigraph in waist pocket of trousers reflect physical activity?  [in Japanese]

    NAKAJIMA Kazuki , TAGAWA Tomohiro , MOTOYA Takahiro , SASAKI Kazuo

    非利き手の手首に腕時計のように装着するアクチグラフ(加速度計)による加速度変化は,睡眠パターンの研究に利用されている.しかし,アクチグラフを日常生活で利用するには,装着感や炊事時の防水が問題となる.そこで,これらの問題の少ないアクチグラフ携帯位置としてズボン前ポケットに着目し,非利き腕に装着したアクチグラフとの相関を調べた.2名の被験者でそれぞれ3ヶ月間測定した結果,休日(土曜日)以外は良好な正の …

    IEICE technical report 108(479), 113-116, 2009-03-04

    References (14)

  • Structural Origin of a Cluster of Bright Spots in Reverse Bias Electroluminescence Image of Solar Cells Based on Si Multicrystals

    USAMI Noritaka , KUTSUKAKE Kentaro , FUJIWARA Kozo , YONENAGA Ichiro , NAKAJIMA Kazuo

    Applied physics express 1(7), "75001-1"-"75001-3", 2008-07-25

    References (19)

  • Development of email-based telemonitoring system to evaluate living condition of elderly persons living alone  [in Japanese]

    MOTOYA Takahiro , NAKAJIMA Kazuki , MATSUI Hiroyuki , SUENAGA Takatoshi , SASAKI Kazuo

    我々はテレビの使用状態を遠隔モニタリングすることで,相手の生活状態を見守るシステムを開発した.しかし,このシステムを構築するには,専門的知識と1時間以上の設定時間が要求され,さらにシステムが大きなハードディスクドライブ(HDD)容量を占有する.本研究では,これらの問題を解決するために電子メール利用によるテレビ使用状態の遠隔モニタリング見守りシステムを開発した.新システムの設定時間は80%短縮され, …

    IEICE technical report 108(52), 63-68, 2008-05-23

    Ichushi Web  References (9)

  • Development of Telemonitoring System to Monitor Television's Operating State between Families  [in Japanese]

    MATSUI Hiroyuki , NAKAJIMA Kazuki , SASAKI Kazuo

    In an aging society, an increase is seen in the number of elderly person living alone. As the incidence of disease and injury increases with aging, a family who lives apart from an elderly parent may …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 46(1), 117-125, 2008-02-10

    Ichushi Web  References (21) Cited by (8)

Page Top