住友 伸一郎 SUMITOMO Shinichiro

ID:1000050216496

朝日大学歯学部口腔外科学分野 Department of Oral Surgery, Asahi University, School of Dentistry (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 82

  • 1 / 5
  • A Case of Synovial Osteochondromatosis of the Temporomandibular Joint Accompanied by Malocclusion  [in Japanese]

    Matsuoka Masato , Nagayama Motohiko , Fukui Tatsumasa , Yoshida Hiroyasu , Nojiri Minori , Iida Yukihiro , Fujishita Masami , Katsumata Akitoshi , Sumitomo Shinichiro , Nakao Juna

    A 44-year-old female patient complained of spontaneous articular pain in her left temporomandibular joint. Her mandible had shifted toward the right, and she exhibited a crossbite. A large radiopaqu …

    Shika Hoshasen 57(2), 81-85, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Maxillofacial fracture due to Sports in the Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Asahi University Hospital  [in Japanese]

    渡邉 一弘 , 都尾 元宣 , 久保田 崇 , 笠井 唯克 , 足立 誠 , 山本 寛明 , 岩堀 正俊 , 住友 伸一郎

    朝日大学歯学部附属病院歯科口腔外科を2008年4月から2013年3月までの間に受診した、スポーツに起因する顎顔面骨骨折27例の現状について報告する。年齢は12歳~31歳の平均18.8歳であり、性別は男性24例、女性3例で男女比は8:1で男性が多かった。受傷から受診までの期間は受傷当日の来院が13例、受傷後1日目が5例、2~7日目が5 例、14日目以上経過が4例であった。来院経路は紹介受診が14例、 …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 44(1), 29-34, 2017-06

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical evaluation of oral carcinoma treated at Department of Oral and Maxillofacial Surgery Murakami Memorial Hospital, Asahi University, School of Dentistry.  [in Japanese]

    榑沼 歩 , 東 宗弘 , 高橋 萌 , 鷲見 成紀 , 足立 圭亮 , 村木 智則 , 稲垣 友里 , 山岡 真太郎 , 長縄 鋼亮 , 安村 真一 , 渡邉 一弘 , 江原 雄一 , 太田 貴久 , 本橋 征之 , 笠井 唯克 , 山田 和人 , 高井 良招 , 住友 伸一郎 , 村松 泰徳

    わが国における口腔癌罹患患者は年々増加し、1975年には2,100人、2005年には6,900人であり、2015年には7,800人と予想されている。近年口腔癌検診の実施や診療におけるガイドラインが整備され、全国的に口腔領域悪性腫瘍患者治療成績は向上傾向にある。しかし、各施設での治療方針や、診療環境により施設間での治療成績には差がある。治療成績の差を減らし全国的に治療成績を向上させるには、各施設の情 …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 44(1), 23-28, 2017-06

    IR  Ichushi Web 

  • A case of anaphylactic shock induced by rocuronium

    EHARA Yuichi , SUMITOMO Shinichiro , SUMI Shigeki

    During operations under general anesthesia, a muscle relaxant is important to ensure airway management of endotracheal intubation and to secure a clear operation field. Rocuronium was released in Octo …

    Journal of The Japanese Stomatological Society 66(3), 251-254, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of oral lihenoid lesions induced by denture acrylic resin  [in Japanese]

    野田 泰史 , 澤田 季子 , 鷲見 成紀 , 渡邉 一弘 , 江原 雄一 , 笠井 唯克 , 大橋 たみえ , 石神 元 , 住友 伸一郎

    【緒言】口腔扁平苔癬はHCV 感染、薬剤、金属などに対するアレルギーが原因となって口腔粘膜に発症する炎症性角化病変である。今回、義歯材料であるアクリル系レジンによる口腔扁平苔癬が疑われた患者に対し、熱可塑性ポリエステル系レジンを使用した義歯に置き換えたことにより完治した症例を報告する。【症例の概要】71歳の女性。両側頬粘膜の違和感を主訴として紹介来院した。1か月前にかかりつけ歯科医院にて義歯を修理 …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 43(1), 2016-07

    IR  Ichushi Web 

  • Deodorizing and Antibacterial Effect of GZ-08 Spray into the Mouth.  [in Japanese]

    住友 伸一郎 , 笠井 唯克 , 本橋 征之 , 足立 誠 , 江原 雄一 , 太田 貴久 , 稲垣(伊藤) 友里 , 渡邉 一弘 , 安村 真一 , 榑沼 歩 , 村木 智則 , 大橋 たみえ , 村松 泰徳

    亜鉛イオンを含む製品である GZ-08の口腔内噴霧により、その口臭抑制作用および抗菌効果を検討した。健康な成人ボランティア30人をランダムに GZ-08噴霧群(20人)と対照群(10人)の2群に分け、GZ-08あるいは生理食塩水を口腔内に噴霧し、その前後で口臭の原因である口腔気中の揮発性硫黄化合物(VSC)濃度および舌背の細菌数を測定した。さらに、GZ-08使用後にその味や使用感、今後の使用希望に …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 43(1), 27-32, 2016-07

    IR  Ichushi Web 

  • A Case Applied Endoscopy to Dental Maxillary Sinusitis Suspecting a Migrating Iatrogenic Foreign Material.  [in Japanese]

    赤井 崇浩 , 眞岡 知史 , 村木 智則 , 伊藤 友里 , 安村 真一 , 渡邉 一弘 , 式守 道夫 , 住友 伸一郎

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 42(2), 67-70, 2016-02-20

    IR  Ichushi Web 

  • Influence of functional groups on biomimetic carbonate apatite coating onto titanium implants  [in Japanese]

    松原 誠 , 足立 正徳 , 住友 伸一郎 , 土井 豊

    自己組織単分子成膜(SAM)によるバイオミメティック法を利用し、骨アパタイト様の炭酸含有アパタイト(CA)でチタン基板をコーティングした。血清中の炭酸イオンの約2倍の濃度(60mM)の炭酸イオンを含有する準安定リン酸カルシウム溶液を浸漬液とし、官能基としてスルホ基に加え、リン酸基、カルボキシル基および水酸基のCA沈着能についてFTIRを用いて検討した。いずれの官能基においてもCAの沈着が確認できた …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 42(2), 52-59, 2016-02-20

    IR  Ichushi Web 

  • Changes in the Attitudes of Students of Asahi University School of Dentistry Following Undergraduate Clinical Training.  [in Japanese]

    飯沼 光生 , 安村 真一 , 吉田 隆一 , 関根 源太 , 後藤 昌彦 , 安田 順一 , 横山 貴紀 , 松岡 正登 , 長谷川 信乃 , 石津 恵津子 , 大橋 静江 , 松原 誠 , 大森 俊和 , 南 哲至 , 長谷川 ユカ , 後藤 隆志 , 住友 伸一郎 , 石神 元 , 都尾 元宣 , 倉知 正和 , 永原 國央 , 磯崎 篤則

    臨床実習の成果を検証する目的で2012年度の朝日大学歯学部5年次臨床突習生134名を対象に、臨床実習開始前と終了時点に臨床実習の意識調査を実施した。その結果、実習前は、ほとんどの学生が不安ではあるが楽しみであり、積極的に参加したいと考えており、実習後も成果があったと考える学生がほとんどで学生にとって有益であったと考えられた。実習前には多くの難しい内容の治療もしたいと考えていた学生が多かったが、実際 …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 41(1), 24-31, 2014-06-20

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Maxillary Sinus Mucocele Mimicking Jaw Cysts.  [in Japanese]

    松原 誠 , 式守 道夫 , 村木 智則 , 川原田 幸司 , 諏訪 裕彦 , 庵原 明倫 , 長縄 鋼亮 , 江原 道子 , 永山 元彦 , 田沼 順一 , 住友 伸一郎

    緒言:上顎洞粘液嚢胞は、比較的無症状で緩慢に発育することから、画像検査で偶然に発見されることが多い。時に上顎洞とは別に嚢胞病変が存在することがあり、顎嚢胞も考慮しなければならない。また術後性上顎嚢胞と鑑別する必要もある。今回、臨床所見から顎嚢胞を疑われたが、組織像および既往歴から上顎洞粘液嚢胞と診断した1例を経験したので報告する。症例:57歳の女性。2013年6月に上顎左側臼歯部の欠損を主訴に近歯 …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 40(3), 264-267, 2014-02-20

    IR  Ichushi Web 

  • Introduction of The Chinese Journal of Dental Research  [in Japanese]

    MORI Masahiko , SUMITOMO Shinichiro , SUMI Shigeki , NAGANAWA Kousuke , FUJIMOTO Masako , MATSUBARA Makoto , SHIKIMORI Michio

    The Chinese Journal of Dental Research (CJDR), an official international journal, has been published by the Chinese Stomatology Association since 1998.<br>1) CJDR was registered with MEDLINE in …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 60(3), 112-116, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Difficulties Differentiating Case of Ossyfying Fibroma of the Jaw from Fibrous Dysplasia  [in Japanese]

    HISANO KYOUHEI , IMAMURA TOMOHIRO , TANAKA SHIROU , MOTOHASHI HIROYUKI , YAMADA KAZUTO , MURAMATU NORIMASA , SUMITOMO SHINICHIROU , SHIKIMORI MICHIO

    骨形成線維腫は顎骨に発生する稀な良性腫瘍であり、鑑別すべき疾患に線維骨異形成症がある。両者は臨床的所見、画像所見からは両者の鑑別が困難であるが、発育形式が異なるために治療法も異なるので正確な鑑別診断が求められる。患者は37歳男性で左側頬部の無痛性腫脹を主訴に来院した。画像所見では左側下顎枝の膨隆を認め、その内部は粗造で、辺縁平滑な膨張性増殖像を呈した。生検の病理組織像では線維芽細胞の増殖と幼弱な骨 …

    The journal of Gifu Dental Society 40(2), 164-168, 2013-09-20

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical Evaluations of Patients Undergoing Bisphosphonate Therapy  [in Japanese]

    ITO YURI , ATSUDI KOSEI , MURAKI TOMONORI , NAGANAWA KOUSUKE , AKAI TAKAHIRO , EHARA YUUICHI , OHTA TAKAHISA , MATSUBARA MAKOTO , FUZIMOTO MASAKO , TANAKA SHIRO , SUMITOMO SINICHIRO , KASAI TADAKATSU , EJIRI SADAKAZU , SHIKIMORI MICHIO

    今回、2007年からの2年間に当科で加療したビスフォスフォネート製剤(BP製剤)投与症例での口腔外科的処置について検討したので報告する。対象は男5名含む計60名(平均年齢70.5歳)であった。BP製剤(重複あり)は、内服薬投与ではアレンドロン酸ナトリウム水和物64症例で、注射薬投与は2症例、不明1症例、計67症例で、平均投与期間は2.7年、抜歯症例では2.8年であった。原疾患は骨粗鬆症51名、関節 …

    The journal of Gifu Dental Society 40(2), 119-126, 2013-09-20

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Developed Cellulitis from Angular Cheilitis in Poor Controlled Diabetic Patient.  [in Japanese]

    蔡 豪倫 , 田中 四郎 , 太田 貴久 , 住友 伸一郎

    今回われわれは、血糖コントロール不良の糖尿病患者に発症した口角炎が蜂窩織炎へ移行した1例を経験したので報告する。患者は49歳の男性で右口角炎を認めるも疼痛がないため放置していたが、右上下口唇が腫脹したため某歯科を受診、抗菌薬を投与されたが症状が改善せず悪化したため、当科へ紹介来院した。当科初診時は、右側上下口唇から頬部にかけて発赤を伴ったび漫性の腫脹を認め、口角から排膿を認めた。MRI所見では右頬 …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 40(1), 89-92, 2013-05-20

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Malignant Melanoma in the Palate.  [in Japanese]

    長縄 鋼亮 , 住友 伸一郎 , 太田 貴久 , 蔡 豪倫 , 山田 和人 , 永山 元彦 , 田沼 順一 , 赤井 崇浩 , 稲垣 俊弘 , 式守 道夫

    43歳の女性。右側口蓋粘膜の12×10mmの黒色斑を主訴に来院した。黒色斑の境界はやや滲んだ様相で、CT検査において口蓋の骨や上顎洞は健常であった。悪性黒色腫と臨床診断し、腫瘍辺縁より最低10mmの安全域を設定して骨膜を含めて切除した。切除標本の病理組織所見で、切除辺縁は陰性であったが、腫瘍細胞の固有層への浸潤は2mmをわずかに超えており皮膚の悪性黒色腫のpT3aN0M0、StageⅡAに相当する …

    岐阜歯科学会雑誌 = The Journal of Gifu Dental Society 40(1), 84-88, 2013-05-20

    IR  Ichushi Web 

  • A case of malignant melanoma from an unknown primary site that extensively invaded the mandibular bone  [in Japanese]

    MOTOHASHI Masayuki , SUMITOMO Shinichiro , MURAMATSU Yasunori , TANAKA Shiro , NAGAYAMA Motohiko , SHIKIMORI Michio

    To our knowledge, a case of primary oral malignant melanoma (MM) invading mainly the jaw has yet to be reported. We report a case of MM that spread widely in the mandibular medullary cavity with limit …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 59(2), 78-82, 2013-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • A history of the American Association of oral and maxillofacial surgeons  [in Japanese]

    MORI Masahiko , NAGANAWA Kousuke , EHARA Yuichi , SUMITOMO Shinichiro , MOTOHASHI Masayuki , SHIKIMORI Michio

    Before independence of the USA, diagnosis and treatment, including surgical operations of oral and maxillofacial lesions were performed by medical doctors of European emigrants and their American disc …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 59(2), 70-77, 2013-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • A case report of Rett syndrome with remarkable trismus  [in Japanese]

    HOSOHARA Masatoshi , EHARA Yuichi , TANAKA Shiro , GEN Keika , SUMITOMO Shinichiro , SHIKIMORI Michio

    Rett syndrome is found exclusively in young females, and is a progressive neurologic disease characterized by mental retardation, repeated hand-rubbing behavior, and related symptoms. We report a case …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 59(4), 250-253, 2013

    J-STAGE 

  • Blood concentration of cevimeline hydrochloride hydrate after oral rinsing

    MATSUBARA Makoto , SHIKIMORI Michio , FUJIMOTO Masako , OHTA Takahisa , TANAKA Shiro , SUMITOMO Shinichiro

    Cevimeline hydrochloride hydrate (cevimeline) is used in the treatment of xerostomia associated with Sjogren's syndrome. However, this medication has muscarinic agonist activity and is associated with …

    Journal of The Japanese Stomatological Society 62(1), 1-4, 2013

    J-STAGE 

  • A case of glomangiomyoma in the center of the upper lip  [in Japanese]

    Ohta Takahisa , Sumi Shigeki , Matsubara Makoto , Motohoshi Masayuki , Nagayama Motohiko , Sumitomo Shinichiro , Muramatsu Yasunori , Tanuma Jun-ichi , Shikimori Michio

    Glomangiomyomaは爪甲下に好発するGlomus腫瘍の亜型の一つであるが,口腔領域では極めて稀で,上唇正中部に多くみられ無症状の経過を示す。治療は外科的切除が推奨されており,再発は少なく予後も良好である。<br>患者は61歳の男性。約2か月前から上唇正中部の腫脹を自覚していたが,緩徐な増大傾向を示したため精査を目的に当科を受診した。正常粘膜下に直径5mmの境界明瞭で弾性硬の小 …

    Journal of Japanese Society of Oral Oncology 26(1), 25-30, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 1 / 5
Page Top