平松 謙一 HIRAMATSU Ken-Ichi

ID:1000050218814

琉球大学 (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 22

  • 1 / 2
  • 画像を通してみる広汎性発達障害の脳障害部位  [in Japanese]

    川崎 葉子 , 野沢 惠子 , 丹羽 真一 [他] , 湯本 真人 , 平松 謙一 , 松田 博史 , 横田 圭司 , 四宮 美恵子

    精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica 104(6), 472-479, 2002-06-25

    Ichushi Web  References (10)

  • 健常成人のWisconsin Card Sorting Test中に見られた脳血液量変化--24チャンネル.NIRSを用いて  [in Japanese]

    備瀬 哲弘 , 平松 謙一 , 福治 康秀 [他]

    Japanese journal of cognitive neuroscience 3(2), 138-143, 2001-12

    Ichushi Web  Cited by (2)

  • 予防精神医学の展望  [in Japanese]

    平松 謙一

    こころの健康 : 日本精神衛生学会誌 16(2), 51-54, 2001-11-30

    Ichushi Web 

  • Magnetoencephalographic Localization of 'Paroxysm at F' in Autism-Localization of Frontal EEG Proxysms First Seen Between Middle Childhood and Adolecence in Autism  [in Japanese]

    KAWASAKI Yoko , SHINOMIYA Mieko , YUMOTO Masato , HIRAMATSU Kenichi , NIWA Shinichi

    臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology 29(3), 262-268, 2001-06-01

    Ichushi Web  References (23) Cited by (3)

  • 一般演題1-B-1デイケア1質疑討論  [in Japanese]

    堀川 公平 , 儀間 智 , 平松 謙一 , 濁川 和彦 , 井上 直人 , 石野 裕明 , 香山 明美 , 辻 貴司 , 磯部 祐三子 , 田口 久芳

    病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry 43(1), 31-34, 2000-03-25

  • Coherence Analysis on Functional Modules in Cognitive and Linguistic process  [in Japanese]

    KOSHIDA Ichiro , ITOH Kenji , KASAI Kiyoto , HATA Akinobu , IWANAMIHI Akira , YUMOTO Masato , NAKAGOME Kazuyuki , FUKUDA Masato , HIRAMATSU Kenichi , NIWA Sinichi

    筆者らは多チャンネル脳電位計測・解析システムを開発している.本システムは, 思考と言語に関する高次認知機能の検討を目的としたもので, 脳電位に関する, 相関情報を含む各種の解析・表示が可能である.今回は, このシステムを用いて思考・言語過程における認知機能モジュールの協調を調べた例として, 自動的注意機能の指標であるMMNについて, γ波帯域における相関情報解析を行った.この結果, 1)MMNの発 …

    Technical report of IEICE. Thought and language 99(691), 1-7, 2000-03-16

    References (4) Cited by (2)

  • Early effects of simulated high altitudes on auditory event-related potentials  [in Japanese]

    MATSUO Kazuhiko , YUSA Toshiko , HIRAMITSU Ken-ichi

    脳波と筋電図 : Japanese journal of electroencephalography and electromyography 27(3), 286-294, 1999-06-01

    Ichushi Web  References (15)

  • ERPs Changes during Neuroleptic Treatment in Schizophrenia : A Vulnerability Marker in Schizophrenia  [in Japanese]

    ASATO Naohiko , HIRAYASU Yoshio , HIRAMATSU Ken-Ichi , OHTA Hirokazu

    精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica 101(3), 254-276, 1999-03-25

    Ichushi Web  References (77) Cited by (1)

  • A Network System for function information of brain and its correlation analysis  [in Japanese]

    KOBAYASHI Kentarow , KOSHIDA Ichiro , ITOH Kenji , KASAI Kiyoto , NAKAGOME Kazuyuki , HIRAMATSU Ken'ich , NIWA Shin'ichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 1999年.基礎・境界, 299, 1999-03-08

  • Networking and Correlation Analysis for Brain Functional Data  [in Japanese]

    KOBAYASHI Kentarow , KOSHIDA Ichiro , ITOH Kenji , KASAI Kiyoto , NAKAGOME Kazuyuki , HIRAMATSU Ken'ichi , NIWA Shin'ichi

    現在多チャンネルEEGなどを使用した思考, 言語, 脳の仕組みについての研究が盛んになっている.その中で本研究は, 分散された脳電位データ, 特に事象関連電位データをデータベースとして構築することである.現在, 東京大学, 東京工科大学, 帝京大学, 琉球大学, 福島医大の共同研究として脳波を測定し, そこから人間の思考, 言語を解析する研究が行われており, 今回はJava言語とWebサーバである …

    Technical report of IEICE. Thought and language 98(381), 13-20, 1998-11-02

    References (12)

  • A Brain Model of rhythmic Information Processing in Dialogue  [in Japanese]

    Koshida Ichiro , Ito Kenji , Yoshida Ken-ichi , Hata Akinobu , Miyauchi Masaru , Hiramatsu Ken-ichi

    筆者らは,異常思考と対話の関係について,対話分析を中心とした研究を開始している.本稿では,本研究の目的および内容の紹介を中心として,以下の事柄について説明する.最初に,本研究で用いるロールプレイテストと,それに基づく定性的な分析の結果について紹介する.次に,対話におけるターン・テイキングに着目した分析の,予備的な結果を述べ,そこから示唆される事項について考察する.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年_基礎・境界, 516-517, 1996-03-11

  • A Brain Model of rhythmic Information Processing in Dialogue and Thought Process  [in Japanese]

    Ito K , Koshida I , Hiramatsu M , Fukuda M , Nakagome K , Hata T , Niwa S

    近年、人間の高次脳機能、特に言語および思考は雨多くの分野で注目されている。たとえば情報科学においては、新しい知識情報処理や学習・思考支援システム開発のモデルとして、一方、精神医学においては、精神病の病態解明の基礎として、その神経機構の解明が待たれている。しかし、これら高次機能は動物実験では解明できず、また、これまで工学的な神経回路モデル化や、PETおよびfMRIなどのマクロスコピックな脳機能検査な …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年_基礎・境界, 514-515, 1996-03-11

  • A Presentation System of Brain Function for Information for Assisting and EvaIuating Thought Process  [in Japanese]

    Itoh K , Koshida I , Nagai H , Hiramatsu K , Fukuda M , Nakagome K , Niwa S

    ヒトの思考過程は近年、高次脳機能として、その諸過程に対応する脳内活動の計測法が発達し、従来のブラックボックスからグレイボックスへと取り扱いが進展してきた。この思考各過程における脳の機能情報は行動出力パタンとともに、新しい知識情報処理や思考支援、思考やその発達障害の治療・訓練などのシステム開発やそれらの評価に移用することが検討され始めている。本研究では、思考をいくつかの脳内過程に分け、各過程に伴う脳 …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE, 324-325, 1996

    Cited by (1)

  • Thought disorder evaluation of psychiatric patients  [in Japanese]

    Hata Akinobu , Fukuda Masato , Hiramatsu Ken-Ichi , Nakagome Kazuyuki , Itoh Kenji , Iwanami Akira

    精神科領域における思考研究は、健常者における思考の機能の研究よりも、その障害された状態、すなわち思考障害の研究が中心となる。特に、精神分裂病においては、思考障害はその基本障害の一つとされ、幻覚や妄想といった症状の基礎にある異常として捉えられてきたため、精神分裂病を対象とした思考障害研究が中心に行われてきた。こうした思考障害は、健常者の思考についての知見をもとにして、そこからの逸脱として理解されてき …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1995年.基礎・境界, 223-224, 1995-09-05

  • Application of 3D Brain Functional Mapping and Visualization System to Measurements and Modeling of Language-Thought Process and its Disorders  [in Japanese]

    Itoh K , Hiramatsu K , Fukuda M , Yumoto M , Koshida I , Niwa S

    人間における言語理解、推論、学習などは、言語、認知、さらに思考過程の中心的な役割を果たしており、現在、情報科学、認知科学、神経科学、精神科学など多くの分野において、その脳内過程の解明、さらにその障害の診断や治療法の確立が望まれている。近年、これらの脳内の言語・認知過程に対し、従来の心理学的な手法やMRIなど主として脳の構造を明らかにするものに加え、脳波(EEG)や脳磁図(MEG)など脳の電気・磁気 …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.基礎・境界, 472-473, 1995-03-27

  • C-7 自閉症において脳波および脳磁図検査を通して得られた前頭-辺縁系障害の所見  [in Japanese]

    川崎 葉子 , 横田 圭司 , 四宮 美恵子 , 平松 謙一 , 湯本 真人 , 丹羽 真一

    日本てんかん学会プログラム・予稿集 (29), 125, 1995

    NDL Digital Collections 

  • Thought Disorders in Psychiatric Patients and their Assessments  [in Japanese]

    Hiramatsu Ken-Ichi , Hata Akinobu , Fukuda Masato

    精神疾患における思考障害研究の歴史とその評価方法を概説する。思考障害研究はKraeperinおよびBleulerによって確立され,その後おもに精神分裂病に本質的な思考障害は何かということをテーマに研究されてきた。精神分裂病に特徴的とされた思考障害としては,具体的思考や過包含と呼ばれる抽象化・カテゴリー化・概念形成の障害,刺激の過包含・社会常識にはずれた思考・連合弛緩などに分類される認知の焦点付けの …

    Technical report of IEICE. Thought and language 94(378), 9-16, 1994-12-05

  • MEG (Magnetoencephalography)(第67回日本医科機器学会大会シンポジウムI)(「臨床検査機器の最先端」)  [in Japanese]

    YUMOTO M. , 四元 秀毅 , 大久保 昭行 , 金子 裕 , 高倉 公朋 , 上坂 義和 , 宇川 義一 , 平松 謙一 , 丹羽 真一

    The Japanese journal of medical instrumentation 62(12), 573-576, 1992-12-01

    Ichushi Web 

  • 3.脳磁図 : MEG(Magnetoencephalography)  [in Japanese]

    湯本 真人 , 四元 秀毅 , 大久保 昭行 , 金子 裕 , 高倉 公朋 , 上坂 義和 , 宇川 義一 , 平松 謙一 , 丹羽 真一

    The Japanese journal of medical instrumentation 62(4), 178-179, 1992-04-01

  • 2E149 バルプロ酸の短期記憶機能に及ぼす影響について : Sternbergの課題を用いて  [in Japanese]

    中込 和幸 , 平松 謙一 , 永久保 昇治 , 福田 正人 , 斎藤 藤治 , 亀山 知道 , 安西 信雄 , 丹羽 真一 , 伊藤 憲治

    日本てんかん学会プログラム・抄録集 (20), 127, 1986

    NDL Digital Collections 

  • 1 / 2
Page Top