高津 哲也 TAKATSU Tetsuya

ID:1000050241378

北海道大学大学院水産科学研究院 Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • Sexual dimorphism in the size of bulbous nasal tubes of yellow goosefish <i>Lophius litulon</i> off Aomori Prefecture, northern Japan  [in Japanese]

    TAKEYA YUHEI , TAKATSU TETSUYA , YAMANAKA TOMOYUKI , SHIBATA YASUTOKI , NAKAYA MITSUHIRO

    <p> キアンコウの外部形態である瘤状鼻管幅の性的二型を利用した性判別法の精度を検証した。体重1 kg以上のキアンコウの全長(TL)-瘤状鼻管幅間の雌雄別回帰式は,雄が相対的に大型の瘤状鼻管幅を示した。両回帰式の±20%の範囲で性判別した正答率は,400-499 mmTLで93.0%,500-899 mmで94.9-96.0%,≥900 mmで100%を示し,400 mmTL以上で実用 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 84(1), 130-132, 2018

    J-STAGE 

  • Changes in the specific gravity of eggs, larvae, and juveniles of <i>Hippoglosoides dubius</i>, and the relationship between egg development and water temperature  [in Japanese]

    SUZUKI KOTA , NAKAYA MITSUHIRO , YOO HAE-KYUN , MATSUDA TAIHEI , TAKATSU TETSUYA

    <p> アカガレイ卵・仔魚の輸送過程を明らかにする端緒として,飼育実験で,卵・仔稚魚の発生・発育に伴う比重変化の測定および卵発生速度と水温(1-12℃)の関係を調べた。卵の比重は,生息域である噴火湾の海水密度より常に低く,浮上したが,卵黄嚢仔魚では逆転した。屈曲前前期の仔魚の比重は海水密度とほぼ同等になり,それ以降は発育とともに再び高比重になった。水温1-12℃において,卵および卵黄嚢 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 83(4), 580-588, 2017

    J-STAGE 

  • Use of the illicium for age determination and verification of yellow goosefish <i>Lophius litulon</i> off Aomori Prefecture, northern Japan  [in Japanese]

    TAKEYA YUHEI , TAKATSU TETSUYA , YAMANAKA TOMOYUKI , SHIBATA YASUTOKI , NAKAYA MITSUHIRO

    <p> 青森県周辺海域におけるキアンコウの背鰭第一棘による年齢査定法を検証した。背鰭第一棘の付け根付近の横断面をエッチング処理した後,メチレンブルーで染色し,実体顕微鏡下で落射光と透過光の両者による比較観察した結果,不透明帯数の読み取り精度が向上した。同横断面には,1年に2本の不透明帯(主に6月と11-12月)が形成されていた。背鰭第一棘による年齢査定は脊椎骨によるものよりも読み取り誤 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 83(1), 9-17, 2017

    IR  J-STAGE 

  • The Kyucho passing through the bay mouth of Funka Bay : (3) Numerical model experiment II  [in Japanese]

    KOBAYASHI Naoto , ISODA Yutaka , TAKATSU Tetsuya , KIMURA Osamu , KAMEI Yoshihiko

    海と空 88(3), 127-133, 2013-03-22

    References (5)

  • Growth pattern of flathead flounder Hippoglossoides dubius in Funka Bay, Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    IWAKAWA KOUDAI , TAKAHASHI TOYOMI , TAKATSU TETSUYA , INAGAKI YUTA , NAKATANI TOSHIKUNI , MAEDA TATSUAKI

    噴火湾産アカガレイの 3 つの卓越年級群(1989,1991,1995 年級群)の成長様式を調べた。雌雄ともに成長は,3 歳までの若齢期はベルタランフィ式で,以降は線形式に切換えたモデルが良好な適合を示した。3 歳以降の線形な成長は,主餌料がクモヒトデ類や小型甲殻類から栄養価の高い魚類や甲殻類十脚目に転換するためと考えられた。採集時の全長よりも,中高齢魚の耳石輪紋径から逆算した全長の方が小型の全長 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 79(1), 10-19, 2013-01-15

    J-STAGE  JASI  References (37)

  • The Kyucho passing through the bay mouth of Funka Bay : (2) Numerical model experiment I  [in Japanese]

    KOBAYASHI Naoto , ISODA Yutaka , TAKATSU Tetsuya , KIMURA Osamu , KAMEI Yoshihiko

    海と空 88(2), 43-48, 2012-11-30

    References (4) Cited by (1)

  • Age and growth of barfin flounder Verasper moseri in the eastern coastal waters of Cape Erimo, Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    SHIKISHIMA YOSHIYA , TAKATSU TETSUYA , TAKAHASHI TOYOMI , NINOMIYA MASAMITSU , SAKAI SHINJI , ICHINOSE HIROYUKI , MORIOKA TAIZO , SASAKI MASAYOSHI

    えりも岬以東海域で刺網と定置網,桁網で採集したマツカワの成長特性を明らかにした。無眼側耳石の外縁は,4~7 月には不透明帯を持つ個体の割合が増加し,8~12 月には減少していた。透明帯外縁を指標として年齢群に分けたところ,夏季に全長が著しく増加したが,11~5 月にはほとんど成長しないことが判った。4 月 1 日を年齢起算日とし,全長を von Bertalanffy 式に当てはめた。えりも岬以西 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 78(6), 1170-1175, 2012-11-15

    J-STAGE  JASI  References (21)

  • 練習船を活用した復興支援教育・研究活動の提案  [in Japanese]

    高津 哲也

    水産海洋研究 76(3), 166-167, 2012-08-01

  • The Kyucho passing through the bay mouth of Funka Bay : (1) Data analysis  [in Japanese]

    KOBAYASHI Naoto , ISODA Yutaka , KOBAYASHI Masayuki , SATOH Chizuru , KIMURA Osamu , YAMAGUCHI Hidekazu , TAKATSU Tetsuya , ROSA Ana Luisa

    海と空 87(3), 9-20, 2012-07-16

    References (10)

  • Abundance and growth trajectory of Japanese sandfish (<i>Arctoscopus japonicus</i>) juveniles in Mutsu Bay.  [in Japanese]

    Kudo Mitsuhiro , Takatsu Tetsuya , Fukui Shotaro , Komoto Ryota

    陸奥湾にはハタハタ成魚は分布しないにもかかわらず稚魚が生息する年があることを示し,その孵化日組成や耳石輪紋幅を明らかにすることで,稚魚の起源と陸奥湾への輸送過程,成長履歴を検討し,本種の生活史特性を解明することを目的とした。

    Japanese Journal of Ichthyology 59(1), 21-35, 2012

    IR  J-STAGE  JASI 

  • Vertical Distribution and Feeding Habits of Japanese Sandfish (Arctoscopus japonicus) Larvae and Juveniles off Akita Prefecture in the Sea of Japan  [in Japanese]

    KOMOTO Ryota , KUDOU Hironori , TAKATSU Tetsuya

    秋田県沿岸におけるハタハタ仔稚魚の水深別分布と摂餌生態を調べるため,2009年2-5月に仔稚魚の分布密度と食物組成および餌サイズ組成を調査した。仔稚魚は水温7.3-12.2°Cの底層に分布し,水深0.5-5 m の産卵場から個体発生的に水深60 m 以深に移動した。また稚魚は,水温13.2°C以上の底層には分布しなかった。ハタハタの孵化仔魚は脊索長が約12 mm あり,他の海産魚類 …

    Aquaculture Science 59(4), 615-630, 2011-12-20

    IR  J-STAGE  JASI  References (45)

  • Feeding habits of two-flatfish-species larvae in Funka Bay, Japan : importance of Oikopleura as prey  [in Japanese]

    HASHIMOTO YUTARO , MAEDA AKIKO , OONO YUSUKE , KANO YOTA , TAKATSU TETSUYA

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 58(2), 165-177, 2011-08-26

    IR  JASI  References (36)

  • Age and Growth of Korean Flounder Glyptocephalus stelleri in Funka Bay, Hokkaido  [in Japanese]

    YONEDA Noriko , TAKAHASHI Toyomi , TAKATSU Tetsuya

    ヒレグロの資源維持および増強を目的に,2006年4月~2007年3月に北海道噴火湾から採集した個体の耳石による年齢査定を行い,漁獲時の年齢-体長データに基づいて成長解析を行った。耳石の不透明帯外縁は主に8~9月に形成される年周輪であり,この時期は孵化盛期とほぼ一致した。<I>t</I>(歳)時の体長を<I>SL<SUB>t</SUB>&l …

    Aquaculture Science 58(1), 11-16, 2010-03-20

    J-STAGE  JASI  References (17) Cited by (1)

  • Larval feeding intensity and year class strength of pointhead flounder Cleisthenes pinetorum in Funka Bay  [in Japanese]

    HIRAOKA Yuko , TAKATSU Tetsuya , OHNO Yusuke , OKUMURA Hiroya , TAKAHASHI Hideaki , TAKAHASHI Toyomi

    ソウハチは、サハリン、千島列島、北海道沿岸と、本州太平洋側では福島県まで、日本海側では沿海地方から東シナ海北部まで分布する異体類の1種であり、北海道周辺では刺網や沖合底曳網漁業の主要対象種のひとつである。襟裳岬から噴火湾および恵山岬にいたる道南太平洋海域の年間漁獲量の変動は、1954年から2004年の間で、最大25倍の差があり、その資源量も大きく変動しているものと考えられる。このような漁獲量や資源 …

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 73(2), 90-101, 2009-05-28

    IR  JASI  References (31) Cited by (1)

  • Validation of Otolith Increment Formation and the Growth Rate of Fat Greenling Larvae

    JOH Mikimasa , JOH Takashi , MATSU-URA Teppei , TAKATSU Tetsuya

    アイナメ飼育仔魚の耳石日周輪形成の確認と,天然仔魚の成長様式を検討した。礫石上には孵化時に明瞭な輪紋(孵化チェック)が形成された。日齢(<I>Age</I>)と孵化チェックの外側の輪紋数(<I>NI</I>)の関係は直線で示され(<I>NI</I>=0.99<I>Age</I>-0.30, <I& …

    Aquaculture Science 56(2), 157-166, 2008-06-20

    IR  J-STAGE  JASI  References (47) Cited by (1)

  • アカガレイの成長遅滞  [in Japanese]

    岩川 浩大 , 高津 哲也 , 高橋 豊美

    第38回北洋研究シンポジウム

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 72(1), 42-43, 2008-02-28

    IR  References (10)

  • The 38th symposium on the sub-arctic fisheries and oceanography  [in Japanese]

    高津 哲也

    水産海洋研究 72(1), 37, 2008-02-28

  • 第38回北洋研究シンポジウム : 「近年の噴火湾における海洋環境と漁業資源の変動」-速報-  [in Japanese]

    高津 哲也 , 渡野邉 雅道

    水産海洋研究 71(2), 155, 2007-05-28

  • 噴火湾とその周辺海域におけるソウハチCleisthenes pinetorum仔魚の輸送  [in Japanese]

    栗藤 亜希子 , 平岡 優子 , 高津 哲也 [他] , 伊村 一雄 , 小林 直人 , 亀井 佳彦

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 69(3), 145-155, 2005-08

    JASI  Cited by (1)

  • Feeding habits of pointhead flounder Cleisthenes pinetorum larvae in and near Funka Bay, Hokkaido, Japan

    Hiraoka Yuko , Takatsu Tetsuya , Kurifuji Akiko , Imura Kazuo , Takahashi Toyomi

    2001年8月10-20日の期間、北海道噴火湾とその周辺海域においてソウハチCleishenes pnieorum仔魚の摂餌生態を調査した。仔魚は成長とともに、初期餌料であるかいあし類ノープリウス(特にOihona similisとPseudcalanus newmani)からコペポダイトや尾虫類Oikopleura属の1種へと主要餌生物を移行させていた。Microseella属の1種のノープリウ …

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 69(3), 156-164, 2005-08

    IR  JASI  Cited by (2)

  • 1 / 3
Page Top