植野 真臣 Ueno Maomi

ID:1000050262316

電気通信大学大学院情報システム学研究科 Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 136

  • Maximum Clique Algorithm for Uniform Test Assembly  [in Japanese]

    ISHII Takatoshi , SONGMUANG Pokpong , UENO Maomi

    本論文では,複数等質テストを自動構成する新しい手法を提案する.複数等質テストとは,それぞれのテストに含まれるテスト項目は異なるが,統計的な性質(例えば,得点分布や項目反応理論に基づく情報量等)が等しいテスト群である.本手法の特徴は,与えられたアイテムバンクから最大数の複数等質テストを構成できることである.具体的には,複数等質テスト構成を最大クリーク問題として解き,等質テスト間に項目の重複を許した条 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 97(2), 270-280, 2014-02

  • Toulmin Model based Argument Elaboration Support System using Bayesian Network Representation  [in Japanese]

    UTO Masaki , SUZUKI Hiroaki , UENO Maomi

    本論文では,アカデミックライティングにおける論証の推敲を支援するシステムを開発する.従来の論証推敲支援システムでは,論証の規範モデルとして知られるToulminモデルにユーザの論証を当てはめ可視化する支援を行っていることが多い.しかし,論証の主目的である「主張」の正当化のためには,Toulminモデルへの当てはまりの良さよりも,文章間の因果の強さ,すなわち「論証の強さ」を重視した論証の推敲が重要で …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 96(4), 998-1011, 2013-04-01

    References (35)

  • Toulmin Model based Argumentation Support System using Bayesian Network  [in Japanese]

    UTO Masaki , SUZUKI Hiroaki , UENO Maomi

    本論では,アカデミックライティングにおける説得的な論証の構築を支援するシステムを開発する.これまでの論証構築支援システムでは,論証の規範モデルとして知られるToulminモデルに論証を表層的に当てはめる支援に留まっていた.しかし,論証では主張を証明することが最も重要であり,このためにはToulminモデルへの当てはまりよりも,構成要素間の論証の強さを重視すべきである.そこで,本論では,Toulmi …

    IEICE technical report. Education technology 111(332), 41-46, 2011-12-08

  • Article Structure Construction Support System by Bayes Code  [in Japanese]

    UTO Masaki , UENO Maomi

    本研究では,妥当かつ多様な論文構成の構築を支援するシステムの開発と評価を行う.ここでは,「論文構成」を情報理論における情報源からの出力符号系列とみなしたメタファとしてとらえ,論文構成の構築過程を定式化する.具体的には,過去の優良論文100件の論文構成を論文要素カテゴリーの系列データとし,それがm重マルコフ情報源に従うと仮定する.多重度の推定法として,情報論的アプローチでは,ベイズ符号語長(Baye …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 94(12), 2069-2081, 2011-12-01

    References (31)

  • Toulmin Model based Argumentation Support System using Bayesian Network  [in Japanese]

    UTO Masaki , SUZUKI Hiroaki , UENO Maomi

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 111(332), 41-46, 2011-12-01

    References (26)

  • Argumentation Support System using Bayesian Network  [in Japanese]

    宇都 雅輝 , 鈴木 宏昭 , 植野 真臣

    人工知能基本問題研究会 83, 71-76, 2011-11-18

  • Item Latent Structure Analysis by Marginalizing Latent Variable(<Special Issue>New Generation Learning Assessments)  [in Japanese]

    HASHIMOTO Takamitsu , UENO Maomi

    テスト項目間の従属関係を,グラフ構造により視覚的に分析する代表的な手法に,IRS(Item Relational Structure)分析,ファジィグラフを用いた項目構造分析などがある.これらの手法には,手順が平易で直観的に理解しやすいという利点がある一方,無関係な内容を問う項目でも,受検者の能力を強く反映していれば,それらの項目間に従属関係が誤って検出されてしまうという欠点がある.本論文は,潜在 …

    Japan Journal of Educational Technology 35(3), 205-215, 2011

    J-STAGE  References (13)

  • ePortfolio Which Facilitates Learning from Others(<Special Issue>New Generation Learning Assessments)  [in Japanese]

    UENO Maomi , UTO Masaki

    本研究は,他者からの学びを誘発するeポートフォリオ・システムの開発を目的とする.本システムの特徴は,(1)個人のeポートフォリオを構造化し,ハイパーリンクでつなぐことにより,多様なパスで有用な他者情報の発見を支援する,(2)高度な検索機能により,キーワード検索,過去の優秀なレポートやテスト成績の良い学習者,相互評価の高い学習者などを容易に検索できる,(3)すべての階層でのアセスメント機能として,テ …

    Japan Journal of Educational Technology 35(3), 169-182, 2011

    J-STAGE  References (29) Cited by (3)

  • Effect Analysis of e-Learning that Uses Tablet PC  [in Japanese]

    ANDO Masahiro , UENO Maomi

    本論では,eラーニングにおけるタブレットPCの効果について,人間の情報処理モデル「デュアル・チャンネル・モデル」に基づいて分析を行った.具体的には,eラーニングでの書込みに用いられる入力デバイスに,紙媒体,キーボード,ペンタブレット,タブレットPCを用意し,アイマークレコーダで学習者の注視点を測定し,記憶・理解テスト,アンケート調査およびメモ書きの評価により,各デバイスの評価を行った.その結果,タ …

    Japan Journal of Educational Technology 35(2), 109-123, 2011

    J-STAGE  References (23)

  • Development of Support System for Creating e-Portfolio for Individualized Educational Support Program  [in Japanese]

    NAGAMORI Masahito , MORIMOTO Yasuhiko , UENO Maomi

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2010(50), 13-17, 2010-09-30

    References (16)

  • Analysis of Effect of Annotations Using Tablet PC in e-Learning  [in Japanese]

    ANDO Masahiro , UENO Maomi

    Research report of JSET Conferences 2010(3), 199-206, 2010-07-03

    References (9)

  • Mobile E-testing to Support Real Situation Assessment  [in Japanese]

    MIYASAWA Yoshimitsu , UTO Masaki , ANDO Masahiro , UENO Maomi

    Research report of JSET Conferences 2010(3), 99-104, 2010-07-03

    References (10)

  • Local Item Dependence Detection Eliminating Effect of Examinees' Ability  [in Japanese]

    HASHIMOTO Takamitsu , UENO Maomi

    Research report of JSET Conferences 2010(3), 47-54, 2010-07-03

    References (7)

  • Development of multifunctional e-portfolio system "Samurai-folio"  [in Japanese]

    UENO Maomi

    Research report of JSET Conferences 2010(3), 33-40, 2010-07-03

    References (17) Cited by (1)

  • Article Structure Construction Support System based on Probabilistic Approach  [in Japanese]

    UTO Masaki , MIYASAWA Yoshimitsu , SUZUKI Hiroaki , UENO Maomi

    Research report of JSET Conferences 2010(3), 11-18, 2010-07-03

    References (13)

  • Effect analysis of handwritten input environment to e-learning contents that uses tablet PC  [in Japanese]

    安藤 雅洋 , 植野 真臣

    JSiSE research report 24(5), 60-67, 2010-01

    Cited by (1)

  • Sightseeing navigation by adaptive quiz using cellular phone  [in Japanese]

    宮澤 芳光 , 植野 真臣

    JSiSE research report 24(5), 46-51, 2010-01

  • Development of e-portfolio system for individualized educational support program using formal methods  [in Japanese]

    永森 正仁 , 森本 康彦 , 植野 真臣

    JSiSE research report 24(5), 4-11, 2010-01

  • Web Database System using Webcam for Children's Problem Behavior in Special Needs Education  [in Japanese]

    NAGAMORI Masahito , NAGASAWA Masaki , UENO Maomi

    教育現場での児童問題行動をWebカメラで記録し,事例データをWeb上で蓄積・共有可能な特別支援教育事例データベース・システムを開発した.システムの利点は,以下のとおりである.(1)Webカメラは授業中,ワイヤレスマウスにより記録が開始されると,20秒間遡りビデオ記録をサーバに蓄積する.これにより,通常突発的に起こる児童の問題行動をタイミング良く記録できる.(2)Webカメラで記録されたビデオ記録に …

    Japan Journal of Educational Technology 34(1), 1-12, 2010

    J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • e-Testing : Advanced Testing Technology  [in Japanese]

    UENO Maomi

    eテスティングとはコンピュータ上で実施されるテストの総称である.ただし,ペーパーテストを単にコンピュータに置き換えただけのものではない.具体的には,(1)マルチメディアによる質問項目の提示,(2)ネットワーク上でのテストの実施,(3)コンピュータの計算機能による自動作問,自動採点,自動テスト構成,自動データ解析,という三つの要素の有機的な要素で,テストの信頼性と妥当性の向上,セキュリティ向上,コス …

    The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 92(12), 1017-1021, 2009-12-01

    References (8)

Page Top