伊藤 俊一 ITO Toshikazu

ID:1000050262936

愛知教育大学教育学部 Faculty of Education, Aichi University of Education (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • The Computer Use among University Students  [in Japanese]

    NOZAKI Hironari , EJIMA Tetsuro , HIRATA Kenichi , NAKANISHI Hirobumi , ITO Toshikazu

    日本教育工学会大会講演論文集 17, 211-212, 2001-11-23

  • Designing and Developing Learner-Controlled Computer Assisted Learning System 'KAKITSUBATA II'  [in Japanese]

    Ejima Tetsuro , Hirata Kenichi , Nakanishi Hirobumi , Ito Toshikazu

    これまで,学習者制御型CAL研究の課題に立ち,学習者制御型CALの研究と実践のプラットフォームとして利用しうるような実用型CALオーサリング兼教材実行システムとして「かきつばた」が研究,開発されてきた。「かきつばた」は,教材をハイパーテキスト型のリンクによって結合する方法により,学習者制御を図ると同時に,ガイダンス機能によって,学習者が適切な選択を行うことを支援できるなどの特徴を持っている。ここで …

    愛知教育大学教育実践総合センタ-紀要 (4), 67-74, 2001-03

    IR  Cited by (1)

  • Computer-Based Diagrams as an Understanding Facilitator for Solving Ratio Word Problems  [in Japanese]

    Tajika Hidetsugu , Nakatsu Narao , Nozaki Hironari , Ito Toshikazu

    本研究の目的は,学習者である小学5年生自らがコンピュータを操作することによって,割合文章題の理解・解決時に使用する学習方略の1つとして知られている線分図方略を開発することであった。線分図方略の開発は,割合文章題の線分図効果を吟味した先行研究結果(Tajika & Sakamoto, in press; 多鹿・山本, 1999)に基づいてコンピュータ化された。コンピュータ操作による線分図の作成は,最 …

    愛知教育大学教育実践総合センタ-紀要 (3), 27-34, 2000-03

    IR 

  • Progress of computer technology and computer anxiety: changes for past 10 years  [in Japanese]

    中西 宏文 , 平田 賢一 , 伊藤 俊一 [他]

    日本教育工学会研究報告集 = Research report of JSET Conferences 99(6), 51-56, 1999-12-04

  • Designing and Developing Learner-Controlled Computer Assisted Learning System 'KAKITUBATA.'  [in Japanese]

    HIRATA Kenichi , NAKANISHI Hirobumi , ITO Toshikazu

    Japanese journal of educational media research 4(1), 29-39, 1997-12

    Cited by (1)

  • 終助詞による文末表現が示す発話状況  [in Japanese]

    Ito Toshikazu

    愛知教育大学研究報告 人文・社会科学編 (46), 191-196, 1997-03

  • Designing and Developing Learner-Controlled Computer Assisted Learning System 'KAKITUBATA'  [in Japanese]

    HIRATA Kenichi , NAKANISHI Hirobumi , ITO Tosikazu

    これまでの学習者制御型CAL研究の課題に立って、学習者制御型CALの研究と実践のプラットフォームとして利用しうるような実用型CALオーサリング兼実行システムの設計と開発を行った。システム設計にあたっては、(1)学習者制御方式のあり方、(2)学習者支援システムのあり方、(3)簡易実用性、に主点をおいた検討がなされた。開発プロダクト「かきつばた」では、教材をハイパーテキスト型リンクによって結合されるネ …

    Japnese Journal of Educational Media Research 4(1), 29-39, 1997

    J-STAGE  References (9)

Page Top