西口 光一 Nishiguchi Koichi

Articles:  1-20 of 36

  • 1 / 2
  • Speech Genre and the Instructional Design of Elementary Japanese Program  [in Japanese]

    西口 光一 , Nishiguchi Koichi , ニチグチ コウイチ

    バフチンは、自身の周りで起こる社会的交通で行われる言語的交通の流れの中に自己を浸透させその形態と論理を内具化する過程として言語発達を描いている。バフチンにおいては、総体的にソシュール流のラングの見方に対しては批判的で、言語発達における言葉のジャンルの契機の役割が強調されている。さらに精査すると、第二言語習得においてバフチンが見ているラングの契機は、第二言語であるために多かれ少なかれそれゆえ物象化さ …

    多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集 (19), 1-11, 2015

    IR  DOI 

  • The structure and descriptions of CEFR and how they are related to OUS curriculum  [in Japanese]

    西口 光一

    多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集 (16), 63-72, 2012

  • What kind of knowledge is related to the engagement in language activities?  [in Japanese]

    西口 光一 , Nishiguchi Koichi , ニシグチ コウイチ

    本稿では、バフチンの初期の著作における「ことばのジャンル」、「シナリオ」、「セリフ」、「言語=ことば」という概念を手がかりとし、ホール(Hall,1993,1995)の議論を角旱釈枠として、言語活動従事に関与している知識というものをバフチンがどのように考えていたかを検討した。その結果、特定の種類の言語活動=実践に従事することに関与している知識はことばのジャンルであること、ジャンルは沈殿した歴史的意 …

    多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集 (16), 51-62, 2012

    IR  DOI 

  • On the Featured Topic : Japanese Language Education and Recent Trend in Related Fields  [in Japanese]

    西口 光一 , 杉村 泰 , 田崎 敦子 [他]

    日本語教育 (150), 1-3, 2011-12

  • Progress report of OUS curriculum development  [in Japanese]

    西口 光一 , 竹内 茜 , 大谷 晋也 [他] , 大谷 晋也 , 三牧 陽子 , 難波 康治 , Nishiguchi Koichi , Takeuchi Akane , Otani Shinya , Mimaki Yoko , Muraoka Takako , Namba Koji , ニシグチ コウイチ , タケウチ アカネ , オオタニ シンヤ , ミマキ ヨウコ , ムラオカ タカコ , ナンバ ヨウジ

    本稿は平成21年度から始まったOUSカリキュラム開発の中間報告である。基礎日本語教育のカリキュラム開発と教材作成についてはすでに概ね完了し、現在は実施の段階に入つており、授業担当教師研修会で教育実施上の留意点が交換された。漢字の学習と教育についてもリソースは概ね完了し、今後は各種のリソースを活用した教育及び学習の体制の整備を行う。カタカナ語学習支援システムの開発については、データベース作成の最終段 …

    Journal of multicultural education and student exchange (15), 11-21, 2011

    IR  DOI 

  • Some thoughts on acquisition and acquisition facilitation of elementary Japanese: principles that has emerged through the experience of curriculum development and material writing  [in Japanese]

    西口 光一 , Nishiguchi Koichi , ニシグチ コウイチ

    本稿では、基礎日本語教育のカリキュラム開発と教材作成において基礎とされた第二言語の習得と習得支援の原理について議論する。広く基礎となる言語観としてはバフチンの対話原理が採用された。そこでは、文ではなく発話と対話性の重要性が強調される。そして新カリキュラムの要件として、(1)文型・文法事項の系統的学習、(2)語いの体系的学習、(3)言語活動目標が設定されていること、が提示された。次に、新カリキュラム …

    Journal of multicultural education and student exchange (15), 43-53, 2011

    IR  DOI 

  • A roadmap for mastering kanji and developing mastery learning system on web  [in Japanese]

    西口 光一

    Journal of multicultural education and student exchange (14), 21-31, 2010

  • Theme-based instruction in elementary Japanese: curriculum, materials and classroom activities  [in Japanese]

    西口 光一

    Journal of multicultural education and student exchange (14), 7-20, 2010

  • Systems development of Japanese language education for the rapid increase of international students  [in Japanese]

    西口 光一

    Journal of multicultural education and student exchange (14), 1-6, 2010

  • Psychology and utterance of multi-language users in contact situation  [in Japanese]

    西口 光一

    Journal of multicultural education and student exchange (13), 1-14, 2009

  • Vygotskian ideas in second language learning  [in Japanese]

    Palkin Alexei , 西口 光一 [訳]

    Vygotsky studies 9, 1-9, 2008-07

  • Voluntary citizens' activities supporting Japanese language acquisition  [in Japanese]

    西口 光一 , ニシグチ コウイチ

    著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。在住外国人がそれに参加することで日本語を習得していくという要素は,地域日本語活動の重要な要素である。しかし「日本語の習得支援=日本語を教えること」ではない。一方,海外で行われている成人に対する第二言語教育に目を向けてみると,しばしば議論される「生活日本語」と対比して「おしゃべり日本語」というものが抽出できる。「おしゃべり日本語」の …

    日本語教育 (138), 24-32, 2008-07

    IR 

  • Interactive practice in second language setting and the role of the teacher: dialogical perspective  [in Japanese]

    西口 光一 , Nishiguchi Koichi , ニシグチ コウイチ

    情報通信技術を活用した学習が広く普及し、自律学習の重要性が認識されるようになった現在でも、教師によつて直接的に支援された第二言語学習の機会の重要性は認められ、そうした学習機会が第二言語教育において広く提供されている。本稿の目的は、第二言語学習者が参加者となっている相互行為実践において教師に期待される役割を理論的に考究することである。本稿では、教育学や心理学などの分野で注目されているダイアロジカルな …

    Journal of multicultural education and student exchange (12), 25-32, 2008

    IR  DOI 

  • Voices from Japanese language exchange activity  [in Japanese]

    新圧 あいみ , 西口 光一 , Shinjo Aimi , Nishiguchi Koichi , シンジョウ アイミ , ニチグチ コウイチ

    本稿では、大阪府下で活動する日本語学習支援と交流を目的としたボランティアグループでのアンケート調査の結果を報告する。ボランティアが、どのような動機で日本語ボランティアを始めたのか、ボランティアと活動を繋ぎとめている要素は何かを中心に報告し、今後の地域日本語教育の課題を探っていきたい。

    Journal of multicultural education and student exchange (11), 57-64, 2007

    IR  DOI 

  • Verbal Thinking and Foreign Language Learning and Development  [in Japanese]

    西口 光一 , Nishiguchi Koichi , ニシグチ コウイチ

    In recent years Vygotskian theory on the development of thinking and speech have been attracting attention of second language researchers and teachers. However,nobody has ever theorized second languag …

    Vygotsky studies 7, 27-33, 2006-07

    IR 

  • Can we Consider Foreign Residents in Japan as New Members of the Japanese Society?  [in Japanese]

    西口 光一 , Nishiguchi Koichi , ニチグチ コウイチ

    地域日本語支援活動では、「教室の外にある現実の社会で日本語を使って何かができるように、教室の中で日本語を学ぶ/指導する」という観点で活動が展開されている。このような観点は、その活動において、日本語の学習と支援を前景に押しだし、参加者相互の交流という地域日本語活動におけるもう一つの重要な役割を後景に押しやってしまう。本稿では、これとは逆に、参加者相互の交流を前景とし、日本語の学習と支援を後景とする活 …

    Journal of multicultural education and student exchange (10), 61-64, 2006

    IR  DOI 

  • 1 / 2
Page Top