安樂 和彦 Anraku Kazuhiko

ID:1000050274840

鹿児島大学水産学部 Faculty of Fisheries, Kagoshima University (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 37

  • 1 / 2
  • The Effect of Tidal Current on the Movement of Hatchery-Reared Red Sea Bream Near Fish Aggregating Devices

    KOMEYAMA Kazuyoshi , TAKAYANAGI Ryota , FUJIOKA Ko , YAMANAKA Yuichi , OJIRO Takanori , ANRAKU Kazuhiko

    遊泳能力の低い小型マダイが流れの速い海域に滞在できるかを明らかにするために,小型マダイと遊泳能力の高い大型マダイそれぞれに音響標識を施して,人工魚礁周辺に放流した。超音波テレメトリーによって行動をモニタリングしたところ,大型マダイは強い日周性を示したのに対し,小型マダイは潮汐に近い周期で出現した。情報量基準により統計モデルを選択して行動に関連深い環境要因を推定したところ,大型マダイの行動には日周期 …

    Journal of Fisheries Engineering 51(1), 21-31, 2014

    JASI  J-STAGE 

  • Perception of light in fishes and its application to fishing light designing  [in Japanese]

    ANRAKU KAZUHIKO , ENDO MASAKAZU , MATSUOKA TATSURO , MIZUTA KEI , TANAKA KOUICHIRO , FUJII SATOSHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 79(5), 879-880, 2013-09-15

    J-STAGE 

  • C-004 An Implementation and Evaluation of Water Turbidity Measurement Function in LED Underwater Fishing Lights  [in Japanese]

    Yoshitake Nobuhiro , Tanaka Koichiro , Anraku Kazuhiko , Fujii Satoshi

    情報科学技術フォーラム講演論文集 12(1), 319-320, 2013-08-20

    IPSJ 

  • Report of Autumn Symposium 2012 on "Current Status and Issues of Fisheries using Fish Aggregating Devices" Symposium Executive Committee  [in Japanese]

    不破 茂 , 重廣 律男 , 石崎 宗周 , 安樂 和彦 , 江幡 恵吾 , 江幡 恵吾

    Journal of Fisheries Engineering 50(1), 67-69, 2013

    J-STAGE 

  • 人工魚礁周辺における体サイズの異なるマダイの行動計測  [in Japanese]

    米山 和良 , 高柳 諒太 , 尾城 隆紀 , 山中 有一 , 安樂 和彦 , 笹倉 豊喜 , 藤岡 紘 , 門田 実

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 24, 127-128, 2012-05-18

    References (3)

  • Shochu (sweet potato liquor) waste stillage as suitable bait for the abalone, Haliotis diversicolor  [in Japanese]

    EBATA Keigo , TAKEMOTO Maki , ANRAKU Kazuhiko

    The Japanese journal of taste and smell research 17(3), 495-498, 2010-12-01

    References (3)

  • Shochu waste stillage as a bait in pot fishing for catching the octopus, Octopus vulgaris  [in Japanese]

    EBATA Keigo , ANRAKU Kazuhiko , YOKOTA Kazuaki , KUKIYAMA Yuichi

    The Japanese journal of taste and smell research 16(3), 589-592, 2009-12-01

    References (3)

  • マダコOctopus vulgarisを鎮静化する最適マグネシウム(Mg2+)濃度の検討  [in Japanese]

    安樂 和彦 , 合林 宏務 , 中村 翔 , Monteclaro H.M. , 加世堂 照男 , 尾上 敏幸

    マグネシウムイオン(Mg(2+))は頭足類等の軟体動物を用いる生理学実験において一般的な麻酔法として利用されている。近年、この鎮静作用を頭足類を活魚出荷するための輸送技術として利用する方法が提案されている。舩津等および舩津等は20mM硫酸マグネシウムにより鎮静化したヤリイカ、スルメイカ、ホタルイカの輸送や品質維持について検討し、鎮静化によって輸送量を増加させることができ、食品としての品質維持にも効 …

    鹿兒島大學水産學部紀要 = Memoirs of the Faculty of Fisheries, Kagoshima University 58, 15-19, 2009-12

    JASI 

  • Optimum concentration of magnesium (Mg[2+]) to anesthetize octopus Octopus vulgaris  [in Japanese]

    安樂 和彦 , 合林 宏務 , 中村 翔 [他] , モンテクラロ ハロルド M. , 加世堂 照男 , 尾上 敏幸

    Optimum magnesium (Mg2+) concentration to anesthetize octopus Octopus vulgaris was determined behaviorally. In acute exposure experiments, eight octopuses were individually exposed to Mg2+ at a series …

    Memoirs of the Faculty of Fisheries, Kagoshima University 58, 15-19, 2009

    IR 

  • タコかご漁具の小型個体脱出装置の開発  [in Japanese]

    江幡 恵吾 , 伊藤 卓洋 , 安樂 和彦 , 加世堂 照男 , 尾上 敏幸

    日本水産工学会学術講演会講演論文集 20, 173-174, 2008-05-31

    References (2)

  • The activities of afferent lateral line nerves induced by swimming motions  [in Japanese]

    WATANABE KENJI , ANRAKU KAZUHIKO , KENJI WATANABE , KAZUHIKO ANRAKU , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University

    供試魚にコイを用い,体幹部側線のダイポール刺激に対する振動数応答特性および,魚体運動にともなう自己刺激に対する側線神経の活動変化を明らかにした。体幹部側線を支配する後側線神経は 10~300 Hz の振動刺激に対して応答したが,概ね 200 Hz 以下の振動数に対して高感度を示した。魚体運動は側線刺激となり,左右いずれへの体幹部の屈曲ともに両側の側線を刺激した。運動時の側線神経活動は運動の速度と加 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 73(6), 1096-1102, 2007-11-15

    JASI  J-STAGE  References (24)

  • 水産学シリーズ152 テレメトリー-水生動物の行動と漁具の運動解析, 山本勝太郎・山根猛・光永靖編, 恒星社厚生閣, 2006年, A5判, 126頁, 2,625円  [in Japanese]

    安樂 和彦 , 鹿大水

    日本水産学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 73(3), 521, 2007-05-15

  • A consideration on the catch diversity and discards problem of set-net  [in Japanese]

    山根 猛 , 安樂 和彦 , 松岡 達郎

    In set-net fishery, generally many species (including non-commercial species) are caught but with only a small number for each species. We can, therefore, describe that the set-net catch multi-species …

    Memoirs of the Faculty of Fisheries, Kagoshima University 56, 89-92, 2007

    IR 

  • International seminar on standardised researches on discards towards its estimation and reduction of wastage(The Steering Committee for the Colloquium on Fishing Technology,News)  [in Japanese]

    松岡達郎 , 安樂 和彦 , 不破 茂 , 有元 貴文 , TATSURO MATSUOKA , KAZUHIKO ANRAKU , SHIGERU FUWA , TAKAFUMI ARIMOTO , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , 東京海洋大学 , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Tokyo University of Marine Science and Technology

    日本水産学会誌 72(2), 273-276, 2006-03

    Cited by (1)

  • Effects of shochu (Japanese rough distilled spirits) distillcry by-product on attracting and feeding behavior in rudder fish Girella punctata  [in Japanese]

    ANRAKU Kazuhiko , KAWAMURA Gunzo , KASEDOU Teruo , WATANABE Kenji , ONOUE Toshiyuki

    The Japanese journal of taste and smell research 12(3), 391-394, 2005-12-01

    References (6)

  • Olfactory recognition of prey fish Plecoglossu altivelis by largemouth bass Micropterus salmoides  [in Japanese]

    WATANABE Kenji , ANRAKU Kazuhiko , TAKEUCHI Masahiko , MIYAKE Kensuke , MASU Syuji

    The Japanese journal of taste and smell research 12(3), 387-390, 2005-12-01

    References (8)

  • Light perception capability of pallial eyes in Japanese moon scallop Amusium japonicum as determined by electroretinogram  [in Japanese]

    KANMIZUTARU TOYOMI , ANRAKU KAZUHIKO , TOYODA SHOUJI , TOYOMI KANMIZUTARU , KAZUHIKO ANRAKU , SHOUJI TOYODA , 鹿児島大学大学院連合農学研究科 , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部:(現)株式会社シーサット , United Graduate School of Agricultural Science Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University:Seasat Ltd.

    ツキヒガイ外套眼の光受容特性の解明を目的として大小 2 種の外套眼を組織解剖学的に調べ,更に網膜電図(ERG)によって分光応答特性と臨界融合周波数(cff)を調べた。外套眼は細胞レンズや視細胞をもち,その構造はホタテガイのものと類似した。分光応答特性は,大小 2 種の外套眼ともに 470~520 nm の波長にピークがみられた。cff は 1.3 Hz~1.5 Hz の間にあり,魚類の cff と …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 71(6), 928-934, 2005-11-15

    JASI  J-STAGE  References (24) Cited by (1)

  • 支部のページ 平成15年度九州支部シンポジウム「地域と現場のニーズに根ざした漁業研究と今後の展望」を開催して  [in Japanese]

    松岡 達郎 , 不破 茂 , 本高 義治 [他] , 安樂 和彦 , 手島 新一 , 鹿大水 , 鹿大水 , 鹿児島水試 , 鹿大水 , 鹿大水

    日本水産学会誌 70(3), 373-376, 2004-05

  • Sinking Motions of Tuna Longline near Sea Surface  [in Japanese]

    HABANO AKIMASA , ANRAKU KAZUHIKO , MATSUOKA TATSURO , HIGASHI MASATAKA , SHIMIZU HIROFUMI , INOUE YOSHIHIRO , AKIMASA HABAN0 , KAZUHIKO ANRAKU , TATSURO MATSUOKA , MASATAKA HIGASHI , HIROFUMI SHIMIZU , YOSHIHIRO INOUE , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , (独)水産総合研究センター西海区水産研究所石垣支所 , (独)水産総合研究センター水産工学研究所:(現)鹿児島大学水産学部 , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Ishigaki Tropical Station Seikai National Fisheries Research Institute , National Research Institute of Fisheries Engineering:(Present address)Faculty of Fisheries Kagoshima University

    マグロ延縄の枝縄基部(幹縄)と先端部に高分解能深度計を装着し, 枝縄の表層での沈降運動特性を実海面で計測した。投縄直後, 先端部の沈降は基部よりも高速だった。投縄36~112秒後に先端の沈降は減速し始め, その後幹縄と等速となった。先端部の沈降過程は, 投縄直後から枝縄が伸びきるまでの独立な落下, 幹縄に拘束されつつ沈降する減速落下, 幹縄から懸垂状態となった拘束落下の3段階から成り立つと考えた。 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 70(1), 48-53, 2004-01-15

    JASI  J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • Chemoreception and behavior in aquatic invertebrates  [in Japanese]

    Anraku Kazuhiko , Archdale Miguel Vazquez

    無脊椎動物のイカ・タコ類およびエビ・カニ類は我が国における貴重な生物資源であり、それら生物の活動に影響を境ぼす化学感覚の特性を知ることは重要である。イカ・タコ類の化学感覚に関する知見は少なく、受容器レベルでの研究が行われるようになったのは最近のことである。遠位化学感覚として働く嗅覚については、嗅覚受容細胞が同定され、電気生理学的に応答信号が記録されてきている。吸盤や口唇部に分布するとされる近位化学 …

    The Japanese Journal of Taste and Smell Research 10(1), 7-13, 2003

    J-STAGE  References (19)

  • 1 / 2
Page Top