藤井 晴行 FUJII Haruyuki

Articles:  1-20 of 73

  • 1 / 4
  • OS-14 コトのデザイン(オーガナイズドセッション報告,<特集>2012年度人工知能学会全国大会(第26回))  [in Japanese]

    小早川 真衣子 , 須永 剛司 , 藤井 晴行 , 須永 剛司 , 小早川 真衣子

    人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence 27(6), 664-665, 2012-11-01

    JSAI 

  • Practicing The Design : Architectural Design with Conscious MetaDesign(PART2: Endeavor for MetaDesign,<Special Issue>The Design: Endeavor for MetaDesign)  [in Japanese]

    FUJII Haruyuki , SUWA Masaki

    Special issue of Japanese Society for the Science of Design 18(1), 62-65, 2011

    J-STAGE  References (4)

  • Record of the Discussion(PART1: Record of the Organized Session "Design of The Design",<Special Issue>The Design: Endeavor for MetaDesign)  [in Japanese]

    [記載なし] , 藤井 晴行 , 須永 剛司 [他] , 中島 秀之 , 両角 , 三橋 , 山本 , 永井 由佳里 , 森田 昌嗣

    Special issue of Japanese Society for the Science of Design 18(1), 16-18, 2011

    J-STAGE 

  • Designing The Design : Possibility and Independency of The Design without Domain(PART1: Record of the Organized Session "Design of The Design",<Special Issue>The Design: Endeavor for MetaDesign)  [in Japanese]

    FUJII Haruyuki

    Special issue of Japanese Society for the Science of Design 18(1), 10-11, 2011

    J-STAGE  References (3) Cited by (1)

  • Development of an Editing Tool "Gestalt Editor" to Express Music Multidimensional Structures for Creating Music  [in Japanese]

    OHMURA HIDEFUMI , KIMURA RYOTA , FUJII HARUHIKO , OKANOYA KAZUO , FURUKAWA KIYOSHI

    音楽は多次元の要素から構成されている.この要素には音楽的から意味的な要素まで含まれる.この要素は複雑な関係性を作り出し,階層構造を作り出している.本稿では,音楽的構造要素 (音の高さ,強さなどの数値化可能な要素と,「やわらかい」「楽しい」 などの言語ラベルで表現可能な要素) の多元的なレベルとグループの関係性を視覚的に表現し,演算可能な形式で出力を行うことを可能にする Gestalt Editor …

    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 87, B1-B5, 2010-10-14

    References (11)

  • Designing Action Known as Design  [in Japanese]

    FUJII Haruyuki , NAKASHIMA Hideyuki

    Cognitive studies 17(3), 403-416, 2010-09-01

    References (25) Cited by (7)

  • Introduction to the Feature of "the Design"  [in Japanese]

    NAGAI Yukari , FUJII Haruyuki , NAKASHIMA Hideyuki , TAURA Toshiharu

    Cognitive studies 17(3), 385-388, 2010-09-01

    Cited by (2)

  • Development of a Space-Sound Intermedia as a Tool for Inspiring Embodied Experience in Space  [in Japanese]

    SUWA Masaki , FUJII Haruyuki

    美しい風景をみてもただ美しいと考えるだけであったり,ある空間でなんとなく居心地のよさを感じているだけでは感性は磨かれない.空間体験をメタ認知的にことばにして体験そのものを深く掘り下げる試みが,感性を磨くことにつながり生活を豊かにする.空間体験のメタ認知を促すシステムとして,本研究では,空間-音響インターメディアを試作した.空間体験者が発したことばを基に,景観を構成するオブジェクトに音を割り当て,言 …

    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 81, b1-b6, 2009-07-29

    References (6)

  • A method of generating structure of tonal music on the basis of functional harmony  [in Japanese]

    FUJII Haruyuki , FURUKAWA Kiyoshi

    機能和声はカデンツ(終止形)を用いて和音連結を文節化・階層化する技法であると捉え,機能和声を踏まえて音楽の抽象構造を生成する手法を提案する.生成手法は二分木による階層構造の生成,生成文法によるカデンツとリズムの生成,二分木の枝刈りによる各カデンツの長さと終止度の設定からなる.This paper proposes a method of generating the structure of a …

    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 81, Q1-Q4, 2009-07-29

    References (2)

  • Functional Harmony and Music Recognition  [in Japanese]

    FURUKAWA Kiyoshi , FUJII Haruyuki , SHIBA Reiko , OKANOYA Kazuo

    近世の西洋音楽の音楽作品の分析を通して私たちが知っている、音楽の入れ子状の階層構造はいくつかの分節化の技法に支えられている。そこで分節化の最も基本的なレベルで主要な要因になっているのが機能和声である。機能和声の核になる終止形に終結度、つまり終止の強さを比較するための概念を導入し、その終結度を軸に音楽の階層構造認知のモデルを提案し、それを心理実験や脳計測によって検証する方法、その前提について論じる。 …

    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 81, P1-P5, 2009-07-29

    References (10) Cited by (1)

  • デザイン科学の基本問題  [in Japanese]

    藤井 晴行

    建築の研究 (191), 1-5, 2009-02

  • Nature of Design from an Architectural Point of View(<Special Issue>What is "What's the Design"?)

    FUJII Haruyuki

    We characterized the constructive nature of design in terms of a model of design process, the classes of features of the things involved in design, the nature of law, polysemic dualities in design, an …

    Special issue of Japanese Society for the Science of Design 16(2), 27-30, 2009

    J-STAGE  References (4)

  • Aspects of Innovation in Constructive Methodology : Investigating Architecture as a Material  [in Japanese]

    藤井 晴行 , 中島 秀之 , 諏訪 正樹

    構成論的方法論の概念に基づいてイノベーションの事例を考察する.構成論的方法論は人工物を構成する人間の認知プロセスを理解し,制作の方法論を構築しようとするものである.建築における鉄筋コンクリートの発明と発展という長い時間をかけたイノベーションの契機となる大小の出来事の連鎖を事例として考察し,構成論的方法論の中心的概念である縦の因果関係およびシンセシスとアナリシスの螺旋的繰返しがイノベーションにおいて …

    情報処理学会論文誌 49(4), 1571-1580, 2008-04-15

    IPSJ  IPSJ 

  • Innovaton in the Framework of Methodology for Constructive Informatics  [in Japanese]

    中島 秀之 , 諏訪 正樹 , 藤井 晴行

    デザインとは,対象とするシステムにおける認識レベルの異なる層の間に縦の因果を作り出す行為であると定義する.因果関係というのは認知的関係であり物理的実体ではない.また,そこには機械論的なメカニズムは存在しない.そのような前提でイノベーションを考えると,生成・評価・方向性の絞り込みという3 つの行為のループが必要ということが分かる.これらのうち,特に方向性の絞り込みがイノベーションの核心部分である.こ …

    情報処理学会論文誌 49(4), 1508-1514, 2008-04-15

    IPSJ  IPSJ  Cited by (10)

  • Some Architectural Studies on the Relation between Man and Buiilt Environment  [in Japanese]

    藤井 晴行

    Cognitive studies 15(1), 216-220, 2008-03-01

    References (17)

  • Understanding Spatial Descriptions

    FUJII Haruyuki

    Cognitive studies 15(1), 75-99, 2008-03-01

    References (31)

  • The Models of Spatial Perception and Spatial Cognition : Introduction to the Feature  [in Japanese]

    WATANABE Toshio , FUJII Haruyuki

    Cognitive studies 15(1), 3-5, 2008-03-01

    References (2) Cited by (1)

  • comparative study on of a relationship between music and space experience based on tempo at circuit style garden  [in Japanese]

    FURUKAWA Kiyoshi , FUJII Haruyuki , KIYOMIZU Yasuhiro

    庭園や建築物などの空間的な構造の体験と音楽の体験の質の共通性や差異を明確化するという目的のもとに、空間構造であっても音楽のように時間軸の中でシークエンスとして体験される池泉式回遊庭園と音楽との体験内容を比較し、様々なレベルの要素、視点を抽出し、それらの関係を調査した。それをもとに両体験の表層的な差異をこえて、深層によこたわる共通性について、体験を通して考察をするためのシステムを構築している。

    IPSJ SIG Notes 64, 7-12, 2006-02-23

    References (3) Cited by (1)

  • Towards a Proposal of Method of Composing and Designing Architectural Integrating Music and Architectural Space  [in Japanese]

    FUJII Haruyuki , FURUKAWA Kiyoshi , KIYOMIZU Yasuhiro

    本研究は空間デザインにおける設計操作の構造と作曲における技法や操作の構造との共通性と差異を探究することを目的とする.本稿は研究の概要及び音楽と空間デザインとの関係性を把握するために構築中の実験的システムのひとつについて報告する.このシステムは建築空間のシーケンスの体験を音構造の体験に翻訳し,時間軸上で楽曲として提示する.

    IPSJ SIG Notes 64, 1-6, 2006-02-23

  • 建築設備技術者はどこで生まれるのか  [in Japanese]

    秋元 孝之 , 石川 幸雄 , 猪岡 達夫 , 川瀬 貴晴 , 酒井 寛二 , 相楽 典泰 , 坪田 祐二 , 永野 紳一郎 , 半澤 久 , 早川 眞 , 藤井 晴行

    空気調和・衛生工学 79(4), 283-286, 2005-04-05

  • 1 / 4
Page Top