久保 善司 KUBO Yoshimori

ID:1000050324108

金沢大学理工学域環境デザイン学類 (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 35

  • 1 / 2
  • An Attitude Survey of Concrete Engineers on Diagnosis of ASR-affected Concrete Structures : First-year Activity of JCI-TC 115 FS "Technical Committee on Diagnosis of ASR-affected Structures"  [in Japanese]

    KAWABATA Y. , YAMADA K. , KOGA H. , KUBO Y.

    本稿は,ASR診断の現状とあるべき姿研究委員会の活動内容を報告するものである。2011年度には,ASR抑制対策や診断の現状に対する技術者の認識やASR診断に関するアンケート調査を行った。調査結果から,構造物の重要度に応じて抑制対策を構築する必要性を訴える意見が半数以上を占めた。調査結果から,抑制対策はASR発生のリスクと抑制対策にかかるコストとのバランスを考慮して決定すべきであることを指摘した。

    Concrete Journal 50(7), 593-600, 2012-07-01

    J-STAGE  References (19) Cited by (1)

  • ゲント大学の研究生活  [in Japanese]

    久保 善司

    Concrete Journal 50(2), 213-214, 2012-02-01

    J-STAGE 

  • Alkali-aggregate reaction  [in Japanese]

    KUBO Yoshimori

    セメントコンクリート (751), 60-61, 2009-09-10

    References (4)

  • The effect of impregnated concrete on chloride induced corrosion in Oyashirazu shore  [in Japanese]

    横田 直倫 , 久保 善司 , 村下 剛 [他] , 渡辺 二夫

    含浸材は,塗膜材料と比較して,水分や塩化物イオン等の塩害における劣化因子の遮断性は劣るものの,コンクリート内部の水分を逸散させ,コンクリート内部を乾燥状態に保つことによる鉄筋腐食抑制効果が期待されている。本研究では,厳しい塩害環境下とされる新潟県親不知地区の海岸において暴露試験を行い,コンクリートの含水状態,塩化物イオン量,水セメント比を要因として電気化学的測定結果に基づき,含浸処理後の腐食性状に …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(2), 625-630, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Influence of ASR expansion on the mechanical properties of internal concrete  [in Japanese]

    KUBO Yoshimori , WATANABE Yusuke , MORI Hiroaki , OGAWA Shoichi

    近年,アルカリ骨材反応(ASR)の過大膨張により著しく劣化した構造物が報告されている。膨張が適切に拘束されている場合には,耐荷性状に与える影響は顕著でないとされている。ASR膨張が与える影響の程度は拘束条件によって異なるものと考えられる。そこで,鉄筋等の拘束下にある内部コンクリートの力学特性を明らかにすることとし,拘束レベルの異なる構造物内部のコンクリートを模擬した供試体を作製し,膨張収束後の供試 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 1071-1076, 2008

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • The applicability of elastic wave methods for evaluating the deterioration of ASR affected concrete  [in Japanese]

    MORI Hiroaki , OGAWA Shoichi , KUBO Yoshimori , WATANABE Yusuke

    拘束下でASRを生じたコンクリートの品質,ならびに部材としての性能を評価するため,鉄筋による拘束を模擬した3軸拘束供試体を作製し,これを促進ASR膨張させた後に,鋼球打撃による振動計測を行って動弾性係数を算出した。その結果,3軸拘束下のコンクリートにおいてASRが生じると,最終的には自由膨張供試体とほとんど変わりない体積ひずみが生じて動弾性係数が低下することが分かった。また,拘束方向によって生じる …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 1059-1064, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Research Committee on Mitigation and Diagnosis Alkali Aggregate Reaction Considering the Working Mechanism  [in Japanese]

    TORII Kazuyuki , YAMADA Kazuo , KOGA Hirohisa , KUBO Yoshimori , YAMAJI Toru

    本研究委員会は,アルカリ骨材反応(ASR)の材料的側面に関して,1980年代の委員会以降の最新情報を加味して検討を加えた。骨材のASR試験法とASR診断法について再考し,今後のあるべき姿を提案すると同時に,理論的検討の妥当性を検証する場となる既存構造物のASR劣化の現状について,岩石・鉱物学的な新しい視点も加えた考察を行った。岩石学的手法を骨材評価と劣化診断に適用するための手引きも提供した。さらに …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 21-28, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Effect of a surface impregnation for controlling a water content on reduction, of a steel corrosion  [in Japanese]

    TONOKA Hiroki , KUBO Yoshimori , WAKAO Junya , MURASITA Tsuyoshi

    水分逸散効果を持つ含浸系材料は塗膜系材料に比べて,水分や塩化物イオンなどの遮断性能は劣るものの,コンクリート内部を乾燥状態に保つことによる鉄筋腐食抑制効果が期待されている。本研究では,塩害の支配的要因であるコンクリートの含水状態および塩化物イオン量を中心とした検討を行い,この両者により決定されるコンクリート中の腐食環境における含浸材適用後の鉄筋腐食挙動を明らかにすることとした。その結果,含浸材によ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(2), 529-534, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Influence of ASR expansion on mechanical properties of concrete  [in Japanese]

    久保 善司 , 上田 隆雄 , 黒田 保 [他] , 野村 倫一

    近年,アルカリ骨材反応(ASR)を生じ,その膨張により著しく劣化した構造物が報告され,それらの構造物に対する補修・補強対策の確立が急務とされている。一方,これらの構造物に対する補強設計を実施するための,ASR劣化コンクリートの基礎的な力学データの不足が問題視されている。そこで,ASRにより生じた膨張量のレベルが異なる供試体の一軸圧縮試験を行い,詳細な検討を行った。その結果,コンクリートの強度レベル …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 1691-1696, 2006

    NDL Digital Collections 

  • 第12回アルカリ骨材反応に関する国際会議(12^<th> ICAAR)  [in Japanese]

    久保 善司

    コンクリート工学 = Concrete journal 43(2), 89-91, 2005-02-01

  • ASR膨張がFRPシートによる剥落防止効果に与える影響  [in Japanese]

    前原 祐樹 , 久保 善司 , 山田 卓司 [他] , 鳥居 和之

    近年,過大なASR膨張により著しく劣化したコンクリート構造物が報告されており,ASRにより劣化したコンクリート構造物に対する維持管理手法の確立がきわめて重要となっている。また,著しい劣化を生じていない構造物においても,第三者への被害が懸念される場合,剥落防止対策が必要とされる。そこで,ASRにより劣化したコンクリート構造物における剥落防止対策手法として用いられるFRPシートの補修効果について,AS …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 1633-1638, 2005

    NDL Digital Collections 

  • 種々の発水系材料によるASR膨張抑制効果について  [in Japanese]

    久保 善司 , 外岡 広紀 , 林 大介 [他] , 坂田 昇

    近年,過大なASR膨張を生じ,鉄筋の破断に至る著しく劣化したコンクリート構造物が報告されており,ASR劣化構造物に対する維持管理手法の確立がきわめて重要となっている。シラン系表面処理には水分制御によるASR膨張抑制効果が期待されている。一方,それらの材料の適用後の耐久性の問題とともに,性能向上を目的とし,異なる分子量のシラン・シロキサンを複合した材料の検討も始められている。そこで,種々の発水系材料 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 1621-1626, 2005

    NDL Digital Collections 

  • 種々の発水系材料を含浸したコンクリートの発水性評価  [in Japanese]

    小池 正俊 , 久保 善司 , 鳥居 和之 [他] , 横山 広

    水分がコンクリート構造物の劣化因子となることも多く,発水系材料は,構造物の表層部を改質することで,水分などの劣化因子の浸入を抑制をするものとして期待されている。近年では,材料の耐久性の改善および性能の向上を目的とし,異なる分子量のものを複合した材料の検討が進められている。シラン単体の分子構造が異なることによる影響は検討されているものの,それらを組み合わせた場合の発水性能に与える影響は明らかにされて …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 1615-1620, 2005

    NDL Digital Collections 

  • 弾性波法によるASR劣化コンクリートの劣化度評価  [in Japanese]

    森 寛晃 , 久保 善司 , 佐藤 彰 [他] , 小川 彰一

    本研究では,ASR劣化構造物の劣化度評価に衝撃弾性波法を適用することを目的として,小型試験体および劣化の進行した大型円柱体への弾性波入力を行い,ASRによる膨張量や外観上のひび割れと検出波形の各種パラメーターとの関係を調べた。その結果,検出波形の最大振幅の相対的な大小を比較することにより,コンクリート表層部の劣化程度を把握できる可能性があることが分かった。さらに実橋台においてシュミットハンマーによ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1905-1910, 2004

    NDL Digital Collections 

  • ASR劣化コンクリート構造物におけるFRPシートを用いた剥落防止対策について  [in Japanese]

    山梨 竜揮 , 久保 善司 , 鳥居 和之 [他] , 山田 卓司

    近年,過大なASR膨張により著しい劣化を生じたコンクリート構造物が報告されている。そのため,ASRにより劣化したコンクリート構造物に対する補修・補強を含めた維持管理手法の確立が急務とされている。一方,第三者影響が大きい構造物に対する剥落防止対策も重要となっている。そこで,ASR劣化構造物の剥離・剥落防止対策としてFRPシート貼付けの適用性について検討した。その結果,FRPシートの機械的性質がASR …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1755-1760, 2004

    NDL Digital Collections 

  • ASR劣化コンクリートのAE発生挙動に基づく劣化評価手法  [in Japanese]

    久保 善司 , 山梨 竜揮 , 森 寛晃 [他] , 佐藤 彰

    アルカリ骨材反応による過大な膨張を生じ,鉄筋の降伏・破断に至る著しく劣化したコンクリート構造物が報告されており,そのような場合も含めてアルカリ骨材反応により劣化したコンクリート構造物の維持管理手法の確立が急務とされている。本研究では、アルカリ骨材反応を生じた構造物について既往の評価手法を用いた劣化評価を行うとともに,対象構造物から採取したコンクリートコアの載荷時に発生するAEの発生挙動を計測し、両 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 951-956, 2004

    NDL Digital Collections 

  • Evaluation of Hydrophobie Performance of Silane Impregnated Coneretes  [in Japanese]

    KUBO Yoshimori , TAMAI Yuzuru , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    From the viewpoint of deterioration mechanism of concrete structures, water is one of the most important factors. If water vapour permeability is required to control water content of concrete structur …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 52(9), 1095-1100, 2003-09-15

    J-STAGE  References (8)

  • ASRコンクリートの力学的特性と劣化度評価について  [in Japanese]

    久保 善司 , 服部 篤史 , 宮川 豊章

    現状の調査・診断技術においては,ASRにより劣化したコンクリート構造物の力学的性能を定量的に評価する手法は十分には確立されていない現状にある。そこで,横拘束を与えたASR劣化コンクリートの膨張挙動とその力学的性能を踏まえて劣化度評価手法について検討した。その結果,炭素繊維シートによる補修・補強を行う場合には,膨張抑制および横拘束効果の観点から早期に適用することが望ましく,また,精度の向上を含めて今 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 1799-1804, 2003

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • ASR膨張がコンクリート構造物の鉄筋破断に与える影響  [in Japanese]

    中島 俊和 , 久保 善司 , 鳥居 和之

    ASRにより劣化したコンクリート構造物は,内部に鉄筋が適切に配置されている場合,その耐荷性能に大きな変化はないものとされてきた。しかし,ASRによって過大な膨張が生じた橋台やフーチングの曲げ加工部において,鉄筋破断を生じた事例が確認されている。そこで,フーチングを模擬した,鉄筋比の異なる供試体を作製し,ASR膨張にともなうコンクリートの膨張および鉄筋ひずみ挙動を検討した。その結果,ASR膨張は拘束 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 1535-1540, 2003

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Case Studies on Deterioration of Concrete Structures due to Alkali-Silica Reaction (ASR) and its Recent Rehabilitation Techniques  [in Japanese]

    KUBO Y. , TORII K.

    従来, ASRにより劣化した構造物の耐荷性能については, 内部に配置された鉄筋によって膨張が適切に抑制された場合, 健全なものと比べて大きく低下してないものとされてきた。しかし, 近年, ASRによって著しく劣化したコンクリート構造物の事例が報告されている。反応性骨材の種類と構造物の使用・環境条件によってはコンクリート構造物に過大な膨張が生じ, コンクリートと鉄筋との付着低下, コンクリート自身の …

    Concrete Journal 40(6), 3-8, 2002-06-01

    J-STAGE  References (28) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top