森田 智子 MORITA Tomoko

ID:1000050331202

関西看護医療大学看護学部地域・在宅看護学領域 Kansai University of Nursing and Health Sciences, Faculty of Nursing, Community Health and Home Health care Nursing (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-12 of 12

  • Interaction Between Five Year Old Girl and Family  [in Japanese]

    Chie Kadowaki , kazuyoshi Sasaki , Taisuke Katsuragawa , Hiroko Saito , Tomoko Morita , Satoshi Nishigaki , Mieko Sokabe

    【目的】5歳女児の健常発達を示す幼児を対象として,1対1の遊び場面とおやつ場面を設定して,親子の相互作用の様相を把握し,自閉症スペクトラム障害児の親子場面で社会的相互作用の問題点を把握するための指標を検討する。【方法】遊び場面とおやつ場面を家庭用ビデオカメラで撮影し,3分間観察をし,行動の出現頻度を数えた。【結果】遊び場面では,アイコンタクが6回,ターンティキングが6回,共同注視が7回,話しかけが …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 6(1), 55-59, 2014-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Perceptions of Dementia among the Families Living with Older Adults with Dementia "The Results from a Single Case Interview"  [in Japanese]

    Hidetoshi Furukawa , Akiko Uozato , Tomoko Morita , Mika Yoshida

    認知症高齢者と生活する家族の認知症に対する認識を明らかにするため,認知症を介護している家族1名の面接調査を行った。面接では,認知症の診断前における認知症の疑いの有無,確定診断された時の気持ち,診断された後の気持ち,認知症についての現在の気持ちなどについて語っていただいた。認知症の診断を受け止めていく過程は,まず,《認知症への気づき》があり,受診させた結果,《診断に対する確信》を得ていた。介護を行う …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 6(1), 46-54, 2014-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Survey of Health Behavior and Healthy Consciousness in P-City Exchange Open Space Participants  [in Japanese]

    Akiko Uozato , Tomoko Morita , Toshihide Koizumi

    【目的】本研究は「P市県民交流広場」に参加している人々の健康に対する考え方や意識、保健行動の実態を明らかにすることである。【対象】「P市県民交流広場」12か所の参加者20歳代〜80歳代の男女126人に無記名式自記式調査を行った。【結果】「P市県民交流広場」参加者は、高齢者の割合が高く、慢性疾患を治療しながらも、主観的健康感や身体機能はよいと思っている人が多かった。日常的に健康を意識して生活している …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 5(1), 28-36, 2013-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Survey by "A" Neighbourhood Association on Geriatric Health and the Advantages of Being Elderly (Wisdom; Experience; Skill)-Prefectural Citizen Movement Practice Activity-  [in Japanese]

    Tomoko Morita , Takako Egawa , Kazuko Kasaoka , Chizuru Kamiya , Megumi Nishimura , Mihoko Harada , Naoko Hattori , Misuzu Azuma , Miwa Izuhara

    【目的】2010年健康ひょうご21活動(県民運動実践活動)の助成を受け、世代間交流のプログラム創設の基礎資料を得るために、老人力の発掘調査を行い現在の健康状態や地域活動参加状況などの実態を明らかにすることを目的とした。【方法】A町内会の同意が得られた65歳以上の高齢者327人に自記式質問調査を行った。【結果】有効回答者133人のうち女性60.9%、平均年齢76.1歳±7.8歳。伝承遊びのほとんどの …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 4(1), 14-22, 2012-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A Report on Experience of Public Health Nurses who carried out a P City / University Collaboration project"Individual Support Project for the Prevention of Lifestyle Diseases (National Health Insurance"Health Up"campaigns)"  [in Japanese]

    Morita Tomoko , Nakaseko Emi , Yanagisawa Emi , Uozato Akiko , Kamiyama Yukie , Kodaira Kyoko

    目的:大学とP市が協働して取り組んだ生活習慣病予防のための個別支援事業(国保ヘルスアップ事業)をとおして、保健師の実践から得られた経験を質的に明らかにする。方法:対象者は事業に関わった保健師9人である。データ収集は半成的面接を行い、得られたデータを逐語録におこし、保健師の経験内容と意味を読取り質的帰納的に分析した。結果:保健師の経験として【相乗効果をもたらした話し合い】【チーム力が育んだ個人の力】 …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 3(1), 8-17, 2011-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Introduction of Observational Learning to Medical Secretarial Education  [in Japanese]

    Uozato Akiko , Morita Tomoko , Nakaseko Emi , Kamiyama Yukie

    【目的】本学の地域看護学実習の学習の成果と課題の明確化を目的として、学生126人の実習記録・課題レポート・カンファレンス発表結果の内容から学生の目的・目標の到達度を分析した。【結果および考察】本学の地域看護学実習に関しての実習目的・目標は、ほぼ達成できていた。課題としては、1在宅看護実習では、看護過程の展開や在宅看護技術の獲得が難しい2ヘルスケアシステムを含めて地域看護管理の視点が弱い3健康増進や …

    医療秘書実務論集 (1), 19-28, 2011

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • 6 Month Follow-up Survey of Participants in 2007 National Health Insurance"Health Up"Campaigns in Q City: Current Living Conditions and Ongoing Behaviour Modification  [in Japanese]

    Nakaseko Emi , Fujimoto Suemi , Uozato Akiko , Morita Tomoko , Yanagisawa Emi , Kamiyama Yukie , Nakano Terumi , Yamamoto Yurie , Otsue Chiharu

    本研究は、平成19年度「国保ヘルスアップ事業」参加者の6か月後の生活実態と行動変容の継続状況を明らかにすることを目的とした。対象者は、平成19年度「国保ヘルスアップ事業」に参加した住民96人のうち研究の同意が得られた34人である。生活実態と行動変容の継続状況について質問表を用いた聞き取り調査を行った。質問項目は平成19年度「国保ヘルスアップ事業」で実施した終了後アンケート項目を検討して作成した。「 …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 2(1), 33-44, 2010-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Lifestyle of Participants in 2007 National Health Insurance "Health Up" Campaigns in Q City: Focus on Participants in B Ward Who Were Not Observed to Have Improved their Health  [in Japanese]

    Yanagisawa Emi , Morita Tomoko , Uozato Akiko , Nakaseko Emi , Kodaira Kyoko , Kamiyama Yukie , Fujimoto Suemi

    本研究はQ市B地区における平成19年度国保ヘルスアップ事業参加者の中で、検査データ上顕著な変化が見られなかった方の事業の受け止め方、事業前後の生活習慣を明らかにし、支援の方向性を検討することを目的とした。対象者4名に半構成的面接を行い、質的帰納的に分析した。その結果、ヘルスアップ事業参加者への影響として【保健師の誘いと自覚が参加の決め手】【参加の仕方に影響する生活状況とヘルスアップ事業の捉え方】、 …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nurisng and Health Sciences 2(1), 1-10, 2010-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Results and Issues of the 2007 City / University Collaboration Study "Individual Support Project for the Prevention of Lifestyle Diseases (National Health Insurance "Health Up" campaign)"  [in Japanese]

    Yukie Kamiyama , Tomoko Morita , Chitose Yoshizawa , Akiko Uozato , Terumi Nakano , Yurie Yamamoto , Chiharu Otsue

    市・大学協働による平成19年度「生活習慣病予防のための個別支援事業(国保ヘルスアップ事業)」を実践した。事業の目的を、1.事業受講者の生活習慣の改善 2.事業実践スタッフの専門技術の力量獲得の2点においた。事業プログラムは、厚生労働省が推奨する「標準的な健康診査・保健指導プログラム(確定版)」積極的支援に準じ、参加型の体験演習やグループワーク、個別相談を計画するとともに、それぞれの効果を測定するた …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai Universty of Nurisng and Health Sciences 1(1), 25-37, 2009-02

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Diabetic Self-care of the Community-dwelling Elderly in Q city  [in Japanese]

    Morita Tomoko , Kamiya Chizuru , Tyuman Nariko , Uozato Akiko , Kodaira Kyoko , Kamiyama Yukie

    本研究は、Q市の在宅高齢糖尿病者のセルフケアを明らかにすることを目的とした。2型糖尿病と診断され、Q市内の病院の内科外来に通院している65〜74歳までの前期高齢者を対象に、反構成的面接を行い、質的帰納的に分析した。その結果、糖尿病とその治療に対するとらえ方や考え方として【病気とは別物に思える糖尿病】【糖尿病はきちんとしていなかった自分を証明する病気】【インスリン注射は回避したいマイナスイメージの治 …

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 1(1), 3-13, 2009-02

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Factors related to life satisfaction for the elderly who use home care services in long-term care insurance system  [in Japanese]

    KUDO Yoshiko , MIKUNI Kumi , MORITA Tomoko

    介護保険の居宅サービス利用者の生活満足感とその関連要因を明らかにすることを目的に,要支援・要介護に認定されている居宅サービス利用者を対象に調査を行った.人口約2万人のA町において,担当ケアマネージャーによる介護保険記録からの基本属性,認定程度,サービス利用等の転記と,ケアマネージャーによる訪問面接調査により生活満足感,家族形態,既往,受診,日常生活機能,健康度自己評価等が把握された.居宅サービス利 …

    Journal of School of Nursing and Social Services, Health Sciences University of Hokkaido 2(1), 29-33, 2006

    IR  Ichushi Web 

  • Lifestyles of civil serumats before 6 months of retirement  [in Japanese]

    MORITA Tomoko

    本研究の目的は、定年退職半年前の公務員の食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの健康に関わる生活習慣の実態を明らかにし、定年退職前後の生活習慣の支援のための基礎資料を得ることである。自治体職員向け定年退職準備セミナー受講者で、定年退職までの期間が約半年かつ58~60歳の男女176人を分析対象とした。生活習慣については項目別に単純集計し、男女別、職業別にx^2検定を行った。その結果80.7%は男性で …

    Journal of nursing and social services (12), 61-68, 2005

    IR  Ichushi Web 

Page Top