山口 篤 YAMAGUCHI Atsushi

Articles:  1-20 of 45

  • 1 / 3
  • The Spatial and Vertical Distributions of a Spring Phytoplankton Community along 155°E in the Western North Pacific : An In Situ Multi-Excitation Fluorometer Analysis  [in Japanese]

    松本 健太郎 , 有馬 大地 , 松野 孝平 , 山﨑 康裕 , 大西 広二 , 大木 淳之 , 平譯 享 , 山口 篤 , 今井 一郎

    海洋において植物プランクトンは重要な一次生産者であり,植物プランクトンの現存量や分類群組成は,捕食者である動物プランクトンや,浮魚類など高次生物に大きな影響を及ぼす(Lalli and Parsons,1997)。北太平洋亜寒帯海域において,春になると植物プランクトンは冬季の鉛直混合により,有光層以深から供給された栄養塩を用いて,活発に光合成を行う(Longhurst,2006)。北太平洋亜寒帯域 …

    北海道大学水産科学研究彙報 66(1), 29-38, 2016-03

    IR  DOI  JASI 

  • Possible control strategy of cyanobacterial blooms by bacteria from reed (Phragmites australis) communities in lakes of Ohnuma Quasi-National Park, Hokkaido  [in Japanese]

    小島 千里 , 宮下 洋平 , 萩原 匠 , 山口 篤 , 今井 一郎

    近年の世界的な人口の増加に伴って,世界各地において生活排水,工業排水,農業排水などの量が増加した。これらの排水にはリンや窒素などの栄養塩類が多量に含まれており,河川を通じて流れ込むため,湖沼の富栄養化を招いている。富栄養化が進んだ湖沼では,植物プランクトンが著しく増加し,水面が着色される「水の華」と呼ばれる現象が発生しやすくなる。特に藍藻類の大量増殖によるものは「アオコ」と呼ばれ,水面にペンキを撒 …

    北海道大学水産科学研究彙報 66(1), 19-28, 2016-03

    IR  DOI  JASI 

  • Structure, application, and evolution of copepod luciferases  [in Japanese]

    竹中 康浩 , 山口 篤 , 茂里 康

    生化学 87(1), 138-143, 2015-02

  • Temporal fluctuations of constituent microorganisms of the microbial food webs from spring to early summer at Akkeshi-ko Estuary and Akkeshi Bay, Eastern Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    大西 由花 , 山口 篤 , 今井 一郎

    Fenchel(1982a,b,c)によって沿岸海水中に従属栄養性微小鞭毛虫が多数生息し,細菌捕食者として重要な役割を果たしていることが指摘された。その後,Azam et al. (1983)はマイクロバイアルループという概念を提唱し,近年は広く周知されている。しかし,マイクロバイアルループの主要な構成員である細菌や細菌を捕食するナノ鞭毛虫,原生動物群の定量的研究はまだ知見が少ないのが現状である。 …

    北海道大学水産科学研究彙報 64(2), 45-54, 2014-07

    IR  JASI 

  • Spatial Changes in Mesozooplankton Community Structure in the North Pacific : Analyses by Optical Plankton Counter  [in Japanese]

    塩田 知也 , 阿部 義之 , 齋藤 類 [他] , 松野 孝平 , 山口 篤 , 今井 一郎

    海洋生態系において,動物プランクトンのサイズ毎の現存量を把握することは,動物プランクトンのサイズ組成が,魚類仔稚魚の餌選択性,成長および生残に影響を与えること,また鉛直的な有機物輸送量を決定することから,水産学および海洋学いずれの視点においても重要である。動物プランクトンサイズ組成に関する情報はその重要性にも関わらず,特にその時空間変動に関する知見は乏しいのが現状である。その理由として,従来の顕微 …

    北海道大学水産科学研究彙報 63(3), 13-22, 2013-12

    IR  JASI 

  • ヤムシ研究会ワークショップ論文集  [in Japanese]

    KURODA KAZUNORI , KOTORI MORIYUKI , NAGAI NAOKI , YAMAGUCHI ATSUSHI , MIYAMOTO HIROOMI , NOBLEZADA MARY MAR P. , TAKAHASHI TAKASHI , MATSUURA HIROYUKI , ITOH HIROSHI , MIZUSHIMA TAKESHI , KUBOTA TADASHI , MORIYAMA EIICHI , NISHIDA SHUHEI

    日本プランクトン学会報 59(2), 88-121, 2012-08-26

    References (200)

  • First observation of Chattonella globosa in Funka Bay, Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    夏池 真史 , 金森 誠 , 馬場 勝寿 [他] , 山口 篤 , 今井 一郎

    球形シャットネラは,Chattonella globosa Hara et ChiharaとしてHara et al。(1994)によってラフィド藻綱(Class Raphidophyceae)の1種と記載されるまで球形ホルネリアと呼ばれた鞭毛を持つ球形の植物プランクトンである。わが国においては主に瀬戸内海や九州沿岸域でその出現が報告されており,東京湾における本種の赤潮形成も報告されている(保坂ら …

    北海道大学水産科学研究彙報 62(1), 9-13, 2012-03

    IR  JASI 

  • Short-term changes in the planktonic community of the western subarctic Pacific during early summer : analysis of sediment trap samples  [in Japanese]

    OHASHI RIE , ISHII KEN-ICHIRO , FUJIKI TETSUICHI , KITAMURA MINORU , MATSUMOTO KAZUHIKO , HONDA MAKIO C. , YAMAGUCHI ATSUSHI

    To evaluate short-term changes in planktonic community, we analysed phytoplankton and zooplankton collected by a sediment trap moored at 150 m of St. K2 (47°N, 160°E) in the western subarctic Pacific …

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 58(2), 123-135, 2011-08-26

    IR  JASI  References (46)

  • Vertical flux of materials by diel vertical migration of macrozooplankton  [in Japanese]

    山口 篤 , 花宮 由理佳 , 村瀬 弘人 , 渡邉 光

    水産海洋研究 75(3), 185-186, 2011-08-01

    IR 

  • Feeding ecology of the Japanese anchovy in the offshore area east of Honshu, Japan in summer  [in Japanese]

    前原 太治 , 青木 一郎 , 米崎 史郎 , 渡邉 光 , 村瀬 弘人 , 山口 篤

    水産海洋研究 75(3), 187, 2011-08-01

    References (2)

  • Vertical flux of materials by dial vertical migration of macrozooplankton  [in Japanese]

    山口 篤 , 花宮 由理佳 , 村瀬 弘人 , 渡邉 光

    水産海洋研究 75(3), 185-186, 2011-08-01

    References (5)

  • Recent Advances in Studies on Zooplankton Ecology in the Oyashio Region  [in Japanese]

    山口 篤

    Memoirs of the Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University 53(2), 13-18, 2011-06

  • Life cycle and ecological roles of ciliates associated with marine zooplankters  [in Japanese]

    大塚 攻 , 山口 篤 , 花村 幸生

    本稿では,動物プランク卜ンとして重要なカイアシ類,アミ類に共生する繊毛虫の生活史,生態,生態的機能について概説する。なお,「共生」に関する厳密な定義は困難である場合があるが(Bush et al. 2001), ここでは相利共生,片利共生,寄生,捕食寄生,便乗なども含む広義の意味で「共生」という言葉を使用し,宿主と共生生物との種間関係が明確でない場合も「共生」という言葉を使用する。通常,宿主が共生 …

    日本プランクトン学会報 58(1), 87-93, 2011-02-26

    IR 

  • Life cycle and ecological roles of ciliates associated with marine zooplankters  [in Japanese]

    OHTSUKA SUSUMU , YAMAGUCHI ATSUSHI , HANAMURA YUKIO

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 58(1), 87-93, 2011-02-26

    References (38)

  • 動物プランクトンに共生する繊毛虫類の生活史と生態的機能  [in Japanese]

    大塚 攻 , 山口 篤 , 花村 幸生

    本稿では,動物プランク卜ンとして重要なカイアシ類,アミ類に共生する繊毛虫の生活史,生態,生態的機能について概説する。なお,「共生」に関する厳密な定義は困難である場合があるが(Bush et al. 2001), ここでは相利共生,片利共生,寄生,捕食寄生,便乗なども含む広義の意味で「共生」という言葉を使用し,宿主と共生生物との種間関係が明確でない場合も「共生」という言葉を使用する。通常,宿主が共生 …

    日本プランクトン学会報 58(1), 87-93, 2011-02

    JASI 

  • 2009年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会後記  [in Japanese]

    五嶋 聖治 , 和田 哲 , 今井 一郎 , 山口 篤

    日本プランクトン学会報 57(1), 56-57, 2010-02-26

  • Long-term changes in the abundance and community structure of net-phyplankton in Oshoro Bay, Hokkaido  [in Japanese]

    FUKUI DAISUKE , KITATSUJI SAHO , IKEDA TSUTOMU , SHIGA NAONOBU , YAMAGUCHI ATSUSHI

    地球温暖化の海洋生態系へ与える影響を理解する手段のひとつとして、歴史的資料を用いた気候変動と海洋構造の変化、それに伴う生物群集の応答についての長期モニタリングと解析が世界の様々な海域で現在行われている。北海道西部の日本海に面した石狩湾南西部に位置する忍路湾では、1947年から2004年まで長期にわたって定期的な海洋観測と植物プランクトン採集が行なわれ、その一部はすでに報告されている。本研究ではこれ …

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 57(1), 30-40, 2010-02-26

    IR  JASI  JASI  References (29)

  • Deep-sea biological their biomass and food web  [in Japanese]

    山口 篤 , 渡辺 雄二 , 石坂 丞二 , 池田 勉

    海洋中・深層におけるプランクトン群集構造と彼らの生命活動による物質収支を明らかにすることは,海洋における物質循環を評価する上で重要である.本稿では西部北太平洋の4定点における表層から水深5800mにおよぶ深層までのプランクトンバイオマスとその群集構造について紹介し,深海生態系の食物網構造について考察を行う.深海でもマイクロバイアルループ(沈降POC-DOC-従属栄養バクテリアー鞭毛虫-渦鞭毛虫)は …

    月刊海洋 40(6), 349-361, 2008-08-01

    IR 

  • Deep-sea biological community: their biomass and food web  [in Japanese]

    山口 篤 , 渡辺 雄二 , 石坂 丞二 [他]

    Kaiyo monthly 40(6), 349-361, 2008-08

  • Regional and interannual changes in the abundance, biomass and size structure of mesozooplankton in the western North Pacific in early summer analyzed using an optical plankton counter  [in Japanese]

    YOKOI YUU , YAMAGUCHI ATSUSHI , IKEDA TSUTOMU

    The abundance, biomass and size structure of mesozooplankton samples collected with Norpac nets from 0-150 m at 5-l3 latitudinal stations (35°N to 44°N) on 155°E in the western North Pacific annually …

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 55(1), 9-24, 2008-02-26

    IR  JASI  JASI  References (40) Cited by (4)

  • 1 / 3
Page Top