岩崎 公弥子 IWAZAKI Kumiko

Articles:  1-20 of 27

  • 1 / 2
  • Design for fostering interest in science through "fun" experiences using IT and media : From the experience of the total lunar eclipse event  [in Japanese]

    後藤 昌人 , 岩崎 公弥子 , 毛利 勝廣 , 水野 慎士 , 中 貴俊 , 遠藤 守 , 安田 孝美

    情報文化学会誌 25(2), 11-18, 2018-12

  • A Tablet Application for Visualizing Electric Power and its Application to Experience-based Learning  [in Japanese]

    KAWAMURA Michihiro , NAKA Takatoshi , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , MIYAZAKI Shinya , IWAZAKI Kumiko , YASUDA Takami

    体験学習は学習内容と学習者の体験や実社会とを関連付けながら学ぶ方法であり,学習テーマへの関心を高める効果がある.今までに著者らは電子工作を学ぶためのフレームワークの構築や電気を学ぶワークショップのためのタブレットアプリと発電玩具の設計開発をした.しかし,ワークショップ内だけの体験に収まり,社会との繋がりを意識させるには不十分であった.本研究では「発電」をテーマとする体験学習型の教育コンテンツを制作 …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(114), 19-22, 2014-07-01

  • Development and Practical Use of Tablet-based Digital Learning Material for Electricity  [in Japanese]

    遠藤 守 , 久原 政彦 , 岩崎 公弥子 , 山田 雅之 , 宮崎 慎也 , 安田 孝美

    タブレット端末によるデジタル教材の開発とその活用手法に関心が集まっている.本研究において我々は,生活に不可欠な「電気」について楽しく学ぶことを目的とした,児童向けのタブレット端末用デジタル教材の開発を行った.本教材は,タブレット端末動作上のアプリケーションと,Bluetoothによって無線接続された発電玩具からなる.本教材の活用により,学習者はタブレット端末上のアプリによって電気についての基礎知識 …

    情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON) 1(1), 10-18, 2013-08-26

    IPSJ  IPSJ 

  • Possibility and the Trial based on "connection" between the Science Museum and Universities or Visitors : Development of Exhibitions for the 50th Anniversary Event of the Nagoya City Science Museum  [in Japanese]

    IWAZAKI Kumiko , ENDO Mamoru , MIZUNO Shinji , URATA Mayu , TAKAGI Eisuke , GOTO Masato , MOURI Katsuhiro , YASUDA Takami

    近年,博物館はモノを展示するだけではなく,来館者にモノの魅力を伝え,知識と学びを与える場になっている。このため,博物館は展示のデザインをはじめ,解説方法,教材の開発,ワークショップの開催等,多くの工夫と試みが必要となっている。本研究では,これらの点について,2つの「つながり」から博物館の可能性について論じる。1つは,科学館と大学が連携をして展示開発や教材開発等を行う「雑居ゼミ」の活動を通じて,博物 …

    情報文化学会誌 20(1), 10-17, 2013-08

    NDL Digital Collections 

  • Construction and Trial Manufacture of the Module Framework for Electronic-work with Tablet Device  [in Japanese]

    UEDA Masanori , KUBARA Masahiko , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , MIYAZAKI Shinya , IWAZAKI Kumiko , YASUDA Takami

    近年,若者が科学技術に関心を持たなくなる「理科離れ」が進み,その影響を受けて技術者不足が叫ばれており,技術者育成における科学教育の重要性が再認識されている.そうした背景から科学教育支援の一端として,タブレット端末による電気を学ぶアプリを開発し小中学生を対象に「電気を学ぶワークショップ」を実施した.この取り組みの中で,見えないものである電気を「見える化」した点に児童が関心を寄せたことから,身の回りに …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 113(109), 29-32, 2013-06-25

    IR 

  • Operation and showing digital material by 3DCG on tablets devices : Construction of framework for the development contents of 3DCG on tablets devices  [in Japanese]

    NAKA Takatoshi , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , MIYAZAKI Shinya , IWAZAKI Kumiko , YASUDA Takami

    近年の情報技術の発達と普及により,従来までの携帯電話の代替機器としてスマートフォン・タブレット端末などのスマートデバイスの開発・普及が急速に進んでいる。近年の初等教育現場においても,スマ-トデバイスの活用に注目が集まっている。2010年度より総務省による「フューチャースクール推進事業」や文部科学省による「学びのイノベーション事業」などが展開されており,タブレット端末を活用した本格的な学習環境の構築 …

    情報文化学会誌 20(2), 19-26, 2013

    NDL Digital Collections 

  • A Model for Searching Constellations Interactivity on Smartphones in Astronomy Education  [in Japanese]

    URA Masahiro , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , MIYAZAKI Shinya , IWAZAKI Kumiko , MOURI Katsuhiro , YASUDA Takami

    天文教育において,星座は入口的役割を果たすものとされる。科学館の学芸員が観測会などで星座の観測を行う際には,これまでに培った経験から,対話的に目的の星座を見つける方法を人々に教えている。一方で,スマートフォンをプラットフォームとする星座観測支援アプリケーションが制作されているが,それらの多くは画面中の星空と実際の星空とを比較するものであり,そこに学芸員の教育の良さを組み込むことは難しい。そこで本研 …

    情報文化学会誌 19(2), 42-49, 2012-12

    NDL Digital Collections 

  • 2 Development and Practice of Annular Eclipse Lectures based on Cooperation with a Museum  [in Japanese]

    IWAZAKI Kumiko , YAMAMOTO Ayaka , ENDO Mamoru , MOURI Katsuhiro , YASUDA Takami

    On May 21, an annular solar eclipse was visible in many areas of the country. In this research, the teaching materials of a solar eclipse were developed cooperated with Nagoya City Science Museum, and …

    社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集 2012, 305-308, 2012

    NDL Digital Collections 

  • 1 Design and Development of Tablet-based Digital Teaching Material for Annular Eclipse Lectures based on Cooperation with a Museum  [in Japanese]

    AKAO Eri , ENDO Mamoru , NAKA Takatoshi , IWAZAKI Kumiko , MOURI Katuhiro , YASUDA Takami

    Tablet-based digital teaching materials and their applications are attracting attention. In this research, we focused on an annular solar eclipse observed in Nagoya on 21th May 2012, and developed a t …

    社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集 2012, 301-304, 2012

    NDL Digital Collections 

  • 博物館の資料を活用した「教材パッケージ」の開発と実践  [in Japanese]

    岩崎 公弥子 , 毛利 勝廣 , 安田 孝美

    JMMA 14(4), 2-7, 2010-03

  • Application of ICT to Support Curators in Astronomy Education-And Its Effects  [in Japanese]

    KONDO Mayu , GOTO Masato , IWAZAKI Kumiko , YASUDA Takami

    天文教育では,野外で本物の星を見て宇宙を知ることが最も大切である。科学館のプラネタリウムで解説を行う天文学芸員は,来館者が科学館で学んだことを自宅で復習でき,野外での星座観測を支援する仕組みが必要だと考えている。ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)の活用はそれを実現できると考えられるが,情報分野の専門ではない学芸員にとってその活用 …

    Journal of the Japan Information-culturology Society 16(2), 52-59, 2009-12-03

    NDL Digital Collections  References (22)

  • A Framework for Generation of Multi-Platform Content in an Astronomy Education  [in Japanese]

    URA Masahiro , KONDO Mayu , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , MIYAZAKI Shinya , IWAZAKI Kumiko , YASUDA Takami , YOKOI Shigeki

    天文教育では,自然体験として本物の星空を見上げることが大切である.多くの人にそれを体験してもらおうとしたとき,室内でも野外でも天文について学習のできる環境が望まれる.そのためには,学芸員らは室内と野外それぞれの学習環境を考慮し,適切な加工を施した上で教材提供を行う必要がある.しかしながら,利用機器や学習環境に応じた教材の開発には多くの手間と時間を要するため,それを実際に行うことは容易ではない.そこ …

    IEICE technical report 107(242), 53-58, 2007-09-27

    References (5)

  • 天文教育におけるマルチプラットフォーム向けオンライン星座図鑑の設計と開発  [in Japanese]

    近藤 真由 , 浦 正広 , 遠藤 守 , 岩崎 公弥子 , 毛利 勝廣 , 野田 学 , 安田 孝美 , 横井 茂樹

    第69回全国大会講演論文集 2007(1), 507-508, 2007-03-06

    IPSJ 

  • Project-based learning program on cutting-edge science and innovation with secondary school students and volunteers as sci-tech specialists: a pilot study  [in Japanese]

    藤谷 哲 , 岩崎 公弥子

    Research report of JET Conferences 06(4), 13-16, 2006-07-08

  • Development of web based "the cards of constellation" for utilizing curator's knowledge  [in Japanese]

    岩崎 公弥子 , 遠藤 守 , 毛利 勝廣 [他]

    Research report of JET Conferences 06(4), 9-12, 2006-07-08

    Cited by (2)

  • Development and Evaluation of a System to Prepare for a Museum Tour Based on PUR  [in Japanese]

    IWAZAKI Kumiko , AGATA Hidehiko , YASUDA Takami

    近年,市民の「理科離れ」に対して,科学館や研究施設では科学への興味・関心を高めるための教育プログラムやシステム導入を試みている.本研究では,見学に着目し,事前学習のためのWebシステムをPublic Understanding of Research(PUR)に基づき,設計,開発,評価した.本システムの特徴は,ビデオクリップを通じて,研究者が研究を語り,問いかけることによって,学習者の「興味・関心 …

    Japan Journal of Educational Technology 29(4), 527-534, 2006

    IR  J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • The Development and Evaluation of Web Teaching Materials to Make Science to Close to Public  [in Japanese]

    IWAZAKI Kumiko , AGATA Hidehiko , YASUDA Takami

    近年, 子供たちの「理科離れ」に対して, ミュージアムをはじめとする多くの教育機関が, 科学に対する興味や好奇心を高めるための教育プログラムやシステムの導入を試みている.本研究では, 子供たちの興味を高めるために, Public Understanding of Researchに基づくWebの教材開発を行った.具体的には, 子供たちが抱く科学(天文)の疑問に対して, その分野の第一線で働く研究者 …

    Japan Journal of Educational Technology 28(suppl), 109-112, 2005

    IR  J-STAGE  References (9) Cited by (1)

  • The development of online museum with explanations by scientists  [in Japanese]

    IWAZAKI Kumiko , AGATA Hidehiko , YASUDA Takami

    日本教育工学会大会講演論文集 20, 903-904, 2004-09-23

    References (1)

  • Practice and evaluation of online museum equipped with tool for making worksheet supporting "Task Discovery"  [in Japanese]

    IWAZAKI Kumiko , AGATA Hidehiko , YASUDA Takami

    学校への「総合的な学習の時間」の導入に伴い,博物館をはじめとする生涯教育施設への関心が高まってきている.本研究では,その利用形態を「課題発見」「調査活動」「情報活用」「発展学習」の四段階に整理し,各々の役割を分析し,さらに,見学時の「課題発見」に着目し,来館者の興味関心や見学意欲を高めることを目的としたWebシステム「見学に行こう」の開発を行った.本システムは,1.映像により事前学習を行う機能,2 …

    IPSJ SIG Notes 73, 61-68, 2004-02-06

    References (7) Cited by (1)

  • メタデータに基づく社会見学支援システムの開発と評価--Museum Networkの構築と可能性  [in Japanese]

    岩崎 公弥子 , 安田 孝美 , 横井 茂樹

    Journal of socio-information studies (7), 13-25, 2003

  • 1 / 2
Page Top