小柳 義夫 Oyanagi Yoshio

Articles:  1-20 of 99

  • 1 / 5
  • Challenge to Exascale Computing  [in Japanese]

    小柳 義夫

    理化学研究所計算科学研究機構により神戸に建設された「京コンピュータ」は,2011年に10.51PFlopsという世界一の性能をマークした後,2012年から供用開始され,さまざまな科学技術上の問題解決に活用されている.しかし精度を上げ複雑な対象に対応するには,すでに性能の不足が痛感されている.現在,2020年頃を目指して「京」の100倍程度の実効性能をもつエクサスケールのコンピュータを建設するプロジ …

    情報処理 55(4), 394-400, 2014-03-15

    IPSJ 

  • GPGPU-based AMG Method  [in Japanese]

    高橋 光佑 , 藤井 昭宏 , 小柳 義夫

    GPU上でのAMG法の計算性能の向上を目指し,複数種類の緩和法を合わせてスムーザとして適用し評価した.考慮した緩和法はヤコビ法,マルチカラー・ガウス・ザイデル法,並列性を高めるために依存関係の一部を無視したマルチカラー・ガウス・ザイデル法である.各手法についてGPUのコアレッシングの条件を満たすような実装を提案した.GPU上に於いて三次元拡散方程式の等方性問題では,ヤコビ法でも性能は出るが,異方性 …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2011-HPC-129(21), 1-7, 2011-03-08

    IPSJ 

  • Acceleration of Ant Colony Optimization for the Traveling Salesman Problem on GPU  [in Japanese]

    小橋 一太 , 藤井 昭宏 , 小柳 義夫

    本研究ではTSP向けにアントコロニー最適化法(ACO)のGPU上で高速実装手法を提案し評価する.ACOは確率的でメタヒューリスティックな解法であり,GPU上の並列実装では複数の確率的な経路選択を効率よくかつ並列に行う必要がある.そこで,GPU上で並列和と並列二分探索,さらにTSPの近傍探索を組み合わせることで,大きい問題でも高速に品質の高い解に到達する実装手法を実現した.CPUと比較を行ったところ …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2011-HPC-129(19), 1-6, 2011-03-08

    IPSJ 

  • Automatic tuning of AMG solver for fluid analysis  [in Japanese]

    藤井 昭宏 , 中村 修 , 小柳 義夫

    SMAC法による流体解析を対象にAMGライブラリのオンライン自動チューニング手法を提案し,有効性を評価する.このような解析では,各時間ステップで圧力に関するポアソン方程式を解くことになる.この際に,AMG法のパラメタの特性を考慮し探索範囲を狭め,パラメタを動的に選択するAMGライブラリを作成した.ソルバのパラメタとしてAMGのサイクル,各レベルのSOR法の加速係数,AMGと組み合わせる複数の解法( …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2011-HPC-129(15), 1-6, 2011-03-08

    IPSJ 

  • Acceleration of Algebraic Multigrid Solvers library using MPI/OpenMP Hybrid parallelization  [in Japanese]

    水上 忠彦 , 藤井 昭宏 , 小柳 義夫

    本研究では,MPI/OpenMPハイブリッド並列モデルをAMG法に適用させた。領域分割によりMPI化し,マルチカラーガウスザイデル法によりOpenMP化を行った.特に,Reorderingによるメモリアクセスの効率化,First Touch,NUMAコントロールの三つの組み合わせを最適化し高速化を図った.評価にはT2Kオープンスパコン(東大)を利用し,評価した結果,MPI/OpenMPハイブリッド …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2011-HPC-129(9), 1-5, 2011-03-08

    IPSJ 

  • Parallelization of Hard Disk Simulator Program on MPI  [in Japanese]

    TAKAHASHI Satoshi , FUJII Akihiro , YOSHIDA Kazuetsu , OYANAGI Yoshio

    全国大会講演論文集 第72回(アーキテクチャ), 65-66, 2010-03-08

    IPSJ  References (2)

  • Acceleration of Sparse Matrix linear solver  [in Japanese]

    IGARASHI Kouichi , FUJII Akihiro , OYANAGI Yoshio

    全国大会講演論文集 第72回(アーキテクチャ), 61-62, 2010-03-08

    IPSJ  References (3)

  • Acceleration of Sparse-Matrix-Vector Product on the Cell/B.E.  [in Japanese]

    YOSHIDA Jun , FUJII Akihiro , OYANAGI Yoshio

    全国大会講演論文集 第72回(アーキテクチャ), 59-60, 2010-03-08

    IPSJ  References (4)

  • Evaluation of Algebraic Multi-grid Method : An Efficient Linear Solver for Scientific Simulations  [in Japanese]

    FUJII Akihiro , OYANAGI Yoshio

    Journal of the Japan Society for Simulation Technology 28(4), 149-154, 2009-12-15

    NDL Digital Collections  References (9)

  • Automatic parameter selecting technique with AMG method  [in Japanese]

    藤井 昭宏 , 小柳 義夫

    Proceedings of the conference on computational engineering and science 14(1), 211-214, 2009-05

  • Acceleration of micromagnetic-recording-simulator on the PowerCell 8i  [in Japanese]

    若林 伴典 , 藤井 昭宏 , 小柳 義夫 [他]

    情報処理学会研究報告 2009(14), 109-114, 2009-02-26

  • Acceleration of Micromagnetic-Recording-Simulator on the PowerXCell 8i  [in Japanese]

    Wakabayashi T. , Fujii A. , Oyanagi Y. , Yoshida K.

    PowerXCell 8i (PXC) は,浮動小数点演算において単精度に比べ倍精度の性能が極端に低下する CellBroadband Engine (CBE) の倍精度演算を強化したプロセッサである.倍精度が強化されたことで,その高性能計算能力を科学技術計算,工業応用分野に利用することが期待されている.そこで本研究では,ハードディスクドライブに対応した記録再生シミュレータ・プログラムを PXC …

    IPSJ SIG Notes 2009(14(2009-HPC-119)), 109-114, 2009-02-19

    IPSJ 

  • Acceleration of Micromagnetic-Recording-Simulator on the PowerXCell 8i  [in Japanese]

    WAKABAYASHI T. , FUJII A. , OYANAGI Y. , YOSHIDA K.

    PowerXCell 8i (PXC) は,浮動小数点演算において単精度に比べ倍精度の性能が極端に低下する CellBroadband Engine (CBE) の倍精度演算を強化したプロセッサである.倍精度が強化されたことで,その高性能計算能力を科学技術計算,工業応用分野に利用することが期待されている.そこで本研究では,ハードディスクドライブに対応した記録再生シミュレータ・プログラムを PXC …

    IPSJ SIG Notes 2009(14(2009-ARC-182)), 109-114, 2009-02-19

    IPSJ  References (6)

  • AMG法のパラメタと性能に関する考察  [in Japanese]

    藤井 昭宏 , 小柳 義夫

    Proceedings of the conference on computational engineering and science 13(2), 663-666, 2008-05-19

    References (3)

  • Optimal Broadcast Scheduling on Tree - structured Networks  [in Japanese]

    HOURAI YUICHIRO , NISHIDA AKIRA , OYANAGI YOSHIO

    集合通信のスケジューリングは,通信時間を大きく左右する.従来の研究ではネットワークを抽象化し,ハブや不均一なネットワークなどのより現実的なモデルを避けていた.しかし,グリッドコンピューティングへの関心や分散データベースなどの需要の増加とともにこの問題の重要性が増してきている.そこで本研究において,スケジューリングの影響が大きいと考えられる木構造におけるブロードキャストの最適スケジューリングを考える …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 45(SIG03(ACS5)), 100-108, 2004-03-15

    IPSJ  IPSJ  References (12)

  • Personal Impression of SC 2003  [in Japanese]

    Oyanagi Yoshio

    Bulletin of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 14(2), 194-195, 2004

    J-STAGE  References (3)

  • Optimal Broadcast Scheduling on Tree - structured Networks  [in Japanese]

    HOURAI YUICHIRO , HISHIDA AKIRA , OYANAGI YOSHIO

    集合通信のスケジューリングは、通信時間を大きく左右する。今回、我々は、その影響が大きいと考えられる木構造におけるBroadcastの最適スケジューリングを考える。この問題は、並列計算に限らず、大規模データベースのミラーリング等にも関連し、幅広い研究がある。しかし、従来の研究では、ネットワークを抽象化したりスイッチや不均一なネットワークなどのより現実的なモデルを避けていた。本研究では、このような不均 …

    IPSJ SIG Notes 2003(83(2003-HPC-095)), 59-63, 2003-08-04

    IPSJ  References (10)

  • Round-Table Talk by Authorized Researchers, 'Past, Present and Future of Computational Engineering'  [in Japanese]

    OYANAGI Yoshio , TSUKADA Masaru , YAMAMOTO Makoto , TAKADA Toshikazu , NOGUCHI Hirohisa , NAGASHIMA Umpei , OKUDA Hiroshi

    Journal of the Japan Society for Computational Engineering and Science 8(3), 729-738, 2003-07-30

  • エイズ研究に用いられる実験動物 (特集 HIV感染症--基礎と臨床) -- (基礎)  [in Japanese]

    岡田 広司 , 小柳 義夫

    現代医療 35(6), 1283-1289, 2003-06

    Ichushi Web 

  • A Parallel AMG Algorithm Based on Domain Decomposition  [in Japanese]

    FUJII AKIHIRO , NISHIDA AKIRA , OYANAGI YOSHIO

    本稿では,Smoothed Aggregationに基づくAlgebraic Multigrid前処理付CG法(AMGCG法)の並列アルゴリズムを提案する.特にアグリゲート生成後の次レベルデータ構造の生成を中心にアルゴリズムを考案する.データ構造に大きく依存するため,よく使われるであろうデータ構造を規定しその上でアルゴリズムを定義する.数値実験としてクラスタ上で最大1562万次元(250×250× …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 44(SIG06(ACS1)), 9-17, 2003-05-15

    IPSJ  References (10)

  • 1 / 5
Page Top