福村 晃夫 Fukumura Akio

ID:1000060022985

中京大学情報科学部 School of Computer and Cognitive Sciences, Chukyo University (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 87

  • 1 / 5
  • An Old Tale on Speech Study : Research Works in the Pre-computer Era Tell Some Suggestions for Future Studies  [in Japanese]

    FUKUMURA Teruo

    音声の工学的研究は,コンピュータの出現以前は,道具不足の理由で「手造り」を余儀なくされた.そしてコンピュータの出現により,音声の研究は音声信号の研究に移行した.本稿は,手造りの研究の時代を振り返り,生の,ひびきとしての音声に触れたことが提起した研究課題のうち,いま重視されるべきものと思われるものについて考察する.

    IEICE technical report. Speech 102(335), 31-33, 2002-09-17

    References (2)

  • An Old Tale on Speech Study : Research Works in the Pre-computer Era Tell Some Suggestions for Future Studies  [in Japanese]

    FUKUMURA Teruo

    音声の工学的研究は,コンピュータの出現以前は,道具不足の理由で「手造り」を余儀なくされた.そしてコンピュータの出現により,音声の研究は音声信号の研究に移行した.本稿は,手造りの研究の時代を振り返り,生の,ひびきとしての音声に触れたことが提起した研究課題のうち,いま重視されるべきものと思われるものについて考察する.

    Technical report of IEICE. DSP 102(333), 31-33, 2002-09-17

    References (2)

  • Indexing in Video Object Management System VOM  [in Japanese]

    佐藤 通夫 , 伊藤 秀昭 , 伊藤 誠 , 福村 晃夫

    全国大会講演論文集 第59回(データベースとメディア), 183-184, 1999-09-28

    IPSJ 

  • Keywords Assignment in the Video Object Management System  [in Japanese]

    SATO Michio , ITO Hideaki , SATO Makoto , SATO Teruo

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 13, 199-200, 1999-06-15

    References (3)

  • I Nevertheless Love AI  [in Japanese]

    中島 秀之 , 溝口 理一郎 , 福村 晃夫

    情報処理 39(10), 993-997, 1998-10-15

    IPSJ  IPSJ 

  • 日常性の中のAI  [in Japanese]

    福村 晃夫

    IPSJ Magazine 00039(00010), 996-997, 1998-10-15

  • A Prototype System of a Moving Agent.  [in Japanese]

    横山 友崇 , 赤塚 博哉 , 大松 宏允 , 佐藤 通夫 , 伊藤 秀昭 , 輿水 大和 , 福村 晃夫

    全国大会講演論文集 第57回(インタフェース), 95-96, 1998-10-05

    IPSJ 

  • Video Representing and Editing in the Video Object Management System VOM  [in Japanese]

    佐藤 通夫 , 伊藤 秀昭 , 伊藤 誠 , 福村 晃夫

    全国大会講演論文集 第57回(データベースとメディア), 31-32, 1998-10-05

    IPSJ  Cited by (1)

  • Describing Conceptual Structures in Relational Databases in TRICS.  [in Japanese]

    梶山 民人 , 伊藤 秀昭 , 飯田 三郎 , 福村 晃夫

    全国大会講演論文集 第57回(人工知能と認知科学), 455-456, 1998-10-05

    IPSJ 

  • Architecture of ConPus and Distributed-ConPus  [in Japanese]

    SABA Kentarou , ITO Hideaki , SUZUKI Fumiko , FUKUMURA Teruo

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 12, 536-537, 1998-06-16

    References (3)

  • Indexing on Video Data and their Retrieval  [in Japanese]

    SATO Michio , ITO Hideaki , ITO Makoto , FUKUMURA Teruo

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 12, 360-361, 1998-06-16

    References (3) Cited by (1)

  • The User Interface of the Schema Transformation System TRICS  [in Japanese]

    KAJIYAMA Tamito , ITO Hideaki , IIDA Saburou , FUKUMURA Teruo

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 12, 201-202, 1998-06-16

    References (4)

  • Constructing Conceptual Structures of Relational Databases in a Schema Transformation System TRICS  [in Japanese]

    KAJIYAMA Tamito , ITO Hideaki , IIDA Saburo , FUKUMURA Teruo

    本論文では, スキーマ変換システム T_<RICS>における関係型データベースの概念構造の構築手法について述べる. データベースの概念構造は, 関係で表現された概念対象と二つの概念対象間を関連付ける二項関係の集合からなる. 既存の関係型データベースから概念構造を求めるために, 本システムは関係スキーマと関係インスタンスを解析して概念対象と二項関係を求める. 自動的に決定できない概念対象 …

    IPSJ SIG Notes. ICS 109, 13-18, 1997-08-30

    References (11) Cited by (2)

  • Correction of Depth Perception for Virtual Objects by Stereoscopic Images  [in Japanese]

    YOSHIDA Shunsuke , HOSHINO Toshihito , OZEKI Toru , MIYAZAKI Shin-ya , HASEGAWA Jun-ichi , FUKUMURA Teruo

    我々は, 自動車の内装をCGにより立体表示し, 車内のデザインや運転の操作性を仮想空間で評価, 検討するための自動車内装デザインシステムの開発を行っている. システムを実現する上で, 仮想物体の表示位置の精度が一つの重要な問題となるが, 現在実現されている仮想現実感システムの技術レベルでは, 仮想物体モデルの座標値が示す位置を幅輳角を利用した立体視において十分な精度で知覚することは難しい. 本研究 …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 106, 163-170, 1997-07-24

    References (16) Cited by (3)

  • An Architecture of the Mailing Support System ASK-mail  [in Japanese]

    ISHIKURA Kenzo , ITO Hideaki , ITO Makoto , FUKUMURA Teruo

    本論文では, メイリング支援システムASKメイルの構造について述べる. ASKメイルはメイルの「読み」, 「書き」を支援して, メイルを「管理する」ツールである. メイリング支援システムでは, 単に文書を書くということよりも, むしろメイルを読み, 返事を書くことを支援する環境を整備することが望まれている. ASKメイルはこの要求に応えるために開発が進められており, メイルの読み, 書き, 管理の …

    IEICE technical report. Data engineering 97(162), 67-72, 1997-07-16

    References (6)

  • An Architecture of the Mailing Support System ASK-mail  [in Japanese]

    ISHIKURA Kenzo , ITO Hideaki , ITO Makoto , FUKUMURA Teruo

    本論文では, メイリング支援システムASKメイルの構造について述べる. ASKメイルはメイルの「読み」, 「書き」を支援して, メイルを「管理する」ツールである. メイリング支援システムでは, 単に文書を書くということよりも, むしろメイルを読み, 返事を書くことを支援する環境を整備することが望まれている. ASKメイルはこの要求に応えるために開発が進められており, メイルの読み, 書き, 管理の …

    IPSJ SIG Notes 113, 341-346, 1997-07-14

    References (6)

  • On usages of a Thesaurus in the Mailing Support System ASK.  [in Japanese]

    ISHIKURA Kenzo , OTSU Kazihiro , ITO Hideaki , ITO Makoto , FUKUMURA Teruo

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 11, 472-473, 1997-06-24

    References (3)

  • Rules for Transformation of Conceptual Structures in the Schema Transformation System TRICS  [in Japanese]

    KAJIYAMA Tamito , ITO Hideaki , FUKUMURA Teruo

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 11, 315-316, 1997-06-24

    References (4) Cited by (1)

  • Representation of Persistence and Causality Based on Multi-Autoepistemic Logic  [in Japanese]

    TOYAMA Katsuhiko , INAGAKI Yasuyoshi , FUKUMURA Teruo , Katsuhiko Toyama , Yasuyoshi Inagaki , Teruo Fukumura

    In this paper, we apply our multi-autoepistemic logic (MAEL), a natural extension of Moore's AEL with multi-theories, to formalization of hierarchical knowledge and temporal knowledge. In MAEL, inheri …

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 12(3), 466-474, 1997-05-01

    J-STAGE  JSAI  References (18) Cited by (3)

  • A Study of Depth Perception Characteristic of Virtual Objects for Development of Design Support System  [in Japanese]

    Yoshida Shunsuke , Hoshino Toshihito , Ozeki Toru , Miyazaki Shinya , Hasegawa Jun-ichi , Fukumura Teruo

    現在我々は, 車内形状やデザインから受ける印象の検討・評価を仮想空間内で行う自動車の内装デザインシステムの研究を行っている. デザイン形状や取り込まれ感をCG映像により実現する上で, 仮想物体の立体視は重要であるが, 現状の両眼視差を利用した立体視システムでは, 人が実際に利用している空間知覚要因のすべてを表現できるわけではないため, 計算上の表示位置と実際に感じる位置とが異なるといった問題が指摘 …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.基礎・境界, 395, 1997-03-06

  • 1 / 5
Page Top