津田 孝夫 TSUDA Takao

ID:1000060025905

広島市立大学情報科学部 Faculty of Information Sciences, Hiroshima City University (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 80

  • 1 / 4
  • Fast Execution of Linear Recurrences on Vector Computers and Its Parallelization  [in Japanese]

    KAWABATA Hideyuki , YUNOUE Kouichi , TSUDA Takao

    In this paper, we propose a new technique to calculate fast first-order linear recurrences on vector computers. Our method is intended to reduce redundant vector load and/or store operations. The obje …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 43(4), 971-985, 2002-04-15

    IPSJ  IR  References (19)

  • Bulk Recurrent Parallel Processing : A Method of Parallel Execution for Non-doall Loops  [in Japanese]

    KAWABATA HIDEYUKI , TANIGUCHI HIROMI , TSUDA TAKAO

    In this paper, we propose an efficient method to parallelize non-doall loops. Parallelization techniques for linear recurrences are applicable for many non-doall loops which are not amenable to such m …

    情報処理学会論文誌. ハイパフォーマンスコンピューティングシステム 42(4), 111-123, 2001-11-15

    IR  References (16)

  • Bulk Recurrent Parallel Execution of DOACROSS Loops  [in Japanese]

    KAWABATA HIDEYUKI , TANIGUCHI HIROMI , TSUDA TAKAO

    In this paper, we show a method of parallel execution of DOACROSS loops utilizing parallel execution techniques for linear recurrences. The method is able to make every processor in a system participa …

    IPSJ SIG Notes 2001(22(2000-HPC-085)), 133-138, 2001-03-08

    IPSJ 

  • Automatic Parallelization of Monte Carlo Particle Transport Code  [in Japanese]

    KAWABATA HIDEYUKI , JOKO KIYOSHI , TSUDA TAKAO

    Particle Transport Code is one of huge-scale Monte Carlo simulation codes. From the nature of the physical model it reflects, there exist parallelism in Particle Transport Code. However, complicated c …

    IPSJ SIG Notes 2000(23(1999-HPC-080)), 161-166, 2000-03-02

    IPSJ 

  • Automatic Parallelization of Monte Carlo Particle Transport Code  [in Japanese]

    KAWABATA HIDEYUKI , JOKO KIYOSHI , TSUDA TAKAO

    Particle Transport Code is one of huge-scale Monte Carlo simulation codes. From the nature of the physical model it reflects, there exist parallelism in Particle Transport Code. However, complicated c …

    IPSJ SIG Notes 2000(23(1999-ARC-137)), 161-166, 2000-03-02

    IPSJ  References (13)

  • An Implementation of Memory Manager in the Distributed Operating System DM - 2  [in Japanese]

    AOKI Hidetaka , SHINOHARA Takuji , FUJIKAWA Kenji , OKUBO Eiji , TSUDA Takao

    The distributed operating system DM-2 adopts a weaker memory consistency control scheme named delayed-update method in addition to the strict memory consistency control scheme based on write-invalidat …

    IPSJ SIG Notes 1995(115(1995-DPS-073)), 39-44, 1995-11-30

    IPSJ  IPSJ  References (5) Cited by (1)

  • A Performance Evaluation of a Loosely Coupled Parallel Computer -The Performance of Inter - Node Network of Paragon-  [in Japanese]

    KAWABATA Hideyuki , TSUDA Takao

    We evaluated a loosely coupled parallel computer : Intel Paragon. Generally, the machine is thought to be a "massvely parallel supercomputer" to solve huge numerical problems, and in fact, the machine …

    IPSJ SIG Notes 1995(97(1995-HPC-058)), 19-25, 1995-10-18

    IPSJ  References (6)

  • Method of Run-time Cluster Reconfiguration in theDistributed Operating System DM-2  [in Japanese]

    河原 功志 , 篠原 拓嗣 , 藤川 賢治 , 大久保 英嗣 , 津田 孝夫

    分散OSは従来のネットワークOSとは異なり、ユーザにネットワークの物理的配置を意識させないネットワーク透過性を実現している。ネットワーク透過性には位置透過性など様々な概念が含まれるが、規模透過性の実現をも分散OSには求められている。規模透過性とは分散システムの稼働中においても計算機の台数を増減することが可能で、かつ、システム構成の変更をユーザに意識させない性質である。本稿では規模透過性の実現する手 …

    全国大会講演論文集 第51回(ソフトウェア), 39-40, 1995-09-20

    IPSJ 

  • The Implementation of Thread Distributor in DM-2  [in Japanese]

    伊藤 ちひろ , 篠原 拓嗣 , 藤川 賢治 , 大久保 英嗣 , 津田 孝夫

    ネットワークを介して計算機を接続した分散環境の利点として、一つの仕事を複数の計算機で処理させることで応答時間の短縮が期待できることが挙げられる。しかし、これらの計算機間でネットワークを介した通信が頻繁に起こると、却って効率が悪化する。分散環境の効率よい利用のためには、負荷の分散のみならず通信量を抑制することが重要な課題である。しかし、前もって通信量を予測し低通信コストの並列アプリケーションを作成す …

    全国大会講演論文集 第51回(ソフトウェア), 37-38, 1995-09-20

    IPSJ  Cited by (2)

  • A Fast Algorithm for First Order Recurrences on Vector Supercomputers  [in Japanese]

    NAKAMURA Motonori , TSUDA Takao

    First-order linear recurrences often appear in programs for scientific computations and it is also taken up in Livermore Fortran Kernels. But it is difficult to gain speedups with naive vectorization. …

    IPSJ Journal 36(3), 669-680, 1995-03-15

    IPSJ  References (11) Cited by (2)

  • Virtualization of Semiconductor Extended Storage as Extended Main Memory on Vector Supercomputers  [in Japanese]

    OKABE YASUO , KAWABATA HIDEYUKI , TSUDA TAKAO

    This paper proposes a new method for virtualizing semiconductor extended storage (ES) as extended main memory by automatic program transformation done by a compiler, not by dynamic address translation …

    IPSJ Journal 35(12), 2558-2568, 1994-12-15

    IPSJ  References (11)

  • An automatic vectorizing and parallelizing compiler V-Pascal Ver.3  [in Japanese]

    Uehara Tetsutaro , Kunieda Yoshitoshi , Tsuda Takao

    We describe the design and implementation of our automatic vectorizing and parallelizing Pascal compiler"V-Pascal Ver.3"brief ly.V-Pascal Ver.3 is equipped with many specific analyzing and vectorizing …

    IEICE technical report. Computer systems 94(384), 49-56, 1994-12-09

  • An Automatic Vectorizing and Parallelizing Compiler V - Pascal Ver.3  [in Japanese]

    Uehara Tetsutaro , Kunieda Yoshitoshi , Tsuda Takao

    We describe the design and implementation of our automatic vectorizing and parallelizing Pascal compiler "V-Pascal Ver.3" briefly. V-Pascal Ver.3 is equipped with many specific analyzing and vectorizi …

    IPSJ SIG Notes 1994(106(1994-OS-067)), 145-152, 1994-12-08

    IPSJ 

  • A Design and Implementation of the Distributed Transaction System IXI  [in Japanese]

    KUNIEDA KAZUO , KAGAMI TATSUHITO , OKUBO EIJI , TSUDA TAKAO

    In this paper, a design and implementation of the distributed transaction system IXI is described. IXI is a platform to construct distributed applications. Namely IXI aims at decreasing the developmen …

    IPSJ Journal 35(6), 1185-1199, 1994-06-15

    IPSJ  References (12) Cited by (2)

  • Estimation of Data Transfer Rate Required for Permuting Data on a Massively Parallel Processor  [in Japanese]

    SATO TAKASHI , TSUDA TAKAO

    A massively parallel processor having multi-level shared memory is modeled to find a memory bandwidth between PEs (processor elements) such that it does not give rise to a data-transfer bottle-neck. F …

    IPSJ Journal 35(4), 600-608, 1994-04-15

    IPSJ  References (10)

  • Range Estimation of Integer Variables for Pascal Dependence Analysis  [in Japanese]

    酒井 淳嗣 , 津田 孝夫

    言語Pascalは型チェックの厳しい言語であり、プログラム実行時にも配列参照のたびにその添字式が宣言時の添字範囲内に収まっているか否かを調べている。PascaIのこの性質を利用すると、配列添字式中に現れる整変数のとりうる値の範囲すなわち値域を推定することができる。本稿ではPascalプログラムにおける変数の値域推定アルゴリズムについて論述し、得られた値域情報によって依存解析の能力向上に寄与できる例 …

    全国大会講演論文集 第48回(ソフトウェア), 81-82, 1994-03-07

    IPSJ 

  • Eensions of the Breadth-First Method for Vectorization of Recursive Procedures  [in Japanese]

    岡山 藤治 , 上原 哲太郎 , 津田 孝夫

    Fortran 90の登場により、単純DOループ以外の様々な繰り返し構造に対する自動ベクトル化技法への要求が高まっている。本稿では、再帰的手続きの自動ベクトル 化手法について述べる。我々は、当研究室で開発中の自動ベクトル化並列化コンパイラV-Pascalにおいて、既に再帰的手続きの幅優先法によるベクトル化手法を提案しているが、本稿では、この手法を拡張し、様々な再帰的手続きに対する自動ベクトル化手法 …

    全国大会講演論文集 第48回(ソフトウェア), 79-80, 1994-03-07

    IPSJ 

  • A Parallel Runtime Method for Handling Multiple Kind Parallelization  [in Japanese]

    児島 彰 , 落合 克哉 , 図枝 義敏 , 津田 孝夫

    これまでに、ループの並列化、関数単位での並列化、ブロック単位での並列化など、自動並列化における種々の並列化手法が知られている。広い範囲で並列化を適用するためには、これらを組み合わせ、効率よく適用する並列化手法が必要である。 本論文では、自動並列化コンコンパイラによる生成コードの並列実行の方式として、大枠に動的スケジューリングを用い、ループの並列化手法や、静的スケジューリングなどの種々の並列化手法を …

    全国大会講演論文集 第48回(ソフトウェア), 65-66, 1994-03-07

    IPSJ 

  • V-Pascal/DM, an Automatic Parallelizing Compiler for Distributed Memory Machines  [in Japanese]

    梅田 憲 , 上原 哲太郎 , 津田 孝夫

    分散メモリ型並列計算機用のプログラム開発には、アルゴリズムの並列化とともに同期・通信文を用いた並列プログラムの記述が必要になる。本稿では、データパラレルアプローチに基づいた分散メモリ型並列計算機用自動並列化コンパイラV-Pascal/DMの開発について述べる。本コンパイラは当研究室で開発中の自動ベクトル化コンパイラV-Pascal/DMを拡張することで実現される。V-Pascal/DMは自動ベクト …

    全国大会講演論文集 第48回(ソフトウェア), 55-56, 1994-03-07

    IPSJ 

  • System-shutdown for Fault-tolerance in the Distributed Operating System DM-1  [in Japanese]

    浜田 彰夫 , 岡部 寿男 , 大久保 英嗣 , 津田 孝夫

    分散OSでは、OSに必要な情報が複数のノードに分散されていることが多いので、システムの動作中に安易に一つのノードの電源を停止すると、他のノードにおいてOSとしての機能を続行させることが不可能となる場合がある。また、停電などによりすべてのノードの電源が一斉に停止すると、再び電源を投入しても以前の状態を回復することは通常不可能である。本研究では電源異常等によってシステムに障害が発生することを防ぐことを …

    全国大会講演論文集 第48回(ソフトウェア), 83-84, 1994-03-07

    IPSJ 

  • 1 / 4
Page Top