後藤 清和 GOTO Kiyokazu

ID:1000060026581

岐阜大学応用生物科学部 Faculty of Applied biological sciences, Gifu University (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 21

  • 1 / 2
  • Study on the Conditions and Quality of GABA Enriched Brown Rice  [in Japanese]

    LU Qingyun , GOTO Kiyokazu , NISHIZU Takahisa

    「GABA富化玄米」は健康食品であり,「発芽玄米」として市販されている。本報においては,GABA富化条件(温度,時間,送気等)のGABA含有量,発芽率,質量損失等の発芽玄米の品質に対する影響を検討した。また,GABA富化時に浸漬水での微生物の繁殖を抑制するために電解酸性水を使用し,効果を検討した。その結果,富化条件と「GABA富化玄米」の品質の間には種々の関係が存在することが明らかとなった。

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 72(3), 291-296, 2010-05-01

    J-STAGE  References (9)

  • 大学における農業機械分野  [in Japanese]

    後藤 清和 , GOTO Kiyokazu

    農業機械學會誌 71(4), 1-2, 2009-07-01

    IR 

  • 大学における農業機械分野  [in Japanese]

    GOTO K.

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 71(4), 1-2, 2009-07-01

    J-STAGE 

  • GABA Enriching Characteristics of Rough Rice Grain  [in Japanese]

    LU QingYun , GOTO Kiyokazu , NISHIZU Takahisa , ZHENG Jun

    GABA (γ-aminobutyric acid) is a functional constituent, which has a variety of functions such as blood pressure reduction, diabetes prevention, and sleep improvement. Absorption of water by rice grain …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 16(2-3), 97-102, 2009

    IR  J-STAGE  References (7)

  • Assessment Study of the Effects of Heat Shock Treatment on Rice Quality during Storage : Milled Rice Case

    NGUYEN Tuan Quoc , GOTO Kiyokazu

    白米 (コシヒカリ, 2005年岐阜県産) に対して熱処理を行い, その後の貯蔵中における品質維持に対する効果を検討した。加熱機器として, 一様加熱が可能な熱源としてマイクロウェーブを使用し, 加熱温度を60, 70, 80℃, それぞれの温度について保持時間を0, 1, 3分に設定した。熱処理後, 40℃の過酷な条件で6ケ月間貯蔵し, 経時的に各種の品質指標の変化を測定した。無処理の対照区につい …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 70(3), 49-57, 2008-05-01

    IR  J-STAGE  References (28)

  • Study on the Deep Bed Drying Characteristics of Various Grains (Part 2) : Application to the Brown Rice Drying  [in Japanese]

    YANG ZhiWei , GOTO Kiyokazu , MIZUNO Hidenori , IWASAWA Hideaki

    近年,普及が進んでいるラック式乾燥装置では静置式で穀物の厚層乾燥が行われる.前報において,籾の厚層乾燥における含水率の平均値および分布の状況を推測するシミュレーションプログラムを作成し,それを用いて乾燥過程に対する乾燥条件の影響を考察した.本報では,コスト削減に効果があるものの循環乾燥機では肌ずれ発生が多くなり品質の維持が困難な玄米乾燥に厚層乾燥を適用するための検討を行った.1)玄米乾燥として,通 …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 14(1), 15-20, 2007

    IR  J-STAGE  References (7)

  • Studies on the Optimum Conditions for Rice Post-harvest Processes in Developing Countries (Part 2) : Husking Properties of Impeller Type Husker and Changes of Brown Rice Quality During Storage  [in Japanese]

    LY Hoang Tung , GOTO Kiyokazu

    東南アジアの開発途上国等におけるポストハーベストでは, 不適切な処理のために大量の穀物ロスに繋がっているものと思われる。前報では, 日本で通常に使用されるゴムロール式籾すり機について, 籾の乾燥条件が脱ぷ特性に与える影響について述べた。インペラ式籾すり機はゴムロール式に比べて脱ぷ率が安定し, メンテナンスが比較的容易である。そこで, 種々の乾燥および脱ぷ条件における玄米の品質を測定し, インペラ式 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(6), 124-129, 2006-11-01

    IR  J-STAGE  References (8)

  • Study on the Deep Bed Drying Characteristics of Various Grains (Part 1) : Simulation of Moisture Content Distribution and Variation  [in Japanese]

    YANG ZhiWei , GOTO Kiyokazu , MIZUNO Hidenori

    近年,普及が進んでいるラック式穀物乾燥施設は,乾燥コンテナを用いた厚層乾燥方式となっている.本方式は個別処理であるため,運転の簡便性やトレーサビリティの面から有効であるが,一面,厚層乾燥の欠点である乾燥むらが発生する.本報では本方式における運転や空気条件の最適化を検討するために,厚層のシミュレーションプログラムを開発した.厚層乾燥においては,乾燥むらを抑制するために時折攪拌,混合が必要となり,この …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 13(2), 50-56, 2006

    IR  J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Studies on the Optimum Conditions for Rice Post-harvest Processes in Developing Countries (Part 1) : Influence of Drying Conditions on Husking Processes  [in Japanese]

    LY Hoang Tung , GOTO Kiyokazu , KAWANO Motonobu

    東南アジアの開発途上国等において穀物ロスが多発している。その原因の一つとして, 各地域により異なる気候条件や乾燥機の運転条件に対する不適切な脱ぷ条件を想定した。収穫後の籾の乾燥温度を3段階に設定した上で, 過乾燥の影響を考察するために仕上げ水分を2段階として乾籾を調製した。それぞれの試料について脱ぷ条件に対する各種特性を求め, さらに, 乾燥条件とそれら特性との関係を検討した。脱ぷ玄米の品質と脱ぷ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 67(6), 120-126, 2005-11-01

    IR  J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • Quality Evaluation of Long-Term Stored Rice by Pasting Properties

    NGUYEN Tuan Quoc , LY Tung Hoang , GOTO Kiyokazu

    収穫後の籾 (ハツシモ) を4段階の水分値 (11.1, 12.8, 14.7, 17.6%WB) および3段階の温度(4, 20, 35℃) において, 17ヶ月という長期にわたる貯蔵を行った。その間, 貯蔵条件の影響を受けて白米の糊化特性に現れる変化を測定した。4℃の貯蔵においては, 最高粘度がごくわずかな上昇傾向が見られた以外は, セットバック粘度, 最終粘度および糊化温度のいずれもが貯蔵期 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 67(4), 105-112, 2005-07-01

    IR  J-STAGE  References (14)

  • 農業施設の研究と新技術動向 : 穀類乾燥調製貯蔵施設の研究・技術動向  [in Japanese]

    岩澤 秀朗 , 後藤 清和 , 川村 周三

    Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan 34(4), 281-292, 2004-03-25

  • Study on the Occurrence of Broken Grain in the Husking and Milling Processes : About the Province of Sichuan  [in Japanese]

    XU Run Qi , GOTO Kiyokazu , MIWA Yoshihiro , LIU Jian Wei

    中国では,籾乾燥後の調製工程(籾すりおよび精白)における砕粒の発生が多く,穀物損失の大きな要因となっている.その中でも交雑種は在来種に比べて砕粒となりやすく,損失が大きくなると認識されている.まず交雑種と在来種の白米を中国四川省の農家から多数収集し,砕粒率を測定した,その結果,交雑種は在来種に比べて明らかに砕粒率が高いことが判明した.また,中国産米は在来種,交雑種ともに腹白粒の比率が高いため剛度が …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 9(1), 45-52, 2002

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • Study on the Proper Condition of Paddy Sun Drying in China : About the Province of Sichuan  [in Japanese]

    XU Run Qi , GOTO Kiyokazu , MAEZAWA Shigenori , MIWA Yoshihiro

    中国において大半の収穫籾は天日乾燥がなされている.ところが適当な乾燥条件が明らかでないため,大量の胴割れが発生することが多く,大きな穀物損失につながっている.そこで,次に示す乾燥条件の影響が検討できる実験区を設定し,4つの品種の籾について乾燥特性を検討した.i)籾層厚さ,ii)乾燥中の攪拌回数,iii)地面状態(コンクリートか圃場か),iv)過乾燥,v)遮光.乾燥実験は晴れた日に行い,乾燥の能率と …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 9(1), 17-22, 2002

    J-STAGE  References (7) Cited by (2)

  • Studies on the High Speed Drying of Grain (Part2) : Optimum High Speed Drying and its Effects  [in Japanese]

    FUKUMORI Takeshi , MATSUSHIMA Hideaki , GOTO Kiyokazu , YAMASHITA Ritsuya

    本報告は,前報に引続き呼吸量・品質評価・経済性評価から高速乾燥機の利用効果を考え,さらに乾燥施設への利用展開について検討を加えたもので,次のような成果が得られた.1)高速乾燥は,予措加熱により籾温度を短時間高める操作で乾燥の高速化ができ,積算呼吸量は従来機に比較して1/3程度に低減することができた.穀粒の呼吸による消耗が少なく品質向上面から価値が高い.2)乾燥速度は高水分域で高められるので,生籾か …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 7(2), 45-49, 2000

    J-STAGE  References (8)

  • New Technology for Drying, Processing and Storage of Rice  [in Japanese]

    GOTO Kiyokazu

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(1), 149-152, 1998-01-01

    J-STAGE  References (5)

  • Studies on Receiving System in Grain Drying Facility (Part 2) : Verification of Receiving Process and Layout of Receiving Hopper  [in Japanese]

    GOTO Kiyokazu , MIWA Yoshihiro , HATTORI Toshimitsu

    前報で, 種々の荷受け要素により荷受け部の稼働効率を求める式を作成し, 各要素の影響を検討した。本報においては, ダブルタンク方式およびシングルタンク方式のカントリーエレベータを4ヵ所選び, 実際に荷受け過程を測定し, その式の妥当性を検証した。また, 荷受け部の稼働効率を低下させている原因について考察を加えた。その結果, 計量終了の確認や次の荷口への移行時間に施設間でかなりの差があり, これらが …

    Nogyo Shisetsu (Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan) 28(3), 125-133, 1997-12-25

    J-STAGE  References (3)

  • Studies on Paddy Storage in Country Elevator (Part 2) : Measurement of Silo Storage of Paddy  [in Japanese]

    MIWA Yoshihiro , GOTO Kiyokazu

    農業施設 26(4), 211-217, 1996-03-25

    References (10)

  • Effects of Light Intensity and Soil Moisture Content on the Growth of Camphor Tree Seedlings in a Plastic House  [in Japanese]

    MORIYA Hideki , MATSUI Shuichiro , MIWA Yoshihiro , GOTO Kiyokazu

    農業施設 26(4), 187-196, 1996-03-25

    References (20)

  • Not-destructive Measurement of Specific Leaf Area in Camphor Trees (Cinnamomum camphora Sieb.)  [in Japanese]

    MORIYA Hideki , MIWA Yoshihiro , MATSUI Shuichiro , GOTO Kiyokazu

    植林や緑化においては, 樹木のCO<sub>2</sub>固定能力を考慮する必要がある。本報では, 苗木 (1~2年生) のCO<sub>2</sub>固定能力を相対成長率 (RGR) によって評価する考え方を適用し, その構成因子である比葉面積 (SLA) を非破壊計測する手法を検討した。苗木の葉内含水率とSLAとの間には, 直線関係が認められたこ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(1), 113-119, 1996-01-01

    J-STAGE  References (10)

  • Studies on Innovation of Brown Rice Drying (Part 2) : Characteristics of Brown Rice Drying Using Circulating Type Dryer  [in Japanese]

    LIU Jian-wei , GOTO Kiyokazu , MIWA Yoshihiro , TOMITA Kazunobu

    前報で明らかにした玄米乾燥の基礎的特性をもとに, 乾燥条件を定めて実用規模の籾用循環型乾燥機を用いて実験を行った。玄米乾燥で消費された電力量は, 大気温度にもよるが少なくとも籾乾燥の場合の1/2以下となった。胴われの発生量は初期乾燥速度に支配されるが, 基礎実験の時と比較して多かった。これは循環中における衝撃や摩擦が原因であると考えられる。循環中に生ずる肌ずれ発生量は玄米の初期含水率と直線的な関係 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 57(1), 17-23, 1995-01-01

    J-STAGE  References (9) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top