辻 三郎 TSUJI Saburo

ID:1000060029527

大阪大学 Osaka University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 121

  • Will the Grand Challenges in PRMU Open up New Horizons for Computer Science?  [in Japanese]

    TSUJI Saburo

    Surveying a variety of the grand challenges proposed so far, the author characterizes the Grand Challenges in Pattern Recognition & Media Understanding as a good and useful guide for finding hard yet …

    Technical report of IEICE. PRMU 109(344), 23, 2009-12-10

  • Kansei Information Processing  [in Japanese]

    TSUJI Saburo

    Journal of the Robotics Society of Japan 17(7), 916-919, 1999-10-15

    J-STAGE  References (10)

  • Tutorial Series : Robot and Vision(V) Learning Task by Watching  [in Japanese]

    TSUJI Saburo

    The Transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C 117(9), 1331-1337, 1997-09

    References (10)

  • Precise Robot Navigation and Acquisition of Environmental Structure in a Real World  [in Japanese]

    MIYASHITA Takahiro , ISHIGURO Hiroshi , TSUJI Saburo

    This paper presents a new environmental model for real time robot navigation, called T-Net (Target Network) . The T-Net, which consists of straight paths, represents rigid environmental structure and …

    Journal of the Robotics Society of Japan 14(7), 986-993, 1996-10-15

    J-STAGE  References (10) Cited by (4)

  • Tutorial Series: Robot and Vision (IV). Environment Model  [in Japanese]

    TSUJI Saburo

    The Transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C 116(9), 1074-1080, 1996-08-20

    References (24)

  • Statistical Analysis of Robot Behaviors in Unstructured Environment  [in Japanese]

    KATO Koji , ISHIGURO Hiroshi , TSUJI Saburo

    This paper presents a method for obtaining an environment model by analyzing a record of behaviors of a robot. To analyze the record of behaviors, we use a statistical approach. The robot analyzes the …

    Journal of the Robotics Society of Japan 14(5), 660-667, 1996-07-15

    J-STAGE  References (6) Cited by (8)

  • Tutorial Series: Robot and Vision (III). Visual Control  [in Japanese]

    TSUJI Saburo

    The Transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C 116(1), 133-139, 1995-12-20

    References (26) Cited by (3)

  • Human Face Detection and Location Based on Potential Field  [in Japanese]

    MATSUNO Katsuhiro , TSUJI Saburo

    知覚理論で提案されている視知覚の誘導場に類似したポテンシャル場が,人間の顔の解析に重要な役割を果たす.ポテンシャル場を解析する2次元物理モデルを用いた3レベルからなる顔の探索と位置決め手法について述べる.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00078(00008), 1243-1248, 1995-08-25

    References (10) Cited by (1)

  • Tutorial Series: Robot and Vision (II) 3D Vision  [in Japanese]

    TSUJI Saburo

    The Transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C 115(7), 940-946, 1995-06-20

    References (24) Cited by (5)

  • Robot Autonomous Navigation along Routes by Landmarks  [in Japanese]

    Li Shigang , Ochi Akira , Tsuji Saburo

    本論文はランドマークを用いたロボットの自律走行について述べる。ロボットが、カメラを通して経路の両側のシーンを連続的に撮像し、パノラマ表現という2(1/2)Dの中間表現を生成する。我々はまず、パノラマ表現内の距離情報と色情報に基づいてパノラマ表現内の物体を分割し、環境構造のロバストで定性的な情報を含んだ構造マップに配置する。そして、構造マップ内の物体の属性を調べて、特徴を持つ物体をランドマークとして …

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding 95(94), 81-88, 1995-06-16

  • モデル画像間の相違度補間による実時間動作認識  [in Japanese]

    季 七雨 , 塚本 明利 , 辻 三郎

    優れたインタフェースを構築するにおいて画像情報を用いる方法は,厄介なセンサを対象物に直接つけなくても済むので色々な面で便利である.特に,人間のように自由自在に動くものを認識対象とした場合この利点は非常に大事なことである.しかし,画像データは認識において曖昧なところが多いため,人間の動作を実時間で認識した研究例は非常に少ない.本稿では,複数の2値モデル画像と入力画像との相関演算により,実時間で人間の …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.情報・システム(2), 407-408, 1995-03-27

  • Real-Time Gesture Recognition using 2-Dimensional Sil-houette Models  [in Japanese]

    塚本 明利 , 李 七雨 , 辻 三郎

    インタラクティブなMMIの実現のためには人間の動作を実時間で認識する技術が必須であり,様々な人物の任意の動作をロバストに認識できる技術が求められている.これまで我々はテクスチャマッピングによって合成した多数のモデル画像を用い,テンプレートマッチングにより顔の向きを実時間で認識するシステムを実現した.本稿では人体の腕や脚の動作を認識する手法として,2次元的なシルエット画像をモデルとしていくつか登録し …

    全国大会講演論文集 第50回(人工知能及び認知科学), 117-118, 1995-03-15

    IPSJ 

  • A Real Time Recognition of the Hand shapes with the correlations of many models  [in Japanese]

    廣田 和也 , 李 七雨 , 徐 剛 , 辻 三郎

    これまで、相関演算をフレームレートで行うハードウェア装置を開発し物体認識を行ってきたが、画像の回転移動、形の変化などにより安定した認識が困難であった。そこで、多数のモデル画像とのマッチングで得られた相違度を単に比較するのではなく、これらの相違度の集合からKL変換により抽出した特徴量を基に認識を行う手法を考える。本論文では、KL変換を用いた手法について述べ、実験結果と共に本手法の性能について考察する …

    全国大会講演論文集 第50回(人工知能及び認知科学), 113-114, 1995-03-15

    IPSJ 

  • Memory-Based Navigation using Omni-Directional View in Unknown Environment  [in Japanese]

    Maeda Takeshi , Ishiguro Hiroshi , Tsuji Saburo

    人工知能研究における記憶に基づく方法(memory-based approach)は、記憶する情報量を増やすことにより、単純なアルゴリズムで頑強な処理を実現する方法である。近年のコンピュータの発達に伴い、この記憶に基づく方法の実現可能性が高まってきた。本報告では、記憶に基づく方法により、移動ロボットの誘導を行なうことを提案する。本手法では、記憶に基づく方法に適している視覚情報として全方位画像を用い …

    IPSJ SIG Notes CV92-10, 73, 1995

    Cited by (12)

  • Extraction of Facial Organ Features Using Partial Feature Template and Global Constraints  [in Japanese]

    SONG Xinguang , LEE Chil-Woo , XU Gang , TSUJI Saburo

    本論文では,顔器官の一部分を表す部分特徴テンプレートPFT(Partial Feature Template)を用いて顔器官部分特徴の抽出について述べる.PFTは顔器官のコーナー部分の特徴を一般化されたエッジ形状として再構成したものである.このモデルは器官の全体形状を特徴として扱うモデルより,エッジパターンの変形と照明条件の変動の影響を受けず,容易に顔の各器官を抽出することができる.PFTは局所的 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 77(8), 1601-1609, 1994-08-25

    References (15) Cited by (53)

  • Recognition of Facial Expressions Using Potential Net and KL Expansion  [in Japanese]

    MATSUNO Katsuhiro , LEE Chil-Woo , TSUJI Saburo

    本論文では,物理モデルであるポテンシャルネットとKL展開を組み合わせた顔表情認識の手法について述べる.ポテンシャルネットは,ノードが2次元グリッド状に相互にばねで連結された構造をもつ.画像からの力によって各ノードが顔器官の特徴に移動するためネットは変形し,変形したネットの形状には顔の特徴が反映されている.ポテンシャルネットにより求めた高次元の特徴ベクトル空間から,認識に有効なより低次元の特徴ベクト …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 77(8), 1591-1600, 1994-08-25

    References (22) Cited by (66)

  • Motion Estimation of Human Face with Multiple Model Images  [in Japanese]

    TSUKAMOTO Akitoshi , LEE Chil-Woo , TSUJI Saburo

    メモリ空間上に登録された多数のモデル画像との単純な相関演算に基づく顔の動き推定法を提案する.モデル画像は入力画像から獲得されたさまざまな方向を向く顔の画像であり,本手法は顔画像とモデル画像との相違度が顔の向きに従って単調増加する性質を利用している.新しいモデル画像を獲得するため,現在参照中のモデル画像はあらかじめ用意された顔の3次元グラフィックモデルにマッピングされ,この3次元モデルの向きや大きさ …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 77(8), 1582-1590, 1994-08-25

    References (17) Cited by (17)

  • 6)地図画像の海岸線のデータ圧縮とフラクタルを用いた復元([画像通信システム研究会 画像応用研究会]合同)  [in Japanese]

    藤本 直登志 , 徐 剛 , 辻 三郎

    The Journal of the Institute of Television Engineers of Japan 48(5), 638, 1994-05-20

  • A method on pattern generation using associative processing  [in Japanese]

    永井 隆弘 , 李 七雨 , 徐 剛 , 辻 三郎

    連想記憶モデルは分散かつ多重記憶モデルであり、記憶されたパターンの一部をキーとして全体パターンを発生することが可能である。これに関して、1970年ごろ中野, Kohonen, Andersonの研究以来、様々な変形アルゴリズムが提案され、最近その応用も活発に研究されている。本稿では計算コストが小さく、非線形の要素を含まない割と古典的な理論の一つであるKohonenの連想記憶理論を用いた顔パターンの …

    全国大会講演論文集 第48回(人工知能及び認知科学), 209-210, 1994-03-07

    IPSJ 

Page Top