大崎 紘一 Osaki hirokazu

ID:1000060032942

岡山商科大学 Okayama Shoka University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 206

  • Analysis of Effects of Virtual Reality based Assembly Training  [in Japanese]

    KAJIHARA Yasuhiro , TSUNESADA Kazuya , NISHIMURA Takeshi , OSAKI Hirokazu , IKEDA Tetsuya

    本研究では組立作業訓練における人工現実感の効果を実験により考察する.まず,人工現実感を用いた組立作業訓練装置を準備する.傾斜させたスクリーンにCADで作成された仮想作業域が立体表示される.これにより,被験者は正面を向いた時に部品棚が見え,下を向いた時には作業机の上面が見える.被験者は,仮想作業域で組立作業を行いながら作業手順と品質管理上の注意項目(品質管理項目)を記憶する.そして,被験者は作業手順 …

    Journal of Japan Industrial Management Association 59(2), 162-172, 2008

    J-STAGE  References (8) Cited by (2)

  • Study on Digital Measurement and Formulating Method for Skilled Motion : 1st Report: An Analytical Method of Skilled Motion Using Three Axis Rotational Angles  [in Japanese]

    MUNESAWA Yoshiomi , KAJIHARA Yasuhiro , OSAKI Hirokazu

    日本の開発製造型のものづくり体制を支援し,発展させるためには,生産現場の高度な技能を効率よく継承し,定着させるための技能者,素材,工具の動き,力関係,感覚等の分析,表示手法の開発,科学的な技能指導者の養成法,技能訓練者の訓練体制等の技能訓練システムの確立が2007年問題とも絡んで急務となっている.本論文では,技能者の技能を作業中の素材,工具,身体部位の3次元空間内での方向を,3次元座標系の3軸回転 …

    Journal of Japan Industrial Management Association 58(1), 17-28, 2007

    J-STAGE  References (24) Cited by (2)

  • Method of Determining Postures for Assembly Work Using a Human Body Link Model  [in Japanese]

    TSUNESADA Kazuya , NISHIMURA Takeshi , KAJIHARA Yasuhiro , MUNESAWA Yoshiomi , OSAKI Hirokazu

    生産準備効率化のためにシミュレーションにより作業負担の少ない作業姿勢を計画できる手法を提案する.提案手法では,作業者を人体リンクモデルにより表す.この人体リンクモデルは,上半身に7つの関節,両脚に2つの関節を有する.作業姿勢を計画する際の目的関数として,人体を表す各リンクの曲げ角度に係数を乗じ,それらの総和を用いる.制約条件として,人体各部の関節の可動範囲を設定する.さらに,作業負担の小さい作業姿 …

    Journal of Japan Industrial Management Association 57(2), 132-143, 2006

    J-STAGE  References (11) Cited by (2)

  • Current State and Perspective of Industrial Management in Japan  [in Japanese]

    OSAKI Hirokazu , KAJIHARA Yasuhiro

    Communications of JIMA 15(1), 34-39, 2005-04-15

    References (12)

  • 位置・姿勢のばらつきを考慮した生活動作分析手法  [in Japanese]

    常定 和也 , 梶原 康博 , 大崎 紘一 [他]

    The Japanese journal of ergonomics 41(5), 289-296, 2005

    Cited by (2)

  • Development of Cooking Robot Recipe by Motion Analysis  [in Japanese]

    TAKI Seiko , OSAKI Hirokazu , MUNESAWA Yoshiomi , KAJIHARA Yasuhiro

    本稿では,一般的なロボットシステムに料理を行わせるために,料理作業をロボット料理レシピとして定式化する手法を提案する.まず,人間の料理レシピの内容と料理知識からロボット化するために,ロボット料理レシピとしてまとめるために,料理作業の内容を5項目(料理作業名,食材,料理内容,料理用具等及び生じる中間食材)で示し,その内容及び条件を示した料理作業詳細表(レベル1,2,3)を作成する.レベル1では料理レ …

    Journal of Japan Industrial Management Association 56(4), 302-311, 2005

    J-STAGE  Cited by (2)

  • Recognition Method Combining 3D CAD Information with Image Processing : Comparison Method using Surface Information  [in Japanese]

    JINDAI Mitsuru , SHIBATA Satoru , SHIMIZU Akira , OSAKI Hirokazu

    本研究では, 対象物の面情報を3次元CAD図形情報と比較することで対象物を認識する手法を提案する.本手法では, まず, サーフェイスモデルにより作成した3次元CAD図形を, 実際の光源の位置及び対象物の反射率を用いてレンダリングし, カメラからの入力画像と同一形態の画像を作成する.そして, 作成した画像を入力画像と比較し, 対象物を認識する.この手法では, 対象物の面情報を3次元CAD図形情報と比 …

    Journal of Japan Industrial Management Association 54(2), 143-150, 2003

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • Distributed Disassembly System for Material Recycling  [in Japanese]

    MUNESAWA Yoshiomi , OSAKI Hirokazu , KAJIHARA Yasuhiro , TATSUMI Masahiko

    本研究では, 廃家電品の回収方法として, 家庭において分解, 分別を行い部品, ユニット毎に排出する分散分解を提案する.分散分解により, 集積場所には鉄, 銅, アルミニウムを多く含むグループに分別された部品等が集積されるため, 以降のリサイクルセンタで行われる分解, 分別の作業量の低減が可能となる.このことを説明するために, 廃家電品の排出以降の流れについて, 現在の回収方法と分散分解についてモ …

    Journal of Japan Industrial Management Association 54(1), 36-45, 2003

    J-STAGE  References (10)

  • Structured Knowledge Composition Method in Knowledge Management  [in Japanese]

    OSAKI Hirokazu , KATOH Kohsuke

    今日まで知識工学は, 主に個人の知識や技能としての暗黙知を形式知に変換し機械の知能化にとって非常に効果的な方法を提供してきた.その後, 人間の感覚や行動を付加するエージェントとしての知識モデルが確立されてきており, エージェント間の新たな知識の伝達を可能にしている.最近では, ナレッジマネジメントが, 組織や企業の目的である戦略を実現するために必要な知識を, 組織, 個人の知識(暗黙知, 形式知) …

    Journal of Japan Industrial Management Association 53(6), 437-447, 2003

    J-STAGE  References (15)

  • Robot Contest for Promoting Students' Independence and Cooperativeness  [in Japanese]

    MUNESAWA Yoshiomi , FUJITA Shinji , OSAKI Hirokazu

    This paper introduce the case example about Robot Contest that is a part of a experiment in 3rd grade curriculum in department of systems engineering, Okayama university. Students create an idea for r …

    The proceedings of the JSME annual meeting 2003.5(0), 199-200, 2003

    J-STAGE 

  • 備中神楽面の表面の木目に関する研究  [in Japanese]

    徳永 修一 , 大崎 紘一 , 玉本 和史 [他]

    The Bulletin of Takuma Radio Technical College (30), 101-105, 2002-12

  • Disassembling Method Considering Elementary Composition  [in Japanese]

    MUNESAWA Yoshiomi , OSAKI Hirokazu , KAJIHARA Yasuhiro , ISHIKAWA Masao , TANAKA Zennosuke , OSHITANI Jun

    We are developing the disassembling method considering the elementary composition ratio. However, the elementary composition ratio of any products and parts is not indicated, so that these information …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series C. 68(666), 700-707, 2002-02-25

    References (9) Cited by (1)

  • (158)学習等達成度記録簿による達成度評価の試み(第42セッション 教育評価・自己点検・評価システム(IV))  [in Japanese]

    大崎 紘一 , 山本 恭二

    Proceedings of Annual Conference of Japanese Society for Engineering Education 2002(0), 507-508, 2002

    J-STAGE 

  • Recognition Methods Combining Image Processing with 2D or 3D CAD Information  [in Japanese]

    JINDAI Mitsuru , OSAKI Hirokazu , SHIBATA Satoru , SHIMIZU Akira

    現在, 画像処理にCAD図形情報を組み合わせることで, 認識時間の短縮が図られている.しかし, CAD図形情報には2次元と3次元があり, 画像処理は基本的には2次元であるが, 複数のカメラを用いることで3次元の認識を行うことが可能である.そのため, CAD図形情報と画像処理を組み合わせる場合には, 多様な組み合わせ方法が存在する.そこで, 本報告では2次元CAD図形情報を用いた比較手法, 3次元C …

    Journal of Japan Industrial Management Association 52(6), 355-362, 2002

    J-STAGE  References (13) Cited by (1)

  • Distributed Disassembly and Separate Collection Method in Each House for Increasing Efficiency of Material Recycle  [in Japanese]

    Tatsumi Masahiko , MUNESAWA Yoshiomi , OSAKI Hirokazu

    The Proceedings of Conference of Chugoku-Shikoku Branch 2002.40(0), 481-482, 2002

    J-STAGE 

  • A method for the expansion of the ADL to the improvement of QOL of the aged people  [in Japanese]

    ISOSHIMA Takayuki , KAJIHARA Yasuhiro , OSAKI Hirokazu

    The Proceedings of Conference of Chugoku-Shikoku Branch 2002.40(0), 479-480, 2002

    J-STAGE 

  • Image Processing Method for Changing Brightness Extremly  [in Japanese]

    Kobayashi Tsuyoshi , OSAKI Hirokazu , KAJIHARA Yasuhiro , MUNESAWA Yoshiomi

    The Proceedings of Conference of Chugoku-Shikoku Branch 2002.40(0), 439-440, 2002

    J-STAGE 

  • A Robot System for Handling Fishnets  [in Japanese]

    YAMORI Takafumi , KAJIHARA Yasuhiro , OSAKI Hirokazu , MUNESAWA Yoshiomi

    The Proceedings of Conference of Chugoku-Shikoku Branch 2002.40(0), 415-416, 2002

    J-STAGE 

  • Digitization of Skilled Work of Traditional Craftman  [in Japanese]

    TAMAMOTO Kazushi , MUNESAWA Yoshiomi , OSAKI Hirokazu , KAJIHARA Yasuhiro , TAGUCHI Heihachi

    The Proceedings of Conference of Chugoku-Shikoku Branch 2002.40(0), 5-6, 2002

    J-STAGE 

  • Motion Analysis by 3 Dimensional Magnetic Sensors and Optical Flows  [in Japanese]

    NAGATA Kenichi , KAJIHARA Yasuhiro , OSAKI Hirokazu , MUNESAWA Yoshiomi , TAGUCHI Heihachi

    The Proceedings of Conference of Chugoku-Shikoku Branch 2002.40(0), 3-4, 2002

    J-STAGE 

Page Top