松田 治 MATSUDA Osamu

ID:1000060034469

広島大学大学院生物圏科学研究科 Graduate School of Biosphere Sciences, Hiroshima University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 48

  • 1 / 3
  • Carbon flow through the food web established on an artificial fish reef  [in Japanese]

    HARAGUCHI KOICHI , YAMAMOTO TAMIJI , KATAYAMA TAKAYUKI , MATSUDA OSAMU

    人工魚礁に形成された食物連鎖網を通した有機物の無機化と高次捕食者への炭素フローを見積もった。魚礁にトラップされる懸濁態有機物量は,高水温期には下方に輸送される沈降有機物量に比べて,10-71 倍に大きい。これらの有機物は,マクロベントスの呼吸によって 16-61% が無機化され,魚類をはじめとした高次捕食者によって 27-72% が除去され,7-16% が海底に沈降することがわかった。低水温期には …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 75(5), 810-818, 2009-09-15

    J-STAGE  JASI  References (33)

  • Effects of culture density on the growth and fecal production of the oyster Crassostrea gigas  [in Japanese]

    YAMAMOTO TAMIJI , MAEDA HAJIME , MATSUDA OSAMU , HASHIMOTO TOSHIYA , TAMIJI YAMAMOTO , HAJIME MAEDA , OSAMU MATSUDA , TOSHIYA HASHIMOTO , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University

    カキの生理を表す数値モデルを構築し,これにカキ養殖筏内外の海水交換を与え,養殖密度がカキの成長と排糞に与える影響を検討した。カキ 1 個体の生長量は養殖密度が低い方が良いが,筏 1 台あたりのカキ生産総量は 850 連 Raft<sup>-1</sup> が最も良かった。排糞量は 1 個体あたりでは養殖密度が低い方が多かったが,筏 1 台あたりでは 950 連 Raft&l …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 75(2), 230-236, 2009-03-15

    IR  J-STAGE  JASI  References (21)

  • Comparison of sediment quality between Hiroshima Bay and Suo Nada : Special reference to the seasonal variations of sediment quality parameters and their relationships  [in Japanese]

    YAMAMOTO TAMIJI , HASHIMOTO TOSHIYA , MATSUDA OSAMU , GO AKIO , NAKAGUCHI KAZUMITSU , HARAGUCHI KOICHI , TAMIJI YAMAMOTO , TOSHIYA HASHIMOTO , OSAMU MATSUDA , AKIO GO , KAZUMITSU NAKAGUCHI , KOICHI HARAGUCHI , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University

    広島湾と周防灘の底質の特徴について,それぞれ 5 年間の採泥調査の結果を用いて比較した。含水率(WC)および有機物の指標となる強熱減量(IL)は,周年にわたり周防灘よりも広島湾の方が有意に高かった。また,酸揮発性硫化物量(AVS)も冬と春に広島湾の方が有意に高かった。WC と IL が両海域とも季節変動がほとんど見られなかったのに対し,両海域とも AVS は秋に最高値,酸化還元電位(ORP)は夏か …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 74(6), 1037-1042, 2008-11-15

    J-STAGE  JASI  References (12)

  • Enhancement of aerobic decomposition of organic matter from aquaculture by an artificial midlayer seafloor  [in Japanese]

    HARAGUCHI KOICHI , YAMAMOTO TAMIJI , KATAYAMA TAKAYUKI , YAMAGATA YOICHI , MATSUDA OSAMU , KOICHI HARAGUCHI , TAMIJI YAMAMOTO , TAKAYUKI KATAYAMA , YOICHI YAMAGATA , OSAMU MATSUDA , (財)三重県産業支援センター:(現)広島大学生物圈科学研究科 , 広島大学生物圈科学研究科 , 海洋建設株式会社 , 三重県科学技術センター水産研究部 , 広島大学生物圈科学研究科 , Mie Industry and Enterprise Support Center:(Present Office)Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Ocean Construction Co. Ltd. , Fisheries Research Division Mie Prefectural Science and Technology Promotion Center , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University

    海面養殖にともなう海底への有機物負荷量を削減するために,生物生息基盤(人工中層海底)を設置し,沈降有機物を酸素供給が十分な中層で捕捉して分解を促進することを試みた。試験期間中,ベントスは人工中層海底上で増加したのに対して,貧酸素化した自然海底では激減した。人工中層海底上での有機物分解速度は 1.9~9.0 g C m<sup>-2</sup> day<sup>- …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 74(3), 429-431, 2008-05-15

    J-STAGE  JASI  References (8) Cited by (2)

  • The 16th Joint Symposium of Cooperation Council for Coastal Environment-related Society in Japan on "Ago Bay Restoration Project"  [in Japanese]

    松田 治 , 三重県地域結集型共同研究事業

    日本水産学会誌 73(4), 785, 2007-07-15

  • コメント回答 角皆静男氏のコメント(「海の研究」14,609-611)に対する回答  [in Japanese]

    川口 修 , 山本 民次 , 松田 治 [他] , 橋本 俊也 , O. Kawaguchi , T. Yamamoto , O. Matsuda , T. Hashimoto , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科

    Oceanography in Japan 14(5), 613-616, 2005-09

    Cited by (1)

  • Evaluation of Various Environmental Factors on the Nutrient Uptake Competition between Nori Laver and Planktonic Diatoms in Ariake Bay, Japan  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Osamu , YAMAMOTO Tamiji , MATSUDA Osamu , HASHIMOTO Toshiya , Osamu Kawaguchi , Tamiji Yamamoto , Osamu Matsuda , Toshiya Hashimoto , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University

    ノリ不作のメカニズムを解明するために, 物理的・生物的過程を考慮したノリと優占的浮遊性珪藻Skeletonema costatumの栄養塩競合モデルを構築した。ノリと珪藻による栄養塩摂取と増殖に影響を与えると考えられる主要な因子(水温, 塩分, 河川負荷量, 海水交換率, 二次生産者による摂食等による珪藻の損失率)について感度解析を行うことで, ノリと珪藻の栄養塩競合におよぼす影響を研究した。その …

    Oceanography in Japan 14(3), 411-427, 2005-05-05

    References (56) Cited by (5)

  • Artificial midlayer seafloor : simple and new devices to reduce organic loads from oyster rafts to the sediment  [in Japanese]

    KAWAGUCHI OSAMU , YAMAMOTO TAMIJI , MATSUDA OSAMU , HASHIMOTO TOSHIYA , TAKAYAMA HARUYOSHI , OSAMU KAWAGUCHI , TAMIJI YAMAMOTO , OSAMU MATSUDA , TOSHIYA HASHIMOTO , HARUYOSHI TAKAYAMA , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University

    近年, カキ養殖場の底質悪化が問題となっている。そこで, カキ養殖から海底への有機物負荷を軽減するために養殖施設下の酸素条件の良い中層に人工的に分解層 (人工中層海底) を設け, そこで好気的な分解を促進することを試みた。人工中層海底の材料は, カキ殻, 竹炭, 懸濁物吸着マットの3種類とした。その結果, いずれの人工中層海底でも好気的分解が行われていることが確認され, 最も効果の高かったカキ殻製 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 70(5), 722-727, 2004-09-15

    J-STAGE  JASI  References (10) Cited by (3)

  • Determination of the Limiting Nutrients for Growth of Nori Laver and Diatoms in Ariake Bay (Japan) by Analyses of Long-term Variation in Water Quality  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Osamu , YAMAMOTO Tamiji , MATSUDA Osamu , HASHIMOTO Toshiya , Osamu Kawaguchi , Tamiji Yamamoto , Osamu Matsuda , Toshiya Hashimoto , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University

    有明海における水質の長期変動から,ノリおよび珪藻の増殖制限元素を究明した。栄養塩類濃度およびそれらの比とノリによる窒素取り込みの半飽和定数および元素組成比から,ノリにとっては有明海全域で窒素制限であることが明らかとなった。一方,珪藻にとっては有明海北部で主にリン制限,有明海南部で窒素制限であり,ケイ酸塩による増殖制限はないと判断された。また, 1997年の諌早湾の締め切り以降,有明海全域で統計的に …

    海の研究 13(2), 173-183, 2004-03-05

    References (19) Cited by (15)

  • Release of Phosphorus and Silicon from Steelmaking Slag and Their Effects on Growth of Natural Phytoplankton Assemblages  [in Japanese]

    YAMAMOTO Tamiji , SUZUKI Masami , OH Seok Jin , MATSUDA Osamu

    Some coastal seas in post-industrialized countries are in the process of oligotrophication as a consequence of a rapid reduction in the load of certain nutrients such as phosphorus. Much worse is that …

    Tetsu-to-Hagane 89(4), 482-488, 2003-04-01

    J-STAGE  References (24) Cited by (2)

  • 角皆氏のコメントに対する著者からの意見  [in Japanese]

    川口 修 , 山本 民次 , 松田 治 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科

    Oceanography in Japan 11(6), 655-656, 2002-11-05

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • Characteristics of Water Quality in Ariake Bay, Kumamoto, Japan, in FY2000 : the Year of the Devastated Nori Crop  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Osamu , YAMAMOTO Tamiji , MATSUDA Osamu , Osamu Kawaguchi , Tamiji Yamamoto , Osamu Matsuda , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , 広島大学大学院生物圏科学研究科 , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University , Graduate School of Biosphere Sciences Hiroshima University

    2000年度冬季,有明海では「色落ち」による大規模なノリの不作が起きて問題となった。熊本県沿岸において,1995年4月~2001年3月に得られた環境データを対象として経年変化の解析および2000年度(不作年度)の季節変化について平年度との比較を行った。その結果,不作年度漁期後半におけるクロロフィルa濃度(Chl-a)の増加と,それにともなう溶存態窒素濃度(DIN)の極端な低下が明らかであった。不作 …

    海の研究 11(5), 543-548, 2002-09-05

    References (17) Cited by (10)

  • Spatial and temporal variations of sediment quality in and around fish cage farms : A case study of aquaculture in the Seto Inland Sea, Japan

    PAWAR Vaishali , MATSUDA Osamu , YAMAMOTO Tamiji , HASHIMOTO Toshiya , RAJENDRAN Narasimmalu

    Fisheries Science 67(4), 619-627, 2001-08

    References (13) Cited by (8)

  • The role of suspended oyster culture on nitrogen cycle in Hiroshima Bay  [in Japanese]

    松田 治 , 山本 民次 , 前田 一 , Putth Songsangjinda , Osamu Matsuda , Tamiji Yamamoto , Narasimmalu Rajendran , Hajime Maeda

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 10(1), 75, 2001-01-05

  • Middle layer intrusion as an important factor supporting phytoplankton productivity at a tidal front in Iyo Nada, the Seto Inland Sea, Japan  [in Japanese]

    山本 民次 , 橋本 俊也 , 武岡 英隆 , 杉山 貞二 , 松田 治 , Tamiji Yamamoto , Toshiya Hashimoto , Hidetaka Takeoka , Tenji Sugiyama , Osamu Matsuda

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 10(1), 73, 2001-01-05

  • The Role of Suspended Oyster Culture on Nitrogen Cycle in Hiroshima Bay

    SONGSANGJINDA Putth , MATSUDA Osamu , YAMAMOTO Tamiji , RAJENDRAN Narasimmalu , MAEDA Hajime

    Journal of Oceanography 56(2), 223-231, 2000-04

    DOI  References (34) Cited by (4)

  • Middle Layer Intrucion as an Important Factor Supporting Phytoplankton Productivity at a Tidal Front in lyo Nada, the Seto Inland Sea, Japan

    YAMAMOTO Tamiji , HASHIMOTO Toshiya , TAKEOKA Hidetaka , SUGIYAMA Tenji , MATSUDA Osamu

    Journal of Oceanography 56(2), 131-139, 2000-04

    References (15) Cited by (4)

  • Phytoplanktonic N:P Ratio in Waters of the Seto Inland Sea, Japan, and the Possible Factors Affecting its Fluctuation  [in Japanese]

    YAMAMOTO Tamiji , HASHIMOTO Toshiya , MATSUDA Osamu , TADA Kuninao

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 63(3), 6-13, 1999-08-01

    JASI  References (38) Cited by (7)

  • A Study on the Sediment Quality of the Sea off Fukuyama, the Seto Inland Sea, Japan.  [in Japanese]

    山本 民次 , 橋本 俊也 , 松田 治 [他] , 竹本 広司 , 米田 秀夫

    瀬戸内海福山沖海域底層の生物生息環境を評価するため、1998年9月16日、9測点において採泥し、底質について分折を行った。分析項目は、泥温、酸化還元電位、pH、含水率、強熱減量、酸揮発性硫化物量、底質酸素要求量、および間隙水中の硫化水素濃度の8項目である。さらに、底質直上水を採取し、溶存酸素濃度、硫化水素濃度およびアンモニア態窒素濃度について測定した。アンモニア態窒素濃度については、表層水について …

    Applied biological science 38(1), 39-45, 1999-07

    IR  DOI  JASI 

  • Application of Water Quality Data to Estimate the Cultured Oyster Biomass in Hiroshima Bay:Estimation of the Cultured Oyster Biomass

    SONGSANGJINDA Putth , MATSUDA Osamu , YAMAMOTO Tamiji , RAJENDRAN Narasimmalu , MAEDA Hajime

    Fisheries Science 65(5), 673-678, 1999

    References (22) Cited by (2)

  • 1 / 3
Page Top