駒村 正治 Komamura Masaharu

Articles:  1-20 of 35

  • 1 / 2
  • Soil Physical Properties and Underground Water Salt Concentration in Paddy Fields Affected by Tsunami in Soma City, Fukushima Prefecture  [in Japanese]

    中村 貴彦 , 藤川 智紀 , 細野 衛 [他] , 駒村 正治 , Takahiko Nakamura , Fujikawa Tomonori , Hosono Mamoru , Komamura Masaharu

    東日本大震災での津波被害を受けた水田では,被災面積の広さから復興が追いついてない。津波による塩害の対策では低コストで省労力が求められる。本研究では福島県相馬市日下石地区の水田を対象に,被災後の水田土壌の物理性および地下水中の塩分濃度の変化を明らかにすることで,畝立て栽培による,農地再生の可能性について考察することを目的とした。土壌調査の結果,作土層および畝部の土壌は乾燥密度が小さく,透水係数が大き …

    東京農業大学農学集報 58(4), 207-213, 2014-03

    IR  JASI 

  • 農業用水の効率的利用を目指した節水型水田灌漑技術の構築と圃場環境  [in Japanese]

    中村 好男 , 中村 貴彦 , 藤川 智紀 , 駒村 正治 , 左村 公

    わが国では耕作放棄地の拡大が見られる中で,近年,農業生産法人によって農地の利用集積が行われ,経営規模の拡大が進められている。こうした農業地帯では,乾田直播栽培を積極的に導入することによって農作業労働の省力化を図っている。また,都市化や工業化が進み水需要の急増によって河川の水源量が時期的に逼迫し,土地改良区や農家において水管理労働の増加が問題となっている地域もある。こうした問題を抱える地域では,水需 …

    水利科学 (330), 19-40, 2013-04

    JASI 

  • Estimation of Effects of Composts Mixing on Soil Physical Properties  [in Japanese]

    藤川 智紀 , 中村 貴彦 , 駒村 正治 , Tomonori Fujikawa , Nakamura Takahiko , Komamura Masaharu

    堆肥による土壌物理性の改良効果については,改良に至るメカニズムや施用方法と効果の定量的な関係が十分に明らかにされているとは言えない。本研究では,より均質な間隙構造の試料を作成できる撹乱土壌と堆肥を混合して土壌物理性を測定し,堆肥の種類,量および土壌の締固め強度が混合後の土壌の物理性および間隙の量や大きさに与える影響を検討した。牛ふんを原料とする堆肥は,土壌への混合量の増加にともない,気相率や間隙率 …

    東京農業大学農学集報 57(4), 267-274, 2013-03

    IR  JASI 

  • Suggestion of Water Saving Irrigation Based on Investigation of Actual Conditions of Ordinary Upland Field Irrigation in Japan  [in Japanese]

    駒村 正治 , Masaharu Komamura

    近年の農業を中心とする水資源問題は深刻さを増し,とくに地球温暖化の影響による水利用増加傾向は必至であるといわれている。一方,食料需要も人口増加による圧力が増し,新たな需要に応えなければならないのが実情である。わが国において,食料の自給率向上のためバランスのとれた作物生産が必要であり,畑作農業へ期待が高まるものと思われる。畑地灌漑は,畑作農業の推進にとって最も効果的な方法の一つである。そのため,畑地 …

    東京農業大学農学集報 57(4), 233-246, 2013-03

    IR  JASI 

  • Effect of soil moisture evaporation control by organic material mulching  [in Japanese]

    小林 裕三 , 谷藤 祥子 , 藤川 智紀 [他] , 中村 貴彦 , 駒村 正治 , Yuzo KOBAYASHI , YATO Shoko , FUJIKAWA Tomonori , NAKAMURA Takahiko , KOMAMURA Masaharu

    世界中には多くの乾燥・半乾燥地が存在するが、アフリカ、とくにサブサハラ・アフリカ地域は貧困かつ砂漠化の被害を受ける危険性が最も高い地域であり、農業を営む上で「水」と「土壌栄養」の絶対量が不足している。そこで本研究では、同地域における農業生産に寄与することを想定して、現地で入手可能な有機質資材を活用したマルチによる土壌水分蒸発抑制効果を検討すべく、次の試験を実施した。(1)塩ビ製カラムに無マルチ、有 …

    東京農業大学農学集報 55(2), 191-198, 2010-09

    IR  JASI 

  • Reality of agriculture and farmers' awareness as regards the application of crop residues for covering soil in the suburbs of Niamey, the Republic of Niger : Based on interviews with farmers  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yuzo , KOMAMURA Masaharu

    サブサハラ・アフリカは、砂漠化の被害を受ける危険性が高い地域の1つである。地域の農業環境を改善するために、本研究ではスタブル・マルチを用いた土壌水分蒸発抑制の効果を検討するとともに、同研究の必要性を検証すべく、ニジェールを対象国として首都ニアメ近郊の3地区で聞き取りによる農家調査を実施した。現在、作物残渣は家畜飼料、建築用材、有機肥料として用いられているが、調査対象農家の中には土壌保全に有効かつ生 …

    Journal of agricultural development studies 21(1), 54-61, 2010-07-31

    JASI  References (14)

  • Relationship between diversity of soil meso-fauna and soil moisture condition in green house  [in Japanese]

    伊川 綾 , 中村 貴彦 , 駒村 正治 [他] , 牧 恒雄 , Aya Ikawa , Nakamura Takahiko , Komamura Masaharu , Maki Tsuneo

    本報では土壌動物相の多様性を利用した畑地の環境評価の一助として施設栽培環境下の中型土壌動物の多様性について調査を行い、土壌の水分環境の違いと中型土壌動物相との関連性について考察した。その結果多様度指数においてはSimpsonの多様度指数(1/λ)、Fisherの多様度指数(α+1)とも点滴灌漑の節水区が最も高く、次いで点滴灌漑の中間区、多孔管灌漑区、点滴灌漑の標準区の順となった。多孔管灌漑区では点 …

    東京農業大学農学集報 55(1), 56-62, 2010-06

    IR  JASI 

  • Irrigation water requirement, consumed water use and irrigation effects by drip irrigation: study on rainwater use and water-saving irrigation in a greenhouse (1)  [in Japanese]

    駒村 正治 , 中村 貴彦 , 藤川 智紀 [他] , 伊川 綾 , 谷藤 祥子 , 中村 好男 , Masaharu KOMAMURA , NAKAMURA Takahiko , FUJIKAWA Tomonori , IKAWA Aya , YATO Shoko , NAKAMURA Yoshio

    本研究は、東京農業大学内のエコテクハウスにおいて、雨水利用節水灌漑システムにおける水収支および節水灌漑方法と灌漑効果について検討したものである。今回、ハウス内で栽培した作物は灌漑効果が高いといわれている陸稲である。試験結果からみて、灌漑水量、湿潤域内における土壌水分増加量、消費水量および灌漑効果に関して以下のように要約される。(1)標準区(消費水量相当量灌漑区):土壌水分増加量は灌漑水量よりも多く …

    東京農業大学農学集報 54(4), 248-255, 2010-03

    IR  JASI 

  • Easing of Water Demand Peak and Water Management for Environmental Conservation by Puddling in Non-Irrigation Period  [in Japanese]

    NAKAMURA Yoshio , MASHINO Michito , KOMAMURA Masaharu , NAKAMURA Takahiko

    水土の知 : 農業農村工学会誌 : 75(12), 1085-1088, 2007-12-01

    References (3)

  • Land use and irrigation planning for environmental symbiotic life  [in Japanese]

    斉藤 正貴 , 中村 貴彦 , 駒村 正治

    水土の知 75(5), 393-397, 2007-05

  • Diversity of Soil Meso-Fauna in Soil Dressed and No-Dressed Fields  [in Japanese]

    KANEKO Aya , MIHARA Machito , KOMAMURA Masaharu

    Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 75(2), 131-136, 2007-04-25

    References (12)

  • 東京農大におけるJABEE導入による教育改善  [in Japanese]

    駒村 正治

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 73(5), 430, 2005-05-01

  • Calculations of Farmland and Forest Areas for Small-scale-recycling-oriented Farms to Maintain Recommended Dietary Allowance  [in Japanese]

    斉藤 正貴 , 吉田 勝浩 , 中村 貴彦 [他] , ほか1名 , Masaki Saitoh , Yoshida Katsuhiro , Nakamura Takahiko , Komamura Masaharu

    小規模循環型農園においてヒトが継続的に生存していくために必要な要素と規模を明らかにすることを目的とし、資源循環シミュレーションモデルを作成した。モデル対象地を静岡県として、ヒト一人の栄養バランスを保つことを前提条件とした循環システムの構成要素を提示し、農作物の収量と農地・森林面積を試算した。結果は以下の通りとなった。1.構成要素:ヒト、家禽、養魚、農作物、緑肥作物、水質浄化作物、淡水プランクトン、 …

    東京農業大学農学集報 49(4), 189-197, 2005-03

    IR  JASI 

  • Structure of Settling Pond taking into account of Decrease in Drainage Discharge by Clogging of Filter Layer  [in Japanese]

    YAMAMOTO Naoyuki , MIHARA Machito , KOMAMURA Masaharu

    Papers on environmental information science (18), 403-408, 2004-11-05

    References (8) Cited by (1)

  • Changes in Soil and Nutrient component Losses with Selective Erosion  [in Japanese]

    CHEN Yan , MIHARA Machito , KOMAMURA Masaharu

    これまで様々な土壌および栄養塩類の流出負荷予測モデルが開発されているが, 畑地において密度の小さい土壌細粒子が選択的に侵食されると, 流出負荷の予測が困難となる場合がある. そのため本研究では畑地での侵食過程における流亡土壌の粒径組成変動を捉え, 選択的な侵食過程が栄養塩類の流出に与える影響について検討した.<BR>傾斜模型試験枠を用いた実験の結果, 侵食過程が進むにつれて流亡土壌の平 …

    Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 72(1), 7-13, 2004-02-25

    J-STAGE  References (8)

  • Changes in Level of Groundwater Table and Its Conservation : The Case of the Ohba Magistrate Office, Setagaya-ku, Tokyo  [in Japanese]

    KOMAMURA Masaharu , MASHINO Michito , NARIOKA Hajime

    本調査は, 住宅地である世田谷区大場代官屋敷における地下水位変化および地下水涵養機構について, 浸透性の高い関東ロームの特徴を土壌の物理性から着目して検討された. 地下水は, 周辺地形, 地表地物, 土質·地質などに影響され, 降水量の多少によって涵養機構が異なることが示された. 得られた結果の主要なものは次のとおりである. 関東ロームは, 土壌の物理性からみて微細·粗 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES 16(6), 631-639, 2003-11-05

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • Changes in Soil and Eutrophic Component Losses due to Deforestation in Sloping Area

    MIHARA Machito , CHEN Yan , KOMAMURA Masaharu

    Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan 71(2), 167-173, 2003-04-25

    References (6)

  • Application of Agricultural Water for Creating Rural Environment and Inhabitants Consciousness  [in Japanese]

    NAKAMURA Yoshio , MASHINO Michito , NAKAMURA Takahiko , KOMAMURA Masaharu

    Journal of the Japanese Society of Irrigation,Drainages and Reclamation Engineering 70(9), 35-38, 2002-09-01

    References (3)

  • Prosess of Engineering Education and Direction, Tokyo University of Agriculture  [in Japanese]

    KOMAMURA Masaharu

    Journal of the Japanese Society of Irrigation,Drainages and Reclamation Engineering 69(7), 15-17, 2001-07-01

  • Macropore Properties of Andosols in the Kanto Loam Formation by Physical Analysis of Soil Structure and Drainability  [in Japanese]

    NARIOKA Hajime , KOMAMURA Masaharu

    Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan 68(6), 735-743, 2000-12-25

    References (12) Cited by (2)

  • 1 / 2
Page Top