渕上 倫子 FUCHIGAMI Michiko

ID:1000060079241

福山大学 Fukuyama University (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 82

  • 1 / 5
  • Processing Lemon Marmalade under High Pressure  [in Japanese]

    Kuwada Hiroko , Teramoto Ai , Jibu Yuri , Tabuchi Mayumi , Ishii Kayoko , Fuchigami Michiko

    レモンの外果皮は,香りはよいが硬い。本研究の目的は,クエン酸処理,高圧処理,加熱処理した際のレモン外果皮の軟化度を明らかにすること,および高圧処理法によるレモンマーマレードの製造法を確立し,加熱処理法と品質の比較を行うことである。スライスした外果皮をpH 2.0のクエン酸溶液に1日浸漬し,中果皮,内果皮,果肉は磨砕してpH 2.5の同溶液に1日浸漬した。これらを混合し,グラニュー糖を55%添加した …

    Journal of Cookery Science of Japan 48(1), 31-38, 2015

    J-STAGE 

  • Changes in Pectic Substances of Vegetables and Fruit during Cooking  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko

    Journal of Home Economics of Japan 65(9), 479-491, 2014

    J-STAGE 

  • Effects of High Pressure and Addition of Sucrose on the Quality Improvement of Frozen-thawed Carrageenan Gels.:Part 2. Effects of the Addition of Locust Bean Gum to Carrageenan Gels  [in Japanese]

    Jibu Yuri , Teramoto Ai , Kuwada Hiroko , Fuchigami Michiko

    冷凍・解凍後のカッパーカラギーナンゲルの品質改善へのローカストビーンガム添加の影響を調べるために,2種類のローカストビーンガム添加ゲルが比較された。Aゲルは κ-カラギーナンとローカストビーンガム混合ゲル,Bゲルは市販ゲル化剤"パールアガー8ゲル"(8.3%グルコース含有)である。0,5,10,20%蔗糖を添加した両ゲルを-20°C,0.1~686 MPaで冷凍した。-20&d …

    Journal of Cookery Science of Japan 47(3), 155-164, 2014

    J-STAGE 

  • Effects of High Pressure and Addition of Sucrose on the Quality Improvement of Frozen-thawed Carrageenan Gels.:Part 1. Comparison of Kappa and Iota Carrageenan Gels  [in Japanese]

    Jibu Yuri , Teramoto Ai , Kuwada Hiroko , Fuchigami Michiko

    冷凍・解凍後のゲルの品質改善に対する高圧力と蔗糖の効果を調べるため,0,5,10,20%の蔗糖を添加したカッパーおよびイオタカラギーナンゲルを作成し,-20°C,0.1~686 MPaの高圧力下で冷凍した。200~400 MPaでは,高圧処理中には凍結しなかった。圧力解除時に,急速に圧力移動凍結した。その結果,破断応力は減少したものの,圧力移動凍結したカッパーカラギーナンゲルの氷結晶は小さ …

    Journal of Cookery Science of Japan 47(3), 143-154, 2014

    J-STAGE 

  • 調理・加工による食品物性の挙動と組織に関する総合的研究  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko

    Journal of Cookery Science of Japan 46(2), 65-74, 2013-04-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (82)

  • Changes in Pectin, Texture and Structure of Citrus Yuzu during Soaking in Citric Acid, Heating or Pressurization

    KUWADA Hiroko , JIBU Yuri , TERAMOTO Ai , FUCHIGAMI Michiko

    ユズをクエン酸溶液(pH 2.7)に24時間浸漬,または加熱処理(100℃,10分),高圧力処理(500 MPa, 30分)を行った際の組織の軟化とペクチンの溶出量との関係について検討した.外果皮の硬さは高圧力処理が最も硬く,次いでpH2.7浸漬>加熱処理の順であった.高圧力処理を行っても細胞壁にゆるみは生じなかった.しかし,加熱処理すると,外果皮では変化がなかったが,中果皮の細胞壁の中層は …

    J. Cookery Sci. Jpn. 45(3), 181-188, 2012-06-05

    NDL Digital Collections  References (19) Cited by (1)

  • Changes in Pectin, Texture and Structure of Citrus <i>Yuzu</i> during Soaking in Citric Acid, Heating or Pressurization  [in Japanese]

    Kuwada Hiroko , Jibu Yuri , Teramoto Ai , Fuchigami Michiko

    ユズをクエン酸溶液(pH 2.7)に24時間浸漬,または加熱処理(100°C,10分),高圧力処理(500 MPa,30分)を行った際の組織の軟化とペクチンの溶出量との関係について検討した.外果皮の硬さは高圧力処理が最も硬く,次いでpH 2.7浸漬>加熱処理の順であった.高圧力処理を行っても細胞壁にゆるみは生じなかった.しかし,加熱処理すると,外果皮では変化がなかったが,中果皮の細胞壁の中 …

    Journal of Cookery Science of Japan 45(3), 181-188, 2012

    J-STAGE 

  • 特別研究「調理文化の地域性と調理科学 : 行事食・儀礼食」-全国の報告-行事食・儀礼食の認知・経験・喫食状況  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko , KUWADA Hiroko , ISHII Kayoko , KIMURA Yasumi

    Journal of Cookery Science of Japan 44(6), 436-441, 2011-12-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (2) Cited by (3)

  • Texture and Fine Structure of Cooked Brown Rice  [in Japanese]

    KUWADA Hiroko , TERAMOTO Ai , JIBU Yuri , TABUCHI Mayumi , FUCHIGAMI Michiko

    玄米をおいしく炊く条件を探る目的で,玄米を七分つき米,精白米に搗精し,テクスチャーと組織構造を比較した。玄米の20°C,30°Cでの吸水速度は搗精した米と比べ遅かった。しかし,60°Cに2時間浸漬すると,七分つき米,精白米と同じ吸水率となった。炊飯後の玄米飯の水分含量は搗精した米飯と比べ少なく,サイズは小さかった。クライオ走査電子顕微鏡観察すると,米の搗精度が高くなるに従っ …

    Journal of Cookery Science of Japan 44(2), 137-144, 2011-04-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (29) Cited by (2)

  • Frozen food processing using pressure-shift-freezing method  [in Japanese]

    渕上 倫子

    科学と工業 84(2), 49-57, 2010-02

    Cited by (1)

  • Improvement in rheological properties of frozen custard cream by high pressure  [in Japanese]

    渕上 倫子

    年報, 149-154, 2010

  • Structure and Texture of Pressure-shift-frozen Boiled Egg

    JIBU Yuri , YASUKAWA Keiko , KUWADA Hiroko , YOKOHATA Naoko , TERAMOTO Ai , FUCHIGAMI Michiko

    本研究では冷凍ゆで卵の品質改善に対する圧力移動凍結の効果を調べるため,200 MPa,-18℃で圧力移動凍結したゆで卵を,大気圧下の-18℃圧力容器内凍結およびフリーザー凍結(-18,-30,-80℃)したゆで卵と比較した。200 MPa,-18℃では,高圧処理中には凍結せず,圧力解除時に急速凍結(圧力移動凍結)した。急速凍結により生成した氷結晶は小さく,解凍後のドリップが少なく良好な外観を示し, …

    Journal of Cookery Science of Japan 42(2), 86-92, 2009-04-20

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (20) Cited by (1)

  • Changes in Polysaccharides and Histological Structure of the Cell Wall of 'Hakuto' Peach Fruit during Maturation  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko , TERAMOTO Ai , JIBU Yuri , YASUKAWA Keiko , KUWADA Hiroko , YOKOHATA Naoko , MAKIO Sachiko , KOMIYAMA Nobuko , HAYASHI Mayumi

    白桃の開花後,70日から130日にわたって,白桃果実の細胞壁の硬度,水溶性ペクチン,水溶性多糖類,ポリガラクツロナーゼなどの変動について調べた。組織の破断強度は成熟中にほぼ直線的に減少した。しかし,食感的には完熟期に急速に軟化が進んた。完熟期にポリガラクツロナーゼ活性が急速に増大し,それに伴ってペクチンと多糖類が急速に水溶化した。クライオ走査電子顕微鏡による観察では,未熟な白桃の細胞壁は全体が充実 …

    Journal of Cookery Science of Japan 42(1), 9-16, 2009-02-20

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (23) Cited by (1)

  • Erratum: Changes in Polysaccharides and Histological Structure of the Cell Wall of ‘Hakuto’ Peach Fruit during Maturation [Journal of Cookery Science of Japan, Vol. 42, No. 1, pp. 9-16 (2009)]  [in Japanese]

    Fuchigami Michiko , Teramoto Ai , Jibu Yuri , Yasukawa Keiko , Kuwada Hiroko , Yokohata Naoko , Makio Sachiko , Komiyama Nobuko , Hayashi Mayumi

    Vol. 42 (2009) No. 1 p. 9

    Journal of Cookery Science of Japan 42(2), Errt02_1, 2009

    J-STAGE 

  • Degradation of Polysaccharides and Collapse of Tissues in Baked Apple  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko , JIBU Yuri , KOMIYAMA Nobuko , HAYASHI Mayumi , KUWADA Hiroko , YOKOHATA Naoko , MATSUURA Yasushi

    焼きリンゴにおける多糖類の分解と軟化の関係について検討した.リンゴを160~190℃で60分焼成すると,著しく軟化し,細胞壁の分離が見られた.ペクチン,全糖類共に水溶性画分が増加し,一方,ペクチンのシュウ酸塩溶出画分と全糖類のアルカリ溶出画分が減少した.ゲル濾過とDEAE-トヨパールクロマトグラフィーの結果からペクチンと多糖類は分解されて低分子化されていることが分かった.これらの分解はβ-脱離反応 …

    Journal of home economics of Japan 59(11), 871-879, 2008-11-01

    NDL Digital Collections  References (16) Cited by (2)

  • Relationship between Pectin in Dried Japanese Radish Roots (Kiriboshi Daikon) and Difficulty to Cook  [in Japanese]

    KAGATA Eri , KOMIYAMA Nobuko , HAYASHI Mayumi , FUCHIGAMI Michiko , MATSUURA Yasushi

    切り干しダイコンの硬化に関係すると考えられるペクチンの変質について検討した.切り干しダイコンを沸騰水を用いて抽出したときに溶出するペクチン量はダイコンのそれに比べて少なかった.一方,沸騰水抽出残渣を熱シュウ酸塩緩衝液を用いて抽出すると,切り干しダイコンあるいはダイコンともに短時間のうちに軟化し,溶出ペクチン量はほぼ同じであった.また,切り干しダイコンのペクチンは低分子化されているにもかかわらず,沸 …

    Journal of Home Economics of Japan 59(8), 575-582, 2008-08-01

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (27) Cited by (2)

  • Texture and Structure of Pressure-Shift-Frozen Food  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko , TERAMOTO Ai , JIBU Yuri

    Food (i.e. vegetables, tofu, egg-custard gel, agar gel or kon-nyaku) was pressurized at 0.1∼686 MPa and -20°C. Texture and structure were compared with the untreated control or food frozen in …

    The Review of High Pressure Science and Technology 18(2), 133-138, 2008-05-20

    J-STAGE  References (24) Cited by (1)

  • Degradation of Polysaccharides and Collapse of Tissues in Baked Apple  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Michiko , JIBU Yuri , KOMIYAMA Nobuko , HAYASHI Mayumi , KUWADA Hiroko , YOKOHATA Naoko , MATSUURA Yasushi

    焼きリンゴの軟化とペクチンあるいは多糖類の分解との関係について検討した.焼きリンゴを160℃~190℃において60分間加熱して調製したとき, ペクチンと多糖類の水溶性画分は生リンゴのそれらに比べて増加した.一方, ペクチンと多糖類のシュウ酸塩可溶性画分は生リンゴのそれに比べて減少した.このように, 焼きリンゴの組織の軟化は不溶性ペクチンと不溶性多糖類が可溶性になることによって起こるものと考えられる …

    Journal of Home Economics of Japan 59(11), 871-879, 2008

    J-STAGE 

  • IFHEポストコングレス : 日本の食文化  [in Japanese]

    渕上 倫子

    Journal of cookery science of Japan 40(6), 53-55, 2007-12-20

    NDL Digital Collections 

  • 1 / 5
Page Top