福永 邦雄 Fukunaga Kunio

ID:1000060081296

大阪府立大学大学院工学研究科 Graduate School of Osaka Prefecture University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 191

  • Selection of Viewpoint and Light Source Position Baced on Contrast Information Quantities for 3D Objects with Triangular Patch Expressions  [in Japanese]

    KATO Tatsuro , IKAI Takeo , WATANABE Koji , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , FUKUNAGA Kunio

    本論文ではまず対象物体の全体的特徴を良く捉える視点選択ついて述べている.Fechner則に基づいてFechner型情報量を定義し,3次元物体の3角パッチ表現における稜線の長さと鋭さを計量するエッジ型形状情報量と視点からその形状情報量を総和する視点情報量を導入し,その極大値によって代表的視点を与える.本研究では単一光源の照明に対する視点からの可視稜線の両面の明暗差としてコントラスト情報量を定義する. …

    IEICE technical report 107(539), 187-192, 2008-03-10

    References (13)

  • Selection of Viewpoint and Light Source Position Baced on Contrast Information Quantities for 3D Objects with Triangular Patch Expressions  [in Japanese]

    KATO Tatsuro , IKAI Takeo , WATANABE Koji , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , FUKUNAGA Kunio

    本論文ではまず対象物体の全体的特徴を良く捉える視点選択ついて述べている.Fechner則に基づいてFechner型情報量を定義し,3次元物体の3角パッチ表現における稜線の長さと鋭さを計量するエッジ型形状情報量と視点からその形状情報量を総和する視点情報量を導入し,その極大値によって代表的視点を与える.本研究では単一光源の照明に対する視点からの可視稜線の両面の明暗差としてコントラスト情報量を定義する. …

    IEICE technical report 107(538), 187-192, 2008-03-10

    References (13)

  • Selection of Viewpoint and Light Source Position Baced on Contrast Information Quantities for 3D Objects with Triangular Patch Expressions  [in Japanese]

    KATO Tatsuro , IKAI Takeo , WATANABE Koji , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , FUKUNAGA Kunio

    本論文ではまず対象物体の全体的特徴を良く捉える視点選択ついて述べている.Fechner則に基づいてFechner型情報量を定義し,3次元物体の3角パッチ表現における稜線の長さと鋭さを計量するエッジ型形状情報量と視点からその形状情報量を総和する視点情報量を導入し,その極大値によって代表的視点を与える,本研究では単一光源の照明に対する視点からの可視稜線の両面の明暗差としてコントラスト情報量を定義する. …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 162, 187-192, 2008-03-10

    References (13)

  • D-12-39 Recognition and Natural Language Description of Human Activities by Mobile Robot  [in Japanese]

    Takaya Mamoru , Kojima Atsuhiro , Fukunaga Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2008年_情報・システム(2), 170, 2008-03-05

  • User Authentication Method Based on Statistical Analysis of Keystrokes  [in Japanese]

    KATAOKA Yoshihiro , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IZUMI Masao , FUKUNAGA Kunio

    これまでに提案されているキーストロークを利用した個人認証の研究では,キーが押されていた時間を比較したり,パスワードを打つリズムを意図的に作り出すことによってユーザ認証を行っていた.しかし,これらの手法はパスワードなどの定型文には有効であるが,自由な文章(非定型文)を用いた場合は,定型文に比べ大幅に減少するため識別率が大きく低下するという問題があった.本稿では,非定型文を用いた場合にもユーザの特徴を …

    IPSJ SIG Notes 38, 23-30, 2007-07-19

    References (13) Cited by (3)

  • User Authentication Method Based on Statistical Analysis of Keystrokes  [in Japanese]

    KATAOKA Yoshihiro , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IZUMI Masao , FUKUNAGA Kunio

    これまでに提案されているキーストロークを利用した個人認証の研究では,キーが押されていた時間を比較したり,パスワードを打つリズムを意図的に作り出すことによってユーザ認証を行っていた.しかし,これらの手法はパスワードなどの定型文には有効であるが,自由な文章(非定型文)を用いた場合は,定型文に比べ大幅に減少するため識別率が大きく低下するという問題があった.本稿では,非定型文を用いた場合にもユーザの特徴を …

    IEICE technical report 107(140), 23-30, 2007-07-12

    References (13) Cited by (6)

  • User Authentication Method Based on Statistical Analysis of Keystrokes  [in Japanese]

    KATAOKA Yoshihiro , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IZUMI Masao , FUKUNAGA Kunio

    これまでに提案されているキーストロークを利用した個人認証の研究では,キーが押されていた時間を比較したり,パスワードを打つリズムを意図的に作り出すことによってユーザ認証を行っていた.しかし,これらの手法はパスワードなどの定型文には有効であるが,自由な文章(非定型文)を用いた場合は,定型文に比べ大幅に減少するため識別率が大きく低下するという問題があった.本稿では,非定型文を用いた場合にもユーザの特徴を …

    IEICE technical report 107(139), 23-30, 2007-07-12

    References (13)

  • Event detection from soccer video by using break term information  [in Japanese]

    ATOBE Hiroki , IZUMI Masao , FUKUNAGA Kunio

    本稿では,映像整理や視聴に要する労力軽減のために,サッカーの試合における試合中断区間に注目したイベント推定の手法を提案する.サッカーの試合ではイベントが発生すると一旦試合が中断される場合が多く,その中断区間からは原因となったイベントを推定するために有効と考えられる特徴量が得られる.提案手法ではまず,ショットの分割・分類,プレイ・ブレイクの分類などの映像の整理を行う.その後,ブレイク区間からブレイク …

    IEICE technical report 106(606), 25-30, 2007-03-09

    References (8)

  • A Robust Road Sign Recognition by Superposing Extracted Regions from Successive Frames  [in Japanese]

    YAMAUCHI Hitoshi , KOJIMA Atsuhiro , MIYAMOTO Takao , TAKAHASHI Hiromitsu , FUKUNAGA Kunio

    高度道路交通システムの実現に向けた研究の一つに車載カメラによる道路標識の認識が挙げられ,標識領域の抽出手法及び抽出された標識画像の認識手法が多く提案されている.しかしながらこれらの手法では,静止画像それぞれに対する認識のみを対象としており,一時的な光線条件の変化や街路樹等による隠れに対して発生した誤認識をも運転者に通知することとなる危険性が存在する.本論文では,低解像度の複数画像を合成することによ …

    The IEICE transactions on information and systems 90(2), 494-502, 2007-02-01

    References (10) Cited by (10)

  • BP-5-4 Identity Authentication Method Based on Human Action and Behavioral Patterns  [in Japanese]

    Fukunaga Kunio

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2006年_通信(2), "SS-21"-"SS-22", 2006-09-07

  • D-5-7 RELATED TERM ABSTRACTION USING EM ALGORITHM FROM UNLABELED DOCUMENTS  [in Japanese]

    Kitamura Ryo , Yokoi Takeru , Yanagimoto Hidekazu , Fukunaga Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference 1, 39, 2006

    Cited by (1)

  • A Road Sign Recognition with Consideration to Occlusion by Superposing Extracted Regions from Successive Frames  [in Japanese]

    YAMAUCHI Hitoshi , KOJIMA Atsuhiro , MIYAMOTO Takao , TAKAHASHI Hiromitsu , FUKUNAGA Kunio

    車載カメラによる道路情景画像からの道路標識認識手法が数多く提案されている.しかし, それらは入力となるフレーム中の標識画像のサイズがある程度以上になった場合にはじめて認識されるものであり, 実用的にはより早期に認識できることが望ましい.また, 街路樹の枝などによる一時的な部分遮蔽が発生した場合に対する考慮はほとんどなされていない.本稿では, 連続するフレームに存在する同一の道路標識を追跡・合成する …

    IEICE technical report 105(420), 1-6, 2005-11-18

    References (8) Cited by (1)

  • Detection of a Solitude Senior's Irregular States Based on Learning and Recognizing of Behavioral Patterns  [in Japanese]

    AOKI Shigeki , ONISHI Masaki , KOJIMA Atsuhiro , FUKUNAGA Kunio

    Recently, attention is paid to monitoring systems that watch behavior of a solitude person in home as the population of solitude seniors has increased. This paper proposes a monitoring system focused …

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines 125(6), 259-265, 2005-06-01

    J-STAGE  References (16) Cited by (21)

  • Application to Warning of Collision to Visually Handicapped Person Using Self Localization of Moving Camera and Tracking Moving Object  [in Japanese]

    KATO Ryoichi , AOKI Shigeki , FUKUNAGA Kunio

    近年, 視覚障害者の歩行支援に関して, 障害物の有無を認知する研究が盛んに行われている.従来, 段差や信号などの静止物体を認識することに主眼を置いた手法は報告されているものの, 障害者にとって危険な障害である人や自動車などの移動物体の位置情報に注目した手法はあまり報告されていない.本研究では, ステレオカメラを着用した障害者と移動物体の軌跡情報を抽出することにより, 移動する障害物の有無だけでなく …

    IEICE technical report. Welfare Information technology 104(750), 1-6, 2005-03-17

    References (11)

  • D-4-2 Information Recommendation Using Jensen-Shannon Divergence  [in Japanese]

    Nakano Yoshinobu , Yanagimoto Hidekazu , Fukunaga Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2005年_情報・システム(1), 28, 2005-03-07

  • D-11-18 Quantities of Shape Information and ViewPoint Determination for Expressions of 3-D Objects Using Triangle Patches  [in Japanese]

    Ooba Satoshi , Ikai Takeo , Yamashita Takuya , Fukunaga Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2005年_情報・システム(2), 18, 2005-03-07

  • D-11-16 View Point Determination Using Quantities of Shape and Color Information of 3-D Objects  [in Japanese]

    Noguchi Mototsugu , Ikai Takeo , Yamashita Takuya , Fukunaga Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2005年_情報・システム(2), 16, 2005-03-07

  • Recognition of Human Actions and Related Objects based on Cooperative Bayesian Networks  [in Japanese]

    HIGUCHI Mirai , KOJIMA Atsuhiro , KITAHASHI Tadahiro , FUKUNAGA Kunio

    従来, 映像理解に関する多くの研究では, 動作と物体を個別に認識していた.しかしながら, 人間は物体を視覚から得られる外見の特徴のみからではなく, 他の人間がその物体を使用する様子を見ることで認識することができる.すなわち, 人間は動作と動作対象を統合的に認識していると言える.本研究では, このような人間の認知能力に着目し, 人間の動作と動作対象を統合的に認識する手法を提案する.まず, ステレオカ …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 148, 117-124, 2005-03-03

    References (11) Cited by (5)

  • Cooperative Recognition of Human Movements and Objects and Its Modeling  [in Japanese]

    KITAHASHI Tadahiro , HIGUCHI Mirai , KOJIMA Atsuhiro , FUKUNAGA Kunio

    人間は主に視覚を通じて外界の事物を認識していると言われているが、自らの行為・行動によって実体を伴った認識ができることは日常的な体験に照らしても確かめられる。本稿では、この認識に基づき、人間の行為・行動を事物への働きかけとして認識し、行為・行動がもたらす物体の変化から、行為の内容とともに物体の機能属性を求めることができることを示し、コンピュータビジョンに応用しようとするものである。

    IPSJ SIG Notes. CVIM 148, 109-116, 2005-03-03

    References (8)

  • D-12-13 Ball Tracking from Soccer Game TV Programs under Consideration of Camera Motion  [in Japanese]

    Miyamoto Takuya , Uegaki Naoto , Izumi Masao , Fukunaga Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference, 163, 2005

    Cited by (1)

Page Top