田谷 一善 TAYA Kazuyoshi

Articles:  1-20 of 59

  • 1 / 3
  • サラブレッド育成馬の性腺機能と被毛の変化に及ぼす光線処理の効果  [in Japanese]

    国井 博和 , 南保 泰雄 , 岡野 篤 , 松井 朗 , 石丸 睦樹 , 朝井 洋 , 佐藤 文夫 , 藤井 一希 , 永岡 謙太郎 , 渡辺 元 , 田谷 一善

    馬の科学 = Equine science 53(3), 189-197, 2016

  • 気候の異なる条件下で飼育した雌雄サラブレッド種育成馬の成長と内分泌機能変化の比較  [in Japanese]

    水上 寛健 , 鈴木 毅 , 南保 泰雄 , 石丸 睦樹 , 内藤 裕司 , 頃末 憲治 , 秋山 健太郎 , 宮田 健二 , 山野辺 啓 , 永岡 謙太郎 , 渡辺 元 , 田谷 一善

    馬の科学 = Equine science 53(3), 175-182, 2016

  • 研究フロンティア 雌ウマの生殖内分泌学--排卵時に認められるインヒビンサージの発現機構と生理学的意義  [in Japanese]

    南保 泰雄 , 渡辺 元 , 田谷 一善

    Japanese journal of reproductive endocrinology 13, 31-35, 2008

    Ichushi Web 

  • A Survey on Contamination with Cadmium, Thallium and Lead in Wild Fauna  [in Japanese]

    SATO Itaru , TSUJIMOTO Tsunenori , YAMASHITA Takeji , SAITA Erina , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , SERA Koichiro , TSUDA Shuji

    野生動物の鉛中毒は古くから知られていたが, 近年はカドミウムやタリウムなどによる汚染も報告されている.このため本研究では, ツキノワグマ, ホンシュウジカ, ニホンカモシカ, トウホクノウサギおよびカワウの肝臓および腎臓のPIXE分析を行い, これらの重金属による汚染状況を調査した.カドミウム濃度はツキノワグマとトウホクノウサギの腎臓で高く, ツキノワグマで74頭中27頭, トウホクノウサギで16 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(10), 733-737, 2007-10-20

    J-STAGE  JASI  References (22) Cited by (2)

  • 新しい大気汚染物質ニトロフェノール化合物の生殖内分泌撹乱作用  [in Japanese]

    李 春梅 , 種田 晋二 , 鈴木 明 , 古田 千恵 , 渡辺 元 , 田谷 一善

    日本内分泌学会雑誌 83(2), 514, 2007-09-20

    Ichushi Web 

  • シャチ (Orcinus orca) の妊娠に伴う血中ホルモン濃度と体温の変化  [in Japanese]

    勝俣 悦子 , 前田 義秋 , 佐伯 宏美 , 金野 征記 , JAROENPORN Sukanya , 上田 陽子 , 渡辺 元 , 田谷 一善

    日本内分泌学会雑誌 83(2), 513, 2007-09-20

    Ichushi Web 

  • ゴールデンハムスターの妊娠後半期に見られる卵胞発育促進における胎盤性アクチビンAの生理的役割  [in Japanese]

    古田 千恵 , 荒川 小夜子 , 渡辺 元 , 田谷 一善

    日本内分泌学会雑誌 83(2), 502, 2007-09-20

    Ichushi Web 

  • ストレス時に分泌されるプロラクチンの抗ストレス作用と生殖機能への影響  [in Japanese]

    渡辺 元 , 浅井 さやか , JAROENPORN Sukanya , 太田 亮 , 田谷 一善

    日本内分泌学会雑誌 83(2), 499, 2007-09-20

    Ichushi Web 

  • ストレス時に分泌されるプロラクチンの抗ストレス作用と生殖機能への影響  [in Japanese]

    渡辺 元 , 浅井 さやか , JAROENPORN Sukanya , 太田 亮 , 田谷 一善

    The Journal of reproduction and development 53, j73, 2007-09-01

    Ichushi Web 

  • Endocrinological Characteristics in Two Japanese Black Cows with Granulosa Cell Tumor  [in Japanese]

    INOKUMA Michihito , OSAWA Takeshi , HARA Shigeo , KAKETA Kazuko , ATSUMI Takao , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    顆粒膜細胞腫に罹患した黒毛和種牛2例 (症例A: 12歳9産および症例B: 4歳2産) を内分泌学的に検索した.症例Aは罹患卵巣摘出の213日前から170日前までと9日前から摘出後10日まで, 症例Bは罹患卵巣摘出の85日前から摘出後2日まで連日頸静脈より採血し, 血漿中エストラジオール17-β, プロジェステロン, テストステロン, インヒビンおよび卵胞刺激ホルモン (FSH) 濃度をラジオイム …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(11), 746-749, 2006-11-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • Effects of Experimental Cryptorchidism on Sperm Motility and Testicular Endocrinology in Adult Male Rats

    REN Longquan , MEDAN Mohamed S. , OZU Mariko , LI Chunmei , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi

    ラットにおける潜在精巣作出が精子運動能とLH、FSH、インヒビンおよびテストステロンの分泌に及ぼす影響を調べた。成熟雄ラットの両側精巣を手術により腹腔内に固定した。手術後1、3、5および7日後に、1群5匹のラットから断頭により採血した。運動する精子の割合(%)は、手術後1日から低下し、潜在精巣3日目から対照群と比べ著しく低下した。5つの精子運動のパラメーターは、手術後5日目に対照群と比べ著しく低下 …

    Journal of Reproduction and Development 52(2), 219-228, 2006-04-01

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (54) Cited by (1)

  • The Effect of Active Immunization against Inhibin on Gonadotropin Secretions and Follicular Dynamics during the Estrous Cycle in Cows

    MEDAN Mohamed S. , TAKEDOMI Toshiro , AOYAGI Yoshito , KONISHI Masato , YAZAWA Shigeto , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi

    本研究では、雌ウシにおけるインヒビンの能動免疫がFSHとLH分泌及び卵胞発育・排卵へ及ぼす影響について研究した。成熟雌ウシ13頭にインヒビンα鎖を免疫した。6頭は対照群とした。最初の免疫から7、14、21及び34週間後にそれぞれブースター投与を行った。2、3及び4回目のブースター投与後、25日間毎日超音波画像診断装置により卵巣を観察した。4回目のブースター投与後、毎日採血して血中FSHとLH濃度を …

    Journal of Reproduction and Development 52(1), 107-113, 2006-02-01

    JASI  Ichushi Web  References (38) Cited by (2)

  • Body Temperature and Circulating Progesterone Levels before and after Parturition in Killer Whales (Orcinus orca)

    KATSUMATA Etsuko , JAROENPORN Sukanya , KATSUMATA Hiroshi , KONNO Seiki , MAEDA Yoshiaki , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi

    シャチ(Orcinus orca)の分娩前後における体温および血中プロジェステロン濃度の変化について研究した。体温は、毎朝運動を開始する前の朝8時から8時30分の間に測定した。体温は、妊娠初期に明らかな上昇を示し、その後緩徐な下降を示した。妊娠初期に認められた体温の上昇は、血中プロジェステロン濃度の上昇と有意な正の相関を示した。一方、分娩5日前から体温の有意な下降が認められ、その後出産まで2日間隔 …

    Journal of Reproduction and Development 52(1), 65-71, 2006-02-01

    J-STAGE  JASI  References (22) Cited by (1)

  • Basal Body Temperature Method for Detecting Ovarian Cycle in the Captive Beluga (Delphinapterus leucas)

    KATSUMATA Etsuko , FURUTA Chie , KATSUMATA Hiroshi , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi

    本研究では飼育下における雌ベルーガの基礎体温と血中プロジェステロン濃度の相関関係について詳細に調査した。基礎体温は毎朝、血中プロジェステロン濃度は2-4週間隔で1996年から2003年までの8年間測定した。雌ベルーガは、2000年の4月(推定13歳)に春機発動が観察された。その後、血中プロジェステロン濃度は、周期的な変動を示し、正常な発情周期が回帰したことが確認された。血中プロジェステロン濃度は、 …

    Journal of Reproduction and Development 52(1), 59-63, 2006-02-01

    JASI  References (13)

  • GnRH Treatment at CIDR Insertion Influences Ovarian Follicular Dynamics in Japanese Black Cows

    ANDO Takaaki , KAMIMURA Shunichi , HAMANA Katsumi , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi

    発情7日後の黒毛和種牛に8日間腟内挿入型プロジェステロン(CIDR)を挿入し, 挿入時に性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を投与する牛群(4頭)と投与なしの対照群(4頭)について, 1日2回超音波検査により卵巣動態を観察するとともに血中プロジェステロン(P_4)濃度を測定した.また, CIDR挿入前(-1日), 挿入中(5日), 除去後(10日)に15分間隔で8時間の採血を行い, LHパルス …

    Journal of Veterinary Medical Science 67(3), 275-280, 2005-03-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (25)

  • Insulin-Like Growth Factor-I as a Follicular Growth Promoter during Early Pregnancy in Thoroughbred Mares

    DERAR Refaat , HARAMAKI Shigeyuki , HOQUE Shafiqul , HASHIZUME Tsutomu , OSAWA Takeshi , TAYA Kazuyoshi , WATANABE Gen , MIYAKE Yoh-Ichi

    妊娠早期の雌馬におけるIGF-1の生理的な役割を調べる目的で,36頭のサラブレッド妊娠雌馬を対象に同期間の卵巣中の卵胞数の変化を超音波画像診断装置により経日的に調べた.また,36頭中9頭では交配から妊娠3か月までの間,週に1回採血して血漿中IGF-1,FSH,LH,INH,P,E_2濃度を測定した.血漿中IGF-1濃度は妊娠7,28,49,84日に増加した.また,血漿中IGF-1濃度の変化はFSH …

    Journal of Veterinary Medical Science 67(1), 19-23, 2005-01-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • Effect of Active Immunization of Pony Mares against Recombinant Porcine Inhibin α Subunit on Ovarian Follicular Development and Plasma Steroids and Gonadotropins

    DERAR Refaat Ibrahim , MAEDA Yoshihisa , HOQUE M Shafiqul , OSAWA Takeshi , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    2頭のポニー種雌馬に対して39日間隔で3回組換型ブタインヒビンαサブユニットで免疫した。血中のインヒビン抗体価は初回免疫後27日に有意(P<0.05)に上昇した。結合活性の最高値は第2回目の追加免疫後12日に到達した。免疫後の小および中,大卵胞数は免疫前のそれに比べて有意に増大した(11.75±4.30,2.75±0.69,2.51±0.63 vs 6.50±1.43,1.83±0.44,1 …

    Journal of Veterinary Medical Science 66(1), 31-35, 2004-01-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23) Cited by (1)

  • Endocrinological Changes before and after Removal of The Granulosa Theca Cell Tumor (GTCT) Affected Ovary in 6 Mares

    HOQUE MD. Shafiqul , SENBA Hiroyuki , TSUNODA Nobuo , DERAR Refaat Ibrahim , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , OSAWA Takeshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    顆粒膜細胞腫(GTCT)に罹患した雌馬の内分泌学的特徴を明らかにする目的で,罹患卵巣摘出前後に血液を採取して,血中テストステロン(T),卵胞刺激ホルモン(FSH),黄体形成ホルモン(LH),インヒビン(INH),プロジュステロン(P)およびエストラジオール17β (E_2)濃度をRIA法により測定した.摘出前においては全例ともT濃度は繁殖季節および非繁殖季節の正常な雌馬のそれに比べて有意に高かった …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(8), 887-891, 2003-08-25

    J-STAGE  References (27) Cited by (1)

  • Spontaneous Repair of the Atrophic Contralateral Ovary without Ovariectomy in the Case of a Granulosa Theca Cell Tumor (GTCT) Affected Mare

    HOQUE MD. Shafiqul , DERAR Refaat Ibrahim , OSAWA Takeshi , TAYA Kazuyoshi , WATANABE Gen , MIYAKE Yoh-Ichi

    右側の卵巣が顆粒膜細胞腫に罹患した21歳のサラブレッド種の馬を1999年12月10日から長期間臨床的に観察し,経時的に採血を行って血中ホルモン濃度を測定した.発症が認められて以来約19か月の観察後,反対側の萎縮卵巣は罹患卵巣の摘出処置せずに正常となり,各種サイズの卵胞が発育したが,罹患卵巣は発症後約4か月から退縮して,その後は卵胞が消失し,不活性状態であった.今回の結果から,顆粒膜細胞腫に罹患した …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(6), 749-751, 2003-06-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (6)

  • Localization of Inhibin α-, βA- and βB-Subunits and Aromatase in Ovarian Follicles with Granulosa Theca Cell Tumor (GTCT) in 6 Mares

    HOQUE MD. Shafiqul , DERAR Refaat Ibrahim , SENBA Hiroyuki , OSAWA Takeshi , KANO Kiyoshi , TAYA Kazuyoshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    顆粒膜細胞腫(GTCT)に罹患した雌馬における卵胞の形態学的および免疫組織化学的特徴を明らかにする目的で,卵巣内卵胞の顆粒層細胞および卵胞膜細胞におけるインヒビンα,βAおよびβBサブユニットとアロマターゼの局在を調べた.卵胞はGTCT罹患雌馬6例と,対照として正常雌馬4例から採取した.インヒビンαサブユニットは6例のGTCT罹患馬のすべての大きさの卵胞の顆粒層細胞に局在性が認められたが,インヒビ …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(6), 713-717, 2003-06-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (24) Cited by (4)

  • 1 / 3
Page Top