眞田 敏 Sanada Satoshi

Articles:  1-20 of 67

  • 1 / 4
  • Support for parents based on evaluation of attitudes toward children with developmental disorders  [in Japanese]

    大野 繁 , 加戸 陽子 , 小林 麻衣子 , 眞田 敏

    The purpose of this study was to obtain information necessary to establishing an optimal parent-child relationship utilizing the Positive and Negative Parenting Scale (PNPS). Among 40 families of chil …

    子ども・子育て支援 研究センター年報 (9), 5-13, 2019-12-25

    IR 

  • Factors influencing sustainability in inclusive education : Clinic-based surveys

    安田 万里子 , 大野呂 浩志 , 眞田 敏 , 加戸 陽子 , 大野 繁 , 濃野 信

    The Convention on the Rights of Persons with Disabilities proclaims that State Parties shall ensure an inclusive education system at all levels. Segregated education and inclusive education coexist, h …

    広島文化学園大学学芸学部紀要 9, 1-8, 2019-03

    IR 

  • Non-medication therapy for people with dementia:A review focusing on Snoezelen  [in Japanese]

    眞田 敏 , 安田 万里子 , 加戸 陽子

    In recent years, people with dementia have increased with the increase in elderly population. Support for people with dementia and their families is the most important issue in considering the health …

    子ども・子育て支援 研究センター年報 (8), 5-15, 2018-12-25

    IR 

  • Cognitive assessments for education on a child with Williams syndrome  [in Japanese]

    加戸 陽子 , 窪田 真理子 , 石原 忍 , 眞田 敏

    本報告では視覚認知機能の特異性とそれに着目した支援が注目されるWilliams症候群をともなう小児を対象に、視覚認知評価を含めた各種心理検査を適用し、認知特性に関する詳細な検討を行った。その結果、言語的な概念理解や短期記憶、継次処理が良好であったが、ワーキングメモリー、プランニング、目と手の協応、視空間認知が不十分で、視覚情報が複雑で量が多い場合の認識に困難をともなうと考えられた。なお、視覚刺激の …

    関西大学人権問題研究室紀要 = Bulletin of the Institute of Human Rights Studies, Kansai University (74), 19-38, 2017-07

    IR 

  • Neuropsychological assessment of visuo-perceptual processing in children with neurodevelopmental disorders  [in Japanese]

    加戸 陽子 , 真殿 温美 , 横山 勇貴 , Midory Higa Diez , 諸岡 輝子 , 中野 広輔 , 荻野 竜也 , 濃野 信 , 眞田 敏

    Rey 複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure test)は視空間構成能力や視覚性記憶,実行機能などを評価する神経心理学的検査である。本研究では板書のノートテイクや漢字の書字などの学習場面でのつまずきがみられる3名の神経発達障害をともなう子どもを対象に Rey 複雑図形検査を実施し,視覚認知処理過程に関する検討をおこなった。3名はいずれもまとまりのある要素を細分化 …

    關西大學文學論集 66(3), 173-191, 2016-12

    IR 

  • Intrauterine Methylmercury Exposure and Neurocognitive Functions : Minamata Disease  [in Japanese]

    頼藤 貴志 , 入江 佐織 , 加戸 陽子 , 眞田 敏

    水俣学研究 (7), 3-17, 2016-09

  • Medical and educational support for children undergoing long-term care  [in Japanese]

    加戸 陽子 , 眞田 敏

    医療制度改革や医療技術の進歩にともない、長期療養を必要する子どもの治療内容が変化し、新たな状況への理解と対応が求められている。そこで、小児の代表的な慢性疾患の治療に関する最近の進歩についての概要を整理し、QOL の向上を目指した教育・心理的支援についての研究状況を展望することを目的とした。抗生物質の適切な使用による感染後の腎炎の減少や、吸入ステロイド薬の導入による気管支喘息の発作の良好なコントロー …

    関西大学人権問題研究室紀要 = Bulletin of the Institute of Human Rights Studies, Kansai University (72), 1-21, 2016-09

    IR 

  • Fetal-Stage Methylmercury Exposure in Minamata Disease  [in Japanese]

    頼藤 貴志 , 入江 佐織 , 加戸 陽子 , 眞田 敏

    環境と公害 46(2), 52-58, 2016

  • Clinical application of the Rey-Osterrieth Complex Figure Test for children with developmental disorders  [in Japanese]

    眞田 敏 , 池田 葵 , , 加戸 陽子 , 荻野 竜也 , 中野 広輔 , 山根 大輝 , 横内 理絵 , 濃野 信

    本研究では,10 名の読みや書きなどの学習面に困難を抱える発達障害をともなう子どもにWechsler式知能検査およびRey-Osterrieth複雑図形検査(ROCF)を実施し,認知特性の実態把握の過程におけるROCFの有用性を検討した。ROCFの記録には被検者の描画過程をデータ化してパソコンに取り込むことのできるタッチペン (Inkling™) を用い,成績評価には,描画の質的評価も含むBost …

    研究集録 (156), 7-13, 2014

    IR 

  • Hans Asperger's article in 1938 and remedial education in the University of Vienna  [in Japanese]

    加戸 陽子 , 眞田 敏 , Johannes Plan , 眞田 敏

    Aspergerが自閉的特徴に関する最初の報告を行った人物であるという認識は広まりつつある。本論文では、1930年代のオーストリアにおいて治療教育の拠点となり、Asperger自身も主任を務めたウィーン大学小児病院治療教育部門への、Michaelsによる視察の報告を中心にその取り組みを概観した。また、1938年のAspergerの講演論文中の自閉的精神病質と思われる1症例に関する記述部分を邦訳し、 …

    関西大学人権問題研究室紀要 (66), 1-21, 2013-09

    IR 

  • Effects of ensemble on infant having Asperger syndrome with such comorbidity as AD/HD  [in Japanese]

    YOKOUCHI Rie , SANADA Satoshi

    発達障害研究 34(3), 282-289, 2012-08-31

    Ichushi Web  References (11)

  • A Review : Communication Support Using Music for Children with Autism  [in Japanese]

    横内 理絵 , 眞田 敏

    自閉症児に対する音楽を用いたコミュニケーション支援に関する研究は,介入での音楽の使用方法に一定の基準がないことや,音楽が複合的要素によって成り立っていることなどに起因する方法論の問題によって,結果の解釈に限界があることが指摘されている。そこで本研究では,自閉症児に対してコミュニケーション行動の改善を目指し音楽を用いた研究を概観し,使用音楽の種類と提示方法が結果におよぼす影響に焦点を当てるとともに, …

    研究集録 (150), 17-23, 2012

    IR 

  • Developmental Changes in the Trail Making Test  [in Japanese]

    眞田 敏 , 新谷 真以 , 福田 あやこ [他]

    Trail Making Test(TMT)は,ワーキングメモリや反応抑制,反応の切り替えなどの能力が求められる神経心理学的検査である。TMT は実行機能評価法の一つとして広く用いられているが,子どもを対象とした標準値の作成や臨床応用に関する報告はいまだ少ない。そこで本研究では,TMT の小児期から青年期までの各年齢群別標準値を作成するとともに,各指標の発達的変化について検討した。その結果,Par …

    研究集録 (150), 9-16, 2012

    IR 

  • Children with Attention Deficit/Hyperactivity Disorder and Pervasive Developmental Disorder : Attention and Response Inhibition on the Kiddie Continuous Performance Test  [in Japanese]

    TSUSHIMA Yasuko , SANADA Satoshi , YANAGIHARA Masafumi , OHNO Shigeru , HIRASAWA Toshimi , OKA Makio , OGINO Tatsuya , OHTSUKA Yoko

     7~12歳の注意欠陥/多動性障害 (attention deficit/hyperactivity disorder ; AD/HD) 男児22名および広汎性発達障害 (pervasive developmental disorder ; PDD) 男児19名と定型発達男児41名を対照群としてKiddie Continuous Performance Testを実施した. AD/HD群 …

    NO TO HATTATSU 43(5), 367-371, 2011-09-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18)

  • Clinical Application of the Modified Stroop Test to Children with Attention Deficit/Hyperactivity Disorder  [in Japanese]

    HIRASAWA Toshimi , SANADA Satoshi , YANAGIHARA Masafumi , MIYAKE KAORU , TSUSHIMA Yasuko , KADO Yoko , OGINO Tatsuya , NAKANO Kousuke , WATANABE Kiyoko , OHTSUKA Yoko

     6~14歳のIQを統制した無投薬の注意欠陥/多動性障害児23名と, 年齢および性を一致させた健常児69名を対象に改訂版Stroopテストを行った. 全注意欠陥/多動性障害群は, 干渉効果を評価するIncongruent Color Naming (ICN) およびICN-Color Naming (CN) の課題達成所要時間において対照群との間に有意差を認めた. さらに, サブタイプ別 …

    NO TO HATTATSU 42(6), 421-426, 2010-11-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • Developmental Changes in the Kiddie Continuous Performance Test and Its Appropriate Age for Application  [in Japanese]

    TSUSHIMA Yasuko , SANADA Satoshi , YANAGIHARA Masafumi , HIRASAWA Toshimi

     Kiddie Continuous Performance Test (K-CPT) の臨床応用のための基礎的知見を得ることとその適用年齢の検討を行うことを目的とし, 4~18歳の健常児 (者) 327名を対象に同検査を実施した. その結果, K-CPTの全評価指標に有意な発達的変化を認めた. 見逃しエラー数と反応スタイルは10歳頃からフロア効果を示し, 反応時間や弁別精度などの評価指 …

    NO TO HATTATSU 42(1), 29-33, 2010-01-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • Standard Value and Developmental Changes in the Indices of Interference Effect in the Modified Stroop Test  [in Japanese]

    HIRASAWA Toshimi , SANADA Satoshi , YANAGIHARA Masafumi , TSUSHIMA Yasuko , KADO Yoko , OGINO Tatsuya , NAKANO Kousuke , WATANABE Kiyoko , OHTSUKA Yoko

     改訂版Stroopテストにおける年齢別の標準値を得るとともに, 干渉効果に関する指標の発達的変化について検討することを目的とし, 6~20歳までの健常児 (者) 281名を対象に検査を行った. Incongruent Color Naming (ICN), ICN - Color Naming (CN), ICN/CNなどの干渉効果に関する各指標の年齢による変化について単回帰分析を行っ …

    NO TO HATTATSU 41(6), 426-430, 2009-11-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19) Cited by (1)

  • An overview of epidemiological and pathophysiological studies on developmental disorders  [in Japanese]

    眞田 敏 , 加戸 陽子

    Japanese journal on developmental disabilities 30(4), 227-238, 2008-09-30

    Ichushi Web  References (93)

  • Introductory remarks for special issue  [in Japanese]

    眞田 敏

    Japanese journal on developmental disabilities 30(4), 223-226, 2008-09-30

    References (6)

  • A review: Continuous performance test as an assessment for attention  [in Japanese]

    津島 靖子 , 眞田 敏 , 柳原 正文

    Continuous Performance Test (CPT) は、注意機能び測定に用いられる神経心理学的検査として知られている。測定条件や評価指標は多様であるため、現在までに報告されている研究成果の解釈は容易ではない。そこで、CPTの主な特徴を概観し、成績に影響を及ぼす要因について既報の文献に基づいて検討した。CPTは課題の種類によりX, A-X, not-X タイプに分類され、いずれのタイ …

    Bulletin of Faculty of Education,Okayama University (137), 125-131, 2008

    IR 

  • 1 / 4
Page Top