佐々木 伸雄 SAKANE Naoki

ID:1000060107414

東京大学大学院農学生命科学研究科 (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 224

  • 新たに判明した忠犬ハチ公の死因に関する病理学的所見  [in Japanese]

    内田 和幸 , 藤原 玲奈 , 佐々木 伸雄 [他] , 中山 裕之

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(10), 754-758, 2011-10-20

    Ichushi Web  References (5)

  • Prognosis after Surgery and/or Leuprolide Acetate Administration in Ferrets with Adrenal Diseases  [in Japanese]

    MIWA Yasutsugu , SASAKI Nobuo

    フェレットの副腎疾患に対する外科手術及び酢酸リュープロレリンを主とした内科療法の有効性を,病理診断結果及び治療法に基づき回顧的に調査した.調査対象は58頭である.6カ月後の生存率は副腎皮質腺癌で最も低かったが,約7割が生存した.また,他臓器への明らかな転移は1例も確認できなかった.治療内容は,外科手術のみ25頭,内科治療と外科手術14頭,内科治療のみ19頭であった.6カ月後の生存率は外科治療群で最 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(7), 554-558, 2011-07-20

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • Incidence of Ferret Diseases at an Animal Hospital  [in Japanese]

    MIWA Yasutsugu , HOSAKA Seiji , SASAKI Nobuo

    2006年11月から2008年4月の間に動物病院に来院したフェレットの疾病発生状況を調査した。その結果、198頭のフェレットに261疾患が確認された。疾患としては内分泌疾患(34.9%)、消化器疾患(17.6%)、皮膚疾患(10.3%)などの発生率が高く、泌尿器系、血液・リンパ系疾患がそれに続いた。疾患別では副腎疾患(24.5%)、インスリノーマ(10.0%)、下痢(6.5%)などの発生率が高く、 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(12), 947-951, 2009-12-20

    JASI  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • Extrahepatic Portosystemic Dual Shunts in a Dog Diagnosed by Mesenteric Portography that Was Initially Considered to Single Shunt by CT Portography  [in Japanese]

    FUJITA Atsushi , FUJIWARA Reina , NISHIMURA Ryohei , SASAKI Nobuo

    Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 40(3), 55-60, 2009-10-31

    Ichushi Web  References (8)

  • Ferret with Orbital Adenocarcinoma Accompanied by Exophthalmos  [in Japanese]

    MIWA Yasutsugu , FUJITA Atsushi , KATO Kumiko , UCHIDA Kazuyuki , NAKAYAMA Hiroyuki , SASAKI Nobuo

    4歳3カ月齢の去勢雄フェレットが左眼球突出を主訴に来院した。臨床徴候および検査所見から眼窩内に発生した腫瘤により左眼球が突出したと判断し、眼球摘出術および眼窩内掻爬術を実施した。摘出した腫瘤の病理組織学的検査では、腫瘍細胞が一部で小管腔を形成し、さまざまな形態で増殖していた。免疫染色により腫瘍細胞はPan Keratin、NSEに陽性、Vimentin、Desminに陰性であり、上皮細胞に由来する …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(8), 641-644, 2009-08-20

    JASI  Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • Effects of Trehalose and Sodium Carboxymethyl Cellulose on Prevention of Organ Adhesion after Laparotomy : A Preliminary Study

    LEE Soojung , MIWA Yasutsugu , NISHIMURA Ryohei , CHUNG Ung-il , SUZUKI Shigeki , SASAKI Nobuo

    トレハロースとカルボキシメチルセルロースナトリウム(SCMC)による開腹手術後に生じる腹腔内臓器癒着防止効果を検討した。40羽のニュージーランドホワイトウサギを用い、すべての動物に卵巣子宮摘出術を実施した。対象群(A群:n=6、C群:n=14)では、60分の術中に腹腔内臓器を腹腔外に出して乾燥させ、一方、実験群(B群:n=6、D群:n=14)では、開腹直後から15 分ごとにトレハロース溶液を腹腔臓 …

    Japanese Journal of Veterinary Anesthesia & Surgery 40(2), 19-26, 2009-07-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (39)

  • Adrenal Diseases in Ferrets in Japan

    MIWA Yasutsugu , NAKATA Makoto , KUROSAWA Asuka , SASAI Hiroshi , SASAKI Nobuo

    Adrenal diseases are quite common in Japanese pet ferrets; however, there have been no reports concerning the epidemiology of ferret adrenal disease in Japan. The purpose of this study was to collect …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(12), 1323-1326, 2008-12-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (2)

  • Clinical Evaluation of Long-term Prognosis and the Concurrent Diseases in 22 Dogs Suspected Suture-reactive Granuloma Following Ovariohysterectomy  [in Japanese]

    CHIJIWA Kosaku , NISHIMURA Ryohei , NAKASHIMA Ko , OHNO Koichi , SASAKI Nobuo

    卵巣子宮摘出術後の縫合糸反応性肉芽腫が疑われた犬22症例について、その疫学、治療、および長期予後を臨床的に解析した。22症例中15例(68%)がミニチュア・ダックスフントであった。診断時の年齢は、中央値3.5(1.1~9.3)歳齢、卵巣子宮全摘出術から診断されるまでの期間は、中央値2(0.3~4.3)年であった。最も多く認められた(13/22)症状は、嘔吐または下痢を伴うあるいは伴わない、元気消失 …

    Japanese Journal of Veterinary Anesthesia & Surgery 39(2), 21-27, 2008-07-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16) Cited by (4)

  • 第76回獣医麻酔外科学会、第88回日本獣医循環器学会、第43回日本獣医画像診断学会合同学会を開催するにあたって  [in Japanese]

    西村 亮平 , 桑原 正貴 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 39, 1, 2008-06-20

  • Tailor-made tricalcium phosphate bone implant directly fabricated by a three-dimensional ink-jet printer  [in Japanese]

    IGAWA Kazuyo , MOCHIZUKI Manabu , SUGIMORI Satoshi , SHIMIZU Koutaro , YAMAZAWA Kenji , KAWAGUCHI Hiroshi , NAKAMURA Kozo , TAKATO Tsuyoshi , NISHIMURA Ryouhei , SUZUKI Shigeki , ANZAI Masahiro , CHUNG Uung-il , SASAKI Nobuo

    人工臓器 37(1), 14-16, 2008-06-15

    Ichushi Web  References (5)

  • Prognosis of Canine Patients with Nasal Tumors According to Modified Clinical Stages Based on Computed Tomography : A Retrospective Study

    KONDO Yumi , MATSUNAGA Satoru , MOCHIZUKI Manabu , KADOSAWA Tsuyoshi , NAKAGAWA Takayuki , NISHIMURA Ryohei , SASAKI Nobuo

    犬の鼻腔内腫瘍に対する病期分類におけるCT像の有用性を検討するため,鼻腔腫瘍の犬112症例を対象とし,各症例の病期をX線像を基にしたWHO分類(WHOステージ)とCT像を基にした分類法(CTステージ)によって分類した.これらの症例中約75%が鼻腔腰癌であったことから,生存期間については鼻腔腺癌の症例のみについて検討した.その結果,3段階のWHO分類では症例の70%以上がWHOステージ3に分類され, …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(3), 207-212, 2008-03-25

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • 膀胱全摘術を行った膀胱・尿道腫瘍の6例  [in Japanese]

    川崎 栄也 , 田草川 玲奈 , 岡部 幹 , 藤野 泰人 , 西村 亮平 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38, 243-244, 2007-11-20

    Ichushi Web 

  • 門脈体循環短絡の診断および治療方針決定におけるCT門脈造影の臨床的有用性の検討  [in Japanese]

    金子 泰広 , 藤原 玲奈 , 西村 亮平 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38, 231-232, 2007-11-20

    Ichushi Web 

  • 腎動脈枝結紮術実施後に再発を認めた特発性腎出血の犬の一例  [in Japanese]

    菅井 匡人 , 西村 亮平 , 瀬戸口 明日香 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38, 227-228, 2007-11-20

    Ichushi Web 

  • 多発性神経障害を認めたインスリノーマの犬の1例  [in Japanese]

    千々和 宏作 , 筒井 孝太郎 , 長濱 正太郎 , 藤原 玲奈 , 中村 篤志 , 松木 直章 , 西村 亮平 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38, 212-213, 2007-11-20

    Ichushi Web 

  • 前立腺全摘出術と抗癌剤療法を行った前立腺癌の犬の一例  [in Japanese]

    古藤 久雄 , 巽 永美子 , 岡部 幹 , 玉原 智司 , 西村 亮平 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38, 210-211, 2007-11-20

    Ichushi Web 

  • 肉芽腫性幽門狭窄を呈した犬の一例  [in Japanese]

    浜谷 楽夢 , 千々和 宏作 , 西村 亮平 , 佐々木 伸雄

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38, 206-207, 2007-11-20

    Ichushi Web 

  • Expression and Subcellular Localization of E-Cadherin, α-Catenin, and β-Catenin in 8 Feline Mammary Tumor Cell Lines

    TAKAUJI Shun-roku , WATANABE Manabu , UYAMA Rina , NAKAGAWA Takayuki , MIYAJIMA Nozomi , MOCHIZUKI Manabu , NISHIMURA Ryohei , SUGANO Sumio , SASAKI Nobuo

    腫瘍の悪性度に関する要因の1つとして、細胞接着因子の発現異常が知られている。今回猫乳腺腫瘍細胞8株において、細胞接着因子であるEカドヘリン、αカテニン、βカテニンの発現量および細胞内局在を検討した。その結果、他の細胞株と比べ著明な発現量の低下や分子サイズの減少を認める株が存在した。また、1株においてEカドヘリンの局在に異常を認めた。なお、βカテニンには量、局在ともに異常を認める株は見られなかった。

    Journal of Veterinary Medical Science 69(8), 831-834, 2007-08-25

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (21)

  • Atresia of the External Acoustic Meatus Associated with Hyperkeratosis in a Dog  [in Japanese]

    MATSUKURA Takako , HATA Satomi , FUJIWARA Reina , NISHIMURA Ryohei , SASAKI Nobuo

    左耳下に皮下腫瘤を認める7歳齢のミニチュアダックスフントを外科的に治療した。患犬は先天性外耳道閉鎖症があり、この腫瘤は過角化症を伴った耳垢が堆積したものであった。<br>

    Japanese Journal of Veterinary Anesthesia & Surgery 38(2), 25-28, 2007-07-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (3)

  • Relationship between Treatment and Prognosis of Canine Insulinoma : 22 Cases (1997-2006)  [in Japanese]

    CHIJIWA Kohsaku , NISHIMURA Ryohei , MATSUKI Naoaki , SASAKI Nobuo

    犬のインスリノーマ22症例における臨床的特徴および治療法と予後の関連について検討した。19例が体重20 kg未満の中・小型犬であり、大型犬に好発するという報告とは異なる傾向を示した。手術を実施した16症例中11例(69%)で転移を認め、従来の報告よりも高率であった。外科療法を行った症例の1年生存率 (56%)は、従来の報告とほぼ同様であり、生存期間について内科療法のみを行った症例との間に有意差は認 …

    Japanese Journal of Veterinary Anesthesia & Surgery 38(2), 19-24, 2007-07-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

Page Top