木村 俊範 KIMURA TOSHINORI

Articles:  1-20 of 65

  • 1 / 4
  • 食品リサイクル (農産物流通および流通技術の問題点と対策)  [in Japanese]

    清水 直人 , 木村 俊範

    農産物流通技術年報 2008年版, 81-89, 2008

  • Effect of Intermittent Ventilation on Composting of Cattle Manure with a Small-Scale Reactor  [in Japanese]

    KIMURA Toshinori , SHIMIZU Naoto , NUGROHO Joko , SATO Keisuke

    コンポスト化プロセスの省エネ化によるコストの低減を目指し, 小容積堆肥化実験装置を用いた間欠通気の効果を検証した。コンポスト化の進行状況に影響を与える因子としては, 通気中の通気量, 通気時間と休止時間との比, および間欠1サイクルの所要時間などが主要なものと考え, これらを変化させて実験した。<br>その結果, 改善効果を得るための適正間欠通気条件の選択にとって示唆的な知見が得られた …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 69(5), 78-87, 2007-09-01

    IR  J-STAGE  References (8)

  • Degradation of Organic Matter in Cattle Manure Composting by Aeration and Turning in a Packed-Bed Reactor

    KARYADI Joko Nugroho Wahyu , HARANO Michio , SHIMIZU Naoto , TAKIGAWA Tomohiro , KIMURA Toshinori

    容量18.8Lの反応槽を使用して, 牛ふんのコンポスト化を3つの通気量 (0.05, 0.15, 0.50L/min.kgdm) と3つの切り返し (層の位置の入れ替えによる切り返し, 全体の切り返し, 切り返しなし) の条件で行った。最高温度は通気量0.05L/min.kgdmで64.3℃, 0.15L/min.kgdmで73.2℃, そして0.50L/min.kgdmで70.8℃であった。通気 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 69(4), 71-78, 2007-07-01

    IR  J-STAGE  References (14)

  • Kinetics of Ethanol Production by Zymomonas mobilis Using Low-Grade Wheat Flour in Batch Fermentation

    NEVES Marcos Antonio , KIMURA Toshinori , SHIMIZU Naoto , SHIIBA Kiwamu

    発酵基質として小麦製粉副産物の基質濃度を最適化することによって潜在的なエタノール生産利用の見通しを得ることが出来ると考えられる. 炭素源としてグルコースを使用し, 乾燥パン酵母によってモデル発酵を行った. 基質濃度によらず, 全体のエタノールの収率 (<i>Y</i><sub>P/S</sub>) はほぼ安定していた (0.35g-ethanol/g …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(6), 109-116, 2006-11-01

    J-STAGE  References (15)

  • Hydrophilic Modification of Polymer Microchannel for Preparation of Oil-in-Water Emulsions  [in Japanese]

    LIU Haijie , NAKAJIMA Mitsutoshi , NISHI Taiji , KIMURA Toshinori

    Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 52(12), 599-604, 2005-12-15

    J-STAGE  References (12)

  • New Food Materials by Fermentation of Indica Type Rice, Pulse and Tofu-byproduct : Production of dosa・okara dosa  [in Japanese]

    SHIMIZU Naoto , KIMURA Toshinori

    Journal of the Brewing Society of Japan 100(4), 224-229, 2005-04-15

    References (12)

  • バナナ新鮮葉・乾燥葉からのワックスおよび機能性成分の抽出  [in Japanese]

    柳田 高志 , 清水 直人 , 木村 俊範

    Japan journal of food engineering 6(1), 79-87, 2005-03

  • Extraction of Wax from Banana Leaves as an Alternative Way of Utilizing Agricultural Residues

    柳田 高志 , 清水 直人 , 木村 俊範

    Japan journal of food engineering 6(1), 29-36, 2005-03

  • Life Cycle Inventory Analysis of Rice Produced by Local Processes

    ROY Poritosh , SHIMIZU Naoto , KIMURA Toshinori

    米の加工プロセスは, 農業分野において最も重要な領域の一つであり, 相当な量のエネルギを消費することから環境汚染の原因になっている。環境にやさしい米生産プロセスを見出すためにインド西ベンガル州における3つのパーボイリング方式 (ベッセル方式, 小規模ボイラ方式, 中規模ボイラ方式), 対照としてパーボイリングを施さない方についてライフ・サイクル・インベントリ分析を行った。インベントリ (エネルギ消 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 67(1), 61-67, 2005-01-01

    J-STAGE  References (22)

  • 小規模実験装置によるコンポスト化過程の垂直方向モニタリング  [in Japanese]

    原野 道生 , Nugroho Joko , 木村 俊範

    Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts 15回, 547-549, 2004-11-17

  • 生ごみ処理の初期過程における分解効率化に関する研究  [in Japanese]

    上嶋 大輔 , 木村 俊範 , 井原 望

    Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts 15回, 449-451, 2004-11-17

  • Rheological Properties of MgCl_2-coagulated Tofu and Conditions for Hard Tofu Production in China

    CHENG Yongqiang , SHIMIZU Naoto , KIMURA Toshinori

    豆腐産業においてよく使われている凝固剤の一つである塩化マグネシウムにより凝固した豆腐のレオロジ特性と塩化マグネシウム濃度及びタンパク質濃度条件について検討した。7, 8%タンパク質濃度の場合に, 凝固剤添加量の増加により, 破断応力は上昇し, その後減少した。凝固剤量が30mMのときに, 6%, 7%タンパク質の豆腐の破断は延性破断であり, タンパク質濃度が8-9%に増加のときに, 脆性破断様式を …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 66(3), 98-104, 2004-05-01

    J-STAGE  References (16)

  • Changes in Microorganisma Flora during Cattle Manure Composting, Processing by Small -scale Composting Reactor

    SHIIBA Kiwamu , KOMINE Noriko , KANZAKI Ken , KIMURA Toshinori

    小型発酵リアクター (SCR) を用いて, 牛糞の生物分解とコンポスト化を行った。コンポスト化が進むにつれて, 熱と二酸化炭素の発生が上昇した。コンポスト化中の微生物の全16SrDNAは, SCRによりコンポスト化されたサンプルより直接抽出され, ARDRA (増幅リボソームDNA制限分析) 法により解析された。二酸化炭素の発生は, 微生物菌数には関係がなく微生物菌叢の変化に相応した。牛糞をコンポ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 66(1), 75-81, 2004-01-01

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • 家庭用生ゴミ処理機稼動中の菌叢変化の追跡 (第14回廃棄物学会研究発表会)  [in Japanese]

    原野 道生 , 井原 望 , 木村 俊範

    Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts 14回, 318-320, 2003-10-22

  • 生ごみ処理機の副資材使用量低減に関する検討 (第14回廃棄物学会研究発表会)  [in Japanese]

    上嶋 大輔 , 木村 俊範 , 井原 望

    Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts 14回, 315-317, 2003-10-22

  • Energy Consumption in Local Parboiling Processes

    ROY Poritosh , SHIMIZU Naoto , KIMURA Toshinori

    インド共和国 (西ベンガル地方) におけるローカルパーボイリング加工法 (ベッセル, 小規模ボイラ, 中規模ボイラ) の評価を行った。パーボイルドライス製造のための3手法のエネルギ消費量と, 得られたパーボイルドライス品質を測定した。パーボイリングプロセス施設の初期投資額についても算出した。製法の違いによってパーボイル玄米の硬度には違いが確認されなかった。パーボイル精白米表面の明度及び彩度は, 製 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 65(5), 133-141, 2003-09-01

    J-STAGE  References (29) Cited by (3)

  • Activated temperature of microorganisms contributing to cattle manure composting : Dependence of specific growth rate of microorganisms on temperature  [in Japanese]

    MIYATAKE Fumihito , IWABUCHI Kazunori , KIMURA Toshinori

    堆肥化微生物群が最も活性化される温度を見い出すために微生物の比増殖速度を計算し, この温度依存性を検討した。コンポスト化反応槽には1リットル容積の断熱型リアクタを用い, 供試材料は大学付属農場より採取した新鮮牛ふんを風乾によって含水率60%w.b.に乾燥したものを堆肥化した。この堆肥化反応における酸素消費速度より比増殖速度を計算した。この結果, 微生物増殖は約54℃で最大になることが見いだされた。 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 65(2), 101-105, 2003-03-01

    IR  J-STAGE  References (4) Cited by (4)

  • Effect of Processing Conditions on Cooking Qualities of Parboiled Rice

    ISLAM Rabiul , SHIMIZU Naoto , FURUICHI Singo , KIMURA Toshinori

    小規模パーボイルドライス製造装置を試作し, 低い蒸煮温度条件 (80, 90, 100℃) や試料重量条件 (75, 120, 200, 400g) が炊飯特性に及ぼす影響を測定した。パーボイルドライスの炊飯特性試験における加熱吸水率, 溶出固形物量そして炊飯時間を調査した。炊飯特性試験における加熱吸水率の値が2.5に対応する時間をパーボイルドライス炊飯時間と定めた。蒸煮時間とともに加熱吸水率や溶 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 65(2), 85-93, 2003-03-01

    J-STAGE  References (27)

  • Improvement of Traditional Parboiling Process  [in Japanese]

    ROY Poritosh , SHIMIZU Naoto , FURICHI Singo , KIMURA Toshinori

    伝統的パーボイリング加工法を改善するための実験室スケールの研究を行った。電気炊飯器の上部が開放された条件 (開放条件) と密閉された条件 (密閉条件) の2つの方法でパーボイリング加工を行った。パーボイリングにおけるエネルギ消費量, パーボイル玄米品質, そして前蒸煮, 浸漬, 蒸煮中の試料温度を測定した。さらに蒸煮における籾層底部と表面の蒸煮時間毎のパーボイル籾水分とパーボイル玄米の硬度を測定し …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 65(1), 159-166, 2003-01-01

    J-STAGE  References (21) Cited by (3)

  • Texture Evaluation of Tofu (Soybean Curd) by Viscoelastic Tests

    CHENG Yongqiang , SHIMIZU Naoto , KIMURA Toshinori

    豆腐のテクスチャを評価するたあに, 応力-ひずみおよび応力緩和試験を行った。異なる豆乳濃度および凝固剤 (グルコノデルタラクトン (GDL) と硫酸カルシウム) で実験室において豆腐を製造した。同じ豆乳濃度の場合, GDLで凝固した豆腐の破断応力は硫酸カルシウムのより高かった。二つのマクスウェル模型を含む4-要素模型は応力緩和曲線に合うことが分かった。豆乳濃度の増加に従って, 四要素模型の弾性パラ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(6), 137-144, 2002-11-01

    J-STAGE  References (20)

  • 1 / 4
Page Top