大賀 祥治 Ohga Shoji

Articles:  1-20 of 87

  • 1 / 5
  • Seasonal patterns of myxomycete occurrence in a warm temperate laurel forest in Japan

    原紺 勇一 , 高橋 和成 , 大賀 祥治

    Hikobia 16(2), 141-150, 2012-12

  • 高機能・高品質シイタケ栽培技術の開発  [in Japanese]

    西澤 元 , 阿部 正範 , 大賀 祥治

    シイタケ菌床栽培における核酸関連物質と鉄化合物の添加が子実体に及ぼす影響について検討した。核酸関連物質としてリボ核酸(RNA-M),鉄化合物としてクエン酸鉄を使用した。その結果,子実体の発生量において,RNA-M,クエン酸鉄を培地絶乾重量比1%添加した培地は,4次発生までの子実体重量が増加した。RNA-M1%添加培地は,Mサイズ以上の発生個数も増加した。また,Sサイズと奇形の発生個数において,両物 …

    徳島県立農林水産総合技術支援センター森林林業研究所研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Center, Forest and Forestry Research Institute -(7), 8-11, 2011-12

    JASI 

  • Distribution of Isaria sinclairri in the forest soil on various season and soil depth  [in Japanese]

    大賀 祥治 , 高野 克太 , 孫 竹

    ツクツクボウシタケ(Isaria sinclairii Kobayasi)を土壌から検出するためにプライマーを設計した,DGGE解析により森林土壌を解析したところ,高い精度で菌の検出が可能であった。次に,これまでに子実体発生が確認されている森林から土壌を採取し,時期,土壌深度ごとに菌の生存を解析した。子実体発生前の6月に菌の存在が認められ,8月には検出のピークがみられ,10月,12月と季節経過に伴 …

    Bulletin of the Kyusyu University Forests (92), 4-7, 2011-03

    IR  DOI  JASI 

  • Aim for cultivation of matsutake, Tricholoma matsutake on the artificial medium  [in Japanese]

    近藤 民雄 , 大賀 祥治

    本総説では, マツタケについて宿主を用いないで菌床栽培するための要点について論説した。始発培地水分は低い方が好ましいこと, 培地栄養分をできるだけ低くすること, 相対湿度が重要な要因となることの3点を論考した。

    Bulletin of the Kyusyu University Forests (92), 1-3, 2011-03

    IR  DOI 

  • Relationship between Carbohydrate Content and Fruit Body Yield on Sawdust-based Media of Auricularia polytricha  [in Japanese]

    OHGA Shoji , MIYAMOTO Ryouhei , CHA Joo-Young , SEO Geon-Suk

    Journal of the Japan Wood Researh Society 57(1), 8-13, 2011-01-25

    References (23)

  • Influence of a Nucleic Acid-related Substance on the Mycelial Growth and the Pharmacological Effects of Pleurotus nebrodensis  [in Japanese]

    MIYAZAWA Noriko , OHGA Shoji

    Journal of the Japan Wood Researh Society 54(2), 80-86, 2008-03-25

    References (34) Cited by (1)

  • Growth characteristic and fructification of Paecilomyces nipponica Y. Kobayasi  [in Japanese]

    YANG Baisong , CHENG Hangong , OHGA Shoji

    本研究では,ハナアブラゼミタケの子実体形成について,培地組成を中心に検討した.基本培地は白米(40g)を主材とし,コーンスティ-プリカー(0.2%),KH_2PO_4(0.2%)およびMgSO_4・7H_2O(0・05%)からなる混合溶液を添加して,300ml容三角フラスコに入れて培養した.基礎培地の白米5gをサナギ粉,フスマ,アワあるいはコーン粉に置き換えると原基形成が促進され子実体の発育も促進 …

    Mushroom Science and Biotechnology 15(4), 173-176, 2007

    J-STAGE  References (24)

  • Synthetic cultivation of Lyophyllum decastes on a combination of cattle livestock compost and corn cobs

    POKHREL Chandra Prasad , OHGA Shoji

    ハタケシメジ(Lyophyllum decastes)の菌糸体蔓延および子実体形成について,1年間(C-I)および5週間(C-II)堆積処理して調製した畜牛堆肥の菌床で試験した.それぞれコーンコブを1:1の割合で混合し,さらに種々の農産物由来の添加物を加えた.菌糸体蔓延,原基形成および子実体発生において,C-I基材に大麦粕を加えたものが最も優れ,続いてフスマ,米ヌ力,大麦粕の混合物(WRB),コー …

    Mushroom Science and Biotechnology 15(3), 123-128, 2007

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • Application of electric stimulation to mushroom production system  [in Japanese]

    OHGA S.

    Bio industry 23(12), 33-42, 2006-12

    Cited by (1)

  • The Stability of Laccase-Less Mutants Induced by the Preparation of Protoplasts and the Cell Fusion of Pleurotus abalones  [in Japanese]

    MIYAZAWA Noriko , EGUCHI Fumio , OHGA Shoji , SUDO Kenichi

    クロアワビタケの菌糸体からプロトプラストを調製し、ラッカーゼ活性の欠損した変異株を誘導した。またラッカーゼ欠損株間およびラッカーゼ欠損株と保有株間で個別電気融合を行いラッカーゼ欠損融合株を作出した。誘導されたラッカーゼ欠損株は、カルミン酸とRemazol brilliant blue Rの脱色活性も示さなかった。融合によって作出された二核菌糸のラッカーゼ欠損株は、子実体の形成能を有していた。このこ …

    Bulletin of Takasaki University of Health and Welfare 5, 47-52, 2006-03-30

  • クロアワビタケのプロトプラスト調製および細胞融合によって誘導されたラッカーゼ欠損株の安定性  [in Japanese]

    宮澤 紀子 , 江口 文陽 , 大賀 祥治 [他]

    Bulletin of Takasaki University of Health and Welfare (5), 47-52, 2006-03

  • Physico-chemical factors and nutritional requirements on vegetative growth of Lyophyllum decastes

    POKHREL Chandra Prasad , SUMIKAWA Shinya , MAE Masuo , IIDA Shigeru , OHGA Shoji

    ハタケシメジの菌糸蔓延での栄養要求性について,炭素源,窒素源および農産,畜産廃棄物について種々の培地形態で検討した.最適温度は25℃でpHは7.0であった.炭素源としてグルコース,窒素源としてポリペプトンが通しており,C/N比は50が最適であった.畜産堆肥は1年間の堆積処理物が4ヶ月や5週間のものに比べて優れていた.5種類の基材についてオガ粉やコーンコブを混合して,菌床で菌糸生育について検討した. …

    Mushroom Science and Biotechnology 14(4), 197-205, 2006

    J-STAGE  References (16)

  • Physiology and growth characteristic of Isaria sinclairii  [in Japanese]

    YANG Baisong , CHENG Hangong , OHGA Shoji

    ツクツクボウシタケの発生環境および栽培条件を検討した.8月から9月にかけて多く発生し,気温23.5-30℃,地温22.0-25.2℃,湿度64-96%.土壌含水率は30.5-32.8%であった.初発pH3.0-8.5の範囲で成長できることが確認され,pH5.5で極大値を示した.炭素源では,グルコースが最適で,窒素源としてはイーストエキスとペプトンの混合培地で最も菌糸体成長が良好であった.栽培試験で …

    Mushroom Science and Biotechnology 14(4), 191-196, 2006

    J-STAGE  References (23) Cited by (1)

  • Comparative analysis of two strains of Agaricus blazei fruiting bodies appearing in the same compost  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Hiroaki , EGUCHI Fumio , HIGAKI Miyato , OHGA Shoji

    ヒメマツタケ栽培において,同一菌床上に,従来から報告されている菌傘が褐色の子実体と,白色の子実体が同時に発生する現象が観察された.この白色子実体の発生要因について,光,覆土のpHおよび含水率の栽培環境から検討するとともに,成分分析および薬効評価により両者の差異を比較検討した.栽培環境の検討の結果,白色と褐色子実体において,光環境,覆土の含水率に差異は見られなかったが,覆土のpHには差異が見られた. …

    Mushroom Science and Biotechnology 14(3), 135-143, 2006

    J-STAGE  References (18) Cited by (1)

  • Effect of Agaricus blazei Spent Compost on the Eggplant Cultivation  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Hiroaki , EGUCHI Fumio , KAWAKAMI Seiki , HIGAKI Miyato , OHGA Shoji

    サトウキビ頂頭部茎葉を培地としたヒメマツタケ(Agaricus blazei Murri.)栽培後の廃菌床(Agancus blazei Spent Compost:ASC)をナス(筑陽)の基肥として連用した.土壌に連用した場合の土壌の化学性に対する悪影響は見られず,むしろ,リン酸やカリの過剰が改善された.根の乾燥重量は著しく増大しており,樹勢の向上,果実成長の増大が観察された.果実の成分は,ミネ …

    Mushroom Science and Biotechnology 14(2), 99-105, 2006

    J-STAGE  References (21)

  • Influence of Culture Medium Components on the Pharmacological Effects of Agaricus blazei  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Hiroaki , EGUCHI Fumio , HIGAKI Miyato , OHGA Shoji

    Journal of the Japan Wood Researh Society 51(6), 387-393, 2005-11-25

    References (30) Cited by (4)

  • Myxomycetes of the Kyushu University Forests (1)  [in Japanese]

    HARAKON Y. , LI Y. , OHGA S.

    九州大学農学部福岡演習林の照葉樹林において,2004年7月から11月にかけて広葉樹とスギ(Cryhptomeria japonica)の腐朽木に発生する変形菌類の生態を調査した。その結果,321個のコロニーが確認され,6目17属47種に分類された。樹種に対する選択性では,Cribraria tenella(アミホコリ)でスギを選択する傾向が推測された。発生の季節性に関しては,夏にはムラサキホコリ目 …

    Bulletin of the Kyusyu University Forests (86), 33-54, 2005-03

    IR  DOI  JASI  Cited by (1)

  • The Future of Mushroom Science  [in Japanese]

    OHGA Shoji

    Journal of the Japan Wood Researh Society 51(1), 55-57, 2005-01-25

    References (13)

  • The inhibitory effects of the fruit body hot water extracts of several mushroom species on the hypertension seen in the spontaneously hypertensive rats  [in Japanese]

    MIYAZAWA Noriko , EGUCHI Fumio , OHGA Shoji , SUDO Kenichi

    シイタケとハタケシメジの各子実体乾燥粉末及びマイタケ,マンネンタケ,シイタケの混合粉末(子実体乾燥重量比2:2:1)から調製した熱水抽出液を使用し,きのこの菌種の違いと混合することによる高血圧症の血圧への影響を検討した.試験には,自然発症高血圧ラットを用い,ヒト体重あたり5, 10, 15g/60kg/600ml/dayの抽出液をラット体重へ換算したものを13週齢から27週間経口投与した.40週齢 …

    Mushroom Science and Biotechnology 13(4), 181-187, 2005

    J-STAGE  References (21) Cited by (1)

  • 1 / 5
Page Top