灘本 知憲 NADAMOTO Tomonori

ID:1000060149523

滋賀県立大学人間文化学部 School of Human Culture, The University of Shiga Prefecture (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 21

  • 1 / 2
  • Changes in Food Items Because of Processing with Different Drying Methods  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Akiko , NISHI Rei , HIROSE Junko , URABE Kimiko , NADAMOTO Tomonori

    FDは,真空中で食品の共晶点以下の温度に保持しながら乾燥(昇華乾燥)する方法であるため,他の乾燥方法に比べ色,味,香り,ビタミン類,形状などの変化が少ないとされている。しかしながら,FDにおける有用成分の変化を数値として示すデータはほとんどない。そこで,パプリカ,ホウレンソウ,パセリ,ブロッコリー,およびサヤエンドウをFDし,ビタミンC含量,復元性,色についてADと比較した結果,以下の知見が得られ …

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 38(3), 169-176, 2012-05-31

    JASI  References (21)

  • [Review: Symposium on Amylases and Related Enzymes] Effects of α-Glucosyl Hesperidin on the Blood Circulation  [in Japanese]

    Takumi Hiroko , Nakamura Hiroyasu , Kamasaka Hiroshi , Kometani Takashi , Nadamoto Tomonori , Terao Junji , Kuriki Takashi

    ヘスペリジンは,柑橘類の果皮に多く含まれるフラボノイドで,多岐にわたる生理作用を有するものの水溶性が極めて低いために食品への利用に制限があった。われわれは,シクロデキストリン合成酵素により,ヘスペリジンにα-1,4結合でグルコースを転移させ,水溶性を高めた糖転移ヘスペリジンの生理活性に着目し,血流改善作用について研究を行ってきた。冷え性をモデルとした試験では,局部急速冷却負荷試験および全身緩慢冷却 …

    Bulletin of Applied Glycoscience 1(2), 186-193, 2011

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (21)

  • Growth Inhibition of Heterofermentative Lactic Acid Bacteria by Wild Grass Extracts

    ONO Kouki , URABE Kimiko , YABUSHITA Megumi , NADAMOTO Tomonori

    岐阜県岐阜市と滋賀県彦根市内に自生している93種の野草から熱水抽出物を調製し、2種のヘテロ型乳酸菌Lactobacillius brevis、Leuconostoc mesenteroidesに対する生育抑制効果を測定した。野草抽出物を1%(w/v)添加したMRS寒天平板培地に乳酸菌を接種し、嫌気下あるいは好気下で乳酸菌の生育状態を調べ、その生育の有無で生育抑制作用を判定した。この結果、15種の野 …

    Food preservation science 36(1), 23-27, 2010-01-29

    JASI  References (7)

  • Effect of Cocoa on Human Body Surface Temperature  [in Japanese]

    ARIYAMA Ai , MORI Yuka , INANO Miho , NADAMOTO Tomonori

    ココア摂取がヒト体表温を上昇させる影響を検討した.被験者は健康な女子学生(18-24歳)とし,体表温と抹消部の血流量を測定指標とした.測定は22℃±0.5℃,湿度50%±5%の恒温恒湿環境下,4通りの異なった条件で行った.結果は次の通りである.<BR>(1) 実験1では,60℃に加温されたピュアココア飲料による影響を,栄養組成を揃えた飲料,水と比較した.ピュ …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 56(12), 628-638, 2009-12-15

    J-STAGE  JASI  References (30) Cited by (2)

  • Deodorizing Effects of Wild Grass Extracts against Methanethiol

    URABE Kimiko , HIGASHI Rie , INADA Taki , MINAMINO Kanako , NADAMOTO Tomonori , ONO Kouki

    滋賀県彦根市内に自生している野草(26種類)の熱水抽出物について、悪臭物質のひとつであるメタンチオール(CH3SH)に対する消臭率を測定し、さらにメタノール抽出物の消臭率と比較検討した。消臭率は、ヘッドスペースガスを用いたガスクロマトグラフ法により残存するCH3SH量から求めた。その結果、熱水抽出物およびメタノール抽出物5.0mg添加により、それぞれ12種と11種の試料に、緑茶(熱水抽出物78.6 …

    Food preservation science 35(4), 171-177, 2009-07-31

    JASI  References (18)

  • Radical-Scavenging Activity of Wild Grass Extracts by Using 1,1-Diphenyl-2-picrilhydrazyl  [in Japanese]

    URABE Kimiko , SAKAI Kuniko , NADAMOTO Tomonori

    抗酸化性の高い野草を見いだすための予備的なスクリーニングとして,野草(44種)80%エタノール抽出液の1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl (DPPH)ラジカル消去活性を求めた.1)これらの野草(新鮮物1gあたり)は,α-トコフェロール相当量として8.5~499.8μmolのDPPHラジカル消去活性を示し,特にキジムシロ,フキ,コニシキソウ,オオイヌタデ,サナエタデ,オオニシ …

    Journal of home economics of Japan 59(11), 929-934, 2008-11-01

    NDL Digital Collections  References (19)

  • Growth Inhibition of Food Spoilage Bacteria by Wild-Grass Extracts

    ONO Kouki , URABE Kimiko , SUMIYOSHI Aya , NADAMOTO Tomonori , NISHIKAWA Yoshiyuki

    滋賀県彦根市内に自生している25種の野草からの熱水抽出物 (同一種の部位別を含め, 28試料) による<I>E. coli, S. aureus, B. subtilis, P. mirabilis</I>に対する生育抑制効果を測定した。1% (w/v) の試料を添加した寒天含有ブイヨン平板培地に菌を接種し, 菌の生育の有無で, 生育抑制効果 (抗菌力) を判定した。その結 …

    Food Preservation Science 32(6), 269-273, 2006-11-30

    J-STAGE  JASI  References (6)

  • Polyphenol Content in Wild Grasses by the Folin-Denis Assay  [in Japanese]

    URABE Kimiko , NADAMOTO Tomonori , TAIRA Naoko , TAO Momoko , NISHIKAWA Yoshiyuki

    Polyphenols distributed widely in vegetables, fruits and teas are likely to have beneficial effects on human health, because of their antioxidative, antimutagenic, and antitumor activities. The total …

    Journal of Home Economics of Japan 56(6), 405-408, 2005-06-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (18) Cited by (1)

  • Effect of Intake of Ginger on Peripheral Body Temperature  [in Japanese]

    FUJISAWA Fumiko , NADAMOTO Tomonori , FUSHIKI Tohru

    漢方で身体を温める効果があるといわれているショウガについて, ヒトを対象としてショウガ摂取後の体表温を中心とし, 生理機能に及ぼす影響を検討した。その結果, ショウガ水摂取後は対照の水摂取後と比較して, 額の体表温が有意に上昇した (<i>p</i><0.05)。ショウガ添加パン摂取後は対照のショウガ無添加パン摂取後と比較して, 額と手首の体表温が有意に上昇した (& …

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 58(1), 3-9, 2005-02-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (25) Cited by (5)

  • Growth Inhibition of Escherichia coli, Staphylococcus aureus and Bacillus subtilis by Wild Grasses Extracts  [in Japanese]

    URABE Kimiko , KITAO Sachiko , KOUYAMA Kayoko , NADAMOTO Tomonori , KAWAMURA Masasumi , NISHIKAWA Yoshiyuki

    滋賀県彦根市内に自生している野草を対象として抗菌力の有無を探索し,さらに抗菌活性を比較検討することにより,<i>E.coli,S.aureus,B.subtilis</i>に対する生育抑制効果の高い野草を見いだすことを目的として本研究を行った.<br>一定量の試料を含んだ1.5%(w/v)寒天含有ブイヨン平板培地に接種菌液を注入し,37°Cで20時間静置 …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 50(8), 350-355, 2003-08-15

    J-STAGE  References (25) Cited by (6)

  • Skipping Breakfast Alters Diurnal Cycle of Salivary Corticosteroids in Humans  [in Japanese]

    NADAMOTO Tomonori , FUJISAWA Fumiko , ITO Yosuke , IKEUCHI Ryuzo

    Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science. 56(2), 103-107, 2003-04-10

    Ichushi Web  References (27)

  • Deodorant Effect of Extracts from Wild Grasses against Methanethiol  [in Japanese]

    URABE Kimiko , NADAMOTO Tomonori , FURUTANI Masayo , TANAKA Yukari , YASUMOTO Kyoden

    野草 (17科42種) を対象として, 悪臭指標物質の一つであるメタンチオール (CH<sub>3</sub>SH) に対する消臭力の有無を検索し, さらにその消臭力の比較検討を行った。野草から得られたメタノール抽出物5mgについて, ヘッドスペースガスクロマトグラフ法によりCH<sub>3</sub>SHに対する消臭率を求めた。その結果, 約1/3 …

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 56(1), 23-27, 2003-02-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (24) Cited by (2)

  • Deodorization Activity of Wild Grasses against Methyl Mercaptan  [in Japanese]

    URABE Kimiko , NADAMOTO Tomonori , KAWAMURA Masasumi , YASUMOTO Kyoden

    著者らは,野草から新しい防臭あるいは消臭成分を見出すための予備的な探査研究として,特に身近に自生する20種類の野草について,悪臭指標物質であるCH<SUB>3</SUB>SHに対する消臭活性を求めた.消臭活性はCH<SUB>3</SUB>SHに対する消臭率をヘッドスペースガスクロマトグラフ法により求めた.それらの中で顕著な消臭活性を示したのは,タンポ …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 46(7), 484-486, 1999-07-15

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • Isolation of Methy Mercaptan-Producing bacter from Procine Small Intestine under Storage  [in Japanese]

    KAWAMURA Masazumi , NASAMOTO Tomonori , URABE Kimiko , HAYASHI Ken'ichi , YASUMOTO Kyoden

    ブタ小腸保存中の悪臭成分メチルメルカプタン (MM) を生産する嫌気性菌の分離を試みた。分離数が最も多く, かっMM産生能が最も高かったのは<I>Proteus mirabilis</I>であった。メチオニン添加による増菌培養でMM産生量は著しく促進された。このとき分離されたMM産生菌はすべて<I>P. mirabilis</I>であった。これらの結 …

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 50(2), 169-173, 1997-04-10

    J-STAGE  References (16)

  • Relation between Evolution of Offensive Odor and Microbial Flora during Storage of Procine Small Intestine  [in Japanese]

    NASAMOTO Tomonori , KAWAMURA Masazumi , URABE Kimiko , YASUMOTO Kyoden

    1) ブタ小腸を20℃に保存すると, 半日から1日後に特異的な悪臭が感じられた。このとき一般細菌, 酵母, 嫌気性菌, 乳酸菌, 大腸菌群のいずれもが増殖指数期にあった。主要な揮発性成分であるMMは半日後には, またエタノールは1日後以降に著しい発生量を示した。<BR>2) 新鮮ブタ小腸を高圧処理すると生菌数は激減し, その後の20℃下での保存において少なくとも1日間は新鮮な状態を維持 …

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 50(2), 161-167, 1997-04-10

    J-STAGE  References (12)

  • 集団給食における食塩量の検討(第2報)学校給食の場合  [in Japanese]

    藤沢 史子 , 灘本 知憲

    Scientific reports of Shiga Prefectural Junior College (49), 75-78, 1996-03

  • 学校給食における脂質関連の成分量と栄養指標の実態  [in Japanese]

    藤沢 史子 , 灘本 知憲

    Scientific reports of Shiga Prefectural Junior College (49), 69-73, 1996-03

  • 加工食品中のグルタミン酸ナトリウム含量とナトリウム定量法に及ぼす影響  [in Japanese]

    藤沢 史子 , 灘本 知憲

    The Japanese journal of nutrition 51(6), p333-339, 1993-12

  • 女子学生の食品,栄養素摂取量の実態  [in Japanese]

    藤沢 史子 , 灘本 知憲 , 大辻 房枝

    Scientific reports of Shiga Prefectural Junior College (44), p59-63, 1993-09

  • 入力方法を工夫した教育用栄養計算ソフトの試作  [in Japanese]

    灘本 知憲 , 藤沢 史子 , 岡本 秀巳

    Scientific reports of Shiga Prefectural Junior College (42), p79-85, 1992-09

  • 1 / 2
Page Top