山本 宏治 YAMAMOTO KOJI

ID:1000060182622

朝日大学歯学部口腔機能修復学講座歯冠修復学分野 Department of Operative Dentistry, Division of Oral Fubctional Sciences and Rehabilitation, Asahi University School of Dentistry (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 196

  • Development of Denture Coating Materials Including S-PRG Filler  [in Japanese]

    UEMATSU S , SAKU S , SAWADA T , HIGASHINO Y , NIGAURI A , HIGASHI H , YAMAMOTO K , MIYAO M

    日本補綴歯科学会誌. 特別号, 社団法人日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集 = Program and abstracts, the ... scientific meeting of Japan Prosthodontic Society 1(118), 214, 2010-08-16

    References (3)

  • Adsorption of Salivary Protein to Resin Composite Containing S-PRG Filler  [in Japanese]

    TAMURA Daisuke , SAKU Seitaro , YAMAMOTO Kohji , HOTTA Masato

    当教室ではこれまで酸反応性フッ素含有ガラスフィラー(S-PRGフィラー)を含む市販コンポジットレジン(ビューティフィル,松風)に対して抗プラーク性を確認した.その抗プラーク性には唾液成分が関与し,レジン表面に形成される構造物を元素分析したところ,S-PRGフィラーの主要組成であるAl,Si,Srが検出された.そこで本研究では,S-PRGフィラー含有コンポジットレジン(S-PRGレジン)と抗プラーク …

    The Japanese Journal of Conservative Dentistry 53(2), 191-206, 2010

    J-STAGE  Ichushi Web  References (31) Cited by (2)

  • Present Status of Mouthguard Manufacture by Members of Gifu Dental Conference of Sports and Health Promotion  [in Japanese]

    ADACHI MASATAKA , MATSUMURA YASUMASA , OKADA TOYOSHI , TAKAGI MIKIMASA , YAMAUCHI MUTSUO , MIYAO MOTONOBU , YAMAMOTO KOJI , IINUMA MITSUO , TAMURA YASUO , TAKAI YOSHIAKI

    われわれは、岐阜県におけるマウスガード製作の現状を知る目的で、岐阜県スポーツ・健康づくり歯学協議会会員におけるマウスガード製作の現状についてアンケート調査を行った。岐阜県スポーツ・健康づくり歯学協議会会員136名を対象にマウスガード製作に関するアンケート調査を行った。調査内容は、マウスガードの1年間の装着数、マウスガードの価格などである。59名から回答が得られた。マウスガードの年間装着数は平均1. …

    The journal of Gifu Dental Society 36(1), 39-42, 2009-06-20

  • Anterior Mandibula Positioning Device (AMP) for Patients with Obstrucive Sleep Apnea Syndrome (OSAS)  [in Japanese]

    MATSUBARA MAKOTO , OHTA TAKAHISA , EHARA YUICHI , HOSOHARA MASATOSHI , OGAWA MASAYUKI , TAMURA DAISUKE , KURENUMA AYUMI , MURAMATSU YASUNORI , YAMAMOTO KOHJI , SHIKIMORI MICHIO

    現在、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(Obstractive Sleep Apnea Syndrome:OSAS)の治療方法選択枝の一つとして、口腔内装置は重要な位置づけにある。しかし、本邦において適応や治療成績に関する報告は未だ乏しい。今回、我々は口腔内装置の治療効果について、下顎前方固定型スリープスプリント装着前後の、睡眠1時間当たりの無呼吸の指数、睡眠1時間当たりの低呼吸の指数、睡眠1時間当たりの …

    The journal of Gifu Dental Society 36(1), 16-20, 2009-06-20

    IR 

  • Discrimination of Three Kinds of Adhesive Nanofibers on Acinetobacter sp. Tol 5 Cells by the Improved Negative-staining Method  [in Japanese]

    樋口 愛介 , 堀田 康明 , 山本 宏治 [他]

    医学生物学電子顕微鏡技術学会誌 = Journal of electron microscopy technology for medicine and biology 23(1), 9-14, 2009

    Ichushi Web 

  • The Application of Glass Filler with Fluorine to Tooth Coating Materials  [in Japanese]

    IDONO Taizou , SAKU Seitaro , YAMAMOTO Kohji

    本研究の目的は,S-PRGフィラーを含有する歯面コート材を試作し,物性,抗プラーク性および生体親和性などについて検討することである,本実験には,酸反応性フッ素含有ガラスフィラーであるS-PRGフィラーを含有する歯面コート材(BW)および比較市販製品として,ホワイトコート(WC)を用いた.なお,BWに関しては,表層に生じた未重合層を除去する目的で業者指定の表面処理材であるグロスエフェクトを塗布後,再 …

    The Japanese Journal of Conservative Dentistry 52(3), 237-247, 2009

    J-STAGE  Ichushi Web  References (36) Cited by (4)

  • Carbonate apatite coatings on Ti implants  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Y. , YAMAMOTO K. , DOI Y.

    Journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices 27(5), 356, 2008-09-25

    Ichushi Web 

  • Bacterial Adhesion to Coating Materials Including S-PRG Filler  [in Japanese]

    UEMATSU S , SAKU S , SCOUGALL R , SAWADA T , HIGASHINO Y , NIGAURI A , YAMAMOTO K , MIYAO M

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 52(117), 191, 2008-06-06

    References (3)

  • Effect of Catechin on Oral Bacterium  [in Japanese]

    KUSAKABE Shusuke , TAMURA Daisuke , SAKU Seitaro , HOMMA Fumimasa , MURAMATSU Yasunori , OHASHI Shizue , YAMAMOTO Kohji

    日本歯科保存学雑誌 51, 108, 2008-05-07

    Ichushi Web  References (1)

  • Tooth coating materials surface roughness : comparison of contact stylus and electron beam surface roughness analyzer  [in Japanese]

    ITO Chisa , KOTAKE Hirotomo , SAKU Seitaro , HOTTA Masato , YAMAMOTO Kohji

    日本歯科保存学雑誌 51, 66, 2008-05-07

    Ichushi Web 

  • Biological effects of tooth coating materials  [in Japanese]

    SAKU Seitaro , ITO Noriaki , UEMATSU Shinsuke , ITO Chisa , KOTAKE Hirotomo , HOTTA Masato , MIYAO Motonobu , YAMAMOTO Kohji

    日本歯科保存学雑誌 51, 51, 2008-05-07

    Ichushi Web 

  • P-76 Chemical deposition of carbonate apatite coatings on Ti substrate with sulfurized SAM : 5. Distribution of CA and P in precipitating layer useing XPS  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Y. , YAMAMOTO K. , DOI Y.

    Journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices 27(2), 227, 2008-03-31

    Ichushi Web 

  • P-58 Properties of apatite cement containing tit anium phosphate  [in Japanese]

    KAMEMIZU H. , SAKU S. , IIJIMA M. , WAKAMATSU N. , ADACHI M. , DOI Y. , YAMAMOTO K.

    Journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices 27(2), 209, 2008-03-31

    Ichushi Web 

  • Mechanical Properties of Different Bonding Agents  [in Japanese]

    ICHIMURA Takashi , HOTTA Masato , KOTAKE Hirotomo , YAMAMOTO Koji

    ボンディング材が口腔内で安定して接着していくためには十分な強度が求められる.特に,臼歯部でもコンポジットレジンが多く用いられるようになったため,今まで以上にその強度が求められるようになっている.ボンディング材は基本的にフィラー,レジンモノマー,触媒,その他からなる.しかし,ボンディング材の組成は製品により異なっており,その組成の詳細は公表されていないため,組成と強度との関係について相互に比較検討す …

    The Japanese Journal of Conservative Dentistry 51(4), 379-395, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web  References (40) Cited by (5)

  • Anti-plaque of New Fluoride Release Adhesion System  [in Japanese]

    YOSHIDA Koji , SAKU Seitaro , OHASHI Shizue , YAMAMOTO Kohji

    本研究では,新規フッ化物徐放性接着システムの抗プラーク性と唾液タンパクとの関係を検討した.供試材料としては酸反応性フッ化物含有ガラスフィラー配合のSI-R20401を用いた.また,対照群としてはMega-BondおよびG-Bondを用いた.まずはじめに,口腔内(上顎第一大臼歯頬側)に12時間装着した後,試料表面を走査電子顕微鏡で観察し,抗プラーク性を検討し,また,RIでラベルした口腔内常在菌である …

    The Japanese Journal of Conservative Dentistry 51(5), 493-501, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web  References (26) Cited by (3)

  • Thin film sticking strength of bonding resins  [in Japanese]

    HOTTA Masato , KOTAKE Hirotomo , SAKU Seitaro , KUSAKABE Shusuke , MURATA Yuki , YAMAMOTO Kohji

    接着歯学 = Adhesive dentistry 25(2), 118, 2007-10-31

    Ichushi Web 

  • Effects for Implant Surface Properties of LIPUS Irradiation  [in Japanese]

    YONEDA MASASHI , TAKAGI KOHTA , ITO NORIAKI , KAJIMOTO TADAMORI , TAKEUCHI HIROSHI , YAMAMOTO KOHJI

    歯インプラント治療の治療期間短縮を目的とする基礎的研究の一環として、インプラント体の表面性状が新生骨の形成に与える影響、さらにそこに低出力超音波パルス(LIPUS)照射を応用した場合の影響を観察した。インプラント体周囲の骨組織形成量を組織形態的に計測するために、独自に設計したチタンインプラント体(骨計測用インプラント体)を作製した。全身的および口腔内に異常を認めない、生後約1年のビーグル犬を用いた …

    The journal of Gifu Dental Society 34(2), 64-71, 2007-10-20

    IR 

  • Mechanics of Implant Body Against Occlusal Force -The Influence of Occlusion with an Implant-Supported Prothesis on Jawbone and the Body-  [in Japanese]

    SUGIMURA TADATAKA , FUJIMO TOMASAKO , WAKAKI KENSUKE , KAJIMOTO TADATOSHI , TAKEUCHI HIROSHI , DOI YUTAKA , KURACHI MASAKAZU , YAMAMOTO KOHJI , MIYAO MOTONOBU , FUJIWARA SHUU , SHIBUTANI TOSHIAKI , OTOMO KATSUYUKI , KASHIMATA MASANORI , ISOZAKI ATSUNORI , KANEMATSU NOBUTAKE , NAGAHARA KUNITERU

    近年、固定式補綴治療法として歯科インプラント治療が臨床応用されてきている。支台としてのインプラント体の物性についの研究は著しい発展をしてきたが、インプラント補綴治療と生体との関連についての研究はいまだ十分になされていない。すなわち、天然歯は歯根膜によって咬合力や咀嚼力を緩衝するが、インプラントで補綴された上部構造物は負荷された力を緩衝する方法を顎骨の粘弾性や筋に依存せざるを得ない。このことは、顎骨 …

    The journal of Gifu Dental Society 34(2), 34-40, 2007-10-20

    IR 

  • Evaluation of surface property of light-cured tooth coating materials  [in Japanese]

    ITO Chisa , KOTAKE Hirotomo , SAKU Seitaro , HOTTA Masato , YAMAMOTO Kohji

    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 50, 98, 2007-10-05

    Ichushi Web 

  • Bacterial Adhesion to Coating Materials Including S-PRG filler  [in Japanese]

    TAMURA Daisuke , KUSAKABE Syuusuke , SAKU Seitarou , SCOUGALL Rogelio , HOTTA Masato , YAMAMOTO Kohji

    日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY 50, 63, 2007-10-05

    Ichushi Web 

Page Top