志村 和紀 SHIMURA Kazunori

ID:1000060187474

北海道大学大学院 工学研究科 (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 28

  • 1 / 2
  • Influence of Scaling Resistance on Frost Damage of Porous Concrete  [in Japanese]

    NAKAMURA Takuro , HORIGUCHI Takashi , SHIMURA Kazunori , ISHII Tuyoshi

    Concrete research and technology, Japan Concrete Institute 21(1), 63-72, 2010-01-25

    References (23)

  • Study on frost resistance of porous concrete for river protection  [in Japanese]

    NAKAMURA Takuro , HORIGUCHI Takashi , SHIMURA Kazunori

    近自然型工法による河川護岸の材料としてポーラスコンクリートが注目されているが,施工歴が浅く耐久性に関する研究及び長期的な調査報告例が少ない。本研究ではポーラスコンクリートの耐凍害性を把握する目的で寒冷地に施工されたポーラスコンクリート河川護岸ブロックに対し調査を行うとともに,同配合の供試体による各種凍結融解試験を行った。これらの結果より同護岸ブロックは顕著な劣化もなく耐凍害性を保持していることを確 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(2), 313-318, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Chloride penetration and water permeability of fiber reinforced concrete under compressive stress  [in Japanese]

    迫井 裕樹 , 下田 光輝 , 志村 和紀 [他] , 堀口 敬

    コンクリート構造物の耐久性に関する要因の多くは,物質移動(水分,気体およびイオン)と関連している。特にイオンの浸透・拡散は,硬化体中における水の移動と関連性が高いことが知られている。応力が作用したコンクリート内部は,ひび割れが生じており,物質移動は応力が作用しない状態とは異なると考えられる。これまでに応力作用下における塩化物イオンの浸透性について,実験的検討を行ってきたが,ここでは同様に応力作用が …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 1029-1034, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Fracture energy of hybrid fiber reinforced high strength concrete under high temperature condition

    SUHAENDI Soften L. , WATANABE Kazuo , SHIMURA Kazunori , HORIGUCHI Takashi

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 387-392, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Study on fracture toughness of hybrid fiber reinforced high strength concrete at high temperature  [in Japanese]

    渡辺 一郎 , SUHAENDI Sofren Leo , 堀口 敬 [他] , 志村 和紀

    高強度コンクリートでは爆裂対策としてポリプロピレン繊維の混入が有効であることが指摘されている。しかしながら繊維の溶融のため火災時の破壊靭性向上は難しい。そのため,ポリプロピレン繊維と鋼繊維を組み合わせたハイブリッド繊維による破壊靭性の確保が提案されている。本研究では,高強度繊維補強コンクリートの破壊エネルギー試験を行い,加熱時における特性と残存特性を評価した。その結果,ハイブリッド繊維による破壊靭 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 339-344, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Chloride penetration into short fiber reinforced concrete under tensile loading condition  [in Japanese]

    迫井 裕樹 , 堀口 敬 , 志村 和紀

    本研究では,引張荷重が短繊維補強コンクリートの塩化物イオン浸透性に及ぼす影響を電気泳動法(非定常状態)により,実験的に検討を行った。本研究の結果より,引張荷重の増加に伴い,拡散係数が増加すること及び短繊維を混入することにより,拡散係数変化率を抑制する傾向にあることが把握された。

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 947-952, 2006

    NDL Digital Collections 

  • Non-destructive test of heated fiber reinforced high strength concrete

    SUHAENDI Soften L. , SHIMURA Kazunori , HORIGUCHI Takashi

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 407-412, 2006

    NDL Digital Collections 

  • 委員会報告 自然環境下のコンクリート性能評価研究委員会の活動  [in Japanese]

    佐伯 昇 , 浜 幸雄 , 志村 和紀 [他] , 冨板 崇 , 松下 博通 , 米倉 亜州夫 , 湯浅 昇 , 久田 真

    本研究委員会では,1991年に暴露を開始した全国共通暴露試験体の12年目のデータ測定とその結果の検討を行うとともに,暴露試験マニュアルを作成し,新たな暴露試験を開始した。また,全国の気象データを解析しコンクリート温度の毎時推定値のデータベースを作成し,寒冷環境,塩分環境,土壌環境,アル骨・複合劣化環境におけるコンクリート性能評価に適用を試みるとともに,最近の研究動向の整理を行った。なお,本年6月1 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 19-28, 2005

    NDL Digital Collections 

  • 2-102 Education of Engineering Ethics and JABEE  [in Japanese]

    SAEKI Noboru , HORIGUCHI Takashi , SHIMURA Kazunori

    Proceedings of Annual Conference of Japanese Society for Engineering Education 2005(0), 20-21, 2005

    J-STAGE 

  • BENDING STRENGTH OF THE BEAM WITH PRESTRESS BY USING CONTINUOUS FIBER SHEET AT THE BOTTOM SURFACE OF RC BEAM  [in Japanese]

    KURITA Koji , TSUBOKAWA Shota , SHIMURA Kazunori , SAEKI Noboru

    セメント・コンクリート論文集 55, 580-586, 2002-02-25

    References (5)

  • WATER PERMEABILITY OF CONCRETE REINFORCED WITH LONG AND SHORT STEEL FIBERS UNDER DRY-WET CHLORIDE EXPOSURE  [in Japanese]

    HORIGUCHI Itaru , SAEKI Noboru , HORIGUCHI Takashi , SHIMURA Kazunori

    セメント・コンクリート論文集 55, 539-544, 2002-02-25

    References (7)

  • TEST FOR FREEZE-THAW RESISTANT OF POROUS CONCRETE  [in Japanese]

    WANG Zhenyu , ALIGA Yuuki , SHIMURA Kazunori , SAEKI Noboru

    セメント・コンクリート論文集 55, 444-449, 2002-02-25

    References (4)

  • 長さの異なる鋼繊維を混入したコンクリートの水密性  [in Japanese]

    堀口 至 , 佐伯 昇 , 堀口 敬 , 志村 和紀

    長さの異なる鋼繊維4種類を用いて,単一で混入した単一繊維補強コンクリート(SC)と2種類組合せて混入したハイブリッド繊維補強コンクリート(HC)について水密性の検討を行った。長さ30,12mmの雛を長繊維,長さ6,3mmの繊維を短繊維と分類すると,試験結果よりコンクリートの水密性向上に対して長繊維より短繊維の方が効果的である事が分かった。HCにおいては,2種類の繊維を組合せることによって組合せによ …

    コンクリート工学年次論文報告集 23(2), 223-228, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (5)

  • Bond Strength between Concrete and the Continuous Fiber Sheet with Applying Compressive Pressure  [in Japanese]

    KURITA Koji , SHIMURA Kazunori , HORIGUCHI Takashi , SAEKI Noboru

    連続繊維シートとコンクリートとの付着耐力の向上は,連続繊維シートを有効な補強材として活用するために重要である。付着耐力向上の一手法として,連続繊維シート表面に加圧力を与えることにより,付着耐力が向上することを述べたものである。付着耐力は連続繊維シートの目付量が大きいものほど大きく,加圧力が大きいものほど付着耐力の向上が得られた。また付着耐力は連続繊維シートの引張剛性の平方根に比例する結果が得られた …

    コンクリート工学年次論文報告集 23(1), 811-816, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (7)

  • IMPROVEMENT OF BOND STRENGTH BETWEEN CONCRETE AND CONTINUOUS FIBER SHEET BY APPLYING PRESSURE  [in Japanese]

    KURITA Koji , SHIMURA Kazunori , SAEKI Noboru , HORIGUCHI Takashi

    セメント・コンクリート論文集 54, 454-461, 2001-02-10

    References (7)

  • WATER PENETRATION TEST FOR CONCRETE REINFORCED WITH NORMAL AND SHORT STEEL FIBER  [in Japanese]

    HORIGUCHI Itaru , SAEKI Noboru , SHIMURA Kazunori , ABA Minoru

    セメント・コンクリート論文集 54, 432-437, 2001-02-10

    References (6) Cited by (1)

  • A Study on Bond Improvement of Cotinuous Fiber Sheet Bonded on Concrete  [in Japanese]

    KURITA Koji , SHIMURA Kazunori , HORIGUCHI Takashi , SAEKI Noboru

    連続繊維シート(以下FRPシートという)をコンクリート表面に接着補強する際,FRPシートの高強度特性をより活かすためには,FRPシートとコンクリートとの付着力の向上が重要であると考える。本研究では,付着力向上の一手法としてFRPシート表面に圧縮力を作用(FRPシート表面に等分布荷重を与える)させることにより,コンクリートとFRPシートとの付着力が向上することを調べたものである。付着力の試験として一 …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(3), 307-312, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (3) Cited by (1)

  • Deformation and Deterioration Behavior of HSC under Elevated Temperature  [in Japanese]

    TAKANO Tomohiro , SIMURA Kazunori , HORIGUCHI Takashi , SAEKI Noboru

    高温下におけ高強度コンクリートの挙動は普通強度のコンクリートとは異なり爆裂などの特異な現象が起こることが指摘されており1)メカニズムの解明が必要とされている。本報告では高温下(600℃)における高強度コンクリートの変形と劣化挙動について検討を行ったものである。供試体は混和材の種類,混和材の量,含水率,水セメント比を変化させ耐熱性に与える影響を検討した。その結果,加熱すると溶融する混和材,低い水セメ …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 967-972, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (4)

  • Water Penetration of Concrete Reinforced with Normal and Short Steel Fiber  [in Japanese]

    HORIGUCHI Itaru , SAEKI Noboru , HORIGUCHI Takashi , SHIMURA Kazunori

    長短の繊維で補強したハイブリッド繊維補強コンクリート(HFRC)の水密性を検討するためにアウトプット法,インプット法の透水試験を行った。アウトプット法においては中空円筒形供試体を用いた透水試験を行い,インプット法においてはDIN 1048に基づく透水試験を行った。試験結果より,水密性の高いコンクリートに対するアウトプット法の透水試験は実験データが取りにくくインプット法が有効であることが分かった。ま …

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 313-318, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (8)

  • CALCULATION FOR DEFORMATION AND ULTIMATE STRENGTH OF REINFORCED CONCRETE MEMBERS UNDER TORSION IN CONSIDERING EFFECTIVE COVER THICKNESS  [in Japanese]

    SHIMURA Kazunori , SAEKI Noboru

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 599, 81-90, 1998-08-20

    References (16)

  • 1 / 2
Page Top