古岡 秀文 FURUOKA Hidefumi

ID:1000060238665

帯広畜産大学畜産学部 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 58

  • 1 / 3
  • Comparison of Clinicopathological Findings of Idiopathic Hydropericardium Characterized by Blood-Like Fluid and Pericarditis in Dairy Cattle  [in Japanese]

    INOKUMA Hisashi , AOKI Takahiro , YAMAKAWA Kazuhiro , TAKEUCHI Toshihiko , MATSUMOTO Kotaro , ISHII Mitsuo , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi

    病理学的に血様液貯留を特徴とする特発性心囊水腫と診断された乳牛8症例(血様心囊水貯留群)の臨床病理学的検査所見を回顧的に取りまとめ,心膜炎7症例(心膜炎群)の所見と比較した.血様心囊水貯留群では冷性浮腫を呈する症例が心膜炎群に比べて多かったが,その他の臨床症状には両群で差がなかった.心エコー検査では血様心囊水貯留群では,心膜炎でみられる心囊内の顕著なフィブリン析出はなかった.血液及び生化学検査では …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 65(6), 436-440, 2012-06-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8)

  • Experimenntal Study on Computed Radiographic Diagnosis of Pneumonia in Calves  [in Japanese]

    UEGAKI Kaho , LEE Ki-Ja , SASAKI Naoki , ISHII Mitsuo , FURUOKA Hidefumi , HIROKAWA Kazuo , NARISAWA Akinori , YAMADA Kazutaka

    動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 20(3), 77-81, 2011-09-30

    Ichushi Web  References (9)

  • Post-Renal Failure with Severe Masculinization of Urogenital Organs in a Japanese Brown Freemartin  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Kaoru , EBINA Chihiro , TAKAHASHI Eiji , FURUOKA Hidefumi , MATSUMOTO Kotaro , MATSUI Motozumi , MIYAKE Yo-ichi , INOKUMA Hisashi

    排尿異常を認める21カ月齢の褐毛和種フリーマーチン肥育牛が,臨床的に水腎症および腎不全と診断された. 病理学的検査において,泌尿生殖器の重度雄性化,腎膿瘍および尿路結石が明らかとなった. 本症例は異常な尿道形態から尿路感染症と尿石症を継発し,最終的に腎後性腎不全に陥ったまれなフリーマーチン症例である.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(9), 702-705, 2010-09-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8)

  • Purulent Necrotic Dislocation of the Hip Joint Associated with Umbilical Infection in a Foal

    MAGATA Fumie , ISHII Mitsuo , OIKAWA Eri , FURUOKA Hidefumi , YAMADA Kazutaka , SASAKI Naoki , SHIMIZU Syo , INOKUMA Hisashi

    Journal of equine science 21(2), 17-20, 2010-06-01

    Ichushi Web  References (8)

  • 帯広畜産大学における公開総合臨床学実習の概要  [in Japanese]

    石井 三都夫 , 佐々木 直樹 , 山田 一孝 [他] , 松井 基純 , 羽田 真悟 , 松本 高太郎 , 古岡 秀文 , 古林 与志安 , 猪熊 壽 , 三宅 陽一

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(3), 171-173, 2010-03-20

    IR 

  • Diagnostic Imaging of Congenital Microphthalmia in a Thoroughbred Foal  [in Japanese]

    OTSUKA Kenji , SASAKI Naoki , YAMADA Kazutaka , KAMIO Kyohei , HURUOKA Hidehumi , YOSHIDA Masato , YAMADA Haruo

    サラブレッド種の子馬に,出生時より両眼球の形成異常が認められた.超音波検査では,角膜および水晶体などの眼球構造が不明瞭であり,硝子体腔に等エコー像が観察された.Computed tomography(CT)検査では,硝子体腔に高CT 値を示す組織が散見された.肉眼的には水晶体欠損および瞳孔上の乳白色結節が確認された.組織学的検査により,水晶体,硝子体,脈絡膜,網膜などの正常眼球組織の欠損と,軟骨や …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(11), 871-874, 2009-11-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (7)

  • Bovine Leukosis with Hind Limb Paresis due to Direct Invasion of Intra-Abdominal Neoplastic Tissue to the Vertebral Canal  [in Japanese]

    MATSUYAMA Yuuki , KAMIO Kyouhei , MURAKAMI Tomoaki , SHIMODA Takashi , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , MATSUMOTO Kohtaro , INOKUMA Hisashi

    5歳6カ月齢ホルスタイン種乳牛が,後躯麻痺による起立不能を呈した.浅頸リンパ節の腫大と直腸検査による腫瘤の触知から牛白血病を疑ったが,血液検査とリンパ節の針吸引生検では確定診断できなかった.剖検では,60×40×20cm 大の多結節性腫瘤が背側の腹腔壁に接して存在していた.腫瘍組織は腸腰筋に浸潤し,一部は第5および第6腰椎椎間孔より脊柱管内に連続的に波及し,脊髄および脊髄神経根を圧迫していた.腫瘍 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(9), 713-716, 2009-09-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (15) Cited by (1)

  • Ependymoblastoma in a Holstein Heifer  [in Japanese]

    TAGAWA Michihito , TANI Natsumi , KAJIWARA Ayano , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , MATSUI Takamine , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi , MATSUMOTO Kohtaro

    10カ月齢のホルスタイン種雌育成牛が急性に斜頸,旋回,後弓反張,意識混濁の症状を呈した. 大脳皮質壊死症を疑い,ビタミンB<sub>1</sub>製剤,コルチコステロイドおよび抗生物質による治療を実施したが反応せず,予後不良と判定された. 病理解剖により小脳に直径3.5cm大の腫瘤が確認され,左右側脳室および中脳水道の拡張がみられた. 本症例は小脳腫瘍による周辺部の圧迫およ …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(8), 636-639, 2009-08-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (9) Cited by (1)

  • Bilateral Nodular Lipogranulomatous Conjunctivitis in a Young Adult Cat  [in Japanese]

    FUNATO Shingo , KOBAYASHI Yoshiyasu , HIROKAWA Haruki , FURUOKA Hidefumi , MATSUI Takane

    雄の若成猫(3歳9カ月齢)の両側上眼瞼結膜に同時に発生した腫瘤を病理学的に検索し,両側性結節性脂肪肉芽腫性結膜炎と診断した. 右側腫瘤は直径約7mm 大,左側腫瘤は直径約5mm 大で,乳白色表面滑沢であった. 組織学的に,これら腫瘤はいずれも結合組織層における,種々の量の脂肪空胞/空隙を細胞質に持つ多核巨細胞およびマクロファージを主体とする炎症性細胞の集簇と,細胞外遊離脂質から成っていた. しかし …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(6), 473-475, 2009-06-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (4)

  • Caudal Vena Cava Thrombosis with Thrombi in Right Atrial Chamber in a Heifer  [in Japanese]

    INOKUMA Hisashi , JI Lintai , SHIMODA Takashi , TOGASHI Yoshihiko , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , SATHO Motoyoshi , ISHII Mitsuo

    1歳10カ月のホルスタイン種育成雌牛が,初診時食欲不振,削痩,チアノーゼ,肺音粗励,発咳等の症状を呈した.さらに第14病日には頻脈,頸静脈拍動等の循環器症状が認められた.血液および血液生化学検査により慢性炎症像が,また心エコー検査により右心房内に三尖弁と付着しない高エコー占拠性病変が観察された.本症例は病理解剖により後大静脈血栓症と診断されたが,血栓が心臓内において描出されたまれな症例と思われた.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(5), 376-378, 2009-05-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (10)

  • Immunohistochemical study on the localization of normal prion protein in the nerve, adrenal gland, lymphatic tissue, intestine, and skeletal muscle of the mouse  [in Japanese]

    村林 宏 , 関川 三男 , 古岡 秀文 [他] , 大森 行雄

    本研究では、プリオン蛋白 (prion protein: PrP) の体内感染経路を検討するために、4種類のPrP (AB5058、B103、SAF32、8G8) 抗体を用いて正常マウスの大脳、副腎、脾臓、消化管、筋肉組織で免疫染色を行いPrPの局在を調べた。また、各抗体の至適条件を検索した。その結果、免疫染色の前処理として組織のオートクレーブ処理が不可欠であった。また、4種類のPrP抗体では、B …

    Journal of Japanese Red Cross Hokkaido College of Nursing 9, 1-7, 2009-03

    IR 

  • Blood-Like Pericardial Fluid with Unilateral Pleural Effusion in a Dairy Cow  [in Japanese]

    YAMAKAWA Kazuhiro , SUGISAKI Giichi , TAI Jilin , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , SASAKI Naoki , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    2歳5カ月齢ホルスタイン雌乳牛が胸垂冷性浮腫,頸静脈拍動を呈し,心音聴取困難および心電図各波低電位所見から拡張型心筋症が疑われた.右胸腔には赤色変性性漏出液が多量に貯留しており,また超音波検査により心囊水貯留を認めた.病理解剖の結果,心囊は直径60cm大に腫大して血様心囊水の貯留を認めたが,炎症あるいは腫瘍は認められず,血様心囊水貯留の原因については不明であった.ただし右肩部に壊死巣を認めたことか …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(1), 49-51, 2009-01-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • Three Cases of Atypical Bovine Leukosis in Holstein Cows  [in Japanese]

    TAGAWA Michihito , SHIMODA Takashi , TOGASHI Yoshihiko , WATANABE Yuki , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    体表リンパ節の腫脹, 末梢血中における異型リンパ球出現を伴うリンパ球数の著増などの典型的な牛白血病症状を示していなかったことから, それぞれアミロイドーシス, 胸膜炎, 心疾患が疑われた3頭のホルスタイン種乳雌牛を病理解剖したところ, いずれも牛白血病と診断された. 血液検査および身体検査において著変が観察されない場合でも, 難診断時には鑑別診断リストに牛白血病を加えるべきであると考えられた.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 61(12), 936-940, 2008-12-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11) Cited by (3)

  • Cultivation and Characterization of Lawsonia intracellularis Isolated from Rabbit and Pig

    WATARAI Masahisa , YOSHIYA Masahiro , SATO Akane , FURUOKA Hidefumi

    家畜および実験動物における増殖性腸炎は偏性細胞内寄生菌であるLawsonia intracellularisによって引き起こされる。本研究では培養細胞を用いた菌の継代方法を改良し、ウサギおよびブタ由来のL. intracellularisは異なる抗原性を持つことを示した。感染による宿主細胞死を細胞培養液中のLDH活性の測定により検出し、細胞死の直前に菌の継代を行うことにより継代効率の上昇が示された …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(7), 731-733, 2008-07-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11)

  • Regulated upon Activation Normal T-Cell Expressed and Secreted (RANTES) Contributes to Abortion Caused by Brucella abortus Infection in Pregnant Mice

    WATANABE Kenta , IWAI Natsumi , TACHIBANA Masato , FURUOKA Hidefumi , SUZUKI Hiroshi , WATARAI Masahisa

    ブルセラ属菌の感染により、家畜などの動物で流産が起こるが、その詳細な発生メカニズムについては不明な点が多い。本研究では、妊娠マウスを用いた実験系により、ケモカインの一種であるRANTESの動態と、Brucella abortus感染による流産との関連性について検討した。既に流産との関連性が報告されているIFN-γに着目し、妊娠させたIFN-γノックアウトマウスにB. abortusを感染させたとこ …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(7), 681-686, 2008-07-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (35) Cited by (1)

  • Proliferative Enteropathy Involving Lawsonia intracellularis Infection in Rabbits (Oryctlagus cuniculus)

    HORIUCHI Noriyuki , WATARAI Masahisa , KOBAYASHI Yoshiyasu , OMATA Yoshitaka , FURUOKA Hidefumi

    下痢を呈したウサギ5羽を病理学的に検索した。粘膜上皮の過形成と主にマクロファージの浸潤によって病変部粘膜は肥厚しており、Warthin-Starry染色および電子顕微鏡的検索により、病変部では多数の彎曲した桿菌様細菌が上皮細胞とマクロファージの細胞質内に観察された。PCR法によりLawsonia intracellularisに特異的なDNA断片を検出したことから、L.intracellulari …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(4), 389-392, 2008-04-25

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (12)

  • Frequencies of PrP Genotypes in Meat Breeds of Japanese Sheep and Trail of Selective Breeding in Experimental Sheep Flock

    OHARA Jiro , TOGARI Tetsuro , KUROKAWA Aya , MAEDA Junko , ISHIGURO Naotaka , FURUOKA Hidefumi , HORIUCHI Motohiro

    スクレイピーに抵抗性のPrP遺伝子型を有するヒツジの選抜は、反芻動物の伝達性海綿状脳症の制圧対策の一つである。日本における肉用種のヒツジのPrP遺伝子型を調査した結果、主要な肉用種であるサフォーク種の約半数はスクレイピー感受性のAQ/AQもしくはAQ/VQ遺伝子型を有していた。また、スクレイピー高感受性を付与するVQハプロタイプがポールドーセット種でも認められた。スクレイピー抵抗性のPrP遺伝子型 …

    Journal of Veterinary Medical Science 69(12), 1325-1329, 2007-12-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (20)

  • Pancytopenia with Bleeding Tendency Associated with Bone Marrow Aplasia in a Holstein Calf

    SHIMADA Asuka , ONOZATO Tomoya , HOSHI Eriko , TOGASHI Yoshihiko , MATSUI Motozumi , MIYAKE Yoh-Ichi , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , MATSUI Takane , SASAKI Naoki , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    発熱と多呼吸を呈する11日齢ホルスタイン種子牛を診察した。抗生物質と非ステロイド系抗炎症剤による治療は奏功しなかった。第5病日に全身各所に重度の出血を認めた。血液検査では重篤な汎血球減少症が認められ、第11病日に注射部位からの出血を呈して死亡した。病理解剖により骨髄低形成による汎血球減少症が明らかとなった。先天的な異常が本症例の骨髄低形成性汎血球減少症の原因であることが疑われた。

    The journal of veterinary medical science 69(12), 1317-1319, 2007-12-25

    JASI  Ichushi Web  References (13)

  • 難診断感染症診断法確立を目指した新しい産業動物臨床教育研究システムの構築 (プロジェクト研究の紹介 平成18〜19年度帯広畜産大学教育研究改革・改善プロジェクト研究の概要)  [in Japanese]

    猪熊 壽 , 古岡 秀文 , 度会 雅久 [他] , 佐々木 直樹 , 石井 三都夫

    プロジェクト研究の紹介 平成18〜19年度帯広畜産大学教育研究改革・改善プロジェクト研究の概要

    Journal of agricultural and food technology 3(3), 1-4, 2007-12

    IR 

  • MDCT Images of the Head of a Horse with Malignant Melanoma

    SASAKI Naoki , MINAMI Takuto , YAMADA Kazutaka , SATOH Motoyoshi , INOKUMA Hisashi , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , YAMADA Haruo

    Journal of equine science 18(2), 55-58, 2007-06-01

    Ichushi Web  References (7)

  • 1 / 3
Page Top