渡辺 利子 WATANABE Toshiko

Articles:  1-6 of 6

  • Change in Toddlers' Self-Assertions and their Parental Recognitions : Investigation of the Transformation Process from Two-Years-Old to Three-Years-Old  [in Japanese]

    高濱 裕子 , 渡辺 利子

    The purpose of this study was to examine the development of self-assertion at two, two-and-a-half and three-years-old, and to clarify their parents' recognition of their negativism. 69 parents with on …

    お茶の水女子大学人文科学研究 8, 1-13, 2012-03

    IR 

  • Environmental Transition from Home to Preschool : Parental Concerns about Preschool Children  [in Japanese]

    高濱 裕子 , 渡辺 利子

    3歳児クラスへの入園を間近にひかえた子どもをもつ親たちの関心事を検討した。目的は、家庭から幼稚園への移行にともなう親の関心事の実情を明らかにすること、親が幼稚園へ期待する内容を通して社会化の担い手の役割を検討することであった。親たちの関心は、子どもの自立をめぐる社会化の問題ととらえることができた。また約20年前の調査結果と比較して、子どものコミュニケーション能力の育成を就学前教育に期待する親が多か …

    お茶の水女子大学人文科学研究 (6), 95-106, 2010-03-30

    IR 

  • The Transformation Process of the Mother-Child System during Toddlerhood : The Relationships between a Mother's Framework and a Child's Negativism  [in Japanese]

    Takahama Yuko , Watanabe Toshiko , Sakagami Hiroko , Takatsuji Chie , Nozawa Sachiko

    歩行開始期の子どもをもつ母親の行動=思考=感情システムにおける変化を,子どもの反抗・自己主張と母親のもつ枠組みとの関係から検討した。対象は3組の母子で,子どもは全て第一子てあった。目的は面接調査(21か月齢〜36か月齢)を通して,親子システムに出現する変化のプロセスを時系列に記述することであった。子どもの反抗・自己主張の強まりとともに,母親はそれらを統制しようとした。反抗・自己主張のピーク時には統 …

    The Japanese Journal of Developmental Psychology 19(2), 121-131, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Mothers' emotions and behaviors on their children's negativism and self-assertion : Comparison between two year olds and three year olds  [in Japanese]

    TAKAHAMA Yuko , WATANABE Toshiko

    本論の目的は、子どもの反抗・自己主張の状況を2歳と3歳とで比較し、子どもの発達的変化に対する母親の感情と対処の構造とを明らかにすることであった。対象は、子どもの反抗期に関するプロジェクト研究に1歳時点で登録した母親のうち、2歳時点の調査に応じた117名とさらに3歳まで応じた97名であった。子どもは全て核家族の第一子であった。5つの課題を検討した結果、3歳点で反抗は5割が、自己主張は7割が強まったと …

    Bulletin of the Research Center for Child and Adolescent Development and Education, Ochanomizu University (4), 15-25, 2007

    IR  Cited by (1)

  • The difficulties of treating toddlers which were recognized by mothers : A cross-sectional study from 1 to 3 years old  [in Japanese]

    TAKAHAMA Yuko , WATANABE Toshiko

    1歳から3歳までの第一子をもつ親を対象に、親が認知する子どもの扱いにくさを、性差、その理由の年齢差、親としての自己評価という視点から検討した。対象は3つの地域の乳幼児健診でリクルートされた676名の母親であった。どの年齢にも扱いにくいと認知された子どもが2割程度存在し、2歳と3歳には有意な性差が認められた。子どもが扱いにくいと認知された主な理由は、慣れにくさ・過敏さ、反抗、自己主張であった。これら …

    Bulletin of the Research Center for Child and Adolescent Development and Education, Ochanomizu University (3), 1-7, 2006

    IR  Cited by (2)

  • How do mothers estimate themselves through parenting? : the relations between difficultness and developmental change of toddlers  [in Japanese]

    高濱 裕子 , 渡辺 利子

    Journal of Sugiyama Jogakuen University. Social sciences (35), 79-90, 2004

    IR 

Page Top