福本 文代 FUKUMOTO Fumiyo

ID:1000060262648

山梨大学大学院医学工学総合研究部 Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 31

  • 1 / 2
  • Automatic Detection of Sarcasm in BBS Posts Based on Sarcasm Classification  [in Japanese]

    Fumiya Isono , Suguru Matsuyoshi , Fumiyo Fukumoto

    本研究では,Web 掲示板に存在する皮肉や誹謗中傷などの不適切な表現を自動的に検出する手法を提案する.我々は,Web 掲示板における皮肉を人手で体系的に分類し,8 つの分類クラス (疑問,推測,諦め,不相応,誇張,驚き,形容,対比) を構築した.それぞれの分類クラスに対して,対象の文とその前後文の評価極性を考慮する構文パターンを設計した.提案する皮肉検出システムは,構文パターンの集合を利用すること …

    IPSJ SIG Notes 2013-NL-213(7), 1-8, 2013-09-05

  • Enhancing Labeled Data Using Unlabeled Data for Text Classification  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takeshi , FUKUMOTO Fumiyo , MATSUYOSHI Suguru

    教師付き学習を用いた文書分類の精度は,ある事柄に関する正例文書(正例)に対し,関係しない負例文書(負例)をどのように定義するかに依存する.本論文では,教師付き学習を用いた文書分類における負例収集の困難さを解決するため,正例とラベルなし事例(文書集合)から分類に最適な負例を抽出することで文書分類を行う手法を提案する.我々は,ラベルなし文書集合から正例との類似度の値が最も小さいデータを負例として順次抽 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(9), 1794-1801, 2012-09-01

    References (16)

  • The Automatic Classification of Onomatopoeia Based on Co-occurrence from the Web and Sound Symbolism  [in Japanese]

    ICHIOKA Kenichi , FUKUMOTO Fumiyo

    本論文では,意味的に類似したオノマトペを自動的に分類する手法を提案する.本手法は「Web上からのオノマトペ間の共起頻度取得」,「オノマトペ間の類似度算出」,「音象徴の適用」,「オノマトペのクラスタリング」という四つの処理からなる.各々の処理において,「AND検索とPhrase検索」,「χ^2値と相互情報量」,「音象徴の適用の有無」,「Newman法とSpectral Clustering」を導入し …

    The IEICE transactions on information and systems 92(3), 428-438, 2009-03-01

    References (12) Cited by (1)

  • Example-assignment to WordNet Thesaurus based on Clustering of Similar Words

    NIK ADILAH HANIN Binti Zahri , FUKUMOTO Fumiyo

    本稿では,Linらの類似度尺度により得た単語クラスを用いることで,WordNetシソーラス辞書へReuters'96記事から抽出した用例を付与する手法を提案する.まず,各単語の出現分布に基づき意味的に類似した単語クラスを作成する.得られた単語クラスは、単語に関するWordNetシソーラス中の各語義文とその単語を含むReuters'96記事から抽出した各文との類似度を計算する際に利用される.実験の結 …

    IPSJ SIG Notes 2008(46), 59-64, 2008-05-15

  • Example-assignment to WordNet Thesaurus based on Clustering of Similar Words

    NIK ADILAH HANIN Binti Zahri , FUKUMOTO Fumiyo

    本稿では,Linらの類似度尺度により得た単語クラスを用いることで,WordNetシソーラス辞書へReuters'96記事から抽出した用例を付与する手法を提案する.まず,各単語の出現分布に基づき意味的に類似した単語クラスを作成する.得られた単語クラスは、単語に関するWordNetシソーラス中の各語義文とその単語を含むReuters'96記事から抽出した各文との類似度を計算する際に利用される.実験の結 …

    IPSJ SIG Notes 185, 59-64, 2008-05-15

    References (9)

  • Integrating Cross-Language Hierarchies and its Application to Relevant Document Extraction  [in Japanese]

    SANO Tsukasa , ICHIOKA Kenichi , FUKUMOTO Fumiyo

    本稿では,日英のカテゴリ階層構造に注目し,カテゴリ同士の類似性を推定し,カテゴリを統合する手法を提案する.本手法では一方の階層構造に分類されている文書を,他方の階層構造に分類することにより,異なる階層間におけるカテゴリ同士の類似性を推定する.文書を分類するための手法として機械学習SVMsを用いた.また,類似性を求めるために,X^2statisticsを用いた.さらに,得られたカテゴリの組に対しアプ …

    IPSJ SIG Notes 179, 55-60, 2007-05-24

    References (11) Cited by (1)

  • Integrating cross-language hierarchies and its application to relevant document extraction  [in Japanese]

    SANO Tsukasa , ICHIOKA Kenichi , FUKUMOTO Fumiyo

    本稿では,日英のカテゴリ階層構造に注目し,カテゴリ同士の類似性を推定し,カテゴリを統合する手法を提案する.本手法では一方の階層構造に分類されている文書を,他方の階層構造に分類することにより,異なる階層間におけるカテゴリ同士の類似性を推定する.文書を分類するための手法として機械学習SVMsを用いた.また,類似性を求めるために,X^2statisticsを用いた.さらに,得られたカテゴリの組に対しアプ …

    IPSJ SIG Notes 2007(47), 55-60, 2007-05-24

    Cited by (1)

  • Correcting Category Errors in Multi-Labeled Data Based on the Similarity between Two Examples  [in Japanese]

    HAMANO Hidetoshi , FUKUMOTO Fumiyo

    本論文では,人手により複数の分野名が付与された事例を対象とした分野名の誤り修正手法を提案する.我々は修正の手掛りとして記事間類似度に注目する.高い類似度をもつ記事集合は互いに同一の分野であると考え,類似度の高い記事を選択するために次の2点に注目する.1点目は,対象とする事例をテスト事例とした場合,上位k個の訓練事例が属する分野情報である.2点目は,対象とする事例を訓練事例とした場合に,その事例を上 …

    The IEICE transactions on information and systems 89(10), 2338-2347, 2006-10-01

    References (17)

  • Using Category Hierarchies for Correcting Category Errors in Text Classification  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo , SUZUKI Yoshimi

    本論文では,人手により複数の分野名が付与された文書における分野名誤りのうち,文書分類の精度に悪影響を与えるものを自動的に検出し,修正する手法を提案する.我々は,誤り検出と修正の手掛りとして三つの点に注目する.1点目は分類に悪影響を与える事例を抽出するために機械学習Support Vector Machines(SVMs)で得られるサポートベクトルと機械学習Naive Bayes(NB)を利用する点 …

    The IEICE transactions on information and systems 89(3), 552-566, 2006-03-01

    References (27) Cited by (2)

  • TD-2-1 Exploiting Very Large Corpora for Intelligent Information Retrieval  [in Japanese]

    Fukumoto Fumiyo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2004年_情報・システム(1), "SS-17"-"SS-18", 2004-03-08

  • Detecting Shifts in News Stories for Event Tracking  [in Japanese]

    FUKUMOTO FUMIYO , SUZUKI YOSHIMI , YAMADA HIROYASU

    ニュースなどの報道記事から特定の時間に特定の場所で生起した出来事に関する続報記事を自動的に抽出するためには,出来事に関する話題が時間の経過とともに変化する過程を的確にとらえる必要がある.本稿では,日付順に並べられた記事に対して,話題の推移を考慮した続報記事の抽出手法を提案する.我々は,特定の日時に報道された記事と同様の話題を持つ記事(記事集合)は,記事の話題が出来事の生起を伝える第1記事のほか,そ …

    IPSJ journal 44(7), 1766-1777, 2003-07-15

    IPSJ  References (17)

  • Using Synonyms and Their Hypernymy Relations of WordNet for Text Categorization  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo , SUZUKI Yoshimi

    本稿では,WordNetと呼ばれるシソーラス辞書から対象とする文書の分類に必要な同義語クラスとその上位関係を機械学習により学習し,その結果を用いてテスト文書を分類する手法の1つを提案する.提案手法の主旨は,シソーラス辞書で意味クラスごとに定義されている同義語クラスの上位関係の深さを一意に固定して学習するのではなく,語彙の意味クラスごとに分けて学習するということである.文書分類の代表的なベンチマーク …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 43(6), 1852-1865, 2002-06-15

    IPSJ  References (27) Cited by (3)

  • Toward Optimal Feature Selection for Word Sense Disambiguation  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo

    本稿では,語義が付与されたコーパスから語義の曖昧性解消に必要な属性を抽出し,これを用いてテスト文中の多義を解消する手法を提案する.本手法では,語義の曖昧性解消に必要な属性は多義語が持つそれぞれの語義に依存して決まると仮定し,解消に最適な属性を多義語ごとに学習するのではなく,多義語が持つ語義ごとに学習するという方法を用いた.LeacockとBruceらによって作成された`line'と`interes …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 43(1), 20-33, 2002-01-15

    IPSJ  References (40) Cited by (1)

  • マルチモーダルユーザインターフェースを備えた高次コミュニケーション空間の構築に関する研究開発通信放送機構委託研究(1997-2001)  [in Japanese]

    Ito You , Imamiya Atsumi , Iwanuma Koji , Ogata Takashi , Ozawa Kenji , Karasawa Hiroshi , Go Kentaro , Bo Gyoyo , Fukumoto Fumiyo , Hattori Motonobu

    Reports of the Faculty of Engineering, Yamanashi University 51, 39-46, 2002

  • Toward Optimal Feature Selection for Word Sense Disambiguation  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo

    本稿では, 意味付けされたコーパスから語義の曖昧性解消にに必要な属性を抽出し, これを用いてテスト文中の多義を解消する手法を提案する.本手法では, 語義の曖昧性解消に必要な属性は多義語が持つそれぞれの意味に依存して決まると仮定し, 解消に最適な属性を多義語ごとに学習するのではなく, 多義語が持つ意味ごとに学習するという方法を用いた.LeacockとBruceらによって作成されたlineとinter …

    IPSJ SIG Notes 141, 69-76, 2001-01-25

    References (12) Cited by (3)

  • Term Weight Learning for an Automatic Text Categorisation  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo , SUZUKI Yoshimi

    本稿では 文書中に現れる語に対し 重み付けの学習を行った結果を用いて文書の自動分類を行う手法を提案する. 我々の手法における学習とは トレーニングデータにおける各文書の分類の誤り結果から正しい重要語を学習することである. すなわち トレーニングデータの文書集合に対しクラスタリングアルゴリズムを適用した結果 文書が正しく分類されない場合 頻度による重み付けが適切でないと見なす. これらの …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 40(4), 1782-1791, 1999-04-15

    IPSJ  References (25) Cited by (4)

  • Term Weight Learning Based on Analogy for Word Sense Disambiguation  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo , SUZUKI Yoshimi

    本稿では,類推により語義の特徴を抽出した結果を用いて,文中に含まれる多義動詞の曖味さを解消する手法を提案する.本手法では,多義であるかどうかを判定しながら意味的なクラスタリングを行うことで多義解消に必要な情報を抽出する.そこで,表層上は1つの要素である多義動詞を,その動詞が持つ各意味がまとまった複数要素であるととらえ,これを1つ1つの意味に対応させた要素に分解したうえでクラスタを作成するという手法 …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 39(12), 3187-3199, 1998-12-15

    IPSJ  References (30)

  • 超高速ATM LANの構築法と次世代ユーザーインタフェースに関する研究  [in Japanese]

    Kurihara Mitsunobu , Imamiya Atsumi , Tanaka Syojiro , Iwamura Hiroshi , Ji Gyoyo , Watanabe Yoshimichi , Fukumoto Fumiyo , Morisawa Masayuki , Yoshikawa Masao , Suzuki Yoshiya , Suzuki Tomohiro , Handa Shinobu

    山梨大学地域共同開発研究センター研究成果報告書 6, 17-21, 1998

  • Referent Identification by Using a Speech and Deictic Gesture  [in Japanese]

    YAMADA Hiroyasu , FUKUMOTO Fumiyo , IMAMIYA Atsumi

    本稿では, 音声とマウスを入力手段とするマルチモーダルインタフェースで, ディスプレイ上の図形を指示したとき, その指示物を同定する手法を提案する. 本手法は時間同期性を用いた指示物候補の生成 (generation of candidates) と, 過去の対話情報を利用した候補中からの指示物同定 (identification) の2つの手続きにより実現される. Generation of c …

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 75, 45-50, 1997-11-14

    References (12)

  • An Automatic Extraction of Key Paragraphs Based on the Degree of Context Dependency  [in Japanese]

    FUKUMOTO Fumiyo , FUKUMOTO Jun'ichi , SUZUKI Yoshimi

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 4(2), 89-109, 1997-04-10

    References (28) Cited by (6)

  • 1 / 2
Page Top