山田 耕一 YAMADA Koichi

ID:1000060283040

長岡技術科学大学工学部 Faculty of Engineering, Nagaoka University of Technology (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 66

  • 1 / 4
  • Design Support for Generating Novelty with Rough Sets Theory and Conceptual Hierarchy

    YAMADA Koichi , MOROGA Ushio , UNEHARA Muneyuki

    Rough set approach has been applied successfully to many studies of product design analysis and design support systems. Essence of the approach is regarded as acquisitions of design knowledge from a d …

    Transactions of Japan Society of Kansei Engineering 11(1), 17-26, 2012

    J-STAGE 

  • E-048 Design of Turfan Manichaean Character Code and Glyphs  [in Japanese]

    Omarjan Osman , Nakahira Katsuko T. , Mikami Yoshiki , Yamada Koichi

    トルファンは、中央アジアの天山山脈の東南にあった古代国名であり、トルファン盆地はトルファン国の一部であった。トルファンウイグル王国と呼ばれる。トルファンウイグル王国の言語は古代チュルク語(英:Old Churuk Language)である。紀元1世紀から7世紀までにトルファンウイグル王国で国字として使われていた文字は、トルファン文字と呼ばれている。マニ教(Manichaeism)の貴重な資料がトル …

    情報科学技術フォーラム講演論文集 10(2), 327-330, 2011-09-07

    IPSJ 

  • E-045 Design of Syllable Segmentation Algorithm Rule of Middle Uygur Text  [in Japanese]

    Omarjan Osman , Kimura Tetsuya , Yamada Koichi , Saruwatari Hayato , Mikami Yoshiki

    中期ウイグル語は、中央アジアに住んでいるウイグル人の一部が紀元7世紀から19世紀の終わりまでに使っていた言語である。この時代の間使われた中期ウイグル文字は、音を表現する文字で、表音文字(英:Phonogram)のカテゴリーに所属する。中期ウイグル文字列は、アルファベットで定義されて、母音、子音、分音符号、グリフと複雑なリガチャーの組み合わせにより構成されている。中期ウイグル語テキストには、独立系グ …

    情報科学技術フォーラム講演論文集 10(2), 313-318, 2011-09-07

    IPSJ 

  • Concept Model Generation Support System for Product Shape Design  [in Japanese]

    UNEHARA Muneyuki , YAMADA Koichi

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2010(50), 37-40, 2010-09-30

    References (5)

  • E-026 Difficulties and Solutions of Sogd, Manichaean, Uyghur(SMU) Character-code implementation and developing  [in Japanese]

    Osman Omarjan , Kimura Tetsuya , Yamada Koichi , Saruwatari Hayato

    SMU文字は表音文字"Phonogram"で構成されている文字である。中央アジアに住んでいるソグド人、マニ人、ウイグル人が使っていた文字はソグド、マニ、ウイグル"Sogd, Manichaean, Uyghur,(SMU)"文字と呼ばれ、現在のそれらとは若干異なっている。SMU文字は古代と中期に使われていた文字で、現在使われていないという状況にある。SMU文字で書かれた文献作品は、現在各国の博物館 …

    情報科学技術フォーラム講演論文集 9(2), 267-274, 2010-08-20

    IPSJ 

  • Generalization of Conditioning and New Interpretation of Evidential Reasoning  [in Japanese]

    KIMALA Vilany , YAMADA Koichi , UNENHARA Muneyuki

    本稿では,最近提案された証拠理論における条件則の一般化について論じ,不確実な信念を条件とする新たな一般化条件則を提案する.また,既存の証拠推論が本論文で提案する一般化条件則によって解釈可能であることを示す.最近キマラらによって提案された条件則は,以下の3つの要件を満足する.a)条件付基本確率の焦点要素は条件となる集合の部分集合に限られる,b)空集合でない任意の条件に対して条件付基本確率は定義される …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 21(4), 567-576, 2009-08-15

    J-STAGE  References (42)

  • Requirements of Conditioning Rules and a New Conditioning in Evidence Theory  [in Japanese]

    KIMALA Vilany , YAMADA Koichi , UNEHARA Muneyuki

    本稿では,証拠理論における条件則が満たすべき要件について検討・提案し,それらの要件を満たす新たな条件則を提案する.さらに,要件の1つを緩めた一般化条件則も提案する. 提案する要件とは,i)条件付基本確率の焦点要素は条件となる集合の部分集合に限られる,ii)条件が空集合でない限り条件付確率は定義される,iii)条件が全体集合である条件付基本確率は条件なしの基本確率に等しい,の3つである.i)は与えら …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 21(4), 538-548, 2009-08-15

    J-STAGE  References (29)

  • A Proposal of New Conditioning in Evidence theory  [in Japanese]

    Kimala Vilany , Yamada Koichi

    不確実性を扱う測度において,特定の事実が与えられた条件下で事前に与えられた測度がどのように更新されるかを扱う条件付けは重要である.証拠理論における条件付けについては,Dempsterの条件則を始め,これまでに数多くのものが提案されている.本稿では既存の条件則を概観し,新たにもう一つの条件則を提案する.また,提案した条件則と既存の条件則と比較しその特徴を明らかにする.

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 24(0), 79-79, 2008

    J-STAGE 

  • Clinical Reasoning System Based on Clinicians' Diagnostic Process  [in Japanese]

    Muhammad Rafie Mahathir Bin , Yamada Koichi , Higuchi Yoshiyuki

    本論では,臨床医のニーズに応える医療診断支援システムの実現を目指し,臨床医の診断過程モデルに基づく臨床推論システムを提案する.そのため,臨床医の診断過程をモデル化し,診断過程内の医師の推論をどのように支援するかを明らかにする.本論で提案する臨床推論システムでは,診断に必要な知識の獲得を容易にするために,疾患と症状間の因果関係を知識として用いる.この「疾患→症状」の因果関係知識を用いた逆推論によって …

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association 10(1), 1-10, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23)

  • 繁桝算男,植野真臣,本村陽一著, 「ベイジアンネットワーク概説」, 出版社名:倍風館, 2006年7月21日発行, ISBN:4-563-01568-7, 116頁  [in Japanese]

    山田 耕一

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 19(3), 266, 2007-06-15

  • Clinical Reasoning Support System using Posibilistic Causal Model  [in Japanese]

    Muhammad Rafie Mahathir Bin , Yamada Koichi , Higuchi Yoshiyuki

    Developing a Clinical Reasoning System for medical decision-making in the clinical field is important in order to improve accuracy of the judgment of clinician, and to reduce risk of the diagnosis err …

    Proceedings of the Annual Conference of Biomedical Fuzzy Systems Association 20(0), 3-6, 2007

    J-STAGE 

  • On a new way of combination of multiple pieces of evidence in Evidence theory  [in Japanese]

    YAMADA Koichi

    証拠理論において,互いに独立な情報から得られた複数の証拠はDempster結合則によって結合される.確率にはこの結合則に相当する標準的な方法はなく,この結合則は証拠理論の一つの大きな特徴となっている.しかし,Dempster結合則についての疑問・異議を述べる論文は数多く発表されており,新しい結合則も数多く提案されている.本稿では,Dempster結合則が前提とする情報の独立性について再考し,互いに …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 22(0), 57-57, 2006

    J-STAGE 

  • Construction of Interactive Conceptual Design System  [in Japanese]

    Unehara Muneyuki , Yamada Koichi

    本研究では、ものの形状のコンセプトを決定するコンセプトデザインという場面で、ある製品と同等の一貫したコンセプトが感じられる他の製品をデザインするまでを支援するフレームワーク構築を目指す。本稿では、人間とシステムが、デザイン候補の主観的評価と物理的修正を通じた対話を繰り返すことで解空間を徐々に探索し、コンセプトの決定と満足するデザインを獲得するシステムを提案する。本稿では対象を食器とし、対話型遺伝的 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 22(0), 153-153, 2006

    J-STAGE 

  • Causal Model with Uncertain Time-series Events for Reasoning Causes  [in Japanese]

    キマラ ヴィラニー , 山田 耕一

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 21, 251-254, 2005-09-07

  • The legacy of LIFE - after the decadelong history without LIFE -

    Sugeno Michio , Tano Shun'ichi , Arai Yoshinori , Yokokawa Toshihiko , Takagi Tomohiro , Ralescu Anca , Bastian Andreas , Fukami Satoru , Yamaguchi Toru , Inoue Atsushi , Aisu Hideyuki , Nakamura Kazuo , Yamada Koichi

    LIFE(国際ファジイ工学研究所)の終了後10周年を記念し,ファジィ理論およびその応用研究に果たしたLIFEの役割と影響、そして今後の知能情報ファジィ研究へどう活かしていけるのかについて、関わりのあった先生方,研究員であらためて考え、議論し、そのことをLIFEを知らない世代の会員にも伝える。

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 21(0), 69-69, 2005

    J-STAGE 

  • Causal Model with Uncertain Time-series Events for Reasoning Causes

    VILANY KIMALA , YAMADA KOICHI

    不確実性を含む時系列事象を結果として持つ因果モデルについて、その数学的性質を検討する。本報告では、単独の原因事象と時系列におきる結果事象群の間の不確実な因果関係を、確率論および可能性理論を用いてモデル化 する。そして、証拠理論の立場から両モデル間の関係を数学的に分析する。

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 21(0), 60-60, 2005

    J-STAGE 

  • A Pointing Support System for Aged Users  [in Japanese]

    MATSUMOTO Toshiyuki , YAMADA Koichi

    ヒューマンインタフェース学会論文誌 6(3), 313-320, 2004-08-25

    References (18) Cited by (1)

  • G15-3 生活行動パターンの類型に対する異質性の判定(一般セッション(G15) : 多変量解析の応用)(第30回日本行動計量学会大会発表一覧)  [in Japanese]

    中村 和男 , 山田 耕一 , 河田 春名

    The Japanese Journal of Behaviormetrics 30(2), 246, 2004-01-30

  • Pointing Operation Support for Elderly Users by Target Prediction and Pulling Force from the Target  [in Japanese]

    MATSUMOTO Toshiyuki , YAMADA Koichi

    電気学会研究会資料. SC, システム制御研究会 2003(8), 15-20, 2003-05-16

    References (7)

  • Push Like Talking : A Novel Human Interface Based on Linguistic Metaphor and Intention Reasoning  [in Japanese]

    YAMADA Koichi , UETA Masaya

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 18, 487-490, 2002-08-28

    References (12) Cited by (1)

  • 1 / 4
Page Top