藤原 伸彦 Fujihara Nobuhiko

Articles:  1-20 of 66

  • 1 / 4
  • 地域の児童を対象としたプログラミングワークショップ  [in Japanese]

    藤原 伸彦 , 阪東 哲也 , 曽根 直人 , 長野 仁志 , 山田 哲也 , 伊藤 陽介

    小学校学習指導要領の改訂に伴い,2020 年度より小学校でプログラミング教育が本格実施となる。小学校におけるプログラミング教育では,論理的思考力だけでなく,創造的思考力,具体的には作りたいものを構想し,試行錯誤しながら完成を目指すのに必要な思考力を育成することが重要である。本研究で報告する地域の児童を対象としたワークショップでは,参加者が試行錯誤しながら探索的にプログラムを作っていけるよう,参加者 …

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (17), 48-53, 2020-03

    IR  DOI 

  • 学校全体で取り組む小学校プログラミング教育の校内研修とカリキュラム・マネジメント  [in Japanese]

    阪東 哲也 , 長野 仁志 , 曽根 直人 , 藤原 伸彦 , 山田 哲也 , 伊藤 陽介

    本研究の目的は小学校プログラミング教育に精力的に取り組んだ小学校(以下,事例校)の授業研究と校内研修から,小学校プログラミング教育に関する校内研修と,小学校プログラミング教育カリキュラム・マネジメントの在り方を検討することである。事例校の実践事例から,各教科の深い学びにつながるカリキュラム・マネジメントのあり方を検討した。また,事例校の教員を対象に実施したアンケート調査を分析し,学校全体で取り組む …

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (17), 41-47, 2020-03

    IR  DOI 

  • 情報活用能力の育成を目指す小学校プログラミングの実践 : 附属小学校の「コンピュータを活用する力」の再整理に向けて  [in Japanese]

    長野 仁志 , 阪東 哲也 , 曽根 直人 , 藤原 伸彦 , 山田 哲也 , 伊藤 陽介

    本研究の目的は,情報活用能力の育成に向けて,2004 年に鳴門教育大学附属小学校(以下,本校)独自に設定した「コンピュータを活用する力」の学年別指導内容を見直すことである。これまでに,「コンピュータを活用する力」として,コンピュータの活用から,ネットワークを介してコンピュータを活用する上で身に付けさせたい指導内容を発達段階に即して設定している。タブレット端末の特徴を生かした指導内容,2020 年か …

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (17), 35-40, 2020-03

    IR  DOI 

  • 保育の環境構成 ラーニングブックレット用ストリーミング配信システムの構築と運用  [in Japanese]

    曽根 直人 , 藤原 伸彦 , 塩路 晶子 , 湯地 宏樹 , 田村 隆宏 , 木下 光二

    筆者らは研修等で利用する教材として,保育の環境構成ラーニングブックレットを開発した。その中で紹介している保育事例と連動したビデオ教材を著作権や肖像権を保護した形でどこからでも利用できるようにストリーミング配信システムを利用し,認証したユーザのみビデオ教材を視聴できるシステムを構築した。本稿では,システムを構築する際に考慮した点や運用した実績から得られた情報を報告する。

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (17), 30-34, 2020-03

    IR  DOI 

  • Effects of the type of backchannel utterances in idea generation during video-mediated communication  [in Japanese]

    三宮 真智子 , 藤原 伸彦 , 山口 洋介 , Sannomiya Machiko , Fujihara Nobuhiko , Yamaguchi Yosuke , サンノミヤ マチコ , フジハラ ノブヒコ , ヤマグチ ヨウスケ

    This study investigated the effect of the type of backchannel utterances (BU) on idea generation for divergent thinking during video-mediated communication. Two types of BU were affirmative and non-af …

    大阪大学教育学年報 (24), 19-28, 2019-03-31

    IR  DOI 

  • 双方向のデジタルコンテンツをJavascriptでプログラミングする授業実践 : 国土地理院サーバの利用  [in Japanese]

    山田 哲也 , 香西 孝行 , 雲本 直人 , 岩山 敦志 , 伊藤 陽介 , 阪東 哲也 , 曽根 直人 , 藤原 伸彦 , 長野 仁志

    新しい中学校学習指導要領技術・家庭科において「D 情報の技術」では生活や社会における問題を,ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによって解決する活動が明記された。そこで,鳴門教育大学附属中学校では地図サービスを取り入れた双方向性のあるコンテンツを Javascript でプログラミングする授業を実践した。本稿ではその詳細について報告するとともに,本実践を支援してくれた大学 …

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (16), 1-6, 2019-03

    IR  DOI 

  • ティンカリングとしてのプログラミング  [in Japanese]

    藤原 伸彦 , 阪東 哲也 , 曽根 直人 , 長野 仁志 , 山田 哲也 , 伊藤 陽介

    平成29年に学習指導要領が告示され,2020年度以降小・中・高等学校でプログラミング教育が実施されることとなった。プログラミング教育の円滑な実施に向けて,様々な実践事例が提案されている。だがその大半は論理的思考の育成を目的としたものである。プログラミングは創造的思考を育成するのに非常に適した活動であり,かつ,その育成は期待されているものである。本稿では,プログラミングをティンカリングとして捉え,創 …

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (16), 21-26, 2019-03

    IR  DOI 

  • 情報活用能力育成を基盤とした小学校プログラミング教育カリキュラム・マネジメントの提案  [in Japanese]

    阪東 哲也 , 藤原 伸彦 , 曽根 直人 , 長野 仁志 , 山田 哲也 , 伊藤 陽介

    本研究の目的は小学校プログラミング教育の円滑な実施に向けてカリキュラム・マネジメントの提案を行うことである。新学習指導要領の特徴から,教科固有の知識・スキルを活用できる問題解決の学習活動を通して汎用的なスキルの育成を目指す教育方法の必要性を論じた。また,情報活用能力と小学校プログラミング教育の目標に着目し,情報・情報機器の活用に関する領域と,問題解決に関する領域があることを明らかにした。これらを統 …

    鳴門教育大学情報教育ジャーナル = Journal of information education, Naruto University of Education (16), 27-36, 2019-03

    IR  DOI 

  • Construction of Reask Model as a Method for Microteaching to Develop Pre-service Teachers' Teaching Competency  [in Japanese]

    森 康彦 , 木下 光二 , 藤原 伸彦 , 若井 ゆかり , Yasuhiko MORI , Mitsuji KINOSHITA , Nobuhiko FUJIHARA , Yukari WAKAI

    In this research the authors tried to construct the Reask model which aims to develop pre-service teachers' teaching competencies, especially the competency to conduct thought of schoolchildren and de …

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 = Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education (32), 199-207, 2018-02-01

    IR  DOI 

  • Construction of in-service teacher training using the "Teleconference System"  [in Japanese]

    長江 徹子 , 森 篤之 , 北島 孝昭 , 阪根 健二 , 曽根 直人 , 泰山 裕 , 竹口 幸志 , 藤原 伸彦 , Tetsuko NAGAE , Atsushi MORI , Takaaki KITAJIMA , Kenji SAKANE , Naoto SONE , Yu TAIZAN , Koji TAKEGUCHI , Nobuhiko FUJIHARA

    Naruto University of Education,in collaboration with Tokushima Prefectural Board of Education, Anan City Board of Education, Mima City Board of Education, has started teacher training with the Telecon …

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 = Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education (32), 111-121, 2018-02-01

    IR  DOI 

  • Construction of Reask Model as a Method for Microteaching to Develop Pre-service Teachers' Teaching Competency  [in Japanese]

    森 康彦 , 木下 光二 , 藤原 伸彦 , 若井 ゆかり

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 (32), 199-207, 2017

  • Construction of in-service teacher training using the "Teleconference System"  [in Japanese]

    長江 徹子 , 森 篤之 , 北島 孝昭 , 阪根 健二 , 曽根 直人 , 泰山 裕 , 竹口 幸志 , 藤原 伸彦

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 (32), 111-121, 2017

  • Professional Development for Students in Teacher Training to Practice Active Learning  [in Japanese]

    藤原 伸彦 , 木下 光二 , 森 康彦 , 若井 ゆかり , 仁木 稔明 , Nobuhiko FUJIHARA , Mitsuji KINOSHITA , Yasuhiko MORI , ユカリ ワカイ , Toshiaki NIKI

    This research reported our trial on professional development for students in teacher education to practice self-involved, interactive and deep learning, i.e., "active learning". Undergraduate and grad …

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 (32), 191-198, 2017

    IR  DOI 

  • Changes of Students' Concepts on Classroom Management through Attending a Lecture Which Facilitates Clarification on Their Concepts  [in Japanese]

    KINOSHITA Mitsuji , EGAWA Katsuhiro , FUJIHARA Nobuhiko

    In this paper, we reported how graduate students changed their concepts on classroom management between before and after taking a lecture "Practical Methodology of Classroom Management", which was one …

    Research bulletin of Naruto University of Education 30, 124-146, 2015

    IR  DOI 

  • Support for ICT Use in Elementary and Junior High Schools in Naruto : Activity Report of Division of Educational Technology, Center for Collaboration in Community  [in Japanese]

    藤原 伸彦 , Nobuhiko FUJIHARA

    One of the businesses of Division of Educational Technology, Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education is to support for schools in Naruto City to use ICT. In this paper, t …

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 = Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education (28), 131-138, 2014-02

    IR  DOI 

  • Appreciation of the religious art works at educational workshop  [in Japanese]

    NAITO Takashi , YAMADA Yoshiaki , FUJIHARA Nobuhiko , ARATA Chizuru , SAITO Yukiko , SAITO Ayako

    In 2009, we held an educational art workshop on stories from the Old Testament at the Otsuka Museum of Art in Naruto City. This workshop is one of the activities of N*CAP(Naruto Children's Art Park). …

    Research bulletin of Naruto University of Education 29, 350-359, 2014

    IR  DOI 

  • Support for ICT Use in Elementary and Junior High Schools in Naruto : Activity Report of Division of Educational Technology, Center for Collaboration in Community  [in Japanese]

    FUJIHARA Nobuhiko

    Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education (28), 131-138, 2013

  • 乳児への保育実践力を身につける授業の試案とその成果 : 大学内での赤ちゃんサロンでの取り組みから  [in Japanese]

    木村 直子 , 塩路 晶子 , 佐々木 晃 , 藤原 伸彦 , 谷村 千絵 , 浜崎 隆司 , 田村 隆宏 , 松崎 美穂子

    Naruto University of Education forum for classroom research 12, 3-10, 2013

  • Application of "Yu-yu-zai Database" to Kindergarten Teacher Training  [in Japanese]

    Fujihara Nobuhiko , Tamura Takahiro , Kinoshita Mitsuji

    Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education 29(1), 80-85, 2012

    J-STAGE 

  • Application of "Yu-yu-zai database" to kindergarten teacher training  [in Japanese]

    藤原 伸彦 , 田村 隆宏 , 木下 光二

    JSiSE research report 25(7), 65-70, 2011-03

  • 1 / 4
Page Top