風間 淳一 KAZAMA JUN'ICHI

Articles:  1-11 of 11

  • Open-domain Language Model Construction for Speech Driven Question Answering Employing Expansion with Similar Nouns  [in Japanese]

    ヴァルガ イシュトヴァーン , 大竹 清敬 , 鳥澤 健太郎 , デサーガ ステイン , 翠 輝久 , 松田 繁樹 , 風間 淳一

    本論文では,オープンドメイン音声質問応答システム「一休」で用いる音声認識 言語モデル構築手法を提案する.「一休」は,幅広いトピックの比較的短い質問文をスマートフォン経由でユーザから受け取り,大規 模なWWWコーパスから答えを探して出力する.オープンドメインの質問を正確に音声認識することを可能にする言語モデルの構 築が課題となる.既存のドメインアダプテーションの手法と,名詞の分布類似度に基づくシード …

    情報処理学会論文誌 55(7), 1695-1705, 2014-07-15

    IPSJ 

  • Improving Why Question Answering Using Semantic Orientation and Semantic Word Classes  [in Japanese]

    呉 鍾勲 , 鳥澤 健太郎 , 橋本 力 , 川田 拓也 , デサーガ ステイン , 風間 淳一 , 王 軼謳

    本稿では,意味的知識を用いてWhy型質問応答システムの精度を向上させるための手法を提案する.具体的には,「ネガティブな(望ましくない)事象の理由はネガティブな(望ましくない)事象であることが多い」,「ポジティブな(望ましい)事象の理由はポジティブな(望ましい)事象であることが多い」という意味的極性に関わる傾向,そして,質問に含まれた単語(たとえば「病名」)とその回答に含まれた単語間(たとえば「有害 …

    情報処理学会論文誌 54(7), 1951-1966, 2013-07-15

    IPSJ 

  • The 2011 IPSJ Best Paper Award:Getting Large-scale Language Resources!  [in Japanese]

    橋本 力 , 鳥澤健太郎 , 黒田 航 , StijnDeSaeger , 村田 真樹 , 風間 淳一

    情報処理 53(8), 858-858, 2012-07-15

    IPSJ  IPSJ 

  • Generating Information-Rich Taxonomy Using Wikipedia  [in Japanese]

    YAMADA ICHIRO , HASHIMOTO CHIKARA , OH JONG-HOON , TORISAWA KENTARO , KURODA KOW , DE SAEGER STIJN , TSUCHIDA MASAAKI , KAZAMA JUN'ICHI

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 19(1), 3-23, 2012-03-30

    References (20) Cited by (1)

  • Hyponymy Relation Acquisition Based on Distributional Similarity and Hierarchical Structure of Wikipedia  [in Japanese]

    山田 一郎 , 鳥澤健太郎 , 風間 淳一 [他] , 黒田 航 , 村田 真樹 , ステインデ・サーガ , フランシス ボンド , 隅田 飛鳥 , 橋本 力

    質問応答などの自然言語処理アプリケーションが実用レベルに至るには,計算機で扱うことのできる,世界についての膨大な知識を構築する必要がある.本論文では,そのような知識の筆頭といえる,「サッカー選手/長友佑都」などの語句間の上位下位関係を自動獲得する手法を提案する.提案手法は,Wikipediaから獲得した上位下位関係と,Webテキストから獲得した語句間類似度情報を併用することで,網羅的かつ高精度に上 …

    情報処理学会論文誌 52(12), 3435-3447, 2011-12-15

    IPSJ 

  • A Bayesian Similarity Measure for Large-scale Calculation of Distributional Similarities  [in Japanese]

    風間 淳一 , ステインデ・サーガ , 黒田 航 [他] , 村田 真樹 , 鳥澤健太郎

    これまで提案されている語の意味的類似度尺度は,文脈プロファイルを限られた量のデータから点推定で求めて利用していることから,データスパースネスに対して頑健ではない.本論文は,ベイズ推定の手法を用いた頑健な意味的類似度計算方法を提案する.提案手法は,ベイズ推定により得られた文脈プロファイルの分布の下で元となる類似度の期待値をとることにより類似度を計算する.文脈プロファイルが多項分布で表現され,ベイズ推 …

    情報処理学会論文誌 52(12), 3349-3362, 2011-12-15

    IPSJ 

  • Analogy-based Relation Acquisition Using Distributionally Similar Words  [in Japanese]

    土田 正明 , デ・サーガステイン , 鳥澤健太郎 , 村田 真樹 , 風間 淳一 , 黒田 航 , 大和田 勇人

    情報爆発の時代に入り,大規模コーパスと計算機パワーの増大を背景に,構文的パターンに基づいて「因果関係」などの単語間の意味的関係の知識を獲得する研究が進められている.しかしながら,それらの研究は,文書中に直接的かつ明示的に書かれた知識を獲得するにとどまり,人間であれば解釈可能な間接的記述から獲得することや,文書に書かれていない知識を過去に蓄積された知識からの推論によって大規模に獲得することは行われて …

    情報処理学会論文誌 52(4), 1761-1776, 2011-04-15

    IPSJ 

  • Speech interface for QA systems  [in Japanese]

    松田 繁樹 , 林 輝明 , 大竹 清敬 [他] , StijnDeSaeger , Istvan Varga , Yulan Yan , 風間 淳一 , 磯谷 亮輔 , 河井 恒 , 鳥澤 健太郎 , 中村 哲

    思考や行動の幅を広げるためのツールとしてのQAシステムとその音声入力インターフェースについて紹介する.いつでも・どこでも日常のふとした思いつきから思考や行動のオプションを広げるためにスマートフォンを用いた音声入力インターフェースを持つ QA システム 「一休」 を開発した.QA システムは WWW から抽出したさまざまな意味的関係パターンのデータに基づいて回答を検索する.本稿ではドメインに依存しな …

    情報処理学会研究報告 2010年度(5), 1-6, 2011-02

  • Large-scale Verb Entailment Acquisition from the Web  [in Japanese]

    橋本 力 , 鳥澤健太郎 , 黒田 航 , デサーガステイン , 村田 真樹 , 風間 淳一

    テキスト間含意関係認識と呼ばれる技術は,深い自然言語理解を必要とするタスクにおいて重要な役割を果たす.この技術が実用レベルに至るには,大規模な含意知識ベースの構築が不可欠である.本稿では,動詞間含意関係知識の大規模な獲得を目的として,条件付き確率に基づく方向付き類似度尺度を提案する.提案手法の評価実験では,WWW上の日本語1億文書から得られた52,562動詞(異なり)を対象とした.この動詞セットに …

    情報処理学会論文誌 52(1), 293-307, 2011-01-15

    IPSJ 

  • 概念辞書によるシステマティックなイノベーション支援に向けて (データによる分析と評価)  [in Japanese]

    鳥澤 健太郎 , 風間 淳一 , 村田 真樹

    Japio year book 2009, 228-235, 2009

  • Automatic Discovery of Attribute Words from Web Documents and Criteria for Human Evaluation  [in Japanese]

    TOKUNAGA KOSUKE , KAZAMA JUN'ICHI , TORISAWA KENTARO

    Journal of natural language processing 13(4), 49-67, 2006-10-10

    References (16) Cited by (2)

Page Top