小島 正宜 KOJIMA Masayoshi

Articles:  1-12 of 12

  • 4. Solar Wind Plasma(<Special Topic Article>Space Weather Forecast)  [in Japanese]

    KOJIMA Masayoshi

    太陽風の宇宙天気予報とは,どのような物理的特徴(速度,密度,温度,磁場等)を持つ太陽風が,いつ地球磁気圏に吹き付けてくるか,それを予報することである.予報すべき太陽風を三つに大別し説明する.その一つは,定常的に吹いている太陽風で,地球に吹き付けてくる太陽風は太陽の自転に伴い27日周期で変化し,共回転太陽風と呼ばれる.もう一つの太陽風は,太陽面爆発現象に伴い短時間に惑星間空間に大量のプラズマが放出さ …

    Journal of plasma and fusion research 82(11), 751-755, 2006-11

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • 太陽風の加速機構--太陽風速度とコロナ磁場および光球磁場との関係  [in Japanese]

    袴田 和幸 , 小島 正宜 , 徳丸 宗利 [他]

    Journal of information science 13, 39-51, 2006-03

  • 24pXB-6 IPS-Tomography observation of the solar wind  [in Japanese]

    Kojima M. , Tokumaru M. , Fujiki K.

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 60.1.2(0), 203, 2005

    J-STAGE 

  • 太陽風の加速機構--太陽風速度とコロナ磁場膨張率の長周期変動  [in Japanese]

    袴田 和幸 , 小島 正宜 , 大見 智亮 [他]

    Journal of information science 11, 61-75, 2004-03

  • 太陽風速度とコロナ磁場膨張率の長周期変動  [in Japanese]

    袴田 和幸 , 小島 正宜 , 大見 智亮 [他]

    Journal of information science 10, 57-66, 2003-03

  • 太陽風加速機構の解明--太陽風速度とコロナ磁場膨張率との相関  [in Japanese]

    袴田 和幸 , 小島 正宜 , 大見 智亮 [他]

    Journal of information science 9, 49-63, 2002-03

  • 太陽活動極大期および極小期における太陽風速度とコロナ磁場膨張率  [in Japanese]

    袴田 和幸 , 小島 正宜 , 大見 智亮 [他]

    Journal of information science 8, 67-76, 2001-03

  • Measurements of Solar Wind Plasma Using Cosmic Radio Signals  [in Japanese]

    KOJIMA Masayoshi , TOKUMARU Munetoshi , YAMAUCHI Youhei , YOKOBE Atsushi , ASAI Kikuo

    Journal of the Japan Society for Precision Engineering 63(10), 1363-1367, 1997-10

    J-STAGE  References (11)

  • Calibration of Gain and Phase on the Phased Array System Installed in a Radio Telescope  [in Japanese]

    ASAI Kikuo , KOJIMA Masayoshi , ISHIDA Yoshio , MARUYAMA Kazuo , YOSHIMI Naohiko , MISAWA Hiroaki , MIYASATO Kazuhide

    電波天文用UHF帯非対称シリンドリカルパラボラアンテナに搭載されたフェーズドアレーシステムを校正するため,以下の2方式を採用し比較検討した.第一に,フェーズドアレー各素子を結ぶループ状伝送線路を利用して信号増幅回路を含む各信号経路の位相と利得を相対的に導出する方法(ループ法)を用いた.このループ法の位相測定において生じる180°の不確定性に対して,各素子を結ぶ線路に長さが既知のものを用いるだけの解 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00079(00012), 994-1002, 1996-12-25

    References (10) Cited by (7)

  • Calibration of Phased Array System  [in Japanese]

    Asai K , Kojima M , Ishida Y , Maruyama K , Yoshimi N , Misawa H , Miyasato K

    UHF電波望遠鏡のフィードに搭載されたフェーズドアレイシステムを校正するため,素子アンテナ,信号増幅系及び信号合成系を含めた各経路(以下,各素子)の利得と位相を測定する方法について報告する.現在我々が校正計測に採用している方法(ループ法)は,校正対象が前置増幅器以降の信号増幅系に限られ,アンテナ部は校正対象に含まれない(アンテナ部は各素子同一設計で特性のばらつきは無視できるとみなしてきた).そこで …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(1), 95, 1996-03-11

  • Design of an Asymmetric Parabolic Cylinder Antenna with High Aperture Efficiency  [in Japanese]

    ASAI Kikuo , KOJIMA Masayoshi , MISAWA Hiroaki , ISHIDA Yoshio , MARUYAMA Kazuo , YOSHIMI Naohiko , WAKASA Masaaki , KARAKIDA Masue

    周波数327MHzでの電波天文観測を目的に建設された非対称シリンドリカルパラボラアンテナについて,その設計方法と設計値の検証結果を報告する.本アンテナは受信感度の向上に重点が置かれ,開口効率を可能な限り上げ得るような設計を行った.コーナリフレクタ付きのダイポールアレーで構成された1次放射器を最適設計するため,1次放射器の構造パラメータについて検討した結果,最大効率を与える最適値が存在することが明ら …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00078(00003), 102-109, 1995-03-25

    References (11) Cited by (1)

Page Top