武田 明正 Takeda Akimasa

ID:1000070024578

三重大学生物資源学部 (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • ブナ科の分類・分布と利用 : ブナ科の小博物誌  [in Japanese]

    武田 明正

    森林科学 : 日本林学会会報 35, 10-16, 2002-06-01

    References (18)

  • 平倉演習林藤堂スギ林分の定期測定結果  [in Japanese]

    大友 健次 , 武田 明正 , 島田 浩三久 [他] , 上尾 智洋

    Bulletin of the Mie University Forests (25), 35-43, 2002-03

    IR  JASI 

  • ブナ科の分類・分布と利用―ブナ科の小博物誌―  [in Japanese]

    武田 明正

    Shinrin Kagaku 35(0), 10-16, 2002

    J-STAGE 

  • 大杉谷―雨と岩と森の世界―  [in Japanese]

    武田 明正

    Shinrin Kagaku 24(0), 42-45, 1998

    J-STAGE  References (7)

  • 三重県のイイタカムシトリスミレ(新変種)の群落維持機構  [in Japanese]

    武田 明正 , 渡辺 定元

    The Journal of Japanese botany 72(4), 229-237, 1997-08

  • 再び, 大台ヶ原のトウヒ林保全の立場から  [in Japanese]

    Takeda Akimasa

    関西自然保護機構会報 19(1), 1-2, 1997-06

  • Laurel forest (Camellietea japonicae) in Owase District, Mie Prefecture.  [in Japanese]

    Takeda Akimasa

    Owase District in Mie Prefecture, located on the south-east side of Kii Peninsula, is one of the wettest region in Japan. Annual precipitation in Owase city is more than 4,000 mm, and warmth index is …

    Vegetation Science 14(1), 25-35, 1997

    J-STAGE  References (23)

  • The Periodicities of Ring-width Fluctuation of the Canopy Trees growing in Warm-temperate Ever-green Coniferous Forest  [in Japanese]

    Takeda Akimasa , Hyakumura Kimihiko

    To determine the effects of environmental factors on the radial growth of mature trees in a naturalstand, ring-width series (1887 to 1987) in canopy trees growing in warm-temperate forest of the Mieun …

    The Bulletin of the Faculty of Bioresources,Mie University (6), p7-11, 1991-03

    IR  JASI 

  • 広葉樹樹皮の燃料資源的基礎研究  [in Japanese]

    島地 岩根 [他] , 阿部 勲 , 武田 明正 , 吉村 貢 , シマジ イワネ , アベ イサオ , タケダ アキマサ , ヨシムラ ミツグ , Shimaji Iwane , Abe Isao , Takeda Akimasa , Yoshimura Mitsugu

    森林未利用資源の一つである樹皮を成型燃料として活用するために、三重大学農学部附属演習林における低質広葉樹林の林分構造と現存量および広葉樹樹皮の諸性質に関する一連の基礎研究を実施した。 1 低質広葉樹林の林分構造と現存量 (1)林分構造 かつて薪炭林として利用されていた低質広葉樹林には、ほぼ30~40種の木本類が生育しており、これらの樹種が、高さ14mから20mに達する高木層、7~13mの亜高木層、 …

    Bulletin of the Mie University Forests (16), p61-79, 1988-03

    IR  JASI 

  • ヒノキ(Chamaecyparis obtusa Sieb.et Zucc.)樹皮の燃料資源的基礎研究  [in Japanese]

    島地 岩根 [他] , 吉村 貢 , 安部 勲 , 武田 明正 , Shimaji Iwane , Yoshimura Mitsugu , Abe Isao , Takeda Akimasa

    森林未利用資源の一つである樹皮の成型燃料化を図り,ローカルエネルギーとして活用するために,樹皮の現存量及び諸性質に関する一貫した基礎研究を三重大学農学部附属平倉演習林のヒノキ人工林において実施した。その結果は以下の通りである。 1 ヒノキ樹皮の現存量(1)各林齢における標準木の樹皮平均乾重は,10年0.298kg,15年0.893kg,20年1.533kg,30年4.203kgであった。(2)林齢 …

    Bulletin of the Mie University Forests (13), p155-174, 1984-12

    IR  JASI 

  • スギ(Cryptomeria japonica D.Don)樹皮の燃料資源的基礎研究  [in Japanese]

    島地 岩根 [他] , 吉村 貢 , 安部 勲 , 武田 明正 , Shimaji Iwane , Yoshimura Mitsugu , Abe Isao , Takeda Akimasa

    わが国における未利用樹皮は年間に約800万<special>m3</special>に達している。この樹皮は地域的エネルギー確保対策上,燃料として活用することが、最もも妥当であると考えられる。そこで,未利用樹皮の成型燃料化を図るため、樹皮の現存量,排出量,物理化学的性質及び燃料的性質に関する一貫した基礎的研究を三重大学農学部附属平倉演習林のスギ人工林において実施した。その結 …

    Bulletin of the Mie University Forests (12), p1-25, 1983-10

    IR  JASI  Cited by (1)

Page Top